お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『コースト・オブ・ユートピア』

20090917233622

PCが壊れた。・・・いや、厳密に言えば私自身でわざわざ壊した。
はーっ。
別に八つ当たりしたわけでもないのだよ。
モニターが既に死んでるので、あそこのラインは切ってもいいかと思ったんだ。
そしたら、もろにラインイン用の線だったとは!

ってなわけで、3日連続で9000円もする舞台を観てきたわけだけど、
ぶっちゃけビミョー。
キャストの豪華さ、19世紀のヨーロッパの雰囲気は最高で、一級の完成度だと思う。
ただ、ロシアがメインってーのがどうもねぇ。
色々事件はあるものの、ストーリーの山がなし。
特に昨日の第Ⅲ部が眠かった。

そもそも真唯さん目当てなんで、第Ⅰ部は出演が多いわ、目の前で生着替えをしてくれるわで、最高だった。
しかし、第Ⅱ部の出演はなし。昨日はわずかラスト10分の出演だった。
(勿論、端役でちょこちょこ出演してはいるが。)

15日に携帯を落とすという失態をして、取りに行った警備室が楽屋口だった。

図々しいヲタが、出演者からサインをもらっていたが、私は真唯さんを遠くから見るのみだった。

昨日は一応、サインペンも用意して、真唯さんのDVDも携え、さらに『シムソンズ』のTシャツまで着込んで行った。

とよた真帆さん、別所哲也さん等、
誰でもいいDDにも心よく応対してくれていた。

栗山千明は足早に立ち去った。

なかなか真唯さんは出てこなかったが、前々日と同じく美波嬢と連れだって登場。
今回は二名の男優も先導している。
美波嬢に群がるヲタを尻目に、真唯さんに向かう。

何度か声をかけたが気付いてもらえず、
男優陣が「真唯さん!」と呼び止めてくれた。
(ありがとうございました。)
パンフを買うお金がなく、チラシの端でごめんね。
わずかな白い部分を差し出したのに、わざわざ黒いところに書こうとする真唯さん。(爆)

私「あのぅ、こっちの方に・・・」
真「ごめ~ん!書いちゃったぁ。」
あはあは・・・思い切り貴女らしくて笑えます。

私「いえいえ、とんでもないです。お疲れのところごめんなさい。」
それより、サイン変えたでしょ?

私「お久しぶりです。」
真「あ、お久しぶりです。」
私「すごく良かったです。もう一回来ますね。」
真「ありがとうございます。」
社交辞令と若干のウソがあるが、真唯さんが素晴らしかったのは事実。

その後、真唯さんを残して現場を後にした私。

まあ、よかったんじゃない?
スポンサーサイト
高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんな幸せな状況なのに・・・

ちょっと前では、「今日は彼女、何してるんだろうな?」などと想いを馳せて、
巷の雑誌に“真唯”の文字を探しては、挫折する真唯日だった。

今は、ほぼ毎日彼女の近況が見れるし、連ドラはあるわ、単発ドラマはあるわ、
映画はあるわ、掲載雑誌が目白押しだわ・・・・
最高に推し甲斐がある状況のはずなのに、全く追いついていない。

G(グラビア)ザ・テレビジョン広告より

官能と悦楽のリフレイン~ドラマ「妄想姉妹」完全読本~
メンズの妄想を掻き立ててくれたドラマ「妄想姉妹」の見どころ&官能ポイントをプレーバック。
さらに三女・節子役として登場した高橋真唯が「兄妹愛」をテーマにした激萌え妄想グラビアを披露!


編集部ブログより

2本目は土曜の深夜に、僕らをムラムラさせたドラマ「妄想姉妹」大特集! 禁断のフェティシズム世界を誌面でご賞味くださいませ。高橋真唯ちゃんのSPグラビアでは、お兄ちゃんとの禁断の恋を妄想再現! 真唯、お兄ちゃんの○○にキスしちゃった…!



週間プレイボーイは、上郷のサービス・エリアで、何気なく手に取った。
買わねばなるまい。
moso1.jpg
高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |

僕の孤独が魚だったら・・・(ネタばれあり)

fish1.jpg
『フィッシュ・ストーリー』・・・舞台挨拶が数々決定しているが、
真唯さんの登壇はない模様。

『フィッシュストーリー』の初日舞台挨拶が決定いたしました。

◆渋谷シネクイント ※チケットぴあで販売。
9:50の回上映終了後 / 12:30の回上映開始前
登壇者(予定):伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、大森南朋、中村義洋監督ほか
全席指定-2000円 Pコード:555-108

◆シネ・リーブル池袋 ※チケットぴあで販売。
12:25の回上映終了後 / 15:00の回上映開始前
登壇者(予定):伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、中村義洋監督
全席指定-2000円 Pコード:555-109

◆川崎チネチッタ ※チケットぴあで販売。
15:20の回上映終了後
登壇者(予定):伊藤淳史、高良健吾、濱田岳、中村義洋監督
全席指定-2000円 Pコード:555-110

◆109シネマズMM横浜 ※劇場窓口、劇場HPにて販売
16:50の回上映終了後
登壇者(予定):伊藤淳史、高良健吾、濱田岳、中村義洋監督

**********************************************************
3月21日(土)に、多部未華子さんと、濱田岳さんによる舞台挨拶が決定いたしました!

◆ユナイテッド・シネマ浦和
12:00の回上映終了後 / 14:45の回上映開始前
登壇者(予定):多部未華子、濱田岳
全席指定-2000円 Pコード555-153

◆MOVIX昭島
16:00の回上映終了後
登壇者(予定):多部未華子、濱田岳



私は4日に試写会で観た。
予告編では
「貴方、一度でも何かに立ち向かったことがある?」という
真唯さんらしいツンデレ全開のセリフが確認できたが、
やはり出番が少なく、舞台挨拶に来るまでに至らないという結論。
(シネクイントの“~ほか”が少々気になるが・・・)
『ストロベリー・ショートケイクス』や『黄色い涙』並みの
チョイ役・・・でも重要。

・・・で真唯さんの出番は4つの時代の中で・・・

1982年——彗星の衝突まで あと30年
気の弱い大学生・雅史(濱田岳)は、健太郎(山中崇)と悟(波岡一喜)にいいようにこきつかわれている。
合コンへ向かう車内で、悟がカセットテープ「FISH STORY」にまつわる奇妙な噂を語り始める。
間奏部分の1分間の無音。そこに聞こえるはずのない女性の悲鳴が聞こえるというのだ。
気味悪がる雅史。
「今日私と会う男は、いつか世界を救う男。世界を救う重要な役を担う男」
合コンで出会ったミステリアスな女性・晴子(高橋真唯)が口にした言葉。
彼女に心を惹かれる雅史だったが、健太郎が強引に晴子を連れ去るのを、
何も出来ずただ見送るだけだった。
真夜中、自分のふがいなさに苛立ちながら車を走らせると突然、
カーステレオから大音量で「FISH STORY」が流れ出す。
そして、無音部分になったとき、彼の耳に飛び込んできたのは女性の悲鳴だった…。

「発売当時、誰にも聞かれなかった曲『FISH STORY』が世界を救う」とあるが、
結果的に
世界を救ったのは、真唯さん演じる晴子の言葉なんじゃないか?

<ネタバレ>
エンドロールで鮮やかにすべての時代が繋がる本作。

①ハチこと濱田岳ちゃん演じる雅史は、「FISH STORY」が切欠であるものの
 晴子の「立ち向かえ」というセリフによって、女性を救う。

②この女性と結婚して一児を儲ける。
 この子は“正義の味方”となるべく、鍛え上げられる。
 晴子の「いつか世界を救う」という予言に従って。

③2009年 シージャック発生
 たまたま乗り合わせたコック=“正義の味方”(森山未來)が、
 修学旅行からはぐれた麻美(多部未華子)を救う。

④命が助かった麻美は猛勉強の末、数学者になる。

⑤2012年---彗星の衝突まであと5時間
 ただ一機飛び立ったインドの宇宙船。
 アメリカが打ち込んだ核弾頭を狙い撃ちし、内部から彗星爆破を図る。
 「そんな作戦が成功する確率は・・・・0.000000・・・%」と誰もが笑うが、
 突然彗星が爆発する。
 
 喜びに沸くインドの宇宙船内。
 船長が言う。「この計画が成功したのは、彼女の正確な計算のおかげ」と。
 そして・・・・宇宙服を脱ぐのは、麻美だった。
 3年しか経っていないから、ほぼ外見は学生時代と変わっていない。(笑)

・・・・っていうことで、
『FISH STORY』が無くても、真唯ちゃんが世界を救ったのだよ。
mai30.jpg

高橋真唯 | コメント:2 | トラックバック:0 |

その2 エンタメとグルメ(?)してみた

9月26日(金) 
USJを後にして梅田へ。
カレーが食べたくてピッコロを探したが・・・・店がない!
ホワイティうめだをしばらく彷徨って、ピヨという店を見つけた。
大阪はやはり食い物が安い!

そのまま『悪夢のエレベーター』を観る為、初めてシアタードラマシティーへ。
三軒茶屋のシアタートラムよりかなり大きい劇場で、
一体席が埋まるんかいな?と思ったが、いらぬ心配だったようだ。

前にも書いたが、ちょっと遠い席で緊張感もなく3回目なので、ちょっと眠ってしまった。
終演後、「トークショーは自由席です。」と恐ろしいアナウンスがあり、12列目から最前列へ移動。
さすがにセンターブロックは一杯だったので、右か左か迷って左へ。
真唯さんの着座位置から考えると、右の方がよかったみたい。
演出助手とかが司会進行役だったが、こいつが話しの振り方が下手で、
もともと前に前に出るタイプではない真唯さんまで話が繋がらない。
ダンカンが阪神ネタで大阪人にコビを売るのも鼻に付いたし、
片桐仁も面白いんだけど、しゃべりすぎ。

こっちは終始、真唯さんの私服を堪能していた。
最後左側にはける際に、ダメもとで手を振ってみたら、
さすが真唯さんでこれに気づいてくれた。
ピースしたまま中途半端に手を振ってしまった自分だったが、
そのまんまのスタイルで応えてくれたので、誤爆はあり得ない。(笑)
まあ、いま一つなトークショーだったが、これだけで行った甲斐があるかも。

その後は定宿の心斎橋グランドサウナへ移動。
バスとUSJで足が疲れまくっていたので、
足ツボマッサージをやってもらって休んだ。

9月27日(土)
よせばいいのに、映画ではなくパチンコをやってしまい、ひどい目に。
昼食はカウンター席のみの串カツ屋で、軽く飲みながら。
うまかったが、串が熱すぎて軽く火傷してしまった。

映画は『ウォンテッド』を観てから、再度『悪夢のエレベーター』。
『ウォンテッド』・・・いいねえ。
『ナイトウォッチ』『デイウォッチ』の流れを汲む、あり得ないアクションのつるべ打ち。
wanted2.jpg
考えてみれば・・・考えてみなくても・・・
ここまで映像技術が進歩したのだから、CGで架空の世界を描くだけでなく、
現実の世界に“あり得ない”描写を持ってくるのも、絶対ありだと思う。
wanted1.jpg
wanted3.jpg
特に渓谷で列車が脱線して鉄橋から落ちるシーンなどは、実写じゃ無理だ。
全編を貫くハードボイルドな感じもいい。
最近のハリウッドの監督も、ジョン・ウーも忘れかけているだろ?こういうの。
wanted4.jpg
ありえんティーと突っ込みを入れつつ、こんな映画を待っていたというのが本音。
『マトリックス』のバレットタイムが映画を変えたように、
この映画の取り組み方が亜流を生むのは明白。
それは大歓迎なので、どんどんやっちゃって!  

夜はかき揚げ天丼(大盛り) <つづく>   
高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |

画像なしですが・・・

書くことはハンパなく沢山あるんですが、
ここのカプセルは、なぜかネットが全くなく、携帯なんで限界があります。

とりあえず、10時のチェックアウトを前にして、今日はどうしようか思案中。

09:50から『アイアンマン』を観るのは、とりあえずやめます。

一昨日、久々に夜行バスなんかに乗って大阪入り。
二度と四列なんか乗りません。ありゃ、大人が乗るもんじゃない。

豪雨で始まった1日でしたが、何とか効率よくUSJを満喫しました。
一人だと「シングルライダー」システムが使えて、すんごいお得。
つまり4人掛けのアトラクションがあって、
3人のグループがいたら、そこに割り込ませて頂く仕組み。
主催側も席を無駄にしなくていいし、相互に得なわけね。
途中、コースターを止めて安全確認とかして、それに乗らされましたが、
あとは全く問題なし。
二度目にして極めたね。

夜。本来の目的に近い、『悪夢のエレベーター』三回目とトークショー。
三回目だし、疲れてたし、本編はしんどかったっす。
トークショーも、真唯さんは前に出てしゃべるタイプじゃないし、
司会がド下手だったんで、あまり得るものはなかったです。正味の話。
ただ、まただけど去り際にピースしながら手を振ったら、めっちゃ笑顔で応えてくれました。
やったー!
これだけで来た甲斐がありますよ。
今日もよろしくね。
高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。