お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

熱が・・・でた・・・・

(イラストと本文は全く関係ありません。THANKS to w_a_wさん)
up7189s.jpg
おとといくらいから、喉が痛くて「こりゃ花粉じゃなく、風邪だな~」と
思っていたところ、今日は朝から背中が痛くて出社が辛かった。
作業が終わり、倒れこむように帰宅。何か体が熱い!
・・・・どう考えても、熱があるわなぁ。
窓を開けっぱなしじゃ、余計悪くなるし。締めたら暑い。
とかく春の風邪は厄介です。皆様もお気をつけください。
あ~、明日休まないまでも、医者に行ってから出社しようっと。

徒然なるままに、『大乱舞』DVDの残りを見てました。
そう、あさっては次の卒業式。
「任しておいて」と言ったちっこいのがいない卒業式。
いったいどんな風になるのか、想像もつかない。
そう言えば、何か祭をやるのかすら知らない。
まあ、これが娘。ライブ、本当に最後の参戦となる。
這ってでも行かなければ・・・・
スポンサーサイト
一人ゴト | コメント:2 | トラックバック:0 |

10年ぶりか~

『マスク2』観ました。
正直、面白いんだろうか?ジム・キャリーもキャメロン・ディアスも
出ないし、ニュー新橋ビルでは、前売り券が二束三文で売られて
いるし・・・
mask1s.jpg

・・・ってことで、全く期待していなかったら、どうしてどうして面白かった。ILMのVFXも無駄使いなほど頑張ってる。
「困ったら子供ネタ」というのは賛成できないが、
今回はこのBABYがいい!幼児虐待排斥団体が見たら腰を抜かしそうなことを平気でやってる。
こういうお馬鹿な映画は、顔をしかめてしまうか、
身を委ねて乗ってしまうかで、楽しめるか否かが決まってしまう。mask2s.jpg
私も精子のアニメのところでちょっと引きかけたが、後は付いて行けた。

1作目から10年も経っているとは、未だに信じられないが、
1作目のどこがウケたかを押さえた上で、全く新しいストーリーを作っている。
(『マトリックス・レボリューションズ』が失敗作になったのは、
観客が観たいものを理解していなかったからだと思う。)
とことんお馬鹿なことを見せる特撮に、金をかけてもいいじゃない?
「家族愛」もあまり押し付けっぽくならなくてよかった。
このBABYが成長した姿が見たい。mask3.gif
劇中さりげなく「アスタラビスタ、ベイビー」と書いてあったりするので、
探してみては?

映画 | コメント:0 | トラックバック:4 |

コックリさん、コックリさん・・・(ネタばれあり)

昨日(正しくはおととい)、品川のレイトショーの時間に観た。
冒頭からいきなり韓国版「コックリさん」=BUNSHINSABA(分身娑婆)が行われる。
セリフとしては、「ブンシンサバ、ブンシンサバ、オイデクダサイ。」
パンフ等にも書いてある通り、この遊びが日本から韓国に渡ったのは、明らかだ。日本でも一部では「分身様」と言っていたので、
訛って「ブンシンサバ」となり、「オイデクダサイ」はそのまま伝わった。(知らないうちに、日本語を使っているわけだ。)
「コックリさん」が日本で流行ったのは、私が小学生のころだから、
かなり昔の話となる。
当時はオカルトブームで、誰もが『エクソシスト』にハマっていた。
私は恐がりで、同映画も観なかったし、コックリさんもやらなかった。つのだじろう氏の漫画に説得力があり、
「狐狗狸さんをすると、下等な動物霊に憑かれて死ぬ」ということを信じていたからだ。(結局、狐狗狸は当て字だと知った。)

話がかなり反れたが、この映画の題材は日本人にとっては古いと言いたかった。
しかも、この遊びは復讐譚の導入の小道具に過ぎない。
『ボイス』で携帯電話を小道具として上手く活用したアン・ビョンギだけにちょっとアイデア倒れの感は否めない。
恐怖描写は悪くない。三人の女優の頑張りも凄い。
ただ、ホラーとしての筋が一本通っていて欲しかった。
エンディングに唐突に登場する、ウン・ソウ(『ボイス』の子役)
も、あまり必然性を感じない。(これを見て恐いかな?)
次回作に期待したい。
kokuris.jpg


映画 | コメント:0 | トラックバック:5 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。