お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

素敵な時間

lachros.jpg

梨華ちゃん卒業式の興奮も冷めやらぬまま、次なるイベントへ。
娘。さんたちは仙台フルキャスト・スタジアム、なちごまは、あややが待つ大阪へ。みんな、留まって余韻に浸ってはいられないのだ。
それなら、私も・・・・

中澤裕子・前田有紀~カジュアル・ディナーショー~
大阪の後浦なつみ千秋楽も捨て難かったが、それをも忘れ去るほど、めくるめく珠玉の時間が過ごせた。

引きもよかった。会場内約80名の中で、間違いなく1・2を争う
スーパー神席。こんなに近くていいのだろうか?
握手会以外の、今までのすべてのライブを考えても、この近さはあり得ない。
正に手を伸ばせばそこに!ひざがくっつきそうな距離だ。
二人とも「緊張する」と繰り返していたが、こっちだって緊張しまくり。
目のやり場にも困るっちゅーねん!
勿論、裕ちゃんの顔ばっかり見てたけどさ。(ゆきどんもね。)
思えば、この長い?人生の中で、ここまで真剣に一人の人を
見つめることはあるだろうか?
彼女を、家族を・・・こんなに見つめるだろうか。
それを思うと、今の自分が可笑しく思えてきた。

約1時間のディナーの後、二人のソロ曲や懐かしいFSを中心に
約90分のステージ。それで、FSと言えばあのハゲが絡んでくる。
ハゲを含めた三人のバンドが今回の伴奏を担当。
全体アダルトなムードで進む内容を考えてか、ハゲもおとなしかった。

そう、広尾という場所柄もあり、このイベントに関しては、
普段のヲタからは想像もつかないほどに、
上品なムードのうちに進行する。もともと、お目当ての人の為、
それなりのお金を払って参加しているファンの面々。
同じテーブルの数名と話をしたが、みんな裕ちゃんファンとしては
筋金入りの猛者である。雑念が入ろうはずもない。
「真のファンだけを集め、今までやったことのない形式のライブを!」
ウファの趣旨に同意できるのも、初めてかもしれない。
そしてまた二人とも、この内容をこなす力量があるのだ。

裕ちゃんとゆきどん
最初、このイベントの情報を見た時、「抱き合わせ商法」と思った。
ところが今日を終えて、「どっちかが欠けることは考えられない」
という考えに変わった。
相変わらず裕ちゃんのトークは絶品で、相手の魅力まで引き出す。
ゆきどんはその古風な顔だちと、演歌歌手という特性から実年齢より
かなり上のように感じていた。今回、じっくり話すのを聞いてみると、
実はとっても可愛い25歳の女性だった。
これが裕ちゃんとの絡みで引き立つのだ。
「可愛いなぁ・・・何か女性のいいとこみんな持ってってるやん。」
続きを読む
スポンサーサイト
ハロー卒業生 | コメント:1 | トラックバック:1 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。