お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『交渉人・真下正義』観たぞ!

nego2s.jpg

前書き
テレビで人気があったからといって、単純に映画化して成功するわけではない。テレビにはテレビ、映画には映画の見せ方があって、
所謂『テレビ屋』さんが、映画を製作しても分不相応というのがある。
実際、『必殺!』シリーズや、『ケイゾク』など、テレビドラマでは傑作なのに映画版はトホホなケースも多い。
(『ショムニ』なんかキャストが違うんだから、目も当てられない。)

そんな中で『踊る大捜査線』は、亀山・本広・君塚のトリオで大成功したといえるだろう。正直を言うと、最初テレビシリーズの第1話を見て
「熱血刑事がキャリア重視の警察を変えていく・・・ありがちだなぁ」と
思った私はその時点で見るのを止めた。
先見の明が全くなかったといえる。
1998年10月、話題になっていたから映画版を観た。
その映画版の「映画的興奮」と、完成度の高さにノックアウトされ、
レンタル中のテレビ・シリーズのビデオが返却されるのを待って、
一気に観た。ハマリまくって、見る目がなかった自分を恥じた。

それからというもの、もう『踊る~』の映画は、『スターウォーズ』に匹敵するイベントとなり、『Ⅱ』はまぎれもなく、私にとって2003年のベスト1となった。

その『OD-Ⅱ』の初日舞台挨拶で、ユースケが調子に乗って言った。「次は、自分を主人公にした映画はどうですか?」
・・・・それが実現してしまったのだから、楽しみでないはずはない。
ネタばれも踏まず、スカパーの『真下正義チャンネル』も見たいのを
我慢して、ついに本日を迎えた。nego1s.jpg


続きを読む
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。