お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スターウォーズ祭(第3回)

sw3ds.jpg
アナキンがこうなって・・・
sw3fs.jpg
こうした結果・・・
sw3hs.jpg
こうなる話。

スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スターウォーズ祭(第2回)

(もう2回目かいっ!)sw3es.jpg
新三部作は、どことどこが何で争っているのか、イマイチ判りにくい。
前作で生き延びたドゥークー伯爵と、新登場のグリーバス将軍(↑)が、パルパティーンを誘拐して・・・って、何で?
パルパティーン=ダース・シディアスなんて、地球上のほとんどの人間が知ってる。(笑)気づけよ!
まあ、それはさておき、
あんなにしぶとかったドラキュラ・・・いやドゥークー伯爵はあっさり
無残に殺されちゃう。(思えば、暗黒面へとまっしぐらのアナキンの最初の殺生。タスケン・レイダー一族をぶっ殺したのを除けば。)
代わりに頑張ってくれるのが、前述のグリーバス。
本作はメイン処の新キャラが少ないので、商品化はしにくいだろうな。
ペプシのボトルキャップなんて、60種もあってもダブリまくりだろうな。
・・・などと余計な心配してしまうのだが・・・・キャラとしては一人勝ちのグリーバス。
最初、バトルドロイドに毛が生えた程度かと思っていたら、凄く強くて、
何か心臓みたいのもある。一応エイリアンという設定だったようだ。

もっともセリフに現れない固有名詞や地名は、パンフやムックの類を見なければ絶対わからない。
あの顔が長くて、縦皺が入った奴・・・ティオン・メイドン?
覚えにくいったらありゃしない。

ジェダイ・マスターたちは、あまり面子が変わらず。
メイス・ウィンドウとキ=アディ=ムンディ以外は名前も覚えられないうちに殺されちゃう。
あとは、ヌート・ガンレイやジャージャー・ビンクスが再登場。
(ボス・ナスもいたよね?)
最も意外だったのはチューバッカ。下の写真の通り、ウーキー族の戦いがあるのは知っていたけど、まさか既にヨーダと共に戦った仲間だったとは!
sw3cs.jpg
先がわかってる、制約のある展開の中でも、こういった遊びがあるのは嬉しい。ヨーダVSパルパティーンなんて、よくぞ見せ場にしてくれました!!
sw3gs.jpg
そこの女!
「ヨーダかわいい!」なんて、今度言ったらムスタファーの溶岩に沈めてやる!

映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |

スターウォーズ祭(第1回)

(例によってネタバレだらけです。開封注意!)
sw3as.jpg
私がブログというものを始めて3ヶ月。最大級の超大作=イベント・ムービーについて語る時がついにやってきた。
『スターウォーズ・エピソードⅢ シスの復讐』である。
先々行も昔は夜だけだったのに、昼から堂々とやるようになった。
こうなると、本当の公開日は何なの?という感じだ。
私は14時からの回を観たが、行ったTOHOシネマズ・市川コルトンプラザは既にお祭りムード。パンフレットも別に売り出していたし、グッズ類もほぼ全種揃っていた。
これまでの作品のパンフレットの合冊本=3900円也。
当然買わない。全部持ってるし。(自慢にもならんけど)

いつに無くソワソワして開映を待つ。
『STAR WARS』の文字が飛んで行く瞬間、不覚にも目頭が熱くなる。
そう。これで終わりなんだ・・・・鹿児島でなっちの娘。最後の姿を見る前に味わった気持ちだった。また一つの青春が終わるんだ。
sw3bs.jpg
開巻からいきなりの大宇宙戦。最近、カメラワークが早すぎるのと、
あまりにヴァーチャルに動くので、目がついていけない。
この部分は次回にゆっくり楽しむとしよう。
これぞ『スターウォーズ』なんだから。

ストーリーは当然、アナキンがダースベイダーになるまでが丁寧に描かれる。28年前に、オビ=ワン・ケノービがルークに語って聞かせた前史は、エピソードⅠからⅢまで、地球時間にして6年の歳月をかけて語られてきた。それもこれで終わる。
きっちり落とし前をつけて、エピソードⅣの頭の部分へとバトンを渡すこと・・・・それがこの作品の役目と言っても、過言ではない。
(つづく)
映画 | コメント:4 | トラックバック:1 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。