お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『容疑者・室井慎次』(毎度、ネタバレ)

「勇気は一度失ったら戻ってこない。それを知っているから、あの男は勇気の火を消すまいとしているんだ。」
(津田誠吾・津田法律事務所長)
正義を貫こうとする気持ちは、室井の気持ちの根底に最初からあったろう。ただ、この勇気をくれたのは青島達であり、約束があるから室井も戦えるのだ。
muroi.jpg


静かな映画である。
ODORU LEGENDと銘打ったシリーズでも、一番地味な映画だといえる。
もともと室井は終始、眉間にシワを寄せていて、多くは語らないキャクター。派手な映画にしなかったのは正解だろう。
この室井と相対する青島の破天荒さが、『踊る』の魅力だった。
ここでは、田中麗奈扮する新米の弁護士が、その一端を担っている。
(女性としての淡い気持ちも含みつつ・・・)

灰島が言うところの「テイノー」どもに挟まれた室井の苦悩。
不器用ゆえに、過去一人の女性を失った、その過去。
淡々と進むストーリーの中に、前述の言葉を含めた感動を散りばめているのは、さすが本家・君塚の脚本だと思った。
muroi2.jpg
ただ残念な部分もある。
結果、事件の解決のきっかけと、その事件の内容がショボイこと。
事件が派手なのに、結末がアレレだった『真下』に通じるものがある。
あとは折角、現場の刑事役に哀川アニキを配しているのに、
使い切れていないこと。(セピアネタをやるとか・笑)

その分、新城・沖田というかつてのライバルの協力(?)や、
スリー・アミーゴスの登場は嬉しかった。
「和久さんも頑張れって言ってましたよ。」ってセリフは反則だよ。
(涙)
muroi3.jpg


役者のことを今更言えば、柳葉・筧という本来元気な二人が、
警察官僚を演じているのが、そもそも面白い。
八嶋智人、佐野史郎も適役。
吹越満も、『幽霊マンション』の父親役に続き、ある意味サイコな役。
引用したセリフを言う柄本明も絶妙。

ただ、語らない室井に代わり、このストーリーを引っ張っていく
田中麗奈が一番大変だっただろう。
トラウマは、すみれさんや雪乃さんを彷彿とさせ、フットワークと正義感は、(前述の通り)女・青島といったところだ。
http://gona.blog7.fc2.com/blog-entry-93.html

最後の新城の計らいで、室井慎次は警察に生き残った。
『スターウォーズ』が前史を描いたなら、いつか「潜水艦事件」も
描いて欲しいし、また新たな青島との事件も描いて欲しい。
ODORU LEGENDは続くのだから・・・・

(真下・雪乃の結婚式から始まる線が、一番濃厚。)

スポンサーサイト
映画 | コメント:2 | トラックバック:2 |

前略、ダーティー・ハリー様

20050910083906.jpg
ハワイの初日の晩、この歳になって初めて実弾射撃をやってみた。
映画などを真似て、銃を撃つ振りをする時、一応 “反動” も考えてみたりするのだが・・・実物はそんなもんじゃなかった。
シューテング・レンジに入る時、皆ヘッドフォンをするから、
「音は凄いんだろうな~」と思っていた。

今回、一応一番高いコースを選んだので、コルト系の小銃からサブ・マシンガンやショット・ガンまで、少しずつ撃てることになっていた。
ひ弱な私は、小説版のジェームズ・ボンドがメインで使っていたベレッタで、既に反動の大きさにビックリした。(それでも火薬の量は半分らしい。)

写真のやはり有名な通称:44マグナム(S&W M-29)は、
『ダーティーハリー』さん、愛用の銃だ。
銃身の割りに銃把が不安定で、重くて持ちにくい。嫌な予感がしたが、
音と反動は異常だった。後で手を見たら血が出てた。(弱)
ダーティー・ハリーこと、ハリー・キャラハンさんよ。
この銃を片手で撃つのは、あり得ないよ。dh2.jpg
もし、それで正確に当たってるなら、あんたの握力はどのくらいあんの?

その後仲間は、大門団長みたいなショットガンまで行ったが、私はやめておいた。
着弾の後を見て・・・「日本が銃社会じゃなくて良かった」と本気で思った。

後でこのガン・クラブのチラシを見たら、
「ホノルル内では、最も弾が跳ね返らない安全なクラブです。」
・・・・って。じゃあ、跳ね返って死んだ人は何人かいるってことかいっ!!

私はモデルガン・マニアとかにはなりません、絶対に!
映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。