お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

舞台挨拶つき『深紅』(ネタバレあり)

shinku1.jpg
初日、行って参りました。
主要キャストの舞台挨拶があるので、長蛇の列だったわけですが、
わずか132席のシネ・アミューズイーストなので、私の後ろあたりで完売。
東映さんよ!力入れてるなら、もうちょっとマシな箱で公開してくれよ!
出演者も可哀想だよ。
急遽、2回目の舞台挨拶も決まり、そっちへの誘導もされました。
整理番号は100番台だったんですが、勝手知ったる劇場なので、
ちゃんと好位置をキープしました。
*****************************************************
そもそもこの映画は、野沢尚の脚本だから是非観たかったんです。
『眠れる森』は、テレビの枠を超えたイベントになりましたし、
『氷の世界』も面白かったですよね?
今回の製作パートナーである、テレビ朝日で放映された『眠れぬ夜を抱いて』は、演出のまずさもあってイマイチでした。
(それで『砦なき者』も観ていません。)NHKの『喪服のランデヴー』は、「よくNHKが許したなぁ」というダークさでしただが、最終回を見逃しました。(苦笑)

野沢氏のミステリー、ラブ・ストーリーのキーワードは「過去」
この過去の「ある事件」が現在のストーリーに密接に絡んでくるのが、ほとんどの野沢脚本の特徴と言って良いのではないでしょうか?
shinku2.jpg
『深紅』も過去と現在が交錯します。主演の一人、内山理名演じる奏子(かなこ)は、過去のトラウマから、家族が殺された晩の4時間を追体験する発作が起きるという、特殊な設定。
この発作がクライマックスで起きて・・・

過去の事件の描写が陰惨で、モノクロにすることによってギリギリ一般映画になったのかな?と思ってしまいます。ちょっと一般ウケは難しいかな~と。

確か私は野沢さんを、福岡の『破線のマリス』の舞台挨拶で、黒木瞳さんとともに拝見していると思います。
これからという時に、昨年自殺により他界されました。
人間のダークな面を見過ぎ、描き過ぎたからかなどと、邪推してしまいます。
この映画のキャスト・スタッフも、クランクイン当初は野沢さんのアドバイスを受けていたとか。
どんな思いで訃報を聞き、どんな思いでこの日に至ったことでしょう。

陰惨な過去の呪縛から放たれ、必ず明るい未来が開ける展開になっているのが、野沢脚本の醍醐味だと思います。
今回も内山理名さんが言っていた通り、新宿での最後のキスシーンが美しく、爽やかな余韻を残します。
******************************************************
ここで強引な展開で、今回のマキは・・・・堀北真希さん。horimaki.jpg
『逆境ナイン』以来だなぁ。
今回、私のツボにヒットしたのは、水川あさみさんだったんですが、堀北も凄い存在感でした。
内山さん演じる奏子の(何と!)小学生時代という設定で、冒頭から出演。家族の死を予感しながら、笑顔を作る練習をするという難役。
「・・・八年後・・・」となった時点で出番が終ったと思いきや、回想シーンの連続で出てくる、出てくる。

内山・水川のダブル・ヒロインは、やはりこの作品への思い入れの強さから、舞台挨拶も緊張気味で、言葉少なでした。
堀北は堂々としたもので、家族の大切さを再認識したと語ってました。
これに触発されて、お姉さん2人も語り出したりして。(笑)

秋葉系のファンも多数来てましたが、そんな輩は関係なく
大物女優への道を歩むことでしょう。

最後にツッコミ。
堀北=11歳。内山・水川=19歳。緒方直人=49歳・・・・
無理があるぞ、ちょっと。
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『サマータイムマシーン・ブルース』

stb1.jpg
『踊る~』シリーズを君塚さんに任せて、本広監督は何をやってるかというと、こんなトンデモ映画を撮ってんですよね。
『タイムマシン、無駄遣い!』ってコピーが気に入って観にいったんですが、最初は編集がグダグダで、観客置き去りでヒドイもんでした。
ま、一応タイムトラベルものなんで、最初のうちに伏線張っておきたいのはわかりますが、意味不明のシーンを連射していきなり暗転・・・
本気でムカつきました。やはり本広は『踊る~』以外ダメなのかと・・・・

慣れてこの映画のペースに引き込まれたら、楽しくなってきました。
ホントにくだらないタイムトラベルなんですが、舞台が四国の片田舎なのでいい感じにノスタルジックな気分になりました。
「ひと夏の夢のような出来事」風な青春映画なんだなと。
stb2.jpg
『踊る~』関係の出演者、多いです。
シリーズでおなじみの「スタトレおじさん」が結構目立つ役で出ていたり、
『OD2』に続いて升毅が出ていたり、主要メンバーの半分が『真下』の
出演者だったりします。本広監督の中では、これもスピンオフなんでしょう。

肝心なストーリーは楽しいんですが、最後の解決は全くスッキリしなかったッス。
昨日にタイムトラベルした甲本が、一晩ロッカーの中で過ごし、
みんなの前に出てきて、「今日の俺は過去に行ったまま帰って来てないから、これで解決。」とか何とか言うんですが・・・
それじゃ、昨日からずっとみんなと一緒にいた甲本はどこに行った?
ロッカーに隠れてない方の甲本が、普通に過ごしてから、昨日に行った直後に、隠れていた甲本が現われる・・・・てのなら、話はわかるんですが・・・・
何言ってるかわかりませんよね。ややこしい映画は2回は観ないとダメかな?

さてさて「今回のマキ」のコーナー。(何じゃそれ?)
苗字ですが、真木よう子さんです。主役の上野樹里よりも、絶対いいです。
stb3.jpg
『バトルロワイヤルⅡ』や『THE JUON』にも出ていたらしいですが、
私の中では今回がベスト・ヒットです。
メガネ好きの方にもタマラナイと思います。(笑)

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。