お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年もお世話になりました

ekizo.jpg
この台詞を多くの人に言いたいけど、ネットカフェに来ている暇はあっても
年賀状を書くほどの余裕がなく・・・・すみませーん。
今年もあと18時間くらいとなり、あと2時間もすれば電車で実家へ帰る。

この正月のハローとしては、さすがに2日に大阪に行く面々がいるから、正月早々にウンナンの馬鹿番組に出なくてもいいらしい。
一般的だが、紅白とかくし芸が楽しみかな?
特にかくし芸・・・後藤さん版の「エルメス」が楽しみ。
ワイハへの行きのフライトで『電車男』を初めて観て、結構感激した。
特に中谷美紀のエルメスの清楚さがよかった。
それをごっちんが演じるというのだから、(パロディだけど)期待してしまう。
嬉しい偶然の一つといえるかもしれない。

閑話休題。
2005年も100本を越える映画を劇場で観たが、
やはりベスト1は『ALWAYS~三丁目の夕日』
洋画は『バタフライ・エフェクト』となるかな。
立て続けに観たホラーが不愉快だったのも、今年の特徴。
(『蝋人形の館』『SAW2』『CUBE ZERO』)
音楽もそうだけど、後世に残せるものが確実に減ってきている。
俺が歳をとったからじゃないぞ、絶対。

2006年で期待できそうな作品は、『Vフォー・バンデッタ』 『フライトプラン』 『PROMISE』 『シリアナ』『サウンド・オブ・サンダー』 『イーオン・フラックス』 『ダヴィンチ・コード』などかな?
当然、続編やリメイクも多い。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の『2』と『3』
『MI-Ⅲ』 『インディ・ジョーンズ4』 『ジュラシック・パーク4』 『ポセイドン』 『スーパーマン・リターンズ』 『フラッシュ・ゴードン』 などなど。
『ナルニア国物語』も結局は観るのだろうな。

純愛路線も行くとこまで行った邦画はどうなるんだろう?
『日本沈没』くらいしか思い浮かばないんだけど。

・・・ということで、正月休みは2日まで。
次の更新はいつになることか。
とりあえず、良いお年を!





スポンサーサイト
一人ゴト | コメント:4 | トラックバック:0 |

『キング・コング』(2005年版・バレるネタもなし)

KONG1.jpg
まあ、この冬最大の話題作なのだが・・・・
初めて映画館でトレーラーを観た時、「何でいまさら・・・」と思った。
ピーター・ジャクソン・・・(溜息)
ヲタクが富と名声を得て、原点に戻って好き勝手をやる・・・
スピルバーグしかり、タランティーノしかり。
それが客が求めているものであろうと、なかろうと。
もう好きにしてくれ!って感じだ。

何でもジャクソンの野郎は、1933年版にオマージュを捧げたそうだ。
何かコングというと、そっちの評判がいいのだが、そんな古い映画知らない。
私はむしろ、無かったことにされつつある1976年版のファンである。
公開されてからもうすぐ30年にもなる。
当時としては斬新な映像、ジョン・バリーの音楽、ジェシカ・ラング演じるドワンの可憐さなど、見所はあった。77年の正月映画として、『カサンドラ・クロス』とガチで勝負したと記憶している。
その後、パート2まで作られた。(ひどい駄作だったが)
ジャクソンが33年版を観て映画監督を志したというなら、
私は76年版を観たことで、ここまで映画を観るようになったのだ。

そんで今回である。
所詮「人間の女に横恋慕して、破滅する大猿」の話だ。
ジャクソンの野郎がいかに大金を注ぎ込もうとも、
3時間強の長尺にしようとも、話の広がりようがない。
映像以外観る所なし!!と言い切る。
(そもそも、ジャクソンは編集とか知らないんだろうか?)KONG2.jpg
今回の映画化でも好きなシーンは数々ある。
崖っぷちでの恐竜大暴走、ニューヨークでのコングとアンの氷上デート、最後のエンパイア・ステートビル先端からのNYの俯瞰・・などなど。あとは退屈だった。

最後のテーマ。
「彼は、なぜあんなに狙われやすいビルの屋上に昇ったのだろう?」
あの島の夕陽・・・アンとの思い出の地に似ていたから・・・だろう。
この部分は好きだし、コングの『オペラ座の怪物』としての側面が色濃く出ていて、泣かされるところだと思う。

期待以上でも以下でもなかった。というのが、本当のところである。


映画 | コメント:2 | トラックバック:2 |

帰ってきました!!

tour.jpg
ホノルルのネットカフェも、クリスマス・シーズンゆえにクローズが早くて、書きたいことの半分も書けていません。
「センチュリーランド」さんへの書き込みも、中途半端で放置してしまっています。(すんません・・・汗)
日本時間26日、成田からそのまま出勤して、帰宅後色々片付けていたらこんな時間。
普通考えても遅いですが、向こうの時間では、徹夜明けて朝8時過ぎなのだから、眠いのも当然。

ちょっと補足します。
2日目の午前の屋外イベントの後、チームごとの写真撮影がありました。
これは、前回のバスごとの写真に相当します。(なっちの時はありませんでした。)
並び順はこれまた微妙でした。
元々チームの列自体、前日のイベントで見えにくかったテーブル優先ということになっていて、私の(特攻野郎)Aチームで言うと、一番前に26番テーブルの人が2人、3番テーブルの人10名、私の2番テーブルの人10名、5番テーブル・・・という感じに整列していました。
各テーブル内の順は、参加者まかせということで。

そのまま撮影の列へと移動しました。
1列目が26番さんたちと3番さんたち
2列目が2番テーブルの私たちと・・・いう風に並び、
脚立の上からカメラマンが指示します。
「そこの2人、どっちみちよく写らないから・・・」と
最後尾へ回される26番さんたち。(酷です・・)
そこにごっちんが登場し、1列目の真ん中に入ります。
ごっちんの真横は、3番テーブルの方々、後ろは我々2番テーブルの面々。
私はゲーム時にがっついて並んだ為、2列目の左端となりました。
さっき「どっちみち写らない」と言われた26番さんの後ろです。
自業自得というべきか・・・
がんばって真ん中にできるだけ近づこうとしましたが、
撮影中にごっちんは見えませんでした。(涙)
私はちゃんと写っているのでしょうか?
(終了後、今回初参加の2番テーブルの若者がすっごく顔を赤らめて、
「僕、あんなに近かったの初めてです。後ろの人って結構遠かったんですね。」と言っていました。羨ましかったけど・・・・それも運です。)

我々Aチームは、図らずも最初の撮影だったので、
ごっちんが入ってからのフォーメーション造りにも時間がかかり、
終わってからごっちんが捌けるのも、とてもゆっくり。
誰かが「ごっちん、そのTシャツどこで売ってるの?」と聞いてくれて
また一盛り上がり。
tshirts.jpg
そうそう。今回ホノルルのショップで売っていて、
次回のFC通販にも入っているのが上のTシャツ(右写真)ですが、
ごっちんのはそれのピンクバージョン。
大胆なカットがしてあって、かがむと背中が丸出しでSEXYったら・・・
(自粛)
ご 「これ?えーどこで売ってんの?」
係 「ショップで。」
皆 「えええーーーー!」
ご 「そうそう。これはアレンジしてあるから、みんなもアレンジしてね。」
う~ん、しょうもない話題かもしれないけど、このまったり感が人数が少ないゆえに成り立っているのです。
結局、我々は『アロハ!』で撮影しましたが、絶対DVDに入ってるはず。
(写真は後日郵送かな?)

さて、ミニ・ライブのセットリストは他所に上がっているでしょうから、
そちらをごらん頂くとして・・・・。

最初の『ぴったりしたいX'mas!』の振りが昔から出来なかったので、
後藤先生にビッチリ仕込んでもらいました。
当たり前だけど、この曲。クリスマスにぴったりでよかったー。

『マリーン』や『やる気』も久々に楽しくて、ちょっと遠慮しつつも弾けました。
ただ、折角「プリゴン・キック」し放題だったのに、2番の煽りは左に向けられてちょっと残念でした。(何言ってんだか・・・)
『失恋ジャイ』は、まっつーやなっちと練習したから、かなりの部分は大丈夫だったけど、後藤バージョンはアレンジが変わっているのれ、ちっと難しいれす。
『二十歳のプレミア』は、さすがに初披露なので、みんな面喰らってましたが、何とかものにしました。
(だ・か・ら・・・何しに行ってんだよ!!)

握手会は前述の通り。
会場を出てから、下の「エキゾ写真」をもらいました。
2shot.jpg

また、明日も書くかもしれません。
後藤真希 | コメント:4 | トラックバック:1 |

ぴったりしす過ぎたX’mas

メリー・クリスマス!
santa.jpg
この画像は昨日の抽選会でみごと当選された方のものです。
ちょっと画像はアレですが、お借りして上げさせて頂きました。
↓そしてこれも昨日の当選品です。
saizen.jpg
これは本日のミニライブの、最前列センターが保障された券です。・・・<つづく>

①午前のイベント
朝8:20集合でバス移動。
中心街からは、ちょっと西の「アラモアナ・ビーチ・パーク」へ。
かなりバスの中で待たされましたが、やはり屋外は気持ちいいです。
昨日のテーブルを元に、5つの束にチーム分けされました。
約50位ずつで、フルーツリレーと椰子の実リレーを行いました。
前者は、選ばれた物によってかなりハンデが付きます。
私のチームのパパイヤ3個は、かなり不利でした。
後者は、2つに割った椰子の実に水を汲んで、溢さずに回すというもの。
昨日同様、私のチームの勝利はなりませんでした。
↓ちなみにこれが優勝商品の『トレカサイズ写真』です。
toreca.jpg
さらに、午前中の体力勝負のイベントは個人戦に突入。
事前に配布されたキャンディーを携えての『大じゃんけん大会』。
総当りでランダムにじゃんけんして、一体いくつのキャンディーが
集められるか!・・・というもの。
<ルールと特典>
・じゃんけんで負けたら、キャンディー1個を相手に渡す。
・手持ちのキャンディーが無くなったら、係員と「敗者復活じゃんけん」をして、勝ったら1個から始められる。
・10個集まったら、ごっちんから袋がもらえる!!
・一定時間(20分?)での最高獲得者を優勝とする。
・優勝者はごっちんと3分間フリートークが出来る!!!!

自分も今回は真剣こいてがんばり、2人目くらいにごっちんから袋を手渡しで貰いました。
しかし、そこからなかなか思うように増やせず、時間となりました。
優勝者は・・・特に書きませんが、まあ平和な結果ということで。(笑)

②<前半からの続きです。>
午後、ツアーデスク前に集合して、いよいよ最後のイベントのミニ・ライブの座席抽選会。
その待ち時間中に、上記の羨ましい写真を撮影させて頂きました。
そしていよいよ運命の抽選会。
自分の番号が2桁だったので、若干喜んでいました。
その後、ツアーデスクの人が、上記の特等席の方を呼び、
当然ながら既に指定された番号を渡しました。
私は別に会場に着いてから判明すればよかったのですが、
他人のことが気になる人が、教えてくれました。
彼の番号と私の番号が連番であることを!!
hcc.jpg
会場で起こったことは言うまでも無いと思います。
私として、出切る事はすべてやりました。

最後の握手会でも、
「ごっちんと過ごせて毎日が幸せです。」ということと
昨日作ったTシャツのことを、それはそれはゆっくり話しました。

おまけですが、22時からハワイ限定で、ごっちんのラジオ放送が
あったので、急遽ラジカセを買って録音しました。

こんなシンフーなクリスマス・イブって・・・・

後藤真希 | コメント:1 | トラックバック:1 |

ハワイツアー・レポ・その2

shop.jpg
とりあえず、今回のショップです。
ビルはなっちの時と同じでしたが、フロアが微妙に変わってました。
いきなり初日から、肝心のごっちん写真が売り切れという
失態がありましたが、転売目的の買占め野郎が悪いです。

何と午後のイベントは、このビルの中華料理店で行われました。
ごっちんは青いチャイナ服で登場。
シンフーの時の黄色も捨て難いですが、この青もいいです。
私は午前の抽選により、2番テーブルでした。
26のテーブルの中では見やすい方だったと思います。
このテーブルごとチームになって、ゲーム大会に突入。

『ダジャレ選手権』・・・なかなか笑いのツボが難しい我等が真希さん。
最高点7.3だったと思いますが、当チームは7点と善戦。
ところがその後は鳴かず飛ばず・・・
『ごっちんクイズ』も 『連想クイズ』(タイトルはいい加減)も
全く当たりませんでした。

「ハワイで食べたビビン麺は相当辛くて、ごっちんはどうしたか?」
1.そのままガッツで食べた。
2.付いていた汁に浸して食べた。
3.水で洗って食べた。
<正解は3>

連想クイズ
「クリスマスと言えば?」「メスのトナカイ」
(ヤンタン・リスナーしかわからんがな。)
「ハワイと言えば?」 「椰子の木」
「後藤真希と言えば?」 「20歳」(はたちはダメ)
・・・・などなど難しい!!!

一番参ったのは、
「これから剣玉にチャレンジしますが、何回で成功するでしょう?」
という問題。一瞬、やったことがない風に空振りするごっちん。
これが演技だった。 さすが名女優!!
1回目、2回目とも1度でクリア。
もっとも2回目は本人もびっくりしてましたが・・・

最後の問題。
「今日、朝から万歩計をつけてましたが、はたして全部で何歩になったでしょう?」という難問。
うちのテーブルは2251歩にしましたが、何と2367歩というズバリの回答をしたテーブルが!(何でわかんの?)
ありがちな展開ですが、最後は510点だったので、当然このチームが優勝!

しばしの昼食タイム(16時過ぎてましたが)の後、再びごっちん登場!
2ショットの時と同じ、ミニスカ・サンタの出で立ちで。
かわいい~~~~♪
「クリスマスらしいことをしましょう。」
ということで、キャンドル・サービス。
何気に自分のすぐ横にキャンドルが置かれ、
すっごく近くに来るごっちんサンタ。
一人で「メリー・クリスマス!」と叫んでしまったら、
他のテーブルでは皆で声を揃えて始めました。

その後全員で「赤鼻のトナカイ」を合唱。
「みんな口をパクパクしてるから、緊張した~♪」とごっちん。
そりゃ合唱ですから・・・それより俺等は鯉かいっ!!

「ごっちんからのクリスマス・プレゼント」ということで、大抽選大会。
今回は参加者が260人前後で、当選率は上がっているはずなのに・・・
全く当たらない・・・
(悔しいので詳細の記述は省略します。)

最後の退場時、フォト付きフレームを一人一人に手渡し。
私 「今日はありがとうございました。」
ご 「明日も楽しみましょうね!!」
・・・う~ん、前回より遥かに近くにいる時間が長い・・・
生涯最高のクリスマス・イブ・イブになりましたとさ。
1223.jpg

(この写真、UPした人は世界初かも?!)

後藤真希 | コメント:1 | トラックバック:1 |

海外からの初カキコ!

ホント、便利な世の中のもほどがありますよね。
ハワイでも普通に携帯が使えて、ホテルのすぐ近くにこんなネットカフェが・・・

そんでもって、今日のFCツアーのイベント、第一弾は2ショット撮影だったんですが、ごっちんはサンタさんの衣装で、可愛いのなんの!
この写真にイメージが近いかな?
20051224075718.jpg
私は今回DLXではなくSUPにした為、2号車でした。
何とか「今日こそ、こう言うぞ」と決めていたことがありました。
UFAからは、なっちの時と同じY氏(♀)が来ていて、彼女に導かれて撮影会場入り。

最初に「こんにちは!」と挨拶してから、言いました。
「エキゾなポーズで!」
ごっちんは「エキゾ?」と一瞬考え、
「♪100パーセント、エキゾな~」と軽く鼻歌を歌った後、
両手の親指と人差し指で○を作るあのポーズを!
カメラマン氏「おお、楽しいねぇ。」
今までで一番成功したのではないでしょうか。

まずは、HN=エキゾとしての面目躍如ということで・・・
画像は当然、(頼まれずとも)後日UP致します。
あと1時間で午後のイベント開始です。
後藤真希 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年二度目の成田

goto.jpg
おなじみ無料のYAHOOカフェにて。
当然のことながら、夏に比べて真っ暗です。
あまりヲタ同士で、つるむのは嫌いだからいつもここにいます。

そう言えば今朝、高橋真唯のテレカが届いていてました。
それから先週続けて映画を見たけど、これと言ったものがなく、
書いてません。
『イントゥ・ザ・サン』・・・セガール、君は本当に日本に詳しいの?
『ザスーラ』・・・毎年ある子供だまし映画。
『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』・・・・つまらなかった。
『七人のマッハ!!!!!!!』・・・宣伝に気合入り過ぎ。
                  期待以上でも以下でもなかった。

あとは帰国後、行ってきます!!


後藤真希 | コメント:5 | トラックバック:1 |

真希さんてば・・・・

makii.jpg
どうやら、スペイン坂の前に裕ちゃんの『マジアサ』(bayfm)の代打を
やったらしいです。 『マジアサ』といえば、裕ちゃん・番長と握手してポスターを
もらってから、身近な番組に感じてましたよ。千葉だしね。
当日、私は渋谷で並んでたんで知らなかったんですが、
聴いたらしいです、うちの課長が!
「ゴマキがハワイに行くって、ラジオで言ってたけど、
お前も行くんか?」
 ハイ。図星です。
何ものを犠牲にしても絶対行くもんね! ・・・・・きょ・・・今日じゃん、もう・・・・
まあ、ステラばばあも負け犬の遠吠えをしてるし、
沢山、写真を頼まれて転売屋と間違われないか心配だけど・・・
初めての海外でのクリスマス。 一番大切な人と。
おっと帰って準備、準備。


後藤真希 | コメント:2 | トラックバック:0 |

八面六臂の大活躍(自分で言うか?)・その2

1218goma3.jpg
先にも書いた通り、今回行動が決まったのは同士・Tさんの力によるところが大きい。
まあ、少し待たされはしたが車のおかげで行動範囲が広がった。

①整理券をもらった後、原宿のハローショップへ。
 この場所も今日が最後だった。 後藤のステッカーが直前で売り切れた。orz
②スタバで時間を潰した後、渋谷公会堂の地下の駐車場に車を停めて
 いざ、出陣!
③スペイン坂終了後、反芻しながらヒューマックス7階にて食事
④新宿まで送って頂く。
 映画は間に合わなかったので、ドンキにてワイハ向けの買出し。
⑤新宿のMANBOOにて1時間潰す。
 値下げしたメロンは売れた模様。
⑥シネマミラノにて、『七人のマッハ!!!!!!!』 鑑賞。
 ま、おもろかった。
⑦上野ハローショップは諦めて、『やんばる』でラフティ丼セットを食べて帰る。
⑧帰宅後、佐川急便の痕跡があったので即電話して届けてもらう。
 案の定『安倍なつみファンクラブツアー in ハワイ』のDVDが届いていた。
 nachi.jpg
・・・でそれを鑑賞していて今に至るわけですが、後藤の時より確実に映っていた気がする。

あと4日も経たないうちにまたワイハに行くというのに、この夏のワイハの思い出に浸れるとは、何てシンフーなんだろう!!!

ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

八面六臂の大活躍(自分で言うか?)・その1

maki1.jpg
寒かったなぁ。 昨日、出勤前に渋谷に下見に行って、「整理券配布は10時。」と言われたのに、9時に到着した時は列もなかった。
「ひょっとして一番?」とか超甘な考えが頭をよぎった。
何のことはない。一回りしてきたら係員がいて、その時点で69番。
Tさんの車が若干遅れたので、85・86番となった。
spain.jpg
何かとメディアに登場するスペイン坂スタジオ、先月にリニューアルしたらしい。
私にとっては、昨年8月の台風の時依頼だった。
ひょっとしてコブクロしか見れなかったらどうしよう・・・とか心配しながら、自分の番を待った。
リニューアルして、何が変わったって・・・
外部からスタジオが一旦遮断され、10数名が通される。
その時点でもう、金魚鉢の中のゴマ金魚は鑑賞し放題。
私は一つのグループの4人目に入ったが、一人一人を中の彼女もじっと見ている。
写真入りや名前入りのタオルを仕込んでいったが、そんなもので軽いアピールが出来る状況ではない。あえなく玉砕である。
ガラスで隔たれているものの、近いも近いし、時間もホントゆっくりなのだ。
これだけ会話なくただ見ているのは、見る方も見られる方も照れる。
皆があまりに静かに見入っているものだから、真希さんの方から
全員に「おはよう!」「おはよう!」とジェスチャーが入る。
「ゴマ金魚」とは言ったが、本当は『ケースに入ったお人形』という
形容がぴったりくるかもしれない。
maki2.jpg
あー可愛かったー


後藤真希 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近、静かな映画が多いですね。

『大停電の夜に』
dai1.jpg
登場人物に悪人が出てこない。
最近の日本映画は、現実の人間が失いかけている優しい繋がりのあるものが多く、ヒットもしている。しかも今回は現代の話。
本作も観客動員8位と検討はしているものの、どんどん上映館が減らされ、映画の舞台であるクリスマス・イブまでもつのか心配。
大東京が突然、大停電に見舞われ、登場人物達にとって忘れられない晩となっていく。
大きな事件が起こるわけではないが、それぞれにちょっとしたアクシデントがあり、大切な人と向き合うことになる。
dai2.jpg
登場人物ほとんどに何らかの関係があって、最後には豊川悦司が営むジャズバーに集結する。
ここで田口トモロヲがスルっと抜けるのが、うまい。
不倫相手(井川遥)と鉢合わせは避けたいだろうし、
妻(原田知世)が昔の恋人(豊川)と会うシーンも見たくはないだろう。
実の母の今の夫(宇津井健)とは、何気なく会っていたりするのだが・・・
dai4.jpg

原田知世が綺麗だ。(田畑智子もイイが)
ここ数年は「おばさんっぽくなったなぁ。」とか
思っていたが、『姑獲鳥の夏』と本作で完全復活である。
dai3.jpg

本作の冒頭で紹介される「サンタ追跡システム」。
http://www.noradsanta.org/jp/default.php
人口衛星から、赤鼻のトナカイことルドルフの鼻を感知するという完璧(?!!!)なシステム。劇中で語られているように、アメリカは子供の夢の為に軍隊が演出をしてしまうのだ。こういうとこは、あの国が好きだ。
ちなみに、サンタの最終到着地は、12月25日・ハワイだそうです。
・・・・・ワクワク・・・・・
映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |

『Mr.&Mrs.スミス』(ネタバレあり)

smith1.jpg
本日、休日出勤の前に気分をリフレッシュ!
やっぱり正月映画は明るいアクションに限る。
予告編を見た限りでは、夫婦の殺し屋が、お互いが標的であることを気づかないで狙い合う、という話だと思っていたが微妙に違った。
smith2.jpg
オープニングは、普通の夫婦のような倦怠期のカウンセリングから始まり、5~6年前にコロンビアのボゴダで知り合ったころに遡る。
(知り合い方からして既にフツーではない。)
それから5~6年間(笑)、バレないで暮らしていたのに、
ある標的を二人で別々に狙った後、正体がバレる。
(これも両方の組織が仕組んだことなのだが・・・)
バレてからのきわどいダンス、殺し合い、殴り合い、すべてが凄い。
smith3.jpg
結果、再びお互いを知り、二人で戦う選択をするあたりも、フツーじゃないんだけど、普通の夫婦のやり直しに似ていなくもない。
決死の覚悟で挑んだ最後の戦い・・・あっさり勝ってしまう。

スタイリッシュでありながら、アクションが丁寧に描かれていたのに好感が持てた。『ボーン・スプレマシー』なんて、カー・アクションが見難くて、カタルシスも何もなかったから。

当初はMrs.はニコール・キッドマンがキャスティングされていたそうだが、アンジェリーナで大正解だったのではなかろうか。
命ぎりぎりの艶っぽさは、ニコールでは役不足。
たとえタラコ唇でも、殺し屋として映えるのは彼女だろう。
この映画がきっかけのロマンス。いいじゃない?納得だよ。

それにしても『Mr.&Mrs.』ってのが、常に入る邦題って・・・
今後、言い難そう。

映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |

おひさしぶりね・・・

ao.jpg
全国行脚が終わってからも、毎日会議の嵐。さらに体調が悪く、真希不足。
そんな中で行った横浜アリーナ。バックステージということで、
2002年9月の卒業を思い出す。あのころはクソ席でも手に入った。
転売屋の稼ぎ時の今じゃ考えられないことだ。

そんな思いの中。メイン・ステージは逆向きで凹もうとしたその時・・・
DEF.DIVAの4人がこっちに向かって歩いてくるではないか。
逆サイドで騒いでいたハロヲタは完全な負け組となった。
逆にこっちにいるハロヲタは、我々くらいだから責任を感じて(?)
頑張った。
周りのジャニヲタが私に合わせてPPPHをする始末。
勿論、全国放送に声が乗ってしまった。(2度目)

今年はMステは行けない。3年連続ならずか・・・・
ほーんと残念だね、ね、真希さん。


後藤真希 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。