お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

へB級な「パニック・アクション超大作」=『スネーク・フライト』

SNAKE1.jpg
妙なタイトルで申し訳ない。
この映画の予告編で、「これはヘビーなクライシスだ!」な~んて
日本人にしか通用しないギャグが使われていたのでつい。(笑)
『Snakes on a Plane』(原題)というタイトルに、主演のサミュエル・L・ジャクソンはこだわったというが、それほどのもんか?
ここは日本の配給会社(ムービー・アイ)の勝ちだな。
そもそもアメリカ版・大杉連ことジャクソン、いろんな作品に出過ぎ。
でも彼がいることで画面は締まるし、ある種の安心感を与える。
最初から目が血走ってる彼は、どんな窮地でも慌てている様に見えないからだ。
のっけから、ダイアモンド・ヘッド舐めでハワイのシーンが続く。
どうも安っぽい。
最近、ハワイを舞台にしたアメリカ映画が少ない訳が判った気がした。日本で今更、熱海を舞台にした映画は撮らないからなぁ。
SNAKE2.jpg
ヘビが解き放たれてからは、エグいシーンがスピーディーに続く。
トイレでヤッテる馬鹿ップルが襲われて、外で叫び声を聞いているFAが、
「最近の若いのは凄い。」「私の若い頃はもっと凄かったわよ。」
とか言う、悪趣味なギャグもあり。
用を足していて、「息子さん」を噛まれる奴がいるわ、
顔を噛まれて、毒で泡を吹いてる奴はいるわ、
阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられる。
予告でもあったアナコンダに飲まれる男は、嫌な男に描かれている。
毒蛇だけで十分だと思うが、それはバリエーションの為、色々なヘビが用意されているわけ。
SNAKE3.jpg
ヘビに襲われるだけなら見せ場も限られているが、
航空パニック路線をプラスしたことで、なかなか飽きさせない。
特にあわや墜落のスペクタクルを、これまたギャグで救っておいて、
不時着後のどんでん返しまで、一気に見せる。
体調の悪い時は観ない方がいいと思うし、
ヘビが嫌いなDR.ジョーンズのような人にはお勧めできない。
「超大作」ははっきり言って言い過ぎだが、楽しめる作品になっている。

スポンサーサイト
映画 | コメント:1 | トラックバック:3 |

昨日、休んだけど・・・・

システムのプロジェクト会議があるのをほったらかして、昨日休んだのは
渋谷の『メロンラウンジ』の参加が決まっていたから。
さらに内臓エコーの検査をしたり、今週で終わる映画を観ようと、
予定は沢山あった。
しかし、先週土曜日の段階で、エコー検査の予約が取れなかった。
さらに、前回の『メロン・ラウンジ』のレポートを読んだら、
「狭い会場で、19時から22時過ぎまで、ヲタが慣れないクラブで踊りまくる。」と書かれていて、「何となく面倒だな。」と思っていた。
色々な要素が絡み、大いに予定外の方向に進んでしまったのだ。

まず、レンタルDVDを返却し、郵便局に11月4日のごっちんの
チケットを取りに行った。
2階10列目というクソ席。どうも本推しの引きは良くない。
そのまま、本八幡のパチンコ屋へ向かった。
いつもならコルトンプラザのTOHOシネマに向かうのだが、
観たい映画の前売りがなく、レイトにすることにしていた。
eva.jpg
10時39分
『エヴァンゲリオン祭、開催中』・・・何でいまごろ?
偶然、金・土とエヴァをやっていたので、乗ることにした。
なかなか思うように来ない。
やはり私は朝からやるタイプではないらしい。
12時30分
やっと来た。
連続⇒単発⇒単発⇒単発⇒連続・・・なんだかんだで10箱まで行った。
そこからぱったりと止まるが、19時過ぎ・・・
メロン参戦を諦めたころ、再度の爆発が始まった。
ええい!ままよ。どうせ、もう予定は何もこなせない。
行き着くとこまで行ってやれ!
もはや体はボロボロ。何回出たか正確には覚えていない。
トータル時間、11時間半くらい。
これだけやれば、初の全回転=「最後のシ者」や
綾波レイ群も経験した。

22時13分
24箱で終了。勿論、一日の自己最高記録である。
この秋から冬にかけての莫大なチケット代金をカバーできた。
まあ、よしとしよう。

観る予定だった映画が『アダム~神の子』であったのは、
ただの偶然だろうか・・・
多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |

『天使の卵』と『地下鉄に乗って』(ネタバレ)

ああ眠りたいのに眠れない!
metro1.jpg
巷では「東京国際映画祭」のレッドカーペットの話ばかりで、
おとといの舞台挨拶は、どこにも画像がありゃしない。

朝一番で『地下鉄に乗って』の全員挨拶だけ観て、東劇に移動。
『天使の卵』はエンディングも含め、微妙。
むしろさっきまで見てた続編『天使の梯子』の方が
ストレートでいいかな・・・という感じ。
市原隼人より要潤の方が上手いよなぁ。
ただ、渡部豪太ってのがどうしようもない棒読みで駄目だったが。
tenshi.jpg
私は原作を知らないが、コニタンの透明感ある演技がイメージぴったりなのだそうだ。
初めて見た沢尻エリカだが、映画祭で話題になったあの「あゆ風ファッション」の軽いバージョンだった。(ちょっと残念)

さて、両映画とも都内近郊の舞台挨拶マラソンを行い、
『天使の卵』は映画祭に行く沢尻が抜け、市原が抜け、
コニタンと監督は最後の会場まで行ったようだ。
『地下鉄に乗って』に至っては、有楽町・新宿は4人+監督で、
他の会場は岡本さんと監督のみ回った。

そのうち、川口に行き観れなかった本編を観なおした。
う~ん、期待していたんだけどな・・・俺はこの映画はダメだ。
metro2.jpg
岡本綾いいですよ、切なくて。
ただ切な過ぎるというか・・・・・
「私が生まれるのを、喜んでくれてる・・・」というところで涙。
その後、「お母さん。お母さんの幸せと好きな人の幸せを天秤にかけていいかな?」
・・・というそれまでの展開では意味不明のセリフがあり、
ある決意をするんです。
これが頂けない。
「好きな人の幸せ」の為、自分自身の存在を消すという・・・
『バタフライ・エフェクト』にもあった暴挙(!)に出るのだ。

予告とかで流れている「お母さん、ごめんね。」も
思っていたシチュエーションと全く違う意味だった。
いくら・・・愛した人の為とはいえ・・・あまりにも酷い。
後味悪いところに持ってきて、この件はあまり触れられず
ラストへと向かってしまう。
父との最後の会話もなく消化不良。
メイン4人の演技がいいのに残念だ。metro4.jpg


映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |

まっつーとパチンコ

URA.jpg
おととい木曜日・・・CR松浦亜弥、結構爆発したのに交換率が悪かった。
(東京でのパチンコはつまらん!)

昨日、残業せず『ワイルド・スピードX3』を観た。
サニー千葉や妻夫木が出ているのは知っていたし、
柴田理恵やKONISHIKIはパンフレットに載ってる。
でも・・・真木よう子が出てるのを知ってる人いる?
主人公のオヤジが買った?女という設定で、思い切りチョイ役。
でも、今夜深夜の『もう一度、地下鉄に乗って』では、主役級です。
全国157人(推定)の真木よう子ファンの皆様、お楽しみに!

話はパチンコに戻すけど、
「ハンドル固定禁止」
「確変、出玉補償禁止」
・・・ていう法を作った野郎は、きっと生きていてもつまらんような
くだらん野郎だろうな。ホント、腹立つ。
昨日は有楽町で久々にエヴァで大爆発した。
ミッションモード5分バージョンで、2回も「完遂」。

そういえば、明日は久々にまっつーに会える!
(全くとりとめもない話になってしまった。)
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ダンサー目線の『G-Emotion』(ネタバレあり)

ge1.jpg
ついに待ちに待ったソロライブ、スタート!

あー!体いてー!!
やっぱ、ごっちんライブほど汗をかけるネタはない。
しかし、それが体に良いかというとどうもねぇ・・・
普段しない無理なジャンプをするし、いくらストレッチをやっても
いろんなところの筋が伸びきっているような状態。(苦笑)

1.SOME BOYS! TOUCH
ぶっちゃけこの曲、好きじゃない。
最初の「TOUCH!」は、『エキゾ』風に両手を上に向けたポーズ。
次の「CATCH!」で、両手で顔を挟み、
再度「TOUCH!」でポーンと胸を叩く。
あとは、エルダ紺以来定番となった(?)「ゴロゴロごっちん」(笑)。
右足がショーツ、左足のみロングパンツって衣装も、
セクシーなんだか、どうなんだか・・・

2.LOVE LIKE CRAZY
6月末のシークレットライブの流れ。
最初のハワイツアーのミニライブの締めが、『マリーン』で
そのまま春ツアーのエンディングがそうなったように、
単発のライブは実験を兼ねているのだろう。
それにシークレットライブは出来がよかっただけに、
あれだけで終わるのはもったいないと思っていた。
ダンサーも同じ。クオリティ高い!
従って、素人が真似するのは難しい。

3.LOVE缶コーヒー
激しいナンバーの後、流れるようなこの曲でホッとする。
右手・右足、左手・左足を同時に動かすアクションがあるが、
左右順番に動かすのではなく、右2回、左2回・・・う~ん、奥が深い。
『I WISH』風に右手を上下する部分が決まれば、勝ったも同然。

4.横浜蜃気楼
やっとフリ完璧な曲がキター!!と思ったら、
本来のフリはやらなくて、ちょっと欲求不満。
「♪横浜、チャイナターン!」の後の手のキメから、
「泣いたって」に行くキツネポーズで若干復活。
「聞くまで電話を切らないわ!」と
「スヤスヤと眠りたいの うち!」の手はキマル。

5.ステーション
この曲は昨年の秋ツアー=「はたち」では、女性ダンサー3人が
踊って、後にごっちんが続く形だったが、
今回は、最初からごっちんと男性ダンサーのバレエ風のダンスで魅せる。
さらに女性ダンサーも加わり、この曲の悲しいストーリーを展開。
こういうのは、フリ真似しても無駄。
自分を棄てた男が、別の女と楽しそうにしているのを見てしまった女性、それがこの曲のごっちん。いいナンバーで、3rdでは最も好き。
最後、階段ですれ違う男と女。降りてきたごっちんは泣き崩れる。
ホント、よく出来たパフォーマンスだ。

6.デート注意報
女性ダンサーの見せ場だった。
ごっちんのフリはちょっと忘れた。

ここでやっとMC
今回は初の単独ライブであると。
そうか。何だかんだで貴子やメロンが必ず絡んでいたんだった。
それはそれで良かったけど、今回のダンサーとのコラボも良いよ、ホント。

7.スッピンと涙。
昨年は、「THANK YOU MEMORIES」前の静寂が守れるかどうかが
話題になったし、こっちもハラハラしてた。
今回は2番の「帰郷るね」以降、思い切って(笑)ア・カペラにしてしまう。
凄いな、スタッフ。ちゃんと前回の教訓を生かして、進化させてる。
こういうのがプロの仕事だと思う。
グッときた。
15日・夜は歌い終わったごっちんが、泣き崩れてしまった。
感情込めすぎたらしい。それにしてもあんなに嗚咽するとは。

2度目のMC
「アニョハセヨ。」
と挨拶して、9月9日に韓国デビューした話。
「韓国でもライブやるけど、無理しないでよかったら来てね。」と。
・・・・無理しますけど。(笑)

8.もしも終わりがあるのなら
昨年は白い衣装で、右手を後ろから回してくるアクションだったが、
今回はよりシンプルに頭上から下ろしてくる。
途中のフリは衣装を利用してよりキュートな感じ。


9.溢れちゃう・・・BE IN LOVE
今回の目玉。
エロティックとイリュージョンの合体技。
この曲を寝ころがって、ベッドの上で歌うのもどうかと思うが・・・。
女性ダンサー2人も、tATu風にレズビアンな雰囲気を携えて、ごっちんに傅く。
倖田のせいで「エロ」なんて言葉がまかり通っているが、
正直、女子供が口にするのは、無茶苦茶抵抗がある。(おっさんとしては。)

白い仮面をつけて男性ダンサーが登場。
映画ヲタの私は『アイズ・ワイド・シャット』の
仮面パーティーが思い浮かぶ。
ベッドから空中浮遊したごっちんが消え、
男性ダンサーと入れ替わる。
第一回目は、「これが噂の・・・」と思いながら
失笑気味だったが、繰り返して観るとなかなか良くできている。

10.LOVE。BELIEVE IT!
これもシークレットライブで披露したが、歌い出しは前からの
流れでスローバラード。
この曲のこのアレンジには個人的には反対。
後半、ダンスナンバーへと変化し、今までとは違ったフリで
楽しめる。(比較的踊り易い。)

その後、男性ダンサー2人のダンス対決。
イケメン・マッチョな麿(マロ)が、タップ板でキメ、
対抗するアフロ・なおとは、ブレイクダンス。
(15日夜は足をぶつけていた。痛そうだった。)
さらに女性ダンサー2人(なづき・かなちゃん)も加わり、4人で。
今までなら、メロンや貴子の歌でごっちんが休憩している時間。

11.ペイント イット ゴールド
この曲は2004年春以来なので、燃えた。
贅沢をいえば、フリは復活して欲しかったが、
今回のアレンジもカッコいい!
腕を大きく前後に回転させるのがポイント。

最後に、着座のまま空中浮遊。
何となく某尊子を思い出してしまうが、
左手のバーを外した後、右手のバーだけで支える・・・という演出が、
ごっちん、マイクを持ち替え、右手にマイクを持ってしまう。
・・・ということは、バーにごっちんは一切触れていない。(笑)
これってアリ?

12.LIKE A GAME
この曲は『盛り上がるっきゃ~』同様、ヲタ魂の見せ所。
「BABY!」のところで、いかにジャンプできるか、
その後の「ハイハイハイハイ」も、バカらしいけど許して頂いてる。(笑)
それなのに、無理に手を振らせようとする振り付けの意図がわからん!
ごっちんは空気を読める娘なので、途中から無理強いはしなくなった。
ここだけは演出のセンスが全く感じられない。
今後、是正して欲しい。

それでも、ダンサー紹介から男女二人ずつに分かれての
人差し指フリ対決は楽しかった。

暗転後、しつこいほどのインストの繰り返し。
上部に紅白並みのロングドレスのごっちん登場。

13.ALL OF US
今回最もフリもなく普通にサイリュームを振る曲。
そのドレスを脱ぎ捨て、ごっちんらしい赤のツーピースで登場。

この曲が『銀河鉄道物語』のエンディングテーマであること
松本零士氏に褒められたこと、など語る。

14.うわさのSEXY GUY
やったー!という感じで気合を入れたが、
階段を上ったり下りたりで、またしてもフリは完全ではなかった。
男性ダンサー2人と宝石の強奪戦を繰り広げるのは、峰不二子・ごっちんの本領発揮。
両手で銃を撃つフリが連発なのは嬉しかった。
15日・夜に前の方で見て、最後にごっちんが宝石を奪っていくのがやっとわかった。

15.エキゾなDISCO
こちらもシークレットライブの流れで、ステッキを使ったダンス。
何もないこっちは全くサマにならないので、あまり真似はしない。
何となく男性2人をSMっぽくいたぶる演出はやり過ぎじゃ?

16.抱いてよ!PLEASE GO ON
よっしゃー!!!
この辺からアレンジ仕込なしに、ストレートなフリで畳み掛ける。
ごっちんも上段と下段でそれぞれ『プリゴン・キック』。
私は15日・昼に横4席ぶち抜きだったので、横向きにキック返し。
ラストのキメは、HPPバージョンに近いかな?
個人的にはシンプルな方好き。

17.ガラスのパンプス
この曲の完成度は高い。次の曲が余り好きになれないのも
この曲を越えていないから。
ダンスの難度もハンパじゃなく、『フリフリ・ソングブック』で
RYON・RYON先生直伝のマエケンのフリを見ても
そうそう覚えられない。
2番に入る前の腕のフリが決まれば、カッコいい!


<アンコール>

18.盛り上がるしかないでしょ!
このキラーチューンを、昨年秋の『はたち』では敢えて外していたので、今回の復活は読めていた。
初日から被り物かよ!と突っ込みたくなる。
さらに後半のフリは、指差し確認風のコミカルなものを導入。
「DODA!」でジャンプしてから、このフリに切り替えるのが大変。
「ハ、ハ、ハ、ハ・・・」の所は、『原GAL』みたいに
ギターのフリ真似。

15日・夜、『すっぴん』から引きずっていたのか、MC中に号泣。
会場も追い討ちをかけるようにごっちんコール。(嫌いだが。)
いつもはこれで逆に涙は収まるのだが、止まらない。
久し振りのツアー、新しいことにかけた情熱、
ダンサーとの絆、スタッフとの絆、家族に、ファンに・・・
色々な想いがあったのだろう。

「最後は、みんなに歌ってもらえる曲を選びました。」とのことで
定番中の定番・・・・・

19.スクランブル
この曲を初めて聞いた時、ここまで私の人生を変え、
ここまで活力を与えてくれる曲になるとは、夢にも思わなかった。
前奏とラストの両手のひらひらはカットで、
頭上から振り分ける部分のみは健在。
最後、ダンサーを送った後、上段にて締めのスキャット。
曲が終わってすぐ消えてしまうのが惜しいが、
1年ぶり、しかも文字通りのソロ・ライブ・・・
最後の一滴まで、十二分に堪能させて頂いた。

新宿までには、『ガラパン』を完璧にしたい。goma.jpg

後藤真希 | コメント:4 | トラックバック:0 |

サンスポ!違うぞ!!

サンスポは毎日購読しているが、今日は休刊日。
ネット版で見たところ・・・・

松浦は今月7日から名古屋公演を皮切りに、
秋ツアー「進化ノ季節…」をスタートさせたばかりだった。
相模大野公演は2都市目で、

22、29日の東京厚生年金会館と11月5日の群馬県民会館の計6公演についても、見合わせるかどうかは未定。
テレビの歌番組についても同様だ。
相模大野公演の払い戻しについては、10日に公式HPで発表される。

 また同日、都内で行われるTBS系主演ドラマ「命の奇跡」(15日放送、後2・0)の記者会見に出席予定で、病状について本人の口から語られることになりそうだ。

うそをつけ!
私が行った松戸は?大阪は?静岡は?
「今月に入って2都市目」・・・でやめときゃいいのに。

いずれにしても今日本人から発表がありそうなので、
明日の新聞の方が確かそうだ。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:3 | トラックバック:0 |

まっつー、初ダウン

sukeshoni3.jpg
①23日・・・『スケ番刑事』公開イベント
②30日・・・その『スケ番刑事』公開初日舞台挨拶
        (新宿・錦糸町・川崎ハシゴ)
③そして本日、『進化ノ季節』@相模大野

最近まっつー三昧だな~。

本日は、9時45分から錦糸町で映画を一本鑑賞してから出社。
一時間ほど仕事をした後、さらに東銀座でもう一本鑑賞するとともに
21日の『天使の卵』舞台挨拶のチケットを入手。
時間に余裕を持って現場へと向かった。

そうしたら・・・・
chushi.jpg
体調原因で中止って・・・まっつーはあっただろうか?
そりゃ、ぎりぎりまで公演を続けようとしたことは認める。
くれぐれもまっつーは大事にして欲しい。

だが、個人的にはすっごく楽しみにしていたので悔しい。
払い戻ししてくれたからって、許せない。
それまでの調整を一生懸命したし、今回が秋ツアー参戦の最後だったし、良席だったし・・・。
ファンの為を思って振替公演を行うような事務所じゃねえからなぁ。

肩を落として帰宅したくないので、『CR松浦亜弥』を打ちに寄った。
当然の如く負けたよ!

<以下、公式HPより>

松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節…』
グリーンホール相模大野公演中止のお知らせ
本日【10月9日(月・祝)】予定しておりました、松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節…』グリーンホール相模大野公演((1)開場14:00 開演15:00 (2)開場17:30 開演18:30)ですが、本人の体調不良の為、公演を中止させて頂きました。

尚、本公演のチケットに関しては全て、払い戻しをさせて頂きます。

払い戻し方法に関しましては、明日【10月10日(火)】14:00以降にホームページ上にご案内させて頂きます。

また、本公演の中止による振り替え公演はございません。

ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます。

ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

後藤真希の秋

riha2.jpg
10日もブログ更新してない。江戸川のブロガーを見習わないと。(笑)
色々あったけど、本日(深夜過ぎ)は後藤さんのテレビ出演も多く、
久々にごっちん三昧させて頂いた。

昨日、会議室に篭って資料を作りながら、FCに電話していた。
途中ちゃんとした受付時間内にテープが回ってたりして、
「やっぱウファだ。」と思っていたが、何とか繋がった。
・・・ということで京城行き決定!
同行者がいないのは辛いが、まあツアーじゃないので
テキトーに安く上げよう。
でも、こんな仕事してるのに、自分でFITなんて苦手だからなぁ。

いつも通り(苦笑)14時間労働して、終電で帰ろうとしたら、
何たる混み方。
豪雨と突風で電車がかなり遅れていた模様。
車内で1時近くなったので、自分の携帯でテレビを観ていた。
『熱狂的ファンツアー』
テレ東の番組だが、「芸能人が芸能人のヲタ」になる様が
面白かった。
ただ、終電の中でわざわざヲタ芸を見るとは思わなかった。
そんな中で、『音楽戦士』は帰宅後も並行して見ていたが
ごっちんは見逃した。

ごっちんブログをまとめて読んだ。
イベントの申し込みが前日締め切りで凹んだが、
11日とか12日とかゼッテー無理。

それにしてもごっちんのブログ・・・
食べるか、レッスンかいずれかという感じ。
そんなに食べて腸炎にならないでね。(笑)

さらにどうでもいいことだが、フジテレビ721の
『フリフリソングブック』という番組で、『ガラスのパンプス』
をやっていたので、真剣にトレーニングした。
それにしても、難易度ムチャ高い!

その後『銀河鉄道物語』も放映開始。
エンディングテーマをそのままCMに使っていた。
これから秋真っ盛り。真希さんと会う機会も増える。riha3.jpg


後藤真希 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。