お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

裕子さん、好きです!

yuko5.jpg
また書く時間がないっ!
眠いけど・・・まあいいや。
最近、姉さんに会う機会が増え、ますます姉さんの人間らしさ、
ぶっちゃけたトークに惚れてる自分がいる。
もともとごっちんに惚れたのも、ライブで我々に体当たりでぶつかってきてくれることと、
『真金色に塗っちゃえ!』の『秘密』で見つめてくれることが大きかっった。
それが、希薄になっている今、裕ちゃんが占める割合が遥かに大きくなってきている。<俺の心の中で。

SONGS & MONOLOGUES・・・・
恋の物語
夏に始まったこのコンセプトも、既に3回目。
今回は大阪公演では「大阪物語」、東京公演では「冬の物語」として
4つのエピソードを裕ちゃんが朗読。
物語にあった曲を彼女がセレクトして、同時に披露。
まずはセットリスト。


1.WHITE LOVE <原曲:SPEED>

2.大阪恋の歌 <原曲:モーニング娘。>

 冬の物語Ⅰ ジキ子とハイ子

3.ロマンスの神様 <原曲:広瀬香美>

 冬の物語Ⅱ ビンゴ

4.うれしはずかし朝帰り <原曲:DREAMS COME TRUE>
(通路巡回)
 
 冬の物語Ⅲ 最後の赤信号

5.MAYBE TOMORROW <原曲:REBECCA>

 冬の物語Ⅳ あまのじゃく

6.冬がはじまるよ <原曲:槇原敬之>

7.うらら

8.聞きたいこと

9.DO MY BEST

10.GET ALONG WITH YOU

2005年の5月にカジュアル・ディナー・ショーに初めて参加したのが、裕ちゃんとゆきどんで、その時はCテーブルの最良席だった。
それ以来、裕ちゃん運は良くて今回を含めて4回中3回がCテーブル。
ここと、Fテーブルの通路側はマジで視線がバチバチ合う。
『冬がはじまるよ』を一緒に歌う私への、裕ちゃんの眼差しは優しかった。
yuko4.jpg
また握手は一番と行きたいところだったが、どこかで見たゴマヲタに先を越され、
さらには、「遠方へ帰る方が急ぐので・・・」と2名に譲った。
つまり4番目だった。先日の集いでも、やっと言うことを考えたくらいなので、今回も気の利いたことは言えなかった。

「こんばんは!」
「楽しかったです。今日、無茶苦茶一緒に歌いましたよ。」
「本当? ありがとうございます。」
「3月ハズレちゃったんですよねぇ・・・」
・・・・集いに比べて、会話のキャッチボールができてないっ!
心なしか、写真も今までの中で出来が一番地味だった気がする。
本気で好きな人に対してって、いつもそんなもんなんだよな、俺。

スポンサーサイト
ハロプロエッグと仲間 | コメント:1 | トラックバック:0 |

『ROCKですよ!』終了!

rock1.jpg
rock2.jpg
終わりました。参戦された方、乙でした。
くたくたです。体が痛いです。でも心地よい疲れです。
全力で頑張ってくれたごっちんとメロンに感謝、感謝です。
今回は本当によかったです!
10日間の集大成の意味も込めて、再度セットリストをUPします。

<セットリスト>
1.(9日、11日、17日、18日・夜)恋愛戦隊シツレンジャー(全員)
         <原曲:後浦なつみ>
  (10日、12日、18日・昼)   横浜蜃気楼(全員)  
         <原曲:後藤真希>
2.さあ、早速盛り上げて 行こか~!!(全員)
          <原曲:メロン記念日> 
3.LEATHER(メロン記念日)
          <アルバム『FRUITY KILLER TUNE』より>
4.かわいい彼(メロン記念日)
5.(9日、11日、17日、18日・夜)恋愛レストラン(メロン記念日)
          <『香水』のC/W>
  (10日、12日、18日・昼)やる気! IT'S EASY(メロン記念日)
          <原曲:後藤真希>
6.お願い魅惑のターゲット(メロン記念日)
7.ポジティブ元気!(後藤真希)
8.きっと彼氏が出来る方法(後藤真希) 
          <『今にきっと…In My LIFE』のC/W>
9.涙の太陽(後藤真希)
   <原曲:エミー・ジャクソン、安西マリア、サンディー&サンセッツ、    田中美奈子、愛内里奈、メロン記念日>
10.うわさのSEXY GUY(後藤真希、ティンバレス:メロン記念日)
11.香水(メロン記念日)
12.さよなら「友達にはなりたくないの」(後藤真希)
13.(9日、11日、17日、18日・夜)秘密(後藤真希)
  (10日、12日、18日・昼) シャンパンの恋(後藤真希)
          <原曲:メロン記念日>
14.赤いフリージア(メロン記念日)
15.This is 運命(全員)<原曲:メロン記念日>
16.抱いてよ! PLEASE GO ON(全員)
17.盛り上がるしかないでしょ!(全員)
18.原色GAL 派手に行くべ!(全員)<以上3曲、原曲:後藤真希> 
アンコール
19.遠慮はなしよ(全員)<原曲:メロン記念日>
20.(9日、18日・昼)My Babe~君が眠るまで~(全員 feat. 後藤真希)
  (10日)いいわけ(全員 feat. 大谷雅恵)
  (11日)My Babe~君が眠るまで~(全員 feat. 柴田あゆみ)
  (12日)いいわけ(全員 feat. 村田めぐみ) 
  (17日)いいわけ(全員 feat. 斎藤瞳)
  <以上、原曲:シャ乱Q>
21.今にきっと…In My LIFE(全員) <原曲:後藤真希>

18日・夜、スペシャル・アンコール
19.遠慮はなしよ(全員)<原曲:メロン記念日>
20.いいわけ(大谷雅恵・村田めぐみ・斎藤瞳)
21. My Babe~君が眠るまで~(後藤真希・柴田あゆみ)
       <以上2曲、原曲:シャ乱Q>
22.今にきっと…In My LIFE(全員)  <原曲:後藤真希>
ダブル・アンコール
23.スクランブル (全員) <原曲:後藤真希>

ずっとほったらかしにしておいたので、2月23日に大阪のホテルにて補完。
後藤真希 | コメント:0 | トラックバック:0 |

中澤裕子ファンの集い~バレンタインデースペシャル~

先週7日の『ドラリオン』、9日の『ROCKですよ!』初日×
そして、昨日の裕ちゃんファンの集い・・・・何とか
一週の間に、平日3回のイベントというのも初めてだろう。
しかもハンパなく忙しい。だめかと思ったが、何とか間に合った。
先週から電車の時刻を調べておいた。
外苑前から青年館まで、痛い足を引きずって走った。

到着は開演10分前。 グッズもほとんどスルーして自席へ。
自分はL列。
かなり前の席かと思ったが、客が入っているのがM列かN列まで。
つまり、後ろから数えた方が早かった。

聞きなれたイントロに乗って、裕ちゃん登場!

1.恋をしちゃいました!<原曲:タンポポ>
昨年のクリスマス・ライブといい、いろんな種類の曲をパクル(?)のも良いね。
裕ちゃんも十分にキュートだし。
合いの手もこの曲ならバッチリ! 裕子ヲタは大人しめだけど。

2.恋の始発列車

影MCサブさんがサポート。ごっちんの時と同じ。
●『姉さんの力を試せ!1分間トーク』
箱から引いたお題について、1分間で語るコーナー。
会場の拍手の量によって、裕ちゃんにフルーツが与えられる。(笑)

①やってみたい習い事
 編み物・キルト
 ボケないように、手先を使うことをね。
 出来たら皆さんにプレゼント・・・・本当?

②最近大笑いしたこと
 横アリでスタンバイしている際、あのスーパーアイドルなっちと
 スーパーちっこい矢口が追っかけっこをしていて笑った。
 ホント、変わらないんですよ。
 (エルダーの)『未来の扉』は、皆さん以上に私たちが楽しかったし。

③最近、おばさん化したなと感じること。
 最近、若いメンバーに対して丸くなったなぁと。
 横アリとかでも、笑顔で声をかけられるようになった。 
 まだまだ若い娘たちのエネルギーを吸い取って・・・(おーい!)

●大抽選会
・赤いハートを持って姉さんとポラ撮影 5人
 後でサイン付で渡すって。いいなあ。

・ポスターに貴方の名前とサインを入れ、特製パネルに入れて
 厳重に包装して、ご自宅に届けます。
 さらにこのポスターを前に記念撮影。

3.東京美人
定番!大阪では歌詞が飛んだらしいが、今回完璧。
ハロー内では元祖の『L・O・V・E、ラブリー裕子!』も健在。

4.GET ALONG WITH YOU
裕子「この曲って、好きです・好きですって歌じゃないですか。
  バレンタインにちょうどいい曲が私にもあったなぁ、と思って
  選びました。」
urara.jpg
5.うらら
入場時に配布さらた歌詞カード。皆で合唱。
最初、オリジナルキーでチャレンジしたけど、きつくなったので
男性キーに変換して歌った。
さすが、永井龍雲。 よくできた歌ですよ。
ホントいい思い出になった。大阪では泣いたと告白。

6.DO MY BEST
やっぱり、裕ちゃんのキラーチューンといえば・・・。

●握手会
前述の通り、私は後ろから数えた方が早かったので、
いや~待たされた、待たされた。
でも、一人一人時間をかけてくれるのが、裕ちゃんの心と思って我慢。
当の裕ちゃんは休憩ひとつ入れず、1時間以上終始笑顔で。
私はその間に、サイン入りパネル(2萬円也)を予約。
き・・・きっと大丈夫。そういえば予約番号はB-510(!)

握手の際、そのまんまを伝える。
「今日、本当に仕事で駄目かと思ったのが、何とか間に合って・・・
 本当に来れてよかったです。」
悔やまれるのは、「お仕事も頑張ってくださいね。」と折角言ってくれた裕ちゃんなのに、「ディナーショー行きます」と被ってしまったこと。
自分が言いたいことを言うだけじゃなく、会話はキャッチボールだぞ!!
ちょっと凹んだ。

裕ちゃんから一人一人チョコレートが手渡されたのだった。
今年はもうこれだけでいい!!
yuuchanchoco.jpg

ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

保田圭・稲葉貴子カジュアル・ディナーショー

inakeme2.jpg
行ってきました。
やはりハロー随一の歌唱力を誇る2人。
美しいハーモニーに、鳥肌が立つ思いでした。

<セットリスト>
1.人知れず 胸を奏でる 夜の秋(2人)
  <原曲:プリプリピンク>
2.春の歌 (2人)
  <原曲:モーニング娘。アルバム『愛の第六感』より>
3.桜 (2人)
  <原曲:コブクロ>
4.乙女の心理学 (保田)
  <原曲:モーニング娘。アルバム『セカンドモーニング』より>
5.桜  (保田)
  <原曲:河口恭吾>
6.M  (稲葉)
  <原曲:プリンセス・プリンセス>
7.YES!しあわせ (稲葉)
  <原曲:T&Cボンバー>
8.青春時代1.2.3!  (JazzアレンジVer.)(2人)
  <原曲:プッチモ二。>
9.永遠に  (2人)
  <原曲: ゴスペラーズ>
10.丸い太陽  (2人)
  <原曲:太陽とシスコムーン>

季節の曲を中心に、ハローの内外を問わず、名曲の数々を披露してくれました。
圭ちゃん曰く、「あっちゅんとのハモリをたっぷり聞いて欲しかったんです。ソロ曲を2曲ずつに削ってまで。」
確かに二人のデュエットがメインになってます。
中でも特に『永遠に』がみごとでした。

MCはどこか噛み合っていなくて、独特な雰囲気でした。
やっぱり、圭ちゃんは真面目過ぎて、軽妙なやり取りが出来ないこともあるようです。
それが悪いってことではないです。圭ちゃんらしくて。

さて、いつもながらアンケートを早々に仕上げて、真っ先に出口へ。
ずっと貴子さんと圭ちゃんの談笑がカーテン越しに聞こえています。
係員に促され、いつもの通り荷物の番号札を渡して、カーテンの向こうへ行くと、一瞬あっちゅが気づかずびっくり。「あ、すんません。」
握手をしようとする私と二人のリズムが、一瞬合わずに苦笑。
貴子へ・・・「今日もよかったけど、正月の『ガタメキラ』がカッコよくて最高でした。」
圭へ・・・「私って暗いですか?(注:『乙女の心理学』が聴けるなんて! 懐かしい曲が嬉しかったです。」
さて帰ろうかとすると、係員の手際が悪く、まだ荷物が出ていませんでした。
しまいには、似て異なるバッグを私に渡す始末。
この間中、2人は「荷物まだ?」「大丈夫ですか?」などと心配してくれてました。
やっと私のバッグが届いてから、ゆっくり手を振りながら退場。
何か今までで一番ゆっくりでした。
inakeme1.jpg


ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

最近のヘケート

♪えいえんの~とーきーをー、いきるまじょ、へけえとぉ~
mikitty.jpg
最近のこの人って・・・言いたい放題、やりたい放題。
新曲『笑顔YESヌード』の告知で、
「藤本さんはヌードになってたりするんですか?」というキャメイに、
「そんなヌードになって、1000円いくらで売られたくないですよね?」って。汗
そりゃそうだけど・・・ね。
でも、おかげでハロモニ。も面白くなってきたぞ。

♪ながいながいにちようび~の頃が好きでした。
もう一回いいますけど、ソロに戻ってください。
団体行動が苦手なあなたが、リーダーなんて信じられません。

元祖・ミキティ殿
ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ROCKですよ!』(ネタバレONLY)

rock.jpg
2005年のレビュー&コンサート
『むらたさ~ん、ごきっ?』は、なっちとメロン、
昨年の 『友情と魔法のトランプ』は、なっち、メロン、ごっちんのはずが、ごっちんが急性腸炎で欠席。
そして、今年はごっちんリベンジwithメロン。

今までと同じく、前半はミュージカル仕立てで、後半はライブという構成かと思って、たかをくくっていた。
開始直前、ヲタどもがサイリュームの準備を始めて、そわそわと席で腰を上げている。
嫌な予感がしたが、何とのっけからROCKなナンバーでライブが始まった。
生バンドでガンガンに飛ばす・・・最近の寄せ集めライブと違った・・・2組の合同コンサート。
いやはや、普段からライブに定評のある2組だけに、パワー全開で、
正直、へとへと、くたくたになった。

<セットリスト>
1.(9日・11日)恋愛戦隊シツレンジャー(全員)
         <原曲:後浦なつみ>
  (10日)   横浜蜃気楼(全員)  
         <原曲:後藤真希>
2.さあ、早速盛り上げて 行こか~!!(全員)
          <原曲:メロン記念日> 
3.LEATHER(メロン記念日)
<アルバム『FRUITY KILLER TUNE』より>
4.かわいい彼(メロン記念日)
5.(9日・11日)恋愛レストラン(メロン記念日)
 <『香水』のC/W>
  (10日)   やる気! IT'S EASY(メロン記念日)
<原曲:後藤真希>
6.お願い魅惑のターゲット(メロン記念日)
7.ポジティブ元気!(後藤真希)
8.きっと彼氏が出来る方法(後藤真希) 
<『今にきっと…In My LIFE』のC/W>
9.涙の太陽(後藤真希)
   <原曲:エミー・ジャクソン、安西マリア、サンディー&サンセッツ、    田中美奈子、愛内里奈、メロン記念日>
10.うわさのSEXY GUY(後藤真希、ティンバレス:メロン記念日)
11.香水(メロン記念日)
12.さよなら「友達にはなりたくないの」(後藤真希)
13.(9日・11日)秘密(後藤真希)
   (10日)   シャンパンの恋(後藤真希) <原曲:メロン記念日>
14.赤いフリージア(メロン記念日)
15.This is 運命(全員)<原曲:メロン記念日>
16.抱いてよ! PLEASE GO ON(全員)
17.盛り上がるしかないでしょ!(全員)
18.原色GAL 派手に行くべ!(全員)<以上3曲、原曲:後藤真希> 
アンコール
19.遠慮はなしよ(全員)<原曲:メロン記念日>
20.(9日)My Babe~君が眠るまで~(全員 feat. 後藤真希)
  (10日)いいわけ(全員 feat. 大谷雅恵)
  (11日)My Babe~君が眠るまで~(全員 feat. 柴田あゆみ)
  <以上3曲、原曲:シャ乱Q>
21.今にきっと…In My LIFE(全員) <原曲:後藤真希>

・・・ね、キツイっしょ?
特に、15~18は 「ヲタ、死ね!」って感じ。(笑)
一部日替わりなので、更新していく予定。
でも、今回の試みっていいですよ。
何よりバックバンドの力が大きい。クオリティが、無茶苦茶高いし。
ディナーショーのキラー・チューンバージョンといったらいいかな?
おっとごっちんのブログ、今日こそチェックしなきゃ!

・・・で、もらっちゃいました。
いいの、いいの、俺も写ってんだから。
rock0211a.jpg

rock0211.jpg

後藤真希 | コメント:2 | トラックバック:0 |

バブルは待ってくれる??

bublle.jpg
久々に大型舞台挨拶に行ってきました。出演者が豪華な上、テレビ中継もありました。
ホイチョイ映画・第5弾 『バブルへGo!!タイムマシンはドラム式』。
まあ内容はドタバタなんで、タイムスリップの科学的交渉は一切ありません。
1990年を描く為だけに、そういう設定にしたんでしょう。
ただ、折角1990年を再現したのに、もっと馬鹿馬鹿しく弾けてもよかったとは思います。

ところで、わたせせいぞうのミューズが「美砂子」であるように、
馬場さんのミューズは「田中真理子」です。
昔、テレ朝に同姓同名のアナウンサーがいましたが、今は退職。
馬場さんがなぜこの名前にこだわるかは、どこかで語っているかもしれませんが、私は知りません。
『彼女が水着に着がえたら』の知世ちゃん、
『波の数だけ抱きしめて』のミポリン、
それから先日行ったユーミン・ミュージカル『ガールフレンズ』の
朋ちゃんも真理子。
『私をスキーに連れてって』の原田貴和子は、「佐藤真理子」。
考えて見ると、薬師丸ひろ子は20年前に後輩が演じた名前を手にしたわけです。

内容は割愛します。
舞台挨拶の最後に、「バブルへ!」「GO!」という宣伝用のベタな掛け声を行いました。
さすがに4列目だったんで、『ナースのお仕事 THE MOVIE』の最後の映画宣伝コーナーで私もかすかに映っておりました。
bublle2.jpg

この楽しい舞台挨拶の後、すぐに隣の丸の内ピカデリーに移動し、『天国は待ってくれる』を鑑賞しました。
タイトルからすると『椿山課長~』のようなファンタジーかと思いきや、男2人と女1人=聖なる三角関係の話です。
heaven2.jpg

heaven3.jpg

heaven1.jpg
いささか出来過ぎというか、若干わざとらしいまでの脚本。
登場人物に悪い人がいません。たまにはこんな話もいいです。
V6のイノッチ、元EXILEのボーカル・清木場俊介、岡本綾の三人。

清木場が岡本にプロポーズし、本当はイノッチが好きなのに結婚を決める。
そのパーティーの日に清木場は事故に遭い、意識不明になる。
一生懸命に尽くす岡本だが、清木場の叔父=蟹江敬三とその娘=戸田恵梨香に、「戻らない人より、目の前の愛を手にして欲しい。」と言われ、イノッチとやり直すことに決める。
病院で結婚披露を行おうとした矢先、今度は清木場が目覚める。

いくら何でもこれはないでしょう。
出来過ぎと言いたいのは、この部分です。

舞台挨拶はイノッチ、清木場と監督が登壇。
朝一の方は、岡本綾・戸田恵梨香・いしだあゆみ等も登壇していたのですが、薬師丸ひろ子を取った為に、こちらは断念しました。

清楚で透明感のある岡本綾。
今時の娘でありながら、どこかしっとりとした存在感がある戸田恵梨香。
こちらも見たかったなぁ
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドラりおんです!

dra1.jpg
『シルク・ドゥ・ソレイユ』の素晴らしさは今更言うまでもない。
80年代に初めてモントリオールで観て以来、日本初公演の『ファシナシオン』からもう15年。
ずっと観てきた。
その間、少しもマンネリになることもなく、これでもかと超人技を披露してきた。
常に前作を凌ぐ勢いなのは本当に凄い!
人間はどこまで限界に挑めるのか?・・・決して言いすぎではない。
特に今回は『トランポリン』と『フープ・ダイビング』が素晴らしい。
ギリギリの線で演目として成立している・・・・ということは、
練習中、どれだけ体を壊したか想像に難くない。
さらに感動なのは、あれだけ凄いことをやっていながら、演者のすべてが笑顔を忘れないこと。
「人を楽しませるには、自分も楽しまなければ。」何かそんなメッセージが聞こえてきて、目頭が熱くなった。
こんな人間の美しさを観ていると、つまらんことで悩んでいる自分が、とても小さく思えてきた。
感動の涙を流しながら、心も洗われる気がした。

さて、当然目的は他にもあって・・・・
前回初日に行ったのは、『アレグリア2』で2004年10月。
そんなに前だったっけ?という印象だ。
その時は後浦なつみは、前日のゲネプロで観ていたので来なかった。
今回も10年記念隊が来るか来ないか? ・・・と騒いでいたが、
1月12日のサンスポの切り抜きをよくよく見たら、
「2月7日の初日公演では、5人そろって観劇に訪れる予定」としっかり書いてあった。

急遽参戦を決定されたTさんと外で待っていると、ジローラモと青木さやかが来場。
あとは井上真央、葉加瀬太郎、荒川静香らが来場。
まさに「サポーター集結」という感じだが、芸能界のみならず、
各界の著名人をまとめて見れる機会もそうはない。
来場客全般的に、どうも業界人が多いように感じられた。
場内では、小倉さんや川合俊一にも遭遇できた。

入場口のすぐ横に取材スペースがあるのは、2年半前と同じ。
今回は取り巻く客も少なく見やすかった。
開演直前となり、そろそろ入場しようかと思った矢先、係の女性が言った。
「間もなく開演となります。一旦開演しますと、しばらく客席まで
ご案内ができなくなります。お早めに着席されるようお願い致します。
皆さんが誰を待っているかは判りますが・・・・。」

客掃いをしようという意図だったのだが、この余計な一言によって彼女等が来ることを確信。
取材陣が一瞬ざわめき、それまでの芸能人を遥かに上回る警護の人間が入り乱れ・・・ついに来ました!!
m10b.jpg
フラッシュの数が違うじゃん。う~ん、なっちの髪型、大人~。
みんなそれぞれにあったオシャレをしていて、ガキさんも小春もキュート。姫はただただユニーク。勿論、かおも綺麗。
そんで写真撮影後、我々の目前を横切って客席へ。

見るものを見たので、Tさんに別れを告げ、私も客席へと急ぐ。
すると・・・私の前にまだヲタの塊がいて、5人を追いかけている。
3番ゲートが私の入場口だが、どうやら彼女たちも一緒らしい。
ヲタ全員が門前払いを食った後、5人に続いて入場した。

カーテンが閉まっていて、真っ暗なので一瞬面食らう。
カーテン前で数人が引っかかっている。
「もう!急いでいるのに・・・」
暗がりから一人の男が「なっち!」と声をかけた。
よく見るとあとの2人はガキさんと小春だった。
姫はさすがに機敏なので、先に入っていた。
3人とマジで並んで入場してしまった。
私は中間あたりの通路側の自席に着席。
彼女達は同じCブロックの前方だった。
あとから、かおが入場してきた。慣れない(?)ヒールと暗がりのせいで、歩き難そうだった。

休憩時間。
最後に退場するかと思ったら、意外に早かったので、
また一緒に場外へ。
プチ・ストーカーだが、何もするわけじゃないし、
正規の入場口から出入りするのだから、別にいいだろう。(笑)
第2部の直前に、姫はほっぺたにホッカイロをくっつけて入場。
もう手を伸ばせば、そのホッカイロに手が届く状態。(オイ!)
終演後は逆サイドから退場したけど、俺のせいじゃないよ。

ホント、偶然が呼んだ必然。
いいもの観せてもらい、さらにお徳な夜だった。
dra2.jpg

後藤真希 | コメント:2 | トラックバック:0 |

豆まき2題

dear.jpg
『Dear Friends』舞台挨拶行きました。
内容は結構ヘビーだったんですが、感動できました。

終映後、主演の二人が晴れ着で登場。
まぶしかったです。dear2.jpg
そんで豆まきを行ったんですが、北川景子さんも本仮屋ユイカさんも
振袖なので、あまり遠くまで投げられず、ゲットできませんでした。

その後、渋谷HMVへ。
st.jpg

st0203.jpg
整理番号が若かったんで、当然最前をゲット。
勝地くん目当てのおばはんが多く、煩かったです。
まあ、前回の試写会においてと同じように、真唯ちゃんに一番近いのは私。
もう真唯ちゃんにかけてだけは、誰にも負けない自信があります。
顔なじみの森谷Pの司会で楽しいトークが進行。
「ガキ使」でもお馴染み(らしい)の浅見千代子おばちゃんも登場して、我らが真唯ちゃんは、終始圧倒されっぱなし。
掟さんも言っていたように、いつもながら小首を傾げる仕草が可愛いったらなかったっす。

・・・んで、豆まき大会ってことになったんですが、
『Dear Friends』とは違って狭い会場なんで、後ろまで余裕で届きます。
袋に入った豆が、最前の私たちの頭の上を通り抜けていきます。
・・・そしたら、真唯ちゃんが手渡しで「はい。」って。
感涙! どうしてこんなに優しいんだろう。
(左方向に真唯ちゃんファンらしき人もいましたが、私だけ!)

握手会は最初が掟さんで、「ブログいつも見てます。」と挨拶を。
この人すごく好きになりました。
次が真唯ちゃんですが、もうお約束で向こうから「お久し振りです。」と。
「人の顔を覚えること」が特技の真唯ちゃんでありますが、
ここまですりゃ、さすがに覚えて頂いているわけで・・・
ありがとう・・・ホント、生きててよかったです。
「語り女、3公演とも行きますよ。」と言ったら、
「・・・あ、ハイ。頑張ります!」とここでも謙虚。
あなたのすべてが好きです。・・・・でもストーカーになりたくないので、ほどほどにしておきます。

悪いけど、勝地くんとおばちゃんには、とても社交辞令を言う気もおきず、「ありがとう」と軽く会釈しただけ。
飛び上がりたくなる衝動を抑えて、出待ちもせず会場をあとにしました。
いい気持ちのままで、余韻に浸りたかったから。
本当に『新宿の女』を犠牲にした甲斐がありました。(笑)
↓頂いた豆です。SOUL TRAINロゴ・HMVバージョン付き。
stmame.jpg
その後、勝利の女神のおかげで、パチンコも大勝利。
『それでもボクはやってない』も観ました
高橋真唯 | コメント:9 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。