お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3ヶ月連続 三好絵梨香・岡田唯(美勇伝)FC限定イベント 第3弾

miyo.jpg
yuiyan.jpg
梨華ちゃん抜きの美勇伝。
暇だからとりあえず入れたというのが本当のところだった。
そもそもこの2人については因縁があって、2004年10月3日(俺の誕生日ぃ~!)に
横アリでのイベントに当選したのをスルーしてしまった過去があった。

自分が当選分の入金をしなかったのは2回あるが、
その横アリが初めてだったので、初めて干される憂き目に遭った。

だから、3年半ぶりの再会=リベンジ・・・・といったイメージだ。

<セットリスト&イベント内容>
司会進行役を封筒を選んで抽選。三好に決定。
近況報告は、三好が「梨華ちゃんが料理を始めた。」
岡田が「みーよとカラオケに行った。」
・・・・もう少しマシな近況はないのかいっ!
「カラオケで『じゃじゃ馬パラダイス』を歌ったよね?」という岡田に対し、
「歌ったっけ?全然覚えてない。」と三好。
昼の部ではカラオケに行ったことすら忘れていたらしい。
ひょっとして酒乱?

1.シュワッ <『愛すクリ~ムとMyプリン』のc/w>
知らない。美勇伝のライブでは定番なのだろうか?
早くも2人の目線が来るので、笑顔で返す。

ビンゴゲーム・コーナー。
事前に配られた紙に3x3の枠があり、ヲタが自分で1~15の番号を記入。
それで縦・横・斜め、いずれか3つ揃えば当たり。
1位が3ショット写真(サイン入り)と、“伝説のやっこさんゴールド”をゲット。
2位二人は“伝説のやっこさんシルバー”。
う~ん。1位はいいけど、やっこさんだけって。
結局、3つストレートで当たったのが6人。じゃんけんで決定。
鉛筆での記入だったが、不正はなかったようだ。

2.横浜蜃気楼 (三好ソロ)<原曲:後藤真希>
そう来ましたか。
手拍子とかじゃ物足りないのだが・・・自然に体が・・・
岡田も後ろでヲタ芸を煽っていたし。
思ったよりちゃんと歌えていた。

3.恋のバカンス(岡田ソロ) <原曲:ザ・ピーナッツ、W>
二人とも昔に比べて歌が上手くなった。カラオケの成果か?
この曲はやはり二人で歌う曲だな。
小声でハーモニーを担当していた、俺。

3ヶ月連続常識人クイズ
“陰の声”が出す問題に、2人が答える趣向。
“陰の声”のテンションの低さに笑えたが、もう少し拾えよ!
「煎茶、烏龍茶、紅茶・・・・3つとも茶葉は一緒ですが違いは?」
ハローのメンバー=おバカってのは定番だが、ヲタも判ってんのか?
俺は知らなかったので、二人を笑えない。
岡田以上に三好も天然だと判明。
「生活費の中で食費が占める割合を示したのは、何係数?」
「情報技術を示す言葉で、Information Technologyと言えば?」
三好がすかさず「ET!」と回答。・・・あのね・・・でも、おいしい。

4.恋のヌケガラ
美勇伝のデビュー曲にして、最高の名曲だと思う。
ライブでもディナーショーでもないヘブンのイベントでは、
どこまでヲタ芸をやるかは迷いどころ。
着席のままでも、もう少し完全にやってもいいのではないか。
それにしても、左隣の奴がリズム感ゼロのシラトリ野郎で参った。
あそこまで手拍子をはずすのは、逆に難しいと思う。
しかも音が大きい!

握手会
思ったほどの高速ではなく、一応の目標は達成された。
岡田には「岡田ぎゅーをやってください。」と。
一瞬両手の力を抜いてから「せーの。岡田ぎゅー」っと
その時の岡田の優しい声が、めっちゃよかった。
何のこっちゃかわからない方にも、別に説明はしない。

三好には普通に「美勇伝の活動はあとわずかですけど、頑張って!」と。

本当は岡田より三好の方が好きだったはずなのに、
今回妙に岡田株が上昇した一時だった。

握手会抜きで40分という長さは短か過ぎた。
スポンサーサイト
ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ハッピー2

心地よい体の痛み。
今日のソフトボール。
大した結果は出せなかったけど、楽しかった。

Mちゃん、Tちゃんともう一人、3人のピッチャーの女房役ができたのも
光栄であり、幸運だった。
監督の采配の結果かな?

さっきまでバケツをひっくり返したような大雨で、
まだ、ぼちぼち降っている。
昼はあれ程の日差しだったのに。
顔と腕がかなり焼けてヒリヒリしてる。
“晴れ女”のおかげかな?

今日の運動場は二度目だったが、
こんなに“美女木ジャンクション”が近いと思わなかった。
往路では、“美女木”の地名を発見してびっくりしたが、
帰り道にバスかタクシーを求めて歩いたのは、
正に“美女木ジャンクション”の周辺だった。
bijyogi.jpg
実際、タクシーに迎えにきてもらったのが、“安楽亭・美女木店”と
“二木ゴルフ・美女木店”の間だった。

ともあれ、何とか時間に間に合うように電車に乗れ、
久々の赤羽橋へと向かった。

多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。