お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GW映画総括(ネタばれあり)

そもそもゴールデンウィークとは、映画興行界の用語だった話は有名だが、この頃は逆に映画館は空いているらしい。
昔とは違い、映画以外の娯楽にも事欠かないということだろうか。
本日ようやく『少林少女』を観て、GW映画で興味あったものほとんどクリアした。かなり辛口になるがまとめて感想を!
sunadokei.jpg
『砂時計』
過去の島根の4人はフレッシュなので、それは評価できる。
純愛ものではあるが、少女漫画が原作なので結構どろどろしていて、
“赤いシリーズ”のような感じもある。主要登場人物のうち3人が行方不明になる映画って・・・あまり爽やかな物語ではない。
anosora2.jpg
『あの空をおぼえてる』
前述したこの作品とて、泣かせの直球勝負ではない。
21世紀テイストなファミリー・ムービーとでも言おうか、どこかにドライな目線が存在する。
ただそれが成功し、リアルな物語を紡ぎ、ラストの感動へと導く。
久々の竹野内豊の好演も勿論、子役二人が素晴らしい。
特に『マリと子犬の物語』に続く、広田亮平くんの繊細な演技に心打たれた。
next.jpg
『ネクスト』
期待外れの代表選手。
いまだに「予告編が一番面白かった作品」って、あるんだよな。
ほとんどの見せ場を予告で見せていて、それを繋ぐ脚本がバラバラ。
ところどころ、見るべきシーンもあるのだが。
肝心の「2分先が見える」という大原則が、説明もなく破られるし、
究極の失敗は「結局のところ夢落ちかよ!」というところ。
kigen.jpg
『紀元前1万年』
この映画は端から期待していなかった。その通りの凡作。
ここまで昔の話なら、それなりの映像サプライズがあってしかるべきなのに、見せ場といったらマンモスくらい。
クライマックスの都市も『アポカリプト』の焼き直しで、インパクトはあっちの方があった。
主要登場人物が普通に英語を話すのも興醒め。
spider.jpg
『スパイダーウィックの謎』
フレディ・ハイモア2役。
昔は一人二役って制約があり、間に仕切りがあったりしたものだが、
技術の進歩でこうやって違和感なく、同じ画面に収まるようになった。
言われなきゃわからない。
肝心な妖精は、フィル・ティペットがやればこんなもんだろう。shorin.jpg
『少林少女』
これはまた・・・しょうもない脚本で期待が見事に裏切られ、唖然とした。
これだけの面白い設定なのだから、もっとスカっとする話に出来たものを。チャウ・シンチーも日本と組むとダメなのがわかった。
江口洋介の存在がウザくて、「お前は出るな、戦うな」と言うだけで意味がわからない。これが先生では、何も学ぶものはない。
『少林サッカー』ペアと岡村先生がいるというのに、何かスッキリした笑いが取れない。
笑いもアクションも感動も、すべて中途半端。消化不良。
一番の見せ場がエンドロールってか。柴咲はよくやってると思うが。aibou.jpg
『相棒-劇場版-絶対絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』
面白かった。テレビドラマを一度も観ていなくても楽しめた。
主役二人のキャラクターが立っているのが、一番の勝因。
事件の謎もよく練られていると思う。
でも、よく考えるとマラソン会場では、騒がせただけで結局何も起きない。右京さんが軽々と助かってしまう爆発は、一体何の為に?
この辺りは、相棒ファンの父も不思議がっていた。

ここから先は先週末公開
kakushi2.jpg
『隠し砦の三悪人』
エキストラ参加、舞台挨拶参加・・・・。
縁がある映画であり、贔屓目抜きで楽しい作品に仕上がった。
ただこれは先入観かもしれないが、樋口さんの作品はどうも特撮が一人歩きしている感がある。
・・・というか、人物は描かれているのだが、特撮との融合という点で無理がある。
長澤嬢はやはり銀幕で輝く女優だと思う。
ジャニーズは相変わらずネット上に一切の肖像を出さない。
スチールも舞台挨拶も主役不在の写真で違和感がる。
higurashi1.jpg
『ひぐらしのなく頃に』
これも新世代ムービーというのかな?女優陣がフレッシュ。
続編に期待。

以上、好き勝手言ったが、それぞれ期待していただけに裏切られた時の怒りは大きい。
今年は昨年を上回る鑑賞ペース。全体にレベルは高いと思う。
現時点でのベストは『うた魂♪』かな?
スポンサーサイト
映画 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。