お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハプニンぐぅ~!(ネタバレあり)

hap4.jpg
ああ、このフレーズ、いつまで通用するんだろう?(苦笑)

予告編で『ミスト』的な臭いを大いに感じつつ、『ハプニング』を観た。
M・ナイト・シャマラン・・・・才能があるんだかないんだか判らん監督だが、独特の空気を持っているのは確か。
hap2.jpg
この空気で押し切っちゃった感があるが、不思議と腹が立たなかった。
人が次々に自殺していく。
主人公たちは助かる。
結局、原因ははっきりとは判らない。
hap3.jpghap6.jpg
それでもなぜ腹が立たなかったかというと、
「おそらく植物が何らかの刺激物を放出したのだろう。」という
一応の結論を提示しているからに他ならない。
結局のところ、テロでも錯覚でもなく“自然災害”なのだ。
自然が人間を拒絶したのであれば、今すぐに起こってもおかしくはない災害だ。
世の中すべてが“人智”で計れるというのは、人類の思い上がりであるから、わけもわからず淘汰されることも十分にあり得るだろう。

独特なムードがあるものの、『ミスト』同様、この映画はファミリーやカップルには適していない。
容赦ない残酷描写が用意されているからだ。
冒頭でいきなり首を針で刺す女。
工事現場での大量の飛び降り自殺。
拳銃で連続してこめかみを打ち抜く人々。
ライオンに両腕を食いちぎられる飼育係。
農耕機前に横たわり自らの体を刻ませる男。
そして、パニックから誘発された少年二人の射殺。
(これは、この“刺激物”が直接の死因ではない。)

本国ではR指定だが、日本ではPG12である。
『グレートハンティング』公開から30年以上も経ったが、
相変わらず、日本の映倫はエロには厳しく、グロには甘い。
(ドキュメンタリー然としたライオンの人食い描写があるのは、単なる偶然か。今年は『食人族』もリバイバル公開される。)
陰惨な事件が連発しているだけに、こういった映画の暴力は、もっと規制してもいいと思う。
“PG”・・・・連れて来た親は、この映画を観た子供に対し何と言うのだろう。
この点で、シャマランを信じても全く無意味である。
彼もスピルバーグ同様、趣味の悪い映像作家以外の何者でもない。
hap1.jpg
先にも書いた通り、主人公夫婦と女の子は助かる。
助かった理由も明確ではない。
私は咄嗟に、「興奮した人間にしか“物質”の影響がない。」という仮説を考えた。
しかしそういった説明もなく、3ヵ月後が描かれ、妻・アルマが妊娠していることがわかる。
「何かあるぞ、何かあるぞ」と思っているうちの、ハッピーエンドは拍子抜けだ。

結局、次の『ハプニング』の標的はパリとなり、地球規模のパニックが示唆される。
『28週後・・・』のラストとそっくりだ。
英語圏の人にとって比較対象はやはり、仏語圏なんだなと思った。

残酷描写に目をつぶれば、一応は楽しめる映画だ。
答えを求めないことを約束できれば・・・・・。
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

藤本美貴 歌謡ナイト2008夏!at STB139 with 前田有紀

stbmiki3.jpg
いよいよ!いよいよ!美貴さん3ウィーク始まりました。

オリジナルカクテル=ミキティー・・・結構おいしかったです。

<セットリスト>
1.遠い恋人
2.時の流れに身をまかせ <原曲:テレサテン>
3.つぐない          <原曲:テレサテン>
4.ボーイフレンド
5.いい日旅立ち      <原曲:山口百恵、谷村新司>
6.岬めぐり (with前田有紀)<原曲:山本コータローとウィークエンド>
7.相愛太鼓   (前田有紀)
8.for you...   (前田有紀)<原曲:高橋真梨子>
9.会えない長い日曜日
10.置き手紙
<アンコール>
11.SWEET 19BLUES  <原曲:安室奈美恵>
12.夢で逢えたら     <原曲:吉田美奈子>

12で締めは良。
大滝詠一の曲だとは、今日初めて知りました。
stbmiki2.jpg

ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |

さやかさん三昧

立て続けにさやかさんとお会いしました。
sayaka0724g.jpg
24日、小岩の湯宴ランド。
さすがに平日だったので、昼の部に行ったファンは
あの人やあの人しかいなかったです。
セットリストは全部は上げられませんが、
黛ジュンの『天使の誘惑』と美空ひばりメドレーで客席間を
練り歩いたのがよかったです。
このアロハ?がどうもねー・・・オヤジくさい。
sayaka0724a.jpg

sayaka0726b.jpg
26日、木場スタジオ、ミージックデリバリーDX!
時間が変わって初めての放送。
弾き語り+生ライブでした。
先輩のフタさんと前の方に座っていたので、映りまくってしまいました。
そこからギリギリのタイミングで携帯からメールしたら、
初めて“ヲタより”を読んで頂きました。
ありがとうっ!!
でも、夏は大嫌いです。(笑)
sayaka0727f.jpg
27日、赤坂グラフィティ、バースデーライブ
楽しかったー。
22歳のお誕生日おめでとう!
・・・今日が当日ですね。

「最近、神園さやかを知って追っかけるようになった人にも
 歴史がわかるように・・・」と
今までのPVで“神園さやかヒストリー”を綴った第一部。

<セットリスト>
1.約束
2.初めてのひと
3.さすらい鴎
4.哀愁航路
5.あしずり岬
6.おじいちゃん
7.初恋

正に最近の人の自分にとって、演歌時代のさやかさんは
未体験なので、新鮮でございました。

バースデーコーナーでは、大きなケーキと
プレゼントの手渡しタイム。
ライブ中にこのような時間が味わえるのも
さやかさんならではでしょう。
プレゼントを渡す時に、名前を呼んで頂きました。
ヲタもといファンはこのようなことが
何より幸せなのです。ありがとう・・・ランララン♪

1.アメイジング・グレイス <原曲:賛美歌>
2.Jupiter  <原曲:平原綾香>
3.LOVIN' YOU <原曲:ミニー・リバートン>
4.翼をください <原曲:赤い鳥>
5.木綿のハンカチーフ <原曲:太田裕美>
6.夏の扉    <原曲:松田聖子>
7.フレンズ   <原曲:レベッカ>
8.唇よ熱く君を語れ <原曲:渡辺真知子>
9.I Don't Know!  <原曲:Babe>
<アンコール>
10.君の瞳に恋してる
      <原曲:フランキー・ヴァリ、ボーイズ・タウン・ギャングなど>

第二部の1から4が弾き語り。
5以降は生バンドでした。
2は横浜で聴いた時から素晴らしいと思ってましたが、
平原嬢がお友達とは知りませんでした。
3の伸びやかな声も○で、確実に実力派歌手として
前へ進んでいると感じました。
ニューヨークに行って“世界の神園さやか”として
羽ばたいてしまうかも・・・

10は“ヲタ芸部”の腕の見せ所だったんですが(爆)
自分はロマンスに付いていけず、足を引っ張ったかな?

最後、事情があってバタバタと帰ってしまい、
バースデーケーキのお裾分けが食べられなかったのが残念です。

以上、まとめてですんませんでしたー。

えくぼん | コメント:2 | トラックバック:0 |

MELON GREETING

kaba2.jpg
やっぱりこの記事しかないでしょ?
メロンと裕ちゃん、最強のコラボレーション。
整理番号がよかったので、結構いい位置で観れた。

何と言ってもメロンの皆さんの浴衣姿がよかったねぇ。
shibako.jpg
hitomi.jpg
画像はこの2つしか上がってないけど、ショップで発売もされるとのこと。

トークも楽しかったし、いい一夜となった。
休んだ甲斐がありましたよ。
DVD出ないかなー。

********************************************
はいはい、わかりましたよ。
<セットリスト>
1.メロン記念日のテーマ
2.真夏の光線 (全員) <原曲:モーニング娘。>
3.マノピアノ  (真野恵里菜)
4.Only You  (つつみかよこ)
5.secret base~君がくれたもの~ 
          (つつみかよこ+メロン記念日)<原曲:ZONE>
6.DO MY BEST (中澤裕子)
7.だんな様    (中澤裕子)
8.グリーティングカード (中澤裕子)<『だんな様』のc/w>
9.さぁ!恋人になろう (小川麻琴+メロン記念日)
10.レモンタルト
          (メロン記念日)<2nd アルバム『THE 二枚目』より>
11.愛してはいけない… (メロン記念日)<同上>  
12.夏の夜はデインジャー! (メロン記念日)
13.夏         (メロン記念日)<『チャンス of LOVE』のc/w>
14.遠慮はなしよ! (メロン記念日)<『赤いフリージア』のc/w>

・・・てな具合で追記!
ハロプロエッグと仲間 | コメント:3 | トラックバック:0 |

舞台版 『フラガール』

hulasaki4.jpg
18日、初日に観たのに、三連休の間すっかりほったらかしにしていた。
映画版が大感動の2006年のベストムービーだっただけに、その焼き直しでは分が悪い。
実際、主なエピソードはほぼ映画に忠実だった。
hulasaki3.jpg
松雪泰子⇒片瀬那奈 
似すぎている。片瀬もただの美人女優じゃないという熱演。
蒼井優⇒福田沙紀 
天才=蒼井に対し、努力でものにした福田。
豊川悦司⇒阿部力
若さが爽やかさ。やらしくない。(笑)

最初に片瀬演じるまどかが踊りの実力を見せ付けるシーン。
映画では、別撮りや効果を付けることも可能だったが、
舞台はそうはいかない。身一つのガチ勝負。
自分の芸への自信がなければ、最後までこなせない。
劇中でまどかが語るように「世の中を舐めきって、自分が一番だ」と思わなければ。
hulasaki1.jpg
福田演じる紀美子も同様である。
最後の大群舞のダンスシーンで、一際目立っていなければならない。
ソロで喝采を浴びなければ、まどかがリーダーに抜擢した意味がない。
hulasaki2.jpg
『世界ウルルン滞在記2008』を、ご覧になった方も多いかと思うが、
福田は3ヵ月の特訓の後、タヒチのダンスチーム『レ・グランバレー』の門を叩き、タヒチアンダンスの最後の仕上げを行った。
激しいリズムの『オテア』。スローテンポで気持ちを伝える『アパレマ』。
持ち前の負けん気と根性で、何とかプロのダンサーと互角に渡り合った。その成果が存分に出たステージだった。

おへそのラインから腰の動きが美しい。
慣れない人間がここまで激しくグラインドしたら、間違いなく腰を痛める。
それをこなし、大勢の観客が見て、「おおーっ!!」と喝采する腕前になったのだ。

カーテンコールは何回あったか忘れたくらい。
2回目のカーテンコールは仕込まれていて、着替えた片瀬が2度目のダンスを披露する。
それぞれの見せ場が用意されていること、ごまかしが利かないことが映画との大きな違いだ。

アンサンブルには現役のスパリゾートのダンサーもいる。
本気印の舞台、是非ご覧あれ!
anri29.jpg
余談だが、『ヤッターマン』繋がりで杏理さんから花が来ていた。
好きな女優 | コメント:0 | トラックバック:0 |

生まれてきてよかったと思える映画

kiseki3.jpg
褒め過ぎだろうか?
いつもの劇場での上映が明日まで。前売り券を持っている。
何となく、渋々という感じで観に行った。

良かった『奇跡のシンフォニー』。
最近の映画で全く眠くならなかったのは、あまり記憶がない。
いい意味でのハリウッドご都合主義の映画だが、これはアリだよ。
音楽も所謂“泣かせ”を狙っていないんだが、これがいい。

上の写真でギターなど全く弾いたことのない
タイトルロール=オーガスト・ラッシュことエヴァン・テイラーが即興で作り出す曲。
これが、後に“狂詩曲=ラプソディ”として結実するわけだ。
(シンフォニーじゃなくラプソディなんだけどね。)

父は出産すら知らず、母は死産と聞かされて引き裂かれた。
三人とも顔も名前も知らないのだが・・・・。
kiseki2.jpg
路傍でギターを弾かされているエヴァンに、父が声を掛ける。
当然双方とも気がつかないが、音楽が二人を一つにする。
そればかりか父は、夢を諦めようとしているエヴァンの背中を押すのである。
この一瞬の出会いで、世の父親がするべきすべてを行ってしまうのだ。
このシーンの後、エヴァンと父親のルイスは、会わなくてもいいのではないかとすら思えた。

吹っ切れたエヴァンは、ニューヨーク・フィルの指揮者に返り咲く。
そこで3人が集まるシーンは、ご都合主義なんだが、涙が溢れた。
kiseki1.jpg
私的には、フレディ・ハイモアなんかより、両親二人の演技に胸が熱くなった。
“奇跡”は起こるのだ。

シンフォニーじゃなくてラプソディーだけど。

エンドロールで本編中で使われた楽曲が紹介される。
『ラ・バンバ』なんてあったっけ?と思ったら、最後の最後に流れた。

もう一つ、どこで使われていたかわからない曲がある。
“My Country 'Tis of Thee"という曲。
その昔、『合衆国最後の日』という映画のオープニングで使われていた曲であり、
どうもゴスペルチックな愛国歌のイメージがある。
いい曲であり、私が10代の頃歌っていた歌。 歌詞もお任せで。
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やれやれ・・・

sina.jpg
今日も34℃になるとか。
夏だから言うんじゃないけど、マジで暑いのは苦手。

AYAKAだった長手絢香が結婚したそうだ。
プロアマで知り合ったゴルファーだとのこと。・・・・またプロアマか・・・
「芸能人って知り合う機会が少ないんだな」とか呟きつつ、
「そういうお前はどうなんだ?」と自分自身に突っ込んでみたり。
“元プッチモニ”とか、わかって書いてんのかな?
一般人は「こんな娘、いたっけ?」と思うだろうが、
我々ヲタは「勝手に“元”とか言うな。まだ解散してねーぞ!」と突っ込む。


ラーメン王・武内伸氏が亡くなった。
肝硬変。48歳の若さだった。
ラーメン大好きな自分としては、ショックなニュースだ。
「3食ラーメンです。」と答えていた氏だから。
やはり“かんすい”とか体に悪いのかな?
仕方ない。これからは薬膳ラーメンとトマトラーメンだけにしよう。(笑)

それにしても、トップの写真。
なんでみんな怒ってんのぉ?
姉さん、写り悪いよ。
あさみん、セブン、なんか怖いよ。
パティオが一番まともか。
多忙が好き! | コメント:6 | トラックバック:0 |

いろいろサボってます

ekubon20.jpg
メロンパンにカブリつく神園さやかさんの図。
何か問題でも?

・・・って憂佳、ここんとこサボり過ぎだぞ、我ながら。
映画の感想書いてないよな?
『ミラクル7号』 『マーキュリーマン』 『告発のとき』 
舞台挨拶付の『クライマーズ・ハイ』 『純喫茶 磯辺』 『闘茶』

アコースティックなっちライブ、さやか1stソロコンサート
水野晴郎を偲ぶ会、松浦FCの集い・・・・

何から書こうか?

多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |

のっち抜きのHAPPY STYLE

girls_head02.jpg
まあ、とりあえず楽しかったからいいか。
SI☆NAもすっかりお馴染みな感じになったし、今回は11人!
9人まではわかるんだけど、あとの2人は?
なぜか“ハピスタ”のHPが表示されないし、昨日のセットリストを拾うところもないし・・・
時間がないから、帰宅後SI☆NAのブログや、廣田のブログを参考にしてみます。

manamiちゃん、また歌がうまくなって、ソロになりそう。
nanaちゃん、ちっこいけどツンデレの貫禄があるね。弟がジャニなんだ。
あとは新参の石原夏織ちゃんが良かったかな。見た目=めーぐるみたいだけど。

のっち抜きで全くハローの歌はなく、アニソンのみ。
SRが“スーパー・ロボット”の略だって、すぐ気がついちまった。

それでも、セットリスト書いてる奴っているんだな~。(感心)
面倒くさいんで頂きますっ!

1.残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)       
      【新世紀エヴァンゲリオン】/岩嶋雅奈未(SI☆NA)
2.勇者王誕生!(遠藤正明)
      【勇者王ガオガイガー】/須磨愛(SI☆NA)
3、鋼鉄ジーグのうた(水木一郎&こおろぎ'73)
      【鋼鉄ジーグ】/阿部麻美(SI☆NA)
4.ゲッターロボ!(ささきいさお)
      【ゲッターロボ】/中山菜々(SI☆NA)
5.行け!ザンボット3 
      (堀光一路&ザ・ブレッスン・フォー&ザ・チャープス)
      【無敵超人 ザンボット3】/笹峰葵(HSR)
6.大空魔竜ガイキング(ささきいさお、コロムビアゆりかご会)
      【大空魔竜ガイキング】/小倉唯(HSR)
7.たたかえ!ガ・キーン(水木一郎&堀江美都子&こおろぎ'73)
      【マグネロボ ガ・キーン】/阿部麻美&中山菜々(SI☆NA)
8.moment(Vivian or Kazuma)
      【機動戦士ガンダムSEED】/坂田奈穂子
9.ゆずれない願い(田村直美)
      【魔法騎士レイアース】/須磨愛(SI☆NA)
10.未来派Lovers(笠原弘子)
      【機動警察パトレイバー】/小倉唯(HSR)
11.風のノーリプライ(鮎川麻弥)
      【重戦記エルガイム】/石原夏織(SHR)
12.創聖のアクエリオン(AKINO)
      【創聖のアクエリオン】/廣田詩夢
13.コスモスに君と(戸田恵子)
      【伝説巨神イデオン】/岩嶋雅奈未(SI☆NA)
14.行け! コン・バトラーV(水木一郎&コロムビアゆりかご会)
      【超電磁ロボ コン・バトラーV】/笹峰葵(HSR)
15.ミチルのテーマ(堀江美都子)
      【ゲッターロボ】/阿部麻美&中山菜々(SI☆NA)
16.嵐の中で輝いて(米倉千尋)
      【機動戦士ガンダム第08MS小隊】/須磨愛(SI☆NA)
17.Realize(玉置成美)
      【機動戦士ガンダムSEED】/市川莉奈(HSR)
18.YOU GET TO BURNING(松澤由実)  
      【機動戦艦ナデシコ】/石原夏織(SHR)
19.トップをねらえ!~Fly High~(日高のり子&佐久間レイ)
      【トップをねらえ!】/廣田詩夢&月宮うさぎ
20.アクティブ・ハート(酒井法子) 
      【トップをねらえ!】/
21.メロスのように -LONELY WAY-(AIRMAIL from NAGASAKI)  
       【蒼き流星SPTレイズナー】/中山菜々(SI☆NA)
22.私の彼はパイロット(飯島真理) 
      【超時空要塞マクロス】/小倉唯(HSR)
23.ランナー(藤原誠)
      【超時空要塞マクロス】/岩嶋雅奈未(SI☆NA)
24.約束はいらない(坂本真綾)
      【天空のエスカフローネ】/廣田詩夢
25.エルガイム-Time for L-GAIM-(MIO)
      【重戦機エルガイム】/須磨愛(SI☆NA)
26.マジンガーZ (水木一郎)          
      【マジンガーZ】/小倉唯(HSR)
27.おれはグレートマジンガー(水木一郎&コロムビアゆりかご会)
      【グレートマジンガー】/笹峰葵(HSR) B:小倉唯(HSR)
28.とべ!グレンダイザー(ささきいさお&コロムビアゆりかご会)
      【UFOロボ グレンダイザー】/阿部麻美(SI☆NA)
29.コン・バトラーVのテーマ(水木一郎&ザ・ブレッスン・フォー)
      【超電磁ロボ コン・バトラーV】/中山菜々(SI☆NA)
30.合体!ゲッターロボ(ささきいさお)          
      【ゲッターロボ】/笹峰葵(HSR)
31.エプロンだけは取らないで!(喜多村英梨)
      【こはるびより】/廣田詩夢 B:笹峰葵&石原夏織(HSR)
32.未来形アイドル(氷上恭子&宮村優子)
      【VS騎士ラムネ&40炎】/阿部麻美&中山菜々(SI☆NA)
33.水の星より愛をこめて(森口博子)
      【機動戦士Zガンダム】/岩嶋雅奈未(SI☆NA)
34.Eternal Wind~ほほえみは光る風の中~(森口博子)
      【機動戦士ガンダムF91】/石原夏織(HSR)
35.Quiet Night C.E.73(田中理恵)
      【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】/月宮うさぎ
36.Emotion(田中理恵) 
      【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】/月宮うさぎ
37.WHITE REFLECTION(TWO-MIX)        
      【機動戦士ガンダムW Endless Waltz】/石原夏織(HSR)
38.DAYS(FLOW&Seiji Kameda)         
      【交響詩篇エウレカセブン】/岩嶋雅奈未&須磨愛(SI☆NA)     
39.Wing of Destiny(富田麻帆)        
      【ギャラクシーエンジェルII ~絶対領域の扉~】/
40.天使の絵具(飯島真理)          
      【超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか】
      /小倉唯(HSR)
41.檄!帝国華撃団(横山智佐&帝国歌劇団)    
      【サクラ大戦】/全員

コピーしただけなのに頭が痛くなってきた。
すっげーよなぁ。よくここまで知ってるよな。
まあ、アニメは嫌いじゃないけど判るのは昔の曲だけだからな。
アニソンって歳がバレるよな。

1のパロディ・ムービーは結構笑った。
オリジナルのカメラアングル?とかよく研究されていて、
完璧なまでに現物を再現していた。
メイン・キャラクターの顔などはまだしも、エヴァの姿までも演じちゃってるよ、この人達。
高橋洋子のボーカルを引き継ぐように、manamiさんが登場。歌唱力あるねぇ。
3、4辺りを知ってるので、アニキよろしく熱唱すると共に、
SR=SUPER ROBOTと確信。

お!9、知ってる。名曲だねぇ。これ、アニソンだったんだ!!
12を歌う廣田詩夢。ちょっとビジュアル、キツいよなぁ。
「一万年と2000年前から愛してるぅ~」「俺も!」って
ヲタが言うのはわかるけど、演者自らが言うことないでしょ!
14、ノリノリ。17、大ヒットした名曲。
あとは知らねーぞ。26で復活するも、小倉唯じゃなぁ。
28、Tさんも熱唱してる!
34、森口のオリジナルを聞いたことがあるも、今の今までわからんかった。
38、実はFLOWのPVに高橋真唯さんが出ているので、いつかGETしなければ・・・
41、全然知らねえけど、いい曲だった。

それにしても、全曲アニソン。ここはアキバか?
SI☆NAもハローなんだからさー、やろうよ。
次回も何だかんだで来るんだろうけど、のっちの復帰を祈る。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

う~

友が再婚するそうです。
最近、全く音沙汰がなく自殺するんじゃないかと思っていたのに。
逆転サヨナラ大ホームランだわよ。こっちが「心配し過ぎてバカみたい」。

私?私も一般ピープルと幸せを築きたくないわけじゃないですよ。
どんなにヲタ活動しても、それが永遠じゃないからね。
もう一人の友も、最近は嫁の方しか信用してないみたい。もともとは俺達の仲に嫁の方が外様だったはず。やはりいる時間が長い方が、情が移るんだろうか?

これもまた、永遠の絆だと思っていただけに悲しいな。もとより主婦であるアイツなどは、最初から感覚が違うので、信頼はしていないが、アイツら男友達を失うのは辛いな。

麻生久美子と仲里依紗、いずれも可憐だったな。明日は、さやかさんとHAPPY STYLEの面々。それぞれの現場で、それぞれの立場で全力投球してるんだ。
美しいもの・・・見せてもらいましょう!!
多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |

歌謡曲!

ダン池田氏亡き後も、三原綱木とザ・ニューブリードは活躍中だが、
もう少し池田氏を見習って笑顔で指揮しろよ、綱木!・・・エキゾです。
080702NHK1.jpg
今回は歳がバレるネタ満載で行こうと思うが、
ここを見てくれている人のほとんどが俺の年齢は知ってるし、
そもそもそれ以外の人は興味もないだろうから、問題ないね。

NHK本体に入るなんて、YAYA氏にパス借りて入って以来2度目だ。
(NHKホールは何回もあるが・・・・)

FCの番組観覧枠、諦めていたら前日に連絡があり、繰上げ当選。
結局、整理番号234とかだったが、全く無問題。
敵がジジババばっかりだったので、楽勝で真ん中の良席に座れた。

それにしても、こんなNHKの歌番組収録にも“常連”がいるらしく、
ジジババの友達チックなノリが、妙に居心地悪かった。
この俺が最年少ではないかと思うくらいの客層だが、
歳を取っているから礼儀正しいかと言うと、全くそんなこともなく、
迷惑野郎、KY野郎もゴロゴロしている。
自己中の極みだし、タイミングもテンポも悪いので、若いヲタ以下だ。
“尊敬”などという言葉は全く似つかわしくない。
若い演歌歌手に声をかけるオッサンなんて、ざらにいるんだな。
そういう奴等に、真似事で「ミキティー!」などと叫んで欲しくない。

文句が長くなったが、色々な女性演歌を聞いてみて
カラオケが好きだった母を思い出した。
こういうイベントに両親を連れて来れたら、喜んでもらえたかもしれない。

この雰囲気・・・下町で神園さやかイベントに参加して以来かなぁ?

大阪すずめ 
信濃路の雨  永井みゆき

置き手紙   
遠い恋人    藤本美貴

恋唄綴り
大事な人
秋止符    
置き手紙    堀内孝雄

あばれ船   桜井くみ子

はぐれコキリコ
逢えてよかった  成世昌平

周防灘     音羽しのぶ

ベーヤンを生で見るのも初めてではないか?

『秋止符』・・・・もうダメだっちゅうくらいの、フェイバリット・ソングで、今でも完璧に歌える。
昔の曲って、歌詞を忘れてないんだよねぇ。

この曲は『3年B組金八先生』第一シリーズ、“十五歳の母”のテーマ曲と言える。
杉田かおる演じる浅井雪乃と、鶴見辰吾演じる宮沢保との恋。
子供を作っておいて“純愛”という矛盾。
当事、衝撃的な内容だったことは事実だが、二人の好演もあって
見事な感動ドラマとなり、同時進行的に視聴者の心も熱くした。

『秋止符』の歌詞とシンクロしているようでも、していないようでもあり。
いずれにしても、この曲は思春期の苦さと甘酸っぱさを思い起こさせる名曲となった。
考えれば、アリス時代のべーやんなんて恐れ多くて近寄れなかった。
そんな彼も歳をとったな。

放送終了後、司会の葛西アナが“今日の課題曲”と称して
『置き手紙』を熱唱した。
美貴ファンがなぜか“ロミオ”をする中、再度ミキティが登場してくれて、
一緒に歌うサービスがあった。
もう少し照れずに、ちゃんと歌えばよかったのに。
ここで照れてちゃ、プロの“ドサ回り歌手”になれないよ、美貴さん。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

勝ちとか、負けとか・・・

♪勝ち組ぃ、負け組みぃとか、幸せのあり方をぉ~
他人に決められたくない、貴方が笑っていてくれればいい。
(だんな様 by 中澤裕子)

でもさー、明らかに勝ち負けの分かれ道ってあるわけですよ。
昨日、ヤフオクで2秒前に負けた。
出品者の奴、素人なのか、珍しく自動延長をしてなくて・・・・
完全に俺が勝ったと思い、カウントを5、4、3、・・・と数えていた正にその瞬間、
入札者の名前が変わり、わずか500円で俺は負けた。
夢かと思った。

夢といえば、一昨夜ついにパチンコで勝ってる夢を見た。
全回転がかかっているのに、なぜか玉がなくて途中でパンクしそうになるっていう、
嬉しいんだか、悲しいんだかわかんない夢。
・・・ついに末期的症状か。(苦笑)

昨日は仕事が早く終わり、ぶっちゃけ映画かパチンコか迷った。
結局某所で途中下車し、YUIの『Summer Song』の初回限定盤を予約してから、いつもの店へと向かった。
ここ何回も、『使徒、再び』がいっぱいで、仕方なく『金エヴァ』を打っていた。
今日も1階のエヴァコーナーはすべて売り切れ。
2階のプレミアムも1台空いているのみ。

甘デジのくせに、全く回らない。
隣はなぜか400回転を越えて、台を移動した。
迷いどころだったが、「甘デジで400はあり得ない」と思った。
ここで既に負けていた。
次に座った男性がプレミアムを引いて爆発。
俺の方は1万以上を注ぎ込み、所持金が底をついた。

資金を調達し戻ってくると、1階のエヴァ4が空いたので、
とりあえず手持ちのティッシュを置き、2階に置きっぱなしの荷物を取りに。
戻ってきたら一人の老婆が平然と座り、正に打ち出そうとしていた。
ありえない!「ババアどけ。」
そりゃティッシュで場所取りは弱いかもしれんが、わずか30秒で
それを除けて当たり前のように打つのは、当然ルール違反だろ?
奴が10円を挟んだまま、不満顔で去る。
元が悪いのでこの10円は捨て置く。
eva6.jpg
1.5分ミッション⇒ミッション追加 8の図柄でリーチをかけろ⇒完遂<単発>
確か碇⇒冬月のチャンスボタン2度押しがあったが、あまり覚えていない。
惜しくも単発で終了。時短もさっぱり。
そしたら、125回転で・・・・
2.突発当たり(ATフイールドver.)⇒7R 『三つの力』で昇格<確変>
eva4a.jpg
携帯で7セグを見るようになってから、久々に『確変』を引いた。
3.SSU5⇒単純な弐号機リーチ、ダブルライン・直当たり <確変>
eva5h.jpg
eva12.jpg
4.SSU1⇒SSU4⇒ 初号機リーチ・赤タイマー
⇒F型装備(加持ver.)<確変>
eva9.jpg
eva5k.jpg
5.リツコの部屋⇒左右同時停止⇒三機殲滅リーチ(マルチver.)
⇒初号機で当たり⇒初号機チャンス直1 <確変>
eva13.jpg
eva17.jpg
6.タイトル予告“涙”⇒零号機リーチ⇒マステマ装備(加持ver.) <単発>
初号機チャンスもなく、5連チャンで終了。

ここから少し辛かったが、164回転で・・・・・
7.新生モード突入  <2R確変>
・・・・が、しかし保留がフルでないまま、すぐに・・・
8.モノリス全点灯⇒初号機リーチ⇒初号機チャンス・失敗 <単発>

あーあ、折角の新生モードが・・・『甘き死よ、来たれ』が悲しく響く。
しかし、時短に突入してから、リーチのかかりが良い。
45回転で・・・・
eva4d.jpg
9.役モノ咆哮⇒キール予告「ご苦労だった」
⇒アスカシンクロ・シングル・中 <時短中・単発>
また単発かよ!
しばらく苦難が続き、216回転で弐号機格納庫 キターーーー!
eva10.jpg
10.弐号機格納庫⇒三機殲滅リーチ・単機ver.零号機 <確変>
eva7.jpg
11.次回予告「奇跡の価値は」⇒インパクト・フラッシュ
⇒初号機リーチ⇒再始動・四号機<確変>
久々のパトランプ!
eva5n.jpg
12.RSU3ロング⇒零号機リーチ⇒初号機チャンス・羽根 <確変>
eva14.jpg
eva16.jpg
13.擬似連続・アスカver.(1回)⇒弐号機リーチ
⇒マステマ装備(リツコ&マヤver.)⇒初号機チャンスなし <単発>

・・・といったところで終了。
獲得59,000円 投資21,000円 収支 +38,000円 でした。
長すぎてすんません。久々の勝利だったんで・・・
多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。