お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『悪夢のエレベーター』2回目

akuele2.jpg
一週間空けて、2回目を観て参りました。
演者の皆さんとしては、東京公演ラストスパート。
12公演目となり、余裕も出てきたようです。

前回同様、ほぼ開演ギリギリに現地入りすると、
ある女性が「麻衣子さん!こちら!!」と叫びました。
あんな大きな声を出すもんじゃありません。誰が見てるかわからないんだから・・・(笑)

時々、真唯さんブログにも登場する山田麻衣子さん。
『夕映え少女』での共演が縁で、真唯さんの親友の一人に。
そう言えば、香代子さんは観に来たって書いてあったけど、麻衣子さんはまだでしたね。

今回、私は惜しくも(爆)2列目(C列)。
麻衣子さんは一瞬、私の目の前の空席の番号を確認した後、
最前=B列の一番右に着席されました。パイプ椅子だったようです。

さて、2回目ということで、この凝った脚本のオチを知っているので、
色々見えていなかったことが見えてきます。
中村くん演じる牧原静夫が急に本来のオカマ言葉を使ったりね。
演者も、ここまで公演を重ねてくると余裕が出てきて、
吹越さん、片桐さんのチョイとしたアドリブが利いてきます。

ちょっとネタは忘れましたが、真唯さんのツボに入ってしまい
ちょっとの間、顔を隠している時間がありました。
真唯さんはわりとマジメなので、吹き出したりはしません。
でも、いい雰囲気になってきているようです。
吹越さんが真唯さんを羽交い絞めにするシーンでは、明らかに悪乗りしていました。
初めて観る人にはわからない、演者の密かな遊びかと。

熱演し過ぎて、真唯さんの声が若干嗄れていたようでした。
あと東京3公演、大阪5公演。ちょっと心配です。

カーテンコールは3回。
途中、エレベーターが開くと片桐氏の“死体ダブル”が転がっていてびっくり。
劇中で、片桐氏が死んで舞台上に転がっているのに、
片桐氏二役のマンションの管理人が登場して、観客が「あれっ?」っと思うシーンがあります。
吹越・中村の二人が死体を運び出そうとして、一度戻ってくる時に入れ替えていたというからくりが、j今回判りました。
その死体はリアルなんですが、小道具なのかな?と思いました。
人が演じているなら大変です。
オカマのマッキーがお尻を触ったりするし・・・

私はあと大阪の最後の三公演に参加するので、
“死体ダブル”の正体を確かめようと思います。
スポンサーサイト
高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。