お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ハンサム★スーツ』(その2・ネタバレだらけ)

大変、お待たせ致しました~・・・・・って、待ってた人いないだろうな。
まあ、訪問してくれた人はブログ・パーツで遊んでって下さい。
hs42.jpg
hs16.jpg
塚地武雅演じる大木琢郎は、母親の代から続く“こころ屋”という大衆食堂を守っています。
一応イタリアで修業してたりするので、料理の腕はよく、
常連のみんなからも慕われ、オープニングの『MY REVOLUTION』に乗って描かれるテンポのいい日常は、順調で幸せそのもの。
この食堂のメニューがうまそうなんですよ。文字通り、こころのこもったお袋の味。
しかもいまどき、450円。
hs20.jpg
hs4.jpg
そんな琢郎の悩みが“ブサイク”であること。
落ち込んでいる矢先に、なぜか超美人がアルバイトの募集広告を見て訪れます。
hs2.jpg
hs31.jpg
hs30.jpg
コンプレックスゆえに、一度は断る“豚郎”こと琢郎。
ところがこの美人=星野寛子ちゃんは、琢郎のくしゃみから逃げなかった。

・・・・この映画は主役の2人は勿論、すべての出演者がいいのです。
景子ちゃんも、『太陽と海~』の先生よりずっといいです。 魅力全開です。
まだ22歳だもんね。
ここでかかる『LA・LA・LA LOVE SONG』もいいのよ。
hs3.jpg
寛子ちゃんが琢郎のもとに来たのには、ちゃんと理由があるのですが、
それを殊更に強調しないのがいいです。
美人なのに、自分の中身を見て欲しいという寛子ちゃん。
確かにその通りなんだけど・・・まず現実にいない完璧な“いい子”だね。
hs44.jpg
hs32.jpg
琢郎が周りにけし掛けられて、「むっちゃ美人だから好きです。」なんて告白をするもんだから、
「がっかりしました。」と言って出て行ってしまうんですな。
琢郎の方が普通だと思いますけどね。
hs12.jpg
hs28.jpg
hs19.jpg
ここで落ち込む琢郎にアプローチするのが、かねてから彼の“ブサイク”度に目をつけていた
洋服の青山の皆さん。
中条きよしってハンサムなんだー、ふーん。
hs11.jpg
hs14.jpg
hs18.jpg
顔まで変わるっちゅう発想がいいね。
・・・・って憂佳、すでに“スーツ”というより“着ぐるみ”に近いんじゃない?
塚地が谷原を着るっていう発想だから、ここから先は当然谷原の演技にかかってくるわけで・・・
若干わざとらしいところも、この作品の持つファンタジーの要素が引き立ってよかったです。
光山杏仁って、何で名前まで決まってんの?
hs36.jpg
hs33.jpg
hs37.jpg
時々、こんな格好で出てきちゃって、いつも弁当を作ってあげている徳さんがびっくりしたり、
親代わりの店員=米さんの前に、杏仁のまま登場しちゃったり。
hs23.jpg
それでも、ハンサムライフを大満喫している琢郎・・・・いや杏仁。
ついには、伊武さん演じるモデル事務所の社長=神山晃にスカウトされます。
こっからは琢郎が夢にも見なかった特別な世界が展開されるのです・・・・

つ・づ・く・・・・
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。