お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三連休も2日が終わり・・・

映画三昧といった休日かな?

まず、朝8:30ごろ六本木着。
『ニュータイプ ただ、愛のために』の舞台挨拶の座席を取る為に並ぶ。
並んでいる時点で、NODA MAPのチケットや
来週の『青い鳥』の舞台挨拶を取ることを、画策していた。
前者は無事ゲット、後者はTさんにお願いした。
10時を過ぎてもなかなか発売が開始されず、肝を冷やしたが
何とか有楽町に間に合った。

一作目は『ブラインドネス』。
意味不明に突然現象が起き、パニックになる話が最近多い気がする。
blindness2.jpg
最初にこの現象に見舞われる、“First Blind Man”を演じる伊勢谷友介。
そしてその妻を演じる木村佳乃+プロデューサー女史、3人が舞台挨拶に登壇した。
blindness1.jpg
映画の方は、感染者たちが隔離された病棟・・・・というより監獄での“地獄”を描いていく。
そりゃーもうひどい有様で、食糧を得るために何でもあり。
食糧を独占する奴が出てきて、「食いたければ、女を差し出せ」という始末。
目が見えない病気が蔓延したアイデアはよかったが、
そこから人間の欲がむき出しになって・・・・という描写は正攻法なのか?
不快のみが残った。
あまりにひどいので、席を立つ女性もいた。
最後にこの病気が治っていき、明るい未来を予感させるが、何をいまさら・・・

終演後、食事をした。
食糧のない映画の状況と、給料日前で食費が足らない自分の状況が何となく重なった。
先輩にもらったロッテリアの無料券を使って、残りはTポイント払い。
現金は50円で済んだ。

次はこの日のメインである『ニュータイプ ただ、愛のために』。
これは後で別に触れるとする。

朝、日比谷⇔六本木と往復し、さらに六本木へ。
実は地下鉄の一日乗車券を買おうか否か迷い、
バラで買った方が安いという結論に至ったのだが、
実は一区間計算し忘れていて、失敗した。

日比谷→六本木   160円 
六本木→日比谷   160円
新橋→六本木     160円
渋谷→新宿三丁目 160円   
新宿三丁目→    190円     計 830円

東京メトロの一日乗車券は710円だから明らかにミス・ジャッジだ。
どこかを削らなければ・・・
新橋から歩き出したが、ホテルオークラの敷地内で迷ってしまい
くじけて神谷町から“メトロに乗って”しまった。
途中、2リットル100円の水を購入。
全然バッタものではなく、コカコーラ社のあの水だから安い。

六本木から青山学院までは既に慣れたもの。
夕食は学食で。タンメン=260円は安い!

あと一区間、浮かせなかれば・・・新宿まで歩くことにした。
途中、渋谷の某所。
大勢の人。
みんな何かを食べている。
煮込みか何かきゃな?最近寒くなって来たからなぁ。
皆、私を無視してただひたすら食べている。
一人が私に気づき、鍋の方向に案内してくれる。
暗くてよく見えない。
「おかわりの人はまだ後ですよ。」
私には優先してよそってくれた。ありがとう。
「!」
ごめんなさい。
食べれません。ごめんなさい。ごめんなさい。
逃げるように・・・・いや、逃げながら、明治通りを新宿方面に向かった。
ponchi2.jpg
ponchi.jpg
シネマート新宿、『平凡ポンチ』舞台挨拶。
初めて秋山莉奈を生で見れた。
トークも楽しく、抽選会も惜しかった。
期待したのだが・・・・・

何じゃあ、こりゃあ!
コメディなのに全く笑えない。
出たがり監督の勘違い自分中心映画だった。
来週この監督の特集オールナイトが同所であり、
少々心が動いていたのだが、即刻中止した。
前週に引き続き、どうでもいい映画の舞台挨拶を
勢いで、ひま潰しに入れたのが間違いだった。
fod.jpg
昨日、連休2日目。
午前中はまったりした後、中野へ。
メロン記念日、村田・大谷・斉藤が出ている舞台
『ファミリー・オブ・ザ・デッド』千秋楽。
昨年えんなが出演し、ゆうかりんが観にきていた
『宇宙にタッチ』と同じトノチョ’の作品。
前回が宇宙人で今回はゾンビ。

タイトルからして、過去のゾンビ映画にオマージュを捧げているし、
劇中で「ロメロのゾンビは動きが緩慢だが、最近のゾンビは走る」などという台詞もある。
ロメロの最新作、『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の登場人物が誰もゾンビを知らないのに比べれば、こっちの方がリアル?
まあ、ネタとしてキワモノなので感動には至らず、普通の舞台だった。

んで・・・・中野ブロードウェイで、ブロンディーズのチケット・プレゼントに応募。
コイン屋を探して、部屋にあった長野五輪の硬貨を売ってお金にした。

夜、一旦自宅に戻り、チャリンコで『私は貝になりたい』を観にいった。
こちらもまた鮮烈な内容だったので、別項に譲る。
スポンサーサイト
舞台挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。