お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

拾い物舞台、2件

コス・フェチかよっ!!
・・・エキゾです。
一口に舞台と言っても、世間では沢山やっているので、自分の趣味と関係ある人が出ていることをトリガーにして、観に行くことを決めています。
今週はそんなのが偶然にも2件重なりました。
urasuji1.jpg
『URASUJI・Ⅲ-大陸編-寵愛』
ゲスト扱いながら倉科カナちゃんが出ているので、火曜日に観戦。
タイトルは何のこっちゃわからないし、会場が下北沢・ザ・スズナリ。
どうなることか不安でしたが、蓋を開けてみれば『必殺!』の舞台版でした。

元・バービーボーイズの杏子が主演ってことになるのかな?
彼女が元締めの4人“URASUJI”仕事人が、ひょんなことから中国の政治抗争に巻き込まれ・・・
『仕事人、アヘン戦争に行く』のノリで海を渡って殺しまくります。
kana3.jpg
カナさんは、清国皇帝の寵愛を受けていたのに、西太后と袁世凱に国を追われた姉妹の妹、梁風玲役。
結構重要な役柄で、出番も台詞もハンパなく多いです。
当然、チャイナ・ドレスで登場します。
私はコス・フェチではありません。
大きな時代の流れに飲まれ、結局は彼女たちは殺されてしまいます。
“URASUJI”メンバーの一人、カンヂが風玲に惚れていたこともあり、
彼らの仕事が始まりますが、展開はまんま『必殺!』シリーズで、
お馴染みのBGMも使いまくり。
『必殺!』を朝まで語れる私に熱くなるなという方が無理な話。

彼女を愛したカンヂ=仕事人・花屋の政同様、花を折り茎を刺す
杏ねえさん=仕切人・お国同様、筮竹で相手の運命を占って殺す。
おゆき=仕込みの西洋傘を使う。(実は必殺にはあまりいないタイプ)
ヤス=(仕事道具は良く見えなかったが)仕事人・秀や仕置人・棺桶の錠タイプ。

やっぱ、平尾先生の必殺サウンドは抜群だわ。
喜怒哀楽がストレートだから、誰がどこで使ってもテンション上がります。
杏子さんも気持ちよく立ち回りを行っているようでした。
登場人物のほとんどが歌を歌い、二胡やバイオリンの生BGMもある
盛りだくさんな舞台でした。
urasuji2.jpg

ave1.jpg
『アヴェ・マリターレ!』
ポッシ・ヲタでもない私が、かえぴょんが出ているからという理由で、観ることを決めました。
「どうせ観るなら、かえぴょんのトークショーがある日」ということで、昨日観覧しました。

これがまた・・・・脚本がすっごくよく出来ていて、笑える・泣ける・・・
最高に楽しい舞台でした。
スペース・ゼロで観た舞台の中でも、一番面白かったです。

かえぴょんは・・・・メイド衣装のツンデレ天使の役。
私はコス・フェチではありません。
しかし・・・この役は反則です。何か萌える・・・(爆)。
・・・って憂佳、舞台上には上がらないのに、おいしい役です。

トークショーは始まったのが20:57くらいで、21:00以降NGな
17歳=かえぴょんからダッシュで聞き出して終了。
森さんの時もそうだったけど、何とかならないもんかな?

労働基準法 第61条
第1項
「満18歳に満たない者を、22:00~05:00の間使用してはならない。」
同2項
「必要な場合は地域・期間を限って、23:00~06:00に出来る。」
同5項
「第56条・2項の規定で使用する場合は、
 上記第1項は 20:00~05:00 第2項は 21:00~06:00となる。」
それで・・・第56条・2項とは
「児童の健康及び福祉に有害でなく、かつその労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。
映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についても、同様とする。」

よくわかんないんですが、私は“修学時間外”ってのがキーじゃないかと。
つまり、日本中の18歳未満 22:00以降NG 特例 23:00以降NG
     学業がある者    20:00以降NG 特例 21:00以降NG
ってことでしょ?
一度整理しときたかったんだ。
ホント、法律って文章がド下手でわかりにくい。 
kae1.jpg
やっぱり・・・・昨日、あゆべえ、ピーチ、マリーナが来ていた。
あれは、私が思った通り、ピーチだったんだ。それで多分、あゆべえはあの席。
私の目って、結構確かだな。(笑)
スポンサーサイト
好きな女優 | コメント:2 | トラックバック:0 |

っざけんな!クソボケっっ!!

総武線快速。
4人がけの座席が1人分空いていたので、腰かけた。
かなり厚いスラックスを履いていたのだが、何かジメっと濡れた。
嫌な感じに湿り気が。
尿とかではないようだが、このスラックスを洗濯に出すのは決定。
なぜこうなったのかは全くわからないが、周囲には知らん顔で座る奴等。
てめえらみんな死ぬがいい!
一人ゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

2008年映画総括

『ハッピーフライト』でホノルル行きの全日空が、バードストライクでピトー管が折れた為、羽田に引き返しましたが、実際ラガーディア発シャーロット行きのUS1549便は、正にバードストライクで両エンジンがやられて不時着。
“ハドソン川の奇跡”となりました。
サレンバーガー機長が、復讐でフライドチキンを食べたとか・・・

また『感染列島』で、「タミフルが効きません!」と新型ウイルスの恐怖を描いたら、現実の世界でも実際、タミフルの効かないインフルエンザの院内感染で、何人もの人が亡くなっています。

映画が事実を追い越しているというより、世の中の運命が、
映画並みに流動的になっているんですね。・・・・・エキゾです。(長!)

2007年の映画総括は、年明けて5日に行いました。
2008年、ちょっと遅れましたが、これからやってみます。
数回観た作品もそれぞれ1回でカウントして、174本。
これは、東京に戻ってきてからのここ数年では新記録です。

一言で言うと、
2007年よりは個性的な作品が揃ったと思います。
ただし、オールタイムで推せる傑作までは至りません。
相変わらず、シリーズものに傑作はなし。
ランボーとインディ・ジョーンズは“期待ハズレ”に入れようかとも
思いましたが、それなりに飽きなかったので、許しました。

邦高洋低は相変わらずで、ネタ切れハリウッドに比べると、
邦画の可能性はまだまだ広がりそうです。
最近、コミックス原作のものが増えているのが、心配です。

2008年ベスト
1.ハンサムスーツ
hs30.jpg
笑って泣けてハッピーになれる、映画はこうありたいものです。

2.アフタースクール
2008sokatsu2.jpg
これはもう、脚本がうまくて、心地よく騙されます。

3.うた魂♪
2008sokatsu3.jpg
今年の前半まではベスト1と思ってました。歌の力、そして亜希子さん。
合唱つきの舞台挨拶も感動ものでした。

4.バンテージ・ポイント
2008sokatsu4.jpg
やはり洋画のトップは動きませんでした。構成力の妙を堪能。
洋画もいい脚本が得られればアメコミ原作じゃなくてもイケます。

5.奇跡のシンフォニー
2008sokatsu5.jpg
「フレディ・ハイモアのお涙頂戴映画?」などと、高をくくっていて
すっかり油断していました。
何か暖かく、周りの大人の気持ちもよく描かれていたので涙しました。

6.あの空をおぼえてる
2008sokats6.jpg
ともすれば、悲しい話に終始してしまいそうな内容が、
家族全員の好演で爽やかで前向きな作品となりました。
広田亮平くんは、『マリと子犬の物語』に続き、
悩めるいいお兄ちゃんを演じさせたら日本一です。
水野さんと監督だけが予定されていた舞台挨拶に、
竹野内氏が来てくれたのも嬉しいサプライズでした。

7.マンデラの名もなき看守
2008sokatsu7.jpg
伝記映画に近いのですが、
看守の目を通じてコンパクトにまとめた手腕がすごいと思います。

8.K-20・怪人二十面相伝
2008sokatsu1.jpg
今年のお正月映画ではナンバー1。
邦画のエンターテイメントもここまでやれるんだという好例。
松さんもキュート。
監督は実写版の『ルパン三世 カリオストロの城』をやりたかったのでは?
k-20.jpg

ちょっと寂しいかな。
あとは、途中まで書いていて「何かちょっとランクが下がるな。」と
思ってしまい、次点にしました。

次点

ディーウォーズ
2008sokatsu8.jpg
公開は地味だたけど、すごい拾い物。十分な大作です。

ザ・フィースト
これはトンデモナイ映画の拾い物代表。
ホラー上級者向けです。画像はやめときます。(笑)

シューテム・アップ
2008sokatsu9.jpg
『アドレナリン』の流れを汲むハチャメチャアクション。
こういうのを堂々と公開するユナイテッドシネマ豊洲は偉いと思います。

子猫の涙
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
スターウォーズ/クローンウォーズ
ザ・マジックアワー
ラストゲーム 最後の早慶戦
バンク・ジョブ
ウォンテッド
アイアンマン
ハンコック
イーグル・アイ
ヒットマン

洋画の大作は頑張っていると思います。昨年より全然マシ。

ワースト

ゴミ映画、金返せ!
赤い糸
Xファイル・真実を求めて
平凡ポンチ
デイ・オブ・ザ・デッド
ダイアリー・オブ・ザ・デッド

期待外れもいいところ
ネクスト
大いなる陰謀
アメリカン・ギャングスター
トロピックサンダー 史上サイテーの作戦
ダークナイト

最近、こういう破滅的な映画が多い。
背筋が凍るな、おい。
地球外生命体捕獲
ミスト
ハプニング
ブラインドネス

ワーストの方は気が向いたら補足します。
映画 | コメント:3 | トラックバック:0 |

しゅごキャラ!じお 番外編~公開収録(東京編)

shugo6.jpg
shugo5.jpg
選民イベと呼ばれるイベントに当選し、新橋から歩いた。

いつものことながら、屯するヲタに進歩なし。
入場時間になると近い順にランダムに並び、箱の中の座席番号を引く。
130番台・9列あったが、私は54番・実質は4列。上々だ。
しかも右のゆうかにょんサイド。

リピーターグループが数名。席を交換し合っていて、なかなか座りゃしない。

司会は戸塚利絵さんという声優。さすが声がかわいい。
彼女も大阪、名古屋と同行し、この4人の空気は掴んでいる様子。

1.『みんなのたまご』披露。
なーんか全体的に大人しいヲタばかり。でも見守る空気は嫌いじゃない。

2.自己紹介

3.言えばいーじゃん!セリフDEキャラチェンジ

①空を見るとUFA・・・じゃなくてUFOが!
 キャラに成りきって一言。

 憂=ぴょんぴょんうさちゃんキャラ
 明=旅行客に大人気、バスガイドキャラ
 彩=ご主人様一筋、メイドキャラ
 花=人か機械かアンドロイドキャラ

②電車に乗っていると前のカップルが喧嘩を始めました。
  同じくキャラに成りきって一言。

 憂=バブバブ赤ちゃんキャラ
 彩=ピヨピヨひよこちゃんキャラ
 明=ザーマスおばさまキャラ
 花=萌える闘魂、アントニオ猪木キャラ

罰ゲーム=憂佳
今まではアントニオ猪木担当が罰ゲームだったので、不満そう。
牛になって、甘える「もう!」と、叱る「もう!」を。
 
4.御当地トーク

①都知事になって何でもできるとしたら何をする?

 明=校庭に遊園地を作る
 彩=中学校の制服全部をデザインする
 憂=しゅごキャラエッグの山手線ライブをする
 花=都内の色々なところにしゅごキャラスポットを作る。

あやちょはボケボケトークしか聞いたことがなかったので、
「中学のね、制服をね、彩が全部するの。」と言うのが、可愛かったな。

②ここは発明会館です。皆さんはどんなグッズを発明したいですか?

 花=身長が高く、足が速くなる靴
 明=(忘れました。)
 彩=オレンジ・ジュース
 憂=シャチホコのストラップ

ここでもあやちょ、発明品なんだけど・・・
・・・とよく見たら、水道の蛇口からオレンジ・ジュースが。
これって、愛媛かどこかの都市伝説では?
戸塚さんが、静岡でお茶が出る話をしても、お茶は好きじゃないようで・・・

かにょんは、戸塚さんから「願望入ってるね。」と突っ込まれ。
何かちょっと元気ない。

ゆうかりんは“グッズ”が耳に残ってしまい、
名古屋でウケたシャチホコ画を再現。

③自分で自由にタワーを作るとしたら?

 憂=自由の前田タワー
 明=あかりタワー
 彩=不思議タワー
 花=ファッション・タワー

アカリはスペードの形で、下の方は衣装をモチーフにした飾りが。

あやちょは、アメリカンクラッカーかと思ったけど、さくらんぼの形。
電波を受信して光り、エレベーターが動くのだそうだ。

ゆうかりん=画伯全開で、
「自由と言いながら、征服してるよ、ゆうかちゃん。」と、戸塚さんから突っ込み。
タワーの上に君臨する自由の前田像。
   
かにょんは、タワー内で自分のデザインした服を売り、
前出のしゅごキャラスポットを入れるという。
さすが名プロデューサーかにょん!!

5.『みんなのたまご』REPRISE

なーんかヲタも静かで、ゆったりとした時間が
ほわわんと過ぎたイベントだった。
この子たちを笑顔で見守るオジサンたちは、もう推しというよりも
目に入れても痛くない子の成長を楽しみにしている親のようだった。

んでも、こういう雰囲気を出せたイベント主催側がうまかったと言える。
成功だった。
shugo4.jpg

ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『007 慰めの報酬』(ネタバレあり)

トム・クルーズの最新作『ワルキューレ』の予告で、
なぜか『SAW』シリーズのクライマックスの曲が使われているんですが、次々とカットバックで見せていく部分が、予告編にぴったりだから丁度いいみたいですな。
・・・エキゾです。
nagusame1.jpg
“QUANTUM OF SOLACE”=慰めの報酬・・・直訳すりゃ確かにそうなんだが・・・
(そもそも敵の組織名が“QUANTUM”。)
だせえ、タイトル! 
だささでは、『美しき獲物たち』を超えて、シリーズ1だな。
シリーズ1といえば、短さ。106分だぜ、ボンドが。B級アクションじゃねえんだから・・・

前作の144分は、同じくボンドの恋愛を描いた『女王陛下』の142分を超えた。
その続編がシリーズ最短ってのも、何かなぁ。極端なんだよ。
短いってことは、それだけ描写も雑になり、アクションはいいが、
それを繋ぐドラマ部分が希薄になる。

本作はとにかく悪役が岡村さんみたいでダメダメだったし、
彼の悪事が、いったい何をやってるのかさっぱり判らなかった。

まあアクションがコンパクトに詰込まれているのはいいと思う。
メインは4つかな?
nagusame4.jpg
①アバンタイトル・・・イタリアのカーチェイス
nagusame8.jpg
まあまあの出来だったが、カメラワークが下手で見にくい。
ジェイソン・ボーンより運転の腕はいいはずなんだが。
・・・・とか書いてたら、どうやら『ボーンスプレマシー』のスタント・コーディネーターのダン・ブラッドリーが第2班監督をやっているらしい。
あの作品のカーアクションの見にくさが大嫌いだった私だからこそ見抜けたんだな。
伊達にアクションを見続けちゃいないってこと。
カー・アクションに手持ちカメラ? やめてくれ。
こういう無能をボンド映画スタッフに加えるな。バーバラの婿、お前か?
nagusame7.jpg
②同じくイタリア・・・肉弾戦の追っかけ
これはなかなか良かった。予告編の編集が一番だったが。
人間の速度なら手持ちも生きるようだ。
『ボーン・アルティメイタム』の追っかけも、まあまあ見られたし。
nagusame5.jpg
③ハイチのボートチェイス
これがどうしようもない。スリルも何もなく、最後のオチがさっぱりわからない。いかにボンドが若いからといえ、意味なく殺し過ぎ、壊し過ぎ。
Mの嘆きがよくわかる。
バカ記事 by相馬学
↑ボンドの上司を“Q”なんて書く奴が、それらしいコメントしてんじゃねえ!!)

④ボリビア上空のエア・チェイス
これも今までのボンド映画の爽快さには遠く及ばないが、最後のオチを含めてまあまあスリリングに仕上がっていた。
空も手持ちカメラじゃないから。
・・・・って、俺はこれからもダン・ブラッドリーの手持ちカメラと戦う宿命なのか・・・
nagusame6.jpg
オルガ・キュリレンコはなかなかいい。
メインのボンド・ガールがエージェントの場合は秀作が多い。
そりゃ悪役の情婦のバカ女よりは、ドラマが盛り上がるってもんで。
ただ、『ヒットマン』ではいい脱ぎっぷりだったのに、本作のオルガは
女としてはサービス不足。
nagusame3.jpg
むしろ、ジェマ・アタートン演じるフィールズの方が強烈な印象を残す。
ボンドを排除する目的で派遣されたのに、彼の魅力に負けて協力するというのはお約束。
さらに協力者は惨殺されるのもお約束。
しかも『ゴールドフィンガー』で全身に金粉を塗られた
ジル・マスターソンよろしく、全身に石油を塗られて。

そもそも原作の007シリーズは、スマートなアクションなどではなく
異常なまでの拷問シーンと変態性にまみれているのだ。
だから、前作のボンドの拷問シーンやこういった殺し方は、原作の雰囲気に忠実といえるのだ。
(フレミングの性癖だったのかもしれない。)

今回はシリーズ初の続編ということだったが、
そこは万人が楽しめるボンド映画。
何とかなるだろうと、高をくくっていた。
結果・・・・観ておけばよかった。何ともならなかった。

最後のクライマックスも『ドクター・ノオ』と並ぶショボさ。
ボンドとオルガの別れのシーンなんか・・・何でこんなところでって感じ。

今でもダニエル・クレイグは受け入れられないが、
色々な意味で貴重な一本になったと思う。

007映画としては標準以下だが、まあまあ楽しめるのは事実だ。

タイトル・シルエット・・・モーリス・バインダーばりの出来だったが、
主題歌がどうもいただけない。

まだまだ突っ込めるが、今日はこのくらいで。
映画 | コメント:4 | トラックバック:0 |

お金のない出張

JAL名人会で聴いた“ナイツ”の漫才がえらいおもろかったです。
エキゾです。
ナイツ
昨日、大阪出張でした。
交通費はどうしてもかかってしまうのですが、どこを削るかが課題でした。

お金がないので、東京モノレールではなく京急を利用。
470円⇒400円
大阪に着いてからも、“御大尽”の乗り物=リムジンなど絶対使わず、
モノレール+阪急電車なのですが、今回は時間の余裕があったので
モノレールも使わず、空港から蛍池まで歩きました。
630円⇒220円 
なーに、伊丹空港は私の初任地で、この徒歩ルートは腐るほど利用してますから。

都内に比べ交通費が高い大阪ですが、食べ物が安いのは魅力です。
だし自慢カツ丼・・・570円
カキフライ定食・・・680円
メンチカツカレー・・・300円
う~ん、迷った挙句、いつもの“まるい飯店"で、天津丼セット・・・500円にしました。
ワンコインが売りの“まるい飯店”のメニューが一部値上がりしていたのは
時代を象徴しているような気がしました。

お金がないので、ドリンクなんか買えないと思いましたが、
本社ビルの横の自動販売機は、100円均一。
よーく見ると「消費者還元!一本50円!!」ってのがある。
それも、○イドー・ドリンコとかじゃなく、KIRINの世界のKitchienからマセドニア・グレープ。
これ好きなシリーズなんですよね。
買ってみると、賞味期限は09-02-24。
期間限定出荷で、消費できないものはこういう売り方しかないのかな?
150円⇒50円

帰りも蛍池から空港は徒歩。
630円⇒220円

途中で食べたラーメン=380円。
具もたっぷりな美味しいラーメンでした。
最初「ラーメンひとつ!」とオーダーしたら、「2種類ありますけど、どちらにします?」と店主。

またまた・・・神戸牛ラーメン=880円なんて食えるわけないじゃん!
多忙が好き! | コメント:8 | トラックバック:0 |

テレビ朝日の小林です。

沢尻エリカがハーフだったことを、今朝初めて知りました。
エキゾです。
tereasa.jpg
昨日、またエキストラに行きました。
WEBでも公開されているから、言っても大丈夫でしょう。
31日、『SmaSTATION!! presents SMAPがんばりますっ!!』の中でオンエアされる
『仮面ライダーG』でございます。

13:30の集合時間より若干早く、テレビ朝日の正面玄関に到着。
既に役作り(?)をしているような人もいるし、顔なじみもいるようで、
少々アウェイ感を感じつつ入館。

エキストラ・マネージャーのK女氏が、気を使って話しかけてくれました。
今回は私のようなトーシロは少なく、ほとんどが役者さんだとのことでした。
募集では『G』としか書いてなかったので、『仮面ライダーG』と聞いて驚きました。
スマップの特番内でやるということはコメディ?・・・と聞いたところ
「大真面目に大人の仮面ライダーをやる」との回答。

主演は“G”こと稲垣吾郎さん。
私にとっては、木村さん、中居さんに続いて3回目のSMAPとの共演。
いっそのこと、あとの2人とも共演しましょうかね?(笑)

・・・で、一応書類選考があって、私に割り当てられたのがテレビ朝日の小林さん。
(役職言うとバレるので・・・)
14:30ぐらいにスタートで、いい感じで撮影は進みます。
やはり映画とは違って、テレビはスムーズ。時間がないから?
スタッフの方も感じがよかったです。
(テレ朝の場合、ドラマはほとんど外注なので、テレ朝スタッフがいなかったからかも。)

実は昨日休みを取ったのは「MELON GREETING」に参加する為で、
それまでの時間にエキストラをやる予定でした。
最初、9:30だった集合時間が13:30に変更され、嫌な予感がしていたのですが・・・・

吾郎さん、上地雄輔さんが率いる悪の秘密結社がテレビ局を占拠。
まず拉致されるシーンを撮って、我々は長い休憩。
吾郎さんがライダースーツに着替え、オールアップしたのが19:00。
だめだ、こりゃ・・・
我々の分の弁当も配られ、撮影再開が19:30。すべて終わったのは21:00。
ちょうど「MELON GREETING」終演の時間でした。

Uさん、ごめんなさい。
太陽とシスコムーン、見たかったっす。
犠牲をはらった今回の出番、31日は横アリですが、録画して観ます。
よければ探してみてください。

あ、忘れちゃなんないのが、釈由美子さんです。
ほとんどガン見してましたが、綺麗でしたー。
エキストラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

お金のない休日

『ハゲタカ』のエキストラは選外となったので、
事前に取っていた『ピューと吹く!ジャガー~いま、吹きにゆきます』を観に行けた。
とても面白かったし、終映後の舞台挨拶で初めてFROGMAN氏を見れた。
しかし、上映開始前に財布がないことに気がつき、気が気でなかった。
結局は隣席の座席の下から出てきたのだが・・・・(汗)

交通費・・・タダ(自転車)
公演費・・・タダ(TOHOシネマポイント)
お金がないので、パンフレットは買えない。


一旦自宅に戻り、大阪出張の為の航空券を発券しに行く。
汐留のANAと有楽町のJALへ。

交通費・・・タダ(定期)   発券・・・タダ(AD券)
お金がないので、昼食は松屋のカレー350円。


飯田橋へ移動。初めて、ももいろクローバーの単独イベントへ。
momokuro2.jpg
momokuro1.jpg
ハロプロには、エッグが・・・
ナイスガールには、μが・・・
ハピスタには、ルーキーズが・・・
そして、我らがスターダストには、ももクロがいる。
これらの中でももクロが強いのは、CD未発売ながらオリジナル曲を多数持っている点。
やっぱり事務所が違うよなぁ。

トークもどこまでが仕込みで、どこからが素かわからないのが楽しかった。
momokuro3.jpg
推せる。
オッサン、JCばかり推してると捕まるぞ。

交通費・・・160円(有楽町⇒飯田橋) 公演費・・・タダ
お金がないので、直筆コメント入り、コブタ付生写真は買えない。
お金がないので、待ち時間に飲んだのはヴェローチェのコーヒー(170円)。


友人と会おうかと思ったが、お金がないので延期。

池袋の『GOTHカフェ』へ。
goth1.jpg
12日の臨ちゃんイベント告知。
goth9.jpg
臨ちゃんのコメント・サイン入りポスター。
goth5.jpg
サインUP。
goth6.jpg
コメントUP。
goth7.jpg
結構ボリュームがあって美味しかった、オムハヤシ・セット。
goth2.jpg
展示コーナー。雑記帳があったが、臨ちゃんコメントはなし。
goth4.jpg
リブロなので本のアピール。パンフ・関連グッズの販売はなし。(展示のみ。)
goth3.jpg
渋谷では撮影する勇気がなかった臨ちゃん制服。奏多くんのはなし。

『GOTHカフェ』は本日まで。

交通費・・・160円(飯田橋⇒東池袋)  
食費等・・・890円(オムハヤシ・セット、『GOTH』缶バッヂ付)
お金がないので『GOTH モリノヨル』もパンフレットも買えない。


豊洲へ。
nagusame2.jpg
すべりこみで『007 慰めの報酬』を鑑賞。
翌日休みだし、短いから楽勝。感想は別途。

交通費・・・390円(池袋⇒豊洲⇒有楽町)
公演費・・・(前売券なので、今日は)タダ
飲み物・・・タダ(貰ったQUOカードで95円分)
お金がないのでどうしようかと迷ったパンフレットは、先行なので売っていなかった。


そんでもって、今日19日も休日はつづく・・・
ももいろクローバー | コメント:2 | トラックバック:0 |

『ヒーローの事情』

またまた遅くなって・・・・さらに時間がありません。

ポッシ・キャナヲタじゃないのにすみません。
ぶっちゃけエルダーと被っていたので、12日しか参加できなかったんです。
だから、奇しくも千秋楽かつりっぽんの卒業に立ち会うことになりました。

さらに、前日病に倒れたみっきーの復活。
jijo2.jpg
脇役ならまだしも、ヒーローの“赤”と言えば主役と決まっています。
彼女抜きで、この舞台は成立しません。
11日の3公演目にご出席予定だったU先輩を始めとする皆さん。
お察し申し上げます。

激しいアクションがあるので、無理しているみっきーが咳き込むのは可哀想でした。

入場時、有志の方々からピンクのサイリュームが渡されました。
「どのタイミングですか?」と聞くと「『卒業式』のイントロで。」との回答。
・・・・聞いたところでわからないのですが・・・・(汗)
ま、何とかなるでしょう。

開演前に懐かしいヒーローの主題歌がかかっていました。
世代もあり、半分はわかりませんでしたが、
水木アニキ、子門、ささきいさおなど・・・楽しみました。

舞台は・・・ちょっと疲れが出て一部船を漕いでしまいました。
すんまそん。でも楽しかったです。

2部のライブが始まり、ポッシボーの曲のフリは勘と経験で何とか乗り切り、
『ヤングDAYS!!』が終わった後、ざわめく客席。
どうやら、この後に『卒業式』が続いていたようです。
サイを出すタイミングを逃したと、誰もが思っている中、
花束を抱えたみっきー、りっぽんを先頭に全員が登場し、
卒業セレモニーがスタート。

一人一人思い出を語っていきます。
えり~なもいます。
最近はこういうセレモニーが形骸化した
某プロジェクトの某死に掛けグループに対し、感動的でした。

中でもドン尻に控えたいくっちとみっきーは
「ともに地方から出てきて頑張った」という一体感で
涙がハンパではありませんでした。
特にみっきーは、「同じ名古屋出身なので、故郷に錦を飾ろう。」と。
自分の為に大切な卒業公演を休演させてしまったので
今日は這い上がってきたと。

比較的最初の方で泣きあい、抱擁しあったおっきゃんも
最後まで号泣していました。

曲が始まり、客席一同は速攻でサイを折り、一面ピンクに。
みっきーとおっきゃんの涙に拍車がかかりました。
当然、我々も・・・

りっぽんは16歳にして、落ち着きのある美人さんだと思います。
せめて17歳の誕生日までいてくれたら・・・・
私にとって、お付き合いは短かったですが、
立派な女子大生になって、落ち着いたら戻ってきてくれたら・・・・
自分なんかが語れないですがね。
jijo1.jpg
jijo3.jpg
三連休を締めくくるに相応しい感動を、ありがとうございました。

(蛇足)
ピ-チにとってのヒーロー=『有言実行三姉妹シュシュトリアン』!!(爆)
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

真・りんヲタ宣言

それにしても、我ながら次々と新しい刺激がやってきて、
ゆっくりと反芻している時間がない。
ひょっとして、凄くアホなことをしてるんじゃないだろうか。

中野の感動を思い返す間もなく、昨日も3つのイベントに参加した。
1つ目は忘れたいので割愛する。
14:00@LIBRO池袋パルコ店。
またもスターダストが放つ新星、高梨臨ちゃんのトーク&握手会。

もろりん・みのりん・ゆうかりん・いろりん・かりん、リンリンなどなどいる中、うちは正に“りん”だけど、何か?(笑)
まあ本名じゃないし、飛鳥凛ちゃんもいるけどね。
rin4.jpg
LIBROの若造スタッフにすごく無礼な対応をされたのが不快だったが、
あとはまずまずの仕切りだった。

30人ずつ仕切られて、まずはトークショー。
正に成人式を迎えた臨さんに、ケーキと花束のプレゼント。
ケーキにろうそくがあると仮定して吹き消す。
その時、我々も同時に「フーッ」とやるように促される。
ちょっと恥ずかしかった。

その後、映画に関する質問などに真摯に答える彼女が好印象。
しっかりとした考えを持った、頭のいい娘だと感じた。
きれいな歯が並んだ口で笑う顔が目の前で、アイコンタクトもばっちり。
眩しかった。
rin1.jpg
映画はクールな役柄だったので、本来の彼女を見れたという感じ。
整理番号31番以降の為、トーク第2部を行っている間、階段で並んで待つ。

握手会の進みが遅い。
段取りが悪いのかと思ったが、一人一人の本に宛名入りで
サインをしているのでは、時間がかかるのも無理はない。

先だっての店員の不始末で、私が手に持っているのは『GOTH』の原作文庫本。
これではサインをするスペースが小さいので、店長に交換を訴えてみた。
落ち度を認め快諾してくれた為、以下のサインが実現した。
ありがとう、店長。
rin3.jpg
サインをしている間、臨ちゃんに話しかけるのは自由。
私 「映画、初日に観ましたよ!」
臨 「ありがとうございますっ!」

初日にもらった『GOTH』のクリアファイルを見せる。
『GOTH』のイベントなのに、なぜか観ているヲタが少なく、
軽く凹んでいた彼女だったので、このネタで行ってみようと思った。

私 「いつもの臨ちゃんと違うクールビューティーも良かったですよ。」
臨 「そうですか?ありがとうございます。
   あれって撮影したのが結構前なので、顔が若いですよね?」
私 「いつ撮影したんですか?」
臨 「おととしの夏です。」
私 「夏だったら、例の水に入るシーンはちょうど良かったん
   じゃないですか?」
臨 「いえいえ。もう、それは冷たかったです。」

うーん。聡明な娘は受け答えがスマートで、気持ちがいいな。
スタッフ 「『GOTH』を宜しくお願いしますね。」

いや、だから観たって。(笑)
rin2.jpg
真・りんヲタとして、推していこうと思います。
好きな女優 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ったく!

東横線!
線路をまっすぐ作れよ、カス!!

一人ゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

電車内で

ガキがうるさい。
このまま行けば早く着くが、渋谷経由の方が少々安いし、乗り換えてみるとする。
実はこのガキと目的地は一緒だったりするわけで・・・。

一人ゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

んで・・・

tc3.jpg
tc2.jpg
太シスイベント時の写真をもらっちゃいました。

何と太シスブログが、スタブロ一位だそうです。
2位以降里やん、恵里菜と続くんですがね。
アメブロと違って敵がいないんです。

それにしても、色々なメンバーがブログをやってるおかげで、余韻に浸れます。
「俺たち、すごく感動したけど演者の皆さんはどうなのだろう?」
そんな疑問にすぐ答えが出る、いい世の中になりました。

今日はあまり体を使うことはありませんが
「もう旅立つ時間」
帰ってからハロー2日目の件は書きます。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最強!こっちこそThank youだよ。

Hello!Project 2009 Winter エルダークラブ公演 ~ Thank you for your LOVE! ~
いやぁ、最高な時間は続きやす。
elder12.jpg
前の日曜日、どうしようもなく空しかったのに、同じ中野で
どうしてこうも素晴らしい時間が過ごせるのか・・
間違いない。最高の2時間。

1回目はとにかく何を繰り出してくるのか、ドキドキワクワクでいっぱいいっぱいだった。
もうのっちやら、みーこやらとりあえずは脇役なので、どうでも良くて・・・
10年間の蓄積、財産。普通に披露するだけで、何もかも唸らせるものがある。
演者が感慨深く涙を浮かべれば、うちらも当然万感の思いは同じわけで・・・
とにかく泣いた。
汗よりも涙のほうが多かったんじゃないだろうか。
elder11.jpg
<セットリスト&コメント>
1.I WISH <原曲:モーニング娘。>
 (中澤・安倍・飯田・保田・矢口・石川・吉澤・・紺野・小川・藤本)
 白い衣装が清楚で可愛い。
 娘。OG、現役だけで10人は壮観。
 いいらさん、まこと・・・そう言えば美貴さんも娘。の括りとしては久しぶり。
 みんな楽しそうなのが何より。
 後藤、辻、加護がいれば・・・ラストもなぁ。

2. I know <原曲:松浦亜弥 『The 美学』のc/w>
  (中澤・安倍・飯田・保田を除く全員)
 折角、娘。曲で盛り上がったのに、この曲で全員登場とは、若干KYな感じ。
 夜とかのっちを目の前ロック・オン!

オープニングのMCでは、亜弥の骨折の報告があった。
話す前に場内爆笑。おいおい。まあ、愛情の裏返しということで。

3.十年愛
  <原曲:モーニング娘。誕生10年記念隊 『僕らが生きるMY AISIA』のc/w>
 (中澤・安倍・飯田・保田)
 生で観るのは初めて。披露も初だと思う。
 2番に出てくる過去の名曲は、フリがまんまで良かった。
 ただ、「シュワッチ、シュッシュワシュー」って、どんな語感やねん!
 雛壇のみんなも一生懸命やってたけど。

4.スクリーン(安倍なつみ)
5.恋のテレフォン GOAL (安倍なつみ)
 まあ『スクリーン』はアレだけど、『ピロリン』はオリジナルバージョン。
 夜は通路席だったので、ミラクルパス炸裂させやした。

6.ラララ-ソソソ (真野恵里菜)
 未発表で出演が決まったらしいので、知った時は嬉しかった。
 曲前のMCで恵里菜の印象を聞かれたなっちが、
 「いや~、すっごいピュアですね。」と。
 いえいえ、今も昔もQUEEN OF PUREは貴女です。(爆)

7.GIVE ME UP <原曲:マイケル・フォーチュナティ、BaBe etc.>
 (メロン記念日 アルバム『MEGA MELON』より)
 わかりやすいフリだが、ちょっとしつこい。
 メロン的エンジン全開まで及ばないが、柄つきマイクのパフォーマンスはカッコ可愛い。

8.ケンチャナ~大丈夫~ (前田有紀)
 いい曲だ。改めてゆきどんの歌唱力に脱帽。
 慶州、釜山、済州島、利川などの地名が出てくる。
 韓国に行った秋を思い出した。

9.BABY! 恋に KNOCK OUT! <原曲:プッチモニ> (保田・吉澤・小川)
 イントロ、キタ----!!!
 この日、2度目の感動ポイント。
 嗚呼、これでごっちんがいれば・・・
 アイアイアイアイの煽りの時、よしこがすごく嬉しそうで、よかった、よかった。
elder9.jpg
10.100回のKISS (松浦亜弥)
11.Yeah!めっちゃホリディ (松浦亜弥)
 10は「あややが初めてハローのライブで歌った曲」として紹介。
 粋なことやってくれるじゃん。
 11はあやや自ら「最近は私じゃない人がよく歌ってる曲」と紹介。
 夜の部では、しっかり「大西賢治くん」と言った。
 ちなみに、彼(?)は歌ってませんから。(笑)バー紺では歌ったけどね。
 
 今朝のスポーツ誌で初めて知ったが、左足を庇って
 “逆スラッシュ”をやっていたらしい。
 気づかんかったー。 何か感動。 

12.たんぽぽ(Single Version)<原曲:タンポポ>
 (飯田・矢口・石川・柴田・紺野)
  泣ける。
  かお、よく戻ってきたね。
  さすがに例の件には誰も触れないけど、またかおと歌えることの
  嬉しさを、みんなひしひしと感じていたんじゃないかな?
  矢口とか、うるうるだったし。
  他の3人のパート分けもいい感じ。  
  
  夜、最前列でプチ・たんぽぽ畑企画をやってた輩がいた。
  やっぱ、古参は感動に飢えてるんだよな。

13.エーゲ海に抱かれて (飯田圭織)
  そして続くのはかおソロ。
  この曲、最初「恋は」のところにフリがあったんだよね。
  渋谷公会堂(現:CCLemonホール)での発売イベントを思い出した。

14.This is 運命 (メロン記念日)
  ぶっちゃけ油断してた。
  かおの後では体が温まっていないので、昼は失敗した。
  夜は通路をはさんだメロンヲタが、
  「のっちTを着たこのオヤジが何でここまでできるのか。」っちゅう目で見ていたが
  そりゃあ、年期が違うってもんで。
  メロンがこの曲を300回歌っているとして、その半分以上は観てるから。
elder10.jpg
15.愛~スイートルーム~<原曲:美勇伝> (石川・三好・岡田)
  みんな騒いでるけど、わずか半年で再結成は早いよ。
  梨華ちゃんの「元・美勇伝でした。」は笑った。

16.ブギートレイン'03 (藤本美貴)
  完璧!最高!
  こんな美貴が好き。
  “歌謡曲”も悪くはないけどさ。
  どうしてこれが出来る娘に、あえてやらせないんだろう?もったいない。
  ここまで可愛くて、ここまで踊れるアイドルはいないぜ。
  とにかく『ロマモー』復活の序曲として、バッチリな選曲。

17.悔し涙 ぽろり (中澤裕子)
  続く裕ちゃんも『だんなさま』でなく、あえてこの曲。
  まあ、裕ちゃんへの定番のコールができたのも、この曲が最初だからな。
  潤沢な選択。
  やればできるじゃん、スタッフ。

18.Magic of Love<原曲:太陽とシスコムーン> (稲葉・前田)
  前日、太陽とシスコムーン・エンジンをかけた貴子には余裕。
  フリは結構複雑。
  ゆきどんも煽るし、踊りもうまいぜよ。

19.青いスポーツカーの男 <原曲:青色7>
  (飯田・矢口・稲葉・メロン記念日・三好・岡田)
  オリジナルメンバーは、飯田・矢口・稲葉のみ。
  大勢の人が、絵梨香を仮想・紗耶香として見ていたようで。  

20.Thanks! <原曲:GAM>
 (松浦・藤本・稲葉・前田・メロン記念日・三好・岡田)
  この曲もイントロがかかっただけで熱い!
  年明けてすぐに深夜放送してたな、麻宮サキ。
  亜弥、そんなに動いて大丈夫?

21.きずな (松浦・藤本・稲葉・・前田・メロン記念日・三好・岡田)
  ここでこの曲はやめて欲しかった。
  今回のセットリストで唯一残念。
  この曲自体が嫌いなわけじゃない。HEY x3の収録に行ったし。
elder8.jpg
22.Come Together (音楽ガッタス)
23.鳴り始めた恋のBELL (音楽ガッタス)
  昼はU先輩に譲って頂いたみーこT、夜は新・のっちTで参戦していた私としては
  音楽ガッタス・タイムに燃えないわけにはいかない。
  ついさっき、去年のDVDを見たら「ハロプロ最大、10人のユニット」と言ってた。
  既に8人に減っちゃって、夜の部ではMS.ヘキサゴンが不在。(涙)
  里田部分、誰か歌えよ!(爆)

24.モーニング娘。メドレー
  ~モーニングコーヒー~真夏の光線
  ~愛あらばIT`S ALL RIGHT~ザ☆ピ~ス!~LOVEマシーン
  (中澤・安倍・飯田・保田・矢口)
  (『愛あら』より石川・吉澤・紺野・小川・藤本追加)
  やはり、こう来ないとね。
  時代を追うのかと思ったら、戻るのかい!

25.恋するエンジェルハート<原曲:美勇伝>  (松浦を除く全員)
  みんなちゃんと出来てる!
  私は相変わらず、ダメダメっす。

26.Never Forget<原曲:モーニング娘。『Memory 青春の光』のc/w>(全員)
  改めて歌詞がすごい。
  演者も我々も泣いて当然。特に夜の裕ちゃんはメロメロだった。
  
MCはほとんどなかったが、「あの時、君は若かった!コーナー」があり
メンバーの懐かしいというより、恥ずかしいVをガチで披露。

焦ったり凹んだりするメンバーがよかった。

昼:なっち、圭ちゃん
夜:かお、麻琴

また残り少し書くかもよ。
elder13.jpg

ハロー卒業生 | コメント:6 | トラックバック:0 |

素敵な時間2009

前にこのタイトルで書いたことがあるから、“2009”と付けてみた。
生憎の大雨。
会社の定時は18:10なのに、18:00に上がらせてもらった。
ただ思いの外地下鉄が混んでいて、遅れてしまった。

私の整理番号は76番だったが、既に100番以上が呼ばれていた。
結果、200人くらいいたかもしれない。
tc1.jpg
あっちゅはもうお馴染みで、3ショット写真は5枚もある。
これは裕ちゃん、ケメ子の6枚に次ぎ、矢口とタイの記録である。

信田と小湊・・・・実はハロコン以外で生でお会いするのは初めて。
昔は握手会とか、CDSとかあまりなかったのよ。

なかなかコミ、よくしゃべれてメインの進行役という感じ。
しのぴーはボケ役っぽく、楽しい。
(大丈夫、貴女より年上は山ほどいるよ。)
ハローでは締め役のあっちゅも、少し勝手が違うと言うか、伸び伸びしてるというか・・・

トークを聞いているだけでも、時が経つのを忘れていた。
何か変な音声が紛れ込んできて、3人がリアルに怖がっていたら、
何と上海のRuRuからの電話だった。

さすがに涙がこぼれそうになった。
来れなくても気持ちは一つ。
お互いに会いたい・・・もう全員集合して、再結成するしかないでしょ!!

あっちゅが少し思わせぶりに、
「あと残り時間がわずかになったわけですが・・・これだけじゃ・・ね。」

(再び)何と3人で歌も披露してくれるという。
なかなかイントロが出ないハプニングがあったが、
デビュー曲『月と太陽』をフリ付で披露してくれた。

やったー!
実は色々な現場で、太シス・T&Cの名曲を聴いてきたが、
(ほとんどがあっちゅの歌唱で)
『月と太陽』だけはまだだった。
私自身大好きな曲なので、あっちゅ参加のCDSの度にリクエストしていたのだ。
こういう時の為に、あえて封印していたのかもしれない。

それにしても、
「太陽&シスコムーン Let's Start!」とか
「Please Kiss!」とか
みんなちゃんと一糸乱れずできんのな。すげー!。
8年も経ってるのに。
そんなに現場が多かったわけじゃないのに。

握手はちょっと緊張したけど、
言いたいことは十分に言える時間だった。

明日のニュースに載るかなぁ。
マジで本格的な復活を願い、約束通りブログにコメントも書かせてもらったよ。

楽しかった。
ありがとう!
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

やっと・・・・

実家から戻ってきて、PCで書けます。

Fさんと“はげちゃびん”で盛り上がった後、
今年最初の現場へ行って参りました。

まあ、BCMがメインなんで燃焼できるわけがないですが、
エッグさんたちが17人も出ているので、1回くらいなら・・・と。
ホントに1回でええわ。金の無駄。
wanda1.jpg
1.リゾナントブルー<全員>
2.LALALA 幸せの歌<しゅごキャラエッグ以外全員>

まあ、知ってると言えば知ってる曲だが、双眼鏡でエッグを観察。
wanda7.jpg
3.みんなのたまご <しゅごキャラエッグ>

新年早々、オリジナルで聞けるのがこの曲でよかった。
あやちょ、体調は回復したのか?よかった。

4.はぴ☆はぴ サンデー!
 <月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)>

これ・・・歌か?

5.タンタンターン!<MilkyWay>

前曲のせいで、ピンクのみ正衣装じゃないなんて。
どこまでもKYなヤツ・・・

それにしても・・・・あえて好きだけど言うが、
今日のきっか・・・・何か“妖怪”みたいだ。(汗)
なぜかな? 何かのっぺら~としてる中で、アイラインが濃いから?
おでこ出しすぎ?
雪女みたい。怖いよぉ。貴女は“雪”じゃないでしょ?

6.FOREVER LOVE <C>

お姉ちゃんのさりげなく完璧なフリ、一生懸命さがマル。
笑顔もいいね。

あとはなが~い休憩。
wanda3.jpg
wanda5.jpg
10.ラララ・ソソソ <真野恵里菜>

真野ちゃんがメジャーデビューすれば、本当に売れるぞ。
歌前のコントコーナーで、「びっくりして、三つ編みがほどけちゃいます。」と
絶妙の返しをしていたんだが、この曲の歌詞にかけてんのね。
頭もいいな。さすが次女。(禿違)
wanda4.jpg
12.泣いちゃうかも <モーニング娘。>

最早、このグループにヒット曲は期待できんな。

13.みかん モーニング娘。
<新垣・亀井・道重・久住・光井・ジュンジュン・リンリン・矢島・菅谷>

14.ジンギスカン <全員>

なぜか目の前に彩里先生がいらっしゃったので、ずっとフリのお勉強。

15.白いTOKYO <新垣・徳永・須藤・中島・萩原・真野>

こちらは、12/23のハピスタ・バージョンがネ申だったので、
今何を聞いても、頭の中はあの日の反復。
真野ちゃんも響かない。

16.夏 DOKI リップスティック
 <矢島 with吉川・前田(ゆ)・福田・佐保・関根・小川>

何て豪華なBD! 完璧な小川先生を注視。
矢島はごっちんになるか?(ならんでいい。)

18.Mr.Moonlight~愛のビッグバンド
 <高橋 with梅田・徳永・中島・岡井・有原・佐保・関根>

イントロでグッと来たのに、こいつか・・・・
思えば宝塚ヲタがやりたがるのも当然か。
アカリ、せっきー、頑張ってる!
そして・・・・おねえちゃん・・・ハァハァ・・・

22.Take off is now! <高橋・新垣・田中>

企画としては悪くないとは思うが、途中で飽きた。

23.恋愛レボリューション21 <モーニング娘。>

これもイントロはグッときて軽く踊り初めしたが、こいつらじゃあな。
この星れいな、うつくし・・・・誰だっけ?
wanda6.jpg
wanda2.jpg
24.グルグルJUMP <全員>

曲に合わせて回るヲタがキモいので、双眼鏡でエッグのダンスを見てる。
ゆうかりん、佐吉、アカリ・・・贅沢な布陣だ。

革命・・・・って、何を変えたいんだろう?
少なくとも、演者もヲタも、なーんも変わってないけど。

入れ替えや卒業以外で、本気で“革命”と呼べるようなことを
やってみーや!

ハロプロエッグと仲間 | コメント:10 | トラックバック:0 |

さゆ

20090103195018
おとなの学力検定、ダントツ最下位!
これだけオイシイのに・・・
似非芸能人の現娘。の悲しさ。
気の効いたコメントができない。
学校の勉強より、スザンヌとか何で人気あるか、
勉強しなさい。

可愛いし、その上NBで、さらにおバカなんだから。
もったいない。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヨロシクね

本日、フジテレビ系。
18:30~めちゃイケ
シンクロコーナーに映るかも?
21:00~HERO【劇場版】
出ます。(爆)
hero3.jpg

エキストラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

父が・・・

20090103153914
『misonoも里田も結構歌えるな。』って。(爆)

あまり知られてませんが、二人とも歌手です。(笑)
特にmisonoさんは、avexのDATのメインボーカルだったんっすよ。

私は長崎のa-nationで、moveやBoAと一緒にデビューしたのを見たな。

里田さんについては、運が向いてきたと言うしかない。
ルックスもスタイルも良くて、歌もうまいのに、生かせなかった馬鹿事務所。
この曲も売れるよ、きっと。
紳助に感謝だよ、ホント。
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明けましておめでとうございます。

20090101173527
20090101173518
何か昨年が締まらないまま年が明けてしまい、実感がありません。
昨年は活動が沈静化するどころか、益々忙しくなるばかりでした。
今年も1月から、いい感じでスケジュールが埋まっております。
悔いのないように過ごします。
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。