お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

っざけんな!クソボケっっ!!

総武線快速。
4人がけの座席が1人分空いていたので、腰かけた。
かなり厚いスラックスを履いていたのだが、何かジメっと濡れた。
嫌な感じに湿り気が。
尿とかではないようだが、このスラックスを洗濯に出すのは決定。
なぜこうなったのかは全くわからないが、周囲には知らん顔で座る奴等。
てめえらみんな死ぬがいい!
スポンサーサイト
一人ゴト | コメント:0 | トラックバック:0 |

2008年映画総括

『ハッピーフライト』でホノルル行きの全日空が、バードストライクでピトー管が折れた為、羽田に引き返しましたが、実際ラガーディア発シャーロット行きのUS1549便は、正にバードストライクで両エンジンがやられて不時着。
“ハドソン川の奇跡”となりました。
サレンバーガー機長が、復讐でフライドチキンを食べたとか・・・

また『感染列島』で、「タミフルが効きません!」と新型ウイルスの恐怖を描いたら、現実の世界でも実際、タミフルの効かないインフルエンザの院内感染で、何人もの人が亡くなっています。

映画が事実を追い越しているというより、世の中の運命が、
映画並みに流動的になっているんですね。・・・・・エキゾです。(長!)

2007年の映画総括は、年明けて5日に行いました。
2008年、ちょっと遅れましたが、これからやってみます。
数回観た作品もそれぞれ1回でカウントして、174本。
これは、東京に戻ってきてからのここ数年では新記録です。

一言で言うと、
2007年よりは個性的な作品が揃ったと思います。
ただし、オールタイムで推せる傑作までは至りません。
相変わらず、シリーズものに傑作はなし。
ランボーとインディ・ジョーンズは“期待ハズレ”に入れようかとも
思いましたが、それなりに飽きなかったので、許しました。

邦高洋低は相変わらずで、ネタ切れハリウッドに比べると、
邦画の可能性はまだまだ広がりそうです。
最近、コミックス原作のものが増えているのが、心配です。

2008年ベスト
1.ハンサムスーツ
hs30.jpg
笑って泣けてハッピーになれる、映画はこうありたいものです。

2.アフタースクール
2008sokatsu2.jpg
これはもう、脚本がうまくて、心地よく騙されます。

3.うた魂♪
2008sokatsu3.jpg
今年の前半まではベスト1と思ってました。歌の力、そして亜希子さん。
合唱つきの舞台挨拶も感動ものでした。

4.バンテージ・ポイント
2008sokatsu4.jpg
やはり洋画のトップは動きませんでした。構成力の妙を堪能。
洋画もいい脚本が得られればアメコミ原作じゃなくてもイケます。

5.奇跡のシンフォニー
2008sokatsu5.jpg
「フレディ・ハイモアのお涙頂戴映画?」などと、高をくくっていて
すっかり油断していました。
何か暖かく、周りの大人の気持ちもよく描かれていたので涙しました。

6.あの空をおぼえてる
2008sokats6.jpg
ともすれば、悲しい話に終始してしまいそうな内容が、
家族全員の好演で爽やかで前向きな作品となりました。
広田亮平くんは、『マリと子犬の物語』に続き、
悩めるいいお兄ちゃんを演じさせたら日本一です。
水野さんと監督だけが予定されていた舞台挨拶に、
竹野内氏が来てくれたのも嬉しいサプライズでした。

7.マンデラの名もなき看守
2008sokatsu7.jpg
伝記映画に近いのですが、
看守の目を通じてコンパクトにまとめた手腕がすごいと思います。

8.K-20・怪人二十面相伝
2008sokatsu1.jpg
今年のお正月映画ではナンバー1。
邦画のエンターテイメントもここまでやれるんだという好例。
松さんもキュート。
監督は実写版の『ルパン三世 カリオストロの城』をやりたかったのでは?
k-20.jpg

ちょっと寂しいかな。
あとは、途中まで書いていて「何かちょっとランクが下がるな。」と
思ってしまい、次点にしました。

次点

ディーウォーズ
2008sokatsu8.jpg
公開は地味だたけど、すごい拾い物。十分な大作です。

ザ・フィースト
これはトンデモナイ映画の拾い物代表。
ホラー上級者向けです。画像はやめときます。(笑)

シューテム・アップ
2008sokatsu9.jpg
『アドレナリン』の流れを汲むハチャメチャアクション。
こういうのを堂々と公開するユナイテッドシネマ豊洲は偉いと思います。

子猫の涙
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
スターウォーズ/クローンウォーズ
ザ・マジックアワー
ラストゲーム 最後の早慶戦
バンク・ジョブ
ウォンテッド
アイアンマン
ハンコック
イーグル・アイ
ヒットマン

洋画の大作は頑張っていると思います。昨年より全然マシ。

ワースト

ゴミ映画、金返せ!
赤い糸
Xファイル・真実を求めて
平凡ポンチ
デイ・オブ・ザ・デッド
ダイアリー・オブ・ザ・デッド

期待外れもいいところ
ネクスト
大いなる陰謀
アメリカン・ギャングスター
トロピックサンダー 史上サイテーの作戦
ダークナイト

最近、こういう破滅的な映画が多い。
背筋が凍るな、おい。
地球外生命体捕獲
ミスト
ハプニング
ブラインドネス

ワーストの方は気が向いたら補足します。
映画 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。