お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

帰宅したら・・・

asamizu2.jpg
さっきまでちょっと一緒だった水川あさみさんがドラマに出てました。
何か得した気分というか、フジテレビ・クラブ様様ですな。

今まで女優さんと現場でご一緒したのは、
仲間由紀恵さん、松たか子さん(2回)、大塚寧々さん、長澤まさみさん、堀北真希さん、釈由美子さん、寺島しのぶさんなどですが、
本当に大好きな人と同じ現場だったらどうなるんだろう?と思ってました。
・・・・たかがエキストラですが・・・・

詳細は書いちゃいけないんですが、今日の参加者は10人。
短い撮影でしたが、しっかり彼女の近くのポジションをゲット。
その場の流れで何とかなるもんで・・・・たかがエキストラですから・・・
何かリラックスしてジュースを飲んでらっしゃいましたが、
そんなツンデレ具合もいい感じです。
まともに顔なんて見れませんよ。・・・・エキストラの分際で・・・

一瞬の撮影で、彼女はそのままアップで帰りました。
後ろ姿を見送り、我々は別のフロアで解散。
水川あさみオフィシャルサイト
彼女もブログに書いてらっしゃいますが、どうやら「帰ってこさせらた」ようで。(笑)
asamizu1.jpg
彼女の形のいい鼻筋と、ツンデレ具合・・・・
そう・・・昨日誕生日だったこの人に似ています。
miki18.jpg
遅れましたが、美貴帝。お誕生日おめでとうございました。
そして、その3日前に同じく24歳になられた真唯さんも、おめでとう!
スポンサーサイト
好きな女優 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハロプロエッグ ファンクラブ限定イベント 第2弾(第3日)

『おくりびと』・・・観てないからなぁ・・・エキゾです。

昨日、とても忙しくて、しかも今日はこれから大阪出張。
何とか赤羽橋にたどり着いたら、1回目に参加されたT氏が出てきました。
heaven5.jpg
整理番号はこんな感じながら、右手3列目をゲット。
なぜなら前に木偶がいたからで、あまりにも2ちゃんの法則通りで苦笑。
そしたら右が空いて、数人が移動してくれた為、前のデブが邪魔でなくなった。ラッキーだった。

写真も買えて、トイレも無事済ませて、落ち着いて・・・・
あれ?落ち着いてない。すごい緊張している。
思えば今日のメンバー・・・・みんな好きだから当然と言えば当然か。
ホワイトボードは、せんごく先生の
「今日も盛り盛り盛り上がりましょう」が印象的で、あとはよく読めない。

司会のケメコこと圭ちゃん登場。
「平日なのにお越し頂きお疲れ様です。皆さん、お仕事の後で疲れてないですか?」
図星。まあ、私は疲れていようが、緊張していようが、
イベントが始まればテンションが上がるのだが・・・
何だろう?このヲタどもの空気。静か過ぎ。
パシイベが初めてで、勝手がわからない奴等が多かったのか?

4人が登場。
向かって左からみーこ・ゆうかりん・佐吉・タケちゃんの順。

みーこ
「昨日のっち・えんな・アンちゃん・シーマンとご飯食べに行って
 3段のチョコパフェ食べて幸せ一杯の仙石みなみです。」
     仲いいね。
ゆうかりん
「今日くしゃみで目覚めた前田憂佳です。」
     花粉症で悩んでるんだよね。かわうそ。
佐吉
「春から中学生。早く中学の制服が着たい、小川紗季です。」
     レザーっぽいミニスカートに、一人でネクタイ。
     佐吉、すっごい一人でオッサレーー!!
タケちゃん
「最近走り?跳びで1m60cm跳べた、竹内朱莉です。」
     結構しっかりしゃべるんだな、タケちゃん。

それと、かりんちゃん(宮本佳林)
なんか、すべてミニチュアで可愛いこと。

1.『HELLO TO YOU~ハロー!プロジェクト10周年記念テーマ~』
いつもの(デリステでも定番の)曲だ。
何だか会場、ノリが悪いので、私は出来るだけフリをやった。
他なんか構わず、もっと全開でやればよかった。
その後の曲でも同じ。彼女たちに失礼だよ、これじゃ。
おかげで、ここから佐吉との楽しい時間が始まったのだが・・・(含笑)

2.本当はこんな子・・・履歴書紹介コーナー
4人の履歴書をボードにしたものを、ちっちゃいかりんちゃんが運ぶ。
しっかりしてるなぁ。
質問項目は全員微妙に異なっていたけれど、ケメコ先輩の手元には
全部の回答があるらしく、補足で読み上げる。

印象に残った部分のみ
佐吉
 短所「怒られると返事しない」
     (笑)。
 最近の目標
 「激しい踊りを踊っても歌がブレないように、体力をつける」
     ブレない・・・・って。さすが佐吉は小さなプロだ。 
 特技「バトン」
     見たかったなぁ。
 最近学校で流行ってること「どろんこ玉作り」
     オジサン得意だよ。勝負する?
 前世「お笑いの人」理由:いつも笑っているから。
みーこ
 短所「騙されやすい」
      短所じゃないよ。みーこらしい。
 最近痛かったこと
    「骨付きチキンを食べてて骨を思いっ切り噛んだ時」
 前世「お侍さん」理由:苗字が仙石で、戦国時代っぽいから。
    “せんごく”違いだと思うけど・・・笑
    一方、ゆうかりんは「王様とかに仕えてた人。
    コスチュームが似合いそうだから。」
ゆうかりん
 最近の目標「超頭がよくなって高校に余裕で合格すること」
    それは・・・なかなか難しいぞ。
 特技   「早口言葉」
    そんなこと書くから・・・
    後で聞いたら1部が「かえるピョコピョコ」だったらしく、
    「かえる以外で」と観客からリクエストを取り、結局
    「バス、ガス爆発」を言わされる。なかなか出来てたと思うぞ。
 好きな匂い「ままのにおい」
    JCだよね、一応。(爆)“まま”って平仮名だし。
 自分をおやつに喩えると「ドーナッツ」理由:大好きだから。
    ここでタケちゃん「ビスケット」
    理由:大人しい所と元気な所があるから。
    丸くてペラペラな所は大人しそうで、
    割れると元気で賑やかと説明。
    私にはイメージが沸いたが、ケメコはダメだったようで、
    さじ投げ。
 前世「木」理由:木だったら嬉しいなっていう・・・。
    理由になってない。
    「絵描く時一番上手く描きたいなって思うのは
    木じゃないですかぁ。」
    さすがに意味がわからん。・・・・ケメコ、またしてもさじ投げ。
タケちゃん
 最近の目標「歌とダンスをもっと上手になりたい」
 趣味「ピアノ」
    すごい意外。ケメコが得意な曲は?と聞くが噛み合わず。
 嫌いな食べ物「とうふ」
    さらにケメコ「絹ごし・木綿?」 タケちゃん「????」   
    「食わず嫌いなんだね。」タケちゃん食わず嫌いもわからず。
 最近学校で流行ってること「霧吹きで水かけ」
    最近は、風邪予防用の霧吹きなんか置いてるんだぁ。
 最近流行りのギャグ「ジョイマンのギャグ」
    あ・・・あかん、知らない。(今朝のスポーツ紙に出てたな。)
 自分に似合いそうな部活「テニス」
    ここでみーこ、「卓球。スマッシュ打って
    シャーッ!とか言いそうだから。」こっちで爆笑。

3.『I WISH』
 この曲も全体的にノリが悪い客席。
 前の方でフリやってるのが私だけだったので、佐吉とアイコンタクトを
 取りながら歌う。何て幸せな時間。
 他人のパートも全部口ずさんでいるのは佐吉だけ。さすが!
 さらに・・・「こうやって先輩の曲を歌わせて頂いてすごく嬉しいです」
 う~ん、出来る!
 ケメコ「何で笑ったの?私だって先輩だもん。」

4.NGワード言ったらダメよ、トークコーナー
自分の頭にNGワードが書かれた紙を装着し、それを言ったら失格。
みーこ「ダンス」
ゆうかりん「HELLO!」
佐吉「アイス」
タケちゃん「おいしい」

みーこは髪型のせいで、なかなかはまらず、結局落ちて失格。
ゆうかりんがなかなか策士で、皆を罠に嵌めようとする。
それを巧みにかわす佐吉。ゆうかにょん揃わずとも、なかなか楽しい攻防戦だった。
ゆ「特技何?」
佐「バトン」
ゆ「得意になりたいもの何かある?」
み「バスケ」
マジか偶然か、何とかかわしたみーこながら、
ここで、NGヘッドバンドが落下して、
隠せばいいのに「すみません。見てしまいました。」と。マジメ。
さすがのケメコもこれでは続行不可能。
こんなみーこ、好きだなぁ。
ゆ「何が食べたい物は?」
佐「何が?」
ゆ「ケーキとか言ってたよね?」
佐「何か全然さっきと話が違うんですけど。」
ゆ「食べたい物あるよね?」
タ「フルーツ」
ゆ「冷たい物では?」
佐「アイス」
佐吉、惜しい!
今日はゆうかりんが憎たらしく思えたり。
タケちゃんも、ゆうかりんに「HELLO!」と言わせようと、
「やあ!」と言ってみたらしい。「英語で答えてくれるかと思って。」
なかなか頭いいじゃん。

罰ゲームは、一回目は物真似だったが、ケメコ曰く、
「あまりに出来なかったので今回はせんぶり茶。
一昨日やった時、全然感じない子がいた(誰や?)
ので4袋にしました。」って・・・とばっちりじゃん。
それでもしっかり飲み干す佐吉。偉!
みーこ姉さんも負けていられず飲み干す。
後で聞いたら、物真似もケメコが「あややの真似」と無茶ぶりしたらしい。
出来るわけないじゃん!辻・加護じゃないんだから。
「じゃあ来週は物真似ね。」とケメコ。
来週、来れませんから!

さらに「ここで、最後の曲です。」と進めようとするケメコを遮り
かりんちゃんが「ちょっと待って下さい!」と
NGワードのヘッドバンドを慌てて撤収。
ダメな大人と出来る子供の差が歴然。
ケメコはいい子なんだけど、スターの器じゃないんだな。
既に佐吉は越えようとしているし、いずれはかりんちゃんが余裕で越して
アイドルになるだろう。

5.『LALALA幸せの歌』
何か今回、今まで三日ともセットリストは同じ。
まとめて練習をしたということきゃな?
この子たちの場合、リハというより練習と言った方がしっくりくる。
それにしても、Cを知ってるヲタ、もっと盛り上げろよ。
こちとら知らないのにフリやってんだからさ。
サビの手振りで、みーこが一人で逆になって、ゆうかりんが気を遣って
合わせてあげようとしていたのが、微笑ましかった。

最後の感想で、「私、罰ゲームずーっと受けてないんです。」と、
ゆうかりん。
しゅごキャラじおイベの時もそうだったが、この子は相当負けず嫌いだぞ。JCとは思えないベビーフェイスだから、許してしまうけど。

かりんちゃんの
「皆さんにかりんの元気を少しでも受け取ってもらえる様に、
歌にダンスに頑張るので応援よろしくお願いします。」には、オッサン涙。

6.握手会
土日はゆっくりだったと聞いていたが、この日は高速。
時計を見たら、20:45。
左隣のヲタが言うまでもなく、こりゃ制限時間がギリギリで仕方ないわ。

事前に考えていたバージョンの短縮で行くとするか。

タケちゃんへ
「(横アリで最前で見たけど)ダンス上手だったよ。」

佐吉へ
「(センチ、ミリ、すごくよかったですよ。)また、舞台に出て下さい。」

ゆうかりんへ
「明日、しゅごしゅご買います。(イベントも舞台も行きますから~)」

みーこへ
「これからも密着マーク!(で応援するから、宜しくね。)」

ここんとこ低速な現場ばかりだったから、正直辛かったけど、
失敗はなかった。( )内が省略されて、イミフだった子もいたかにゃ?

Tさんが言ってた佐吉のがっちり握手はあまり感じなかった。
それにしても、みんな可愛い中で、佐吉の素晴らしさを実感したイベントだった。
kemegg3.jpg
ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

また、スレが増えた(苦笑)

nanami1.jpg
映画『赤い糸』で、「じゃあ、私から消えてあげる。」と、
屋上から飛び降りてしまう可哀想な娘を演じた桜庭ななみさん。
Tさんの勧めで、秋葉原・書泉ブックタワーの握手会に参加した。

数多くの握手会をこなしていても、さすがに話すネタがない。
行きの電車の中で慌てて情報を仕入れた。
・鹿児島出身で、東京のように人の多いところは苦手らしい。
・なぜか「グッバ~イ!」という言葉を流行らせようとしている。
これはマスターし、使えるぞと思った。

現着。なぜかコミック本売り場に集合。
割と早く呼ばれて、階上へ。
衝立がないので、握手の様子が手に取るようにわかる。
速度はかなりゆっくりで、言ったこと次第でどうにでもなる。
色々な相手に「初めてなので、とても緊張している」と答える彼女。
初めてなのは、こちらも一緒です。

私はこう言おうと考えた。
1.『赤い糸』・・・悲しい役だけどよかった。
   (映画がよかったわけではない。)
2.鹿児島ネタ(郷土愛が強いようなので)
3.「グッバ~イ」はどう使うのか?
まあ、適当に3つ絡めれば、何とか時間は稼げるだろう。

結局・・・
私   「こんにちは」
桜庭 「お疲れ様です。」
    な・・・なぜに、お疲れ様?俺はオッサンだけど、
     スタッフじゃないよ。
私  「鹿児島ってよく帰ってますか?」
    あ・・・あれ?やっぱり『赤い糸』ネタは、
    自分で自然に敬遠してるのか?俺。
桜庭 「あ!はい。1月に大阪に行ったので、
    そのついでに帰りました。」
    す・・・すごく嬉しそう。しかも握手の手が、ぎゅっと強くなって。
    やはり、地元ネタは成功?大阪のついでに鹿児島?
    ・・・とか、脳内を駆け巡って、
    向こうの言うことがよく聴こえなひ。
私  「先週、鹿児島に出張で行ったんですよ。」
桜庭 「本当ですか!」
    う・・・嘘です。
    いや・・・最近行ったのは事実だけど、先週じゃない。
    何でここで適当なことを言うんだ?信じられない。
    「鹿児島、よく行くんですよ。」よりも「先週行ったんですよ。」
    の方がインパクトがあると、変な計算が働いたか。
私  「いいところですよね。友達もいるんでよく行きます。」
    これは嘘じゃない。
桜庭 「(何て行ったか覚えてないけど、何か語っていたような。)」
    手を離してくれない・・・さらに話さねば・・・
私  「水族館って行きますか?」
桜庭 「静岡?行きますよ。」
    え?そんなに滑舌が悪かったかな?
    そこから静岡に行くわけが・・・・
    でも、桜庭さん、鹿児島に熱く成りすぎです。明らかに時間が。
私  「い・・・いえ・・・あの鹿児島水族館・・・」
桜庭 「え?はい!もう子供のころから年中行ってます。」
    あら~。しまった!さらに食い付かせてしまった。(汗)
桜庭 「イルカのショー観ました?」
私  「ええ、すごい楽しかったです。」
    もっと気の利いたことを言え!俺。もっと詳細を思い出すんだ!
 ここでさすがにスタッフが私の肩をポンポン!と叩く。
 明らかに長過ぎだ。
私  「あ・・・何か叩かれたんですけど・・・じゃ・・・ね・・・」
    あれー。グッバ~イも聞きたかったのに。最後、グダグダ。 

熱く語る真摯な瞳に、
力強い握手に、
やられちまいました。
nanami2.jpg
好きな女優 | コメント:0 | トラックバック:0 |

みーな

mina7.jpg
『シムソンズ』が公開されてちょうど丸3年か・・・・
(2006年2月18日公開)
私にとって、当時の行動の原動力は真唯さんが出演していることだった。
渋谷→大宮→板橋→新宿と舞台挨拶を追っかけた最後の新宿で、
バスの窓から一際明るく手を振ってくれたのが、新人女優・藤井美菜だった。

映画の中では、唯一のカーリング経験者で、天才少女と呼ばれた尾中美希役。
天真爛漫な和子(加藤ローサ)、頭脳派の史江(星井七瀬)、純朴な菜摘(高橋真唯)
・・・・その個性的なメンバーの中で、ただ一人心を開かないのが。、美希だった。
他の3人を上から目線で馬鹿にしつつ、いつの間にか同化していく・・・
そんな徹底的にツンデレの役を、一番の新人の美菜は好演した。

2006年7月29日(土)。異例のDVD発売イベント・握手会。
『シムソンズ』DVD発売イベント
顔が小さく、立ち姿の美しい、正統派の美人だと思った。
mina8.jpg
2007年10月6日(土)『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』
初日舞台挨拶。
mina9.jpg
2008年2月9日(土)『雨の翼』初日舞台挨拶
・・・と1年に1回しか会っていなかったが、いつも、
バレエで鍛えた燐とした立ち姿は健在だった。

さて、今回の握手会。
Tさんに教えて頂かなかったら知らなかっただろう。改めて感謝である。
(『雨の翼』のDVD発売イベントもあったらしい。)
mina6.jpg
mina2.jpg
mina3.jpg
mina4.jpg
握手はかなりゆっくりなペースで、みーなも掠れた声だがしっかり丁寧な応対をしていた。
私は、3日前に写真を仕込んで失敗していたのに、
懲りずに『シムソンズ』DVDのリーフレットを仕込んでいった。
最近、『ブラッディ・マンデイ』で知れ渡った彼女だが、こっちは年季が違うんだぞ・・・と、言わんばかりに。

リーフレットを置いて・・・
「『シムソンズ』の美希ちゃん以来のファンです。」
「わー!そうですか。ありがとうございます。」
「名作ですよね。」
「はい。とても懐かしいです。」
「『未来予想図』も・・・ん?なんだっけ?
 ・・・あ、そうそう『雨の翼』も舞台挨拶に行きました。」
「嬉しいです。『雨の翼』まで来てくれたんですか?」
「はい。次の映画も期待してます。」
「頑張りますので、これからも応援お願いします。」

同じ仕込みをしても、相手が出来た娘であれば成功するんだ。
「合コンをやったことがない。」と新聞見出しに出るそうだ。
女子大生で、お嬢様。
気品のある正統派の美人。
・・・・稀有な存在だと思う。
mina10b.jpg
好きな女優 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ハルフウェイ』初日

シネ・アミューズが人材派遣会社なんかに乗っ取られて、
変な名前になったせいで、劇場を間違えた。
東急本店前から、5分でダッシュし、開映ギリギリの滑り込み。
連番のTさんもどうやら全く同じことをしてしまったらしい。

映画は、なかなか微笑ましい内容で、
十代の初々しい恋愛模様を、ありのままに切り取っていた。
恋愛物の脚本の天才、北川悦吏子さんの初監督作らしい仕上がりだ。
halfway2.jpg
ほとんどアドリブだったそうなので、当然と言えば当然だが、
主要キャストのセリフがナチュラルだった。
halfway1.jpg
オープニングから、きいこと里依紗のコンビがいい。
きいこ x 岡田くんと言えば、『太陽と海の教室』。
里依紗 x 淳平くんと言えば『ハチワンダイバー』。
フジの2番組のカップルが合体し、さらに『ラブファイト』の大沢たかおまで。
見慣れた仲間が新鮮な恋愛を繰り広げる。

きいこはきいこらしく、彼女と付き合ったらきっとこうなんじゃないか
というようにバーチャルな感覚で楽しめた。
大沢氏には悪いが、『ラブファイト』なんかより、万人に勧められる。
halfway6.jpg
渋谷の舞台挨拶は変なキチガイ・ヲタがいなかったのは良かったのだが、
マスゴミが通路に陣取った為、「なんも見えねぇ」状態だった。

halfway11.jpg
北川監督が天然で、可愛い女性であることがわかった。
登壇者たちの退場時、通路側に座った利点で退場するきいこの手にタッチしてしまった。
ももクロで覚えたタッチ癖が・・・(爆) 俺だけじゃないもんにぃ。

急ぎで恵比寿へ跳び、藤井みーなの握手会。(後述)
そこからさらに川崎に行き、2度目の上映&舞台挨拶。
(私の移動の間、渋谷で2回目、新宿バルト9でも舞台挨拶が行われた。)

きいこはコミックスを持って登場。
渋谷よりもまったりとした空気が漂っていた。
halfway3.jpg
信じ難いことだが、きいこも岡田君も人見知りで、
最初の頃は会話に心が通っていなかったとのこと。
そんな中で、初めて撮ったのが英語の受験勉強のシーン。

「途中・・・」
「うーん、わからない。」
「ハルフウェイ。」
「えっ?ハーフウェイだろ?」
「“R”じゃなくて、“L”なんだよ。ハルフウェイだよ。」

こんな会話というか・・・・セリフが交わされ、この映画のタイトルになった。
つまり、北乃きいが素で間違えた単語が、製作陣の心に残ったのだ。
halfway7.jpg
川崎のきいこは、コミックスを手に持っていた。
この映画を本当に忠実に描いたコミックスだという。
岡田君も自分の天パーが再現されているのが凄いと。

きいこが言っていたように、全編アドリブの不思議な映画だが、
観終わって、爽やかな気持ちになれる作品だ。
是非、ご覧あれ。
舞台挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0 |

MELON GREETING 9~メロン“9周年”記念日LIVE!~

倖田とmisonoの姉妹ユニットが決まったからって、安田祥子と由紀さおりを引き合いに出す必要があるのかと思うエキゾです。

メログリもSTBも19時開演はいいのだが、指定席じゃなく18時開場というのが中途半端。
昨日も午後半休を取ったのだが、渋谷に着いた15時から開場の18時まで暇。
開場してからの1時間も、時間が経つのが遅いったらない。

整理番号は行けなかった先月とほぼ変わらなかったが、いつもより混雑している印象。
娘。ヲタがこんなに湧いたのか?
・・・と思ったが、どうやら違ったようだ。

左ブロックのバー際、かなり前方に陣取り。
ここは以前、Sさんがモッシュでお亡くなりになったところだ。(爆)
悪名高きゴマヲタの“軍団”のようなグループが出来て、円陣のようになっている。
醜いヲタ同士の自分の正当化、傷の舐めあい。
何より、他人を防波堤にすることでの、大声・モッシュのやりたい放題。
とりあえず、こいつらとの戦いだな。
MCの時、でけえ声でてめーらの主張してんじゃねえ!
メロンの曲に合わない意味のないモッシュでマスかいてんじゃねえ。
次回はもっと潰す。
mg9b.jpg

<セットリスト&感想>

1.ANNIVERSARY <アルバム『1st Anniversary』より>
2.赤いフリージア <8thシングル>
3.ガールズパワー・愛するパワー
<5thシングル『さぁ!恋人になろう』のc/w>
4.アンフォゲッタブル<15thシングル>

いつもはオープニングでこんなにメロン曲はやらない。
やはり今日の主役はメロンで、スペシャルなんだな・・・と思った。
『赤フリ』のエンディングで、既に涙するしばこが愛しい。

5.泣いちゃうかも<モーニング娘。38thシングル>
6.みかん  <モーニング娘。 35thシングル>(ラスト、メロン合流)

あれあれ?娘。ヲタにここまでの力はないはずだけど・・・
後ろから私の頭を翳める小春ヲタの腕を叩き落す。
便乗した左の糞メロン軍団が、リフトしてきた奴が中央に落ちる。
すかさずケガをしない程度に蹴り潰す。
修羅場?べつにぃ・・・

ここで、今回のシークレットゲストの発表。
聞いてないんですけど。
メログリ初登場?誰だろう?
ソロでは、裕ちゃんなっち、小春。
ユニットは美勇伝、音ガタ、B、B(2回)、そして今回M。
亜弥じゃメロンに関係なさそうだし・・・とか思っていた矢先・・・
何とみっちゃん登場!
さらに、アシスタントということで、稲葉あっちゅとゆきどんが
BDケーキを運んでくる。
瞳じゃなくても、「豪華過ぎる」とびっくり。

7.GET <原曲:平家みちよ>(みちよ&メロン)
8.JECICA   (みちよ)

7はとっても懐かしかった。
何となくだが、裕ちゃんと♂が歌ったのを聞いた記憶がある。
8は勿論初めて聞くのだが、何か・・・すごく感動してしまった。
正直なところ、最近歌を聞く時は、歌唱者への思い入れが多少なりともあり、ファンの欲目がかなり入った評価しかできなくなっていた。
だが、みちよの歌を聞いていたら、
「これだけ心を揺さぶる歌唱ってあるんだ。」と初めてのように感じた。
やはり、合格者は凄いのだ。

ここまでゲストが続き、ここからメロンのライブに入ると思いきや、
メロンのデビュー前後の秘蔵映像を公開。
初々しいメロンも良かったが、一人だけダンスが遅れる村っちや
イベントでの4人組謎のダンスはかなり笑えた。
曲がかかるも、さすがにフリを思い出せない4人だった。

そしてここから、怒涛のメロン・ヒットパレード。
9.甘いあなたの味 <1stシングル>
10.電話待ってます <3rdシングル>
11.恋の仕組み。 <13thシングル『シャンパンの恋』のc/w>
12.さぁ!恋人になろう<5thシングル>
13.お願い魅惑のターゲット<16thシングル>
14.This is 運命 <4thシングル>
15.さあ、早速盛り上げて 行こか~!!
           <12thシングル『涙の太陽』のc/w>
16.ENDLESS YOUTH <アルバム『1st Anniversary』より>

12~15のキラーチューン。もうマジで殺されそう。
UGは13で発動。(・・・したと思う。き、記憶が・・・)
16で再発動したかったなぁ。次回は数本持って行こう。
上を向いて涙をこらえるひとみん。他の3人もうるるん。

<アンコール>
17.スキップ!<1stシングル『甘いあなたの味』のc/w>

戻ってきて、4人で挨拶。
「若い子ばっかり見てちゃダメよ。
あたしたちくらいとの年齢差がちょうどいいんんだから、
このまま一緒に年取っていきましょ!」というマサオがGOOD。
『スキップ!』の曲中にサインボール投げがあったが、ゲットできず。
mg9a.jpg
良い感じの夜が過ぎたが、汗まみれだったので、帰宅後すぐに入浴して、闘いと感動の余韻にひたりつつ、床に着いた。
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

勉強不足

20090219161621
今まで『大閃光』と『UO』『UW』『UY』『UG』は、同義語かと思っていました。
ちょっと安い『大閃光』に緑がありません。仕方ない。『UG』発動!



ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |

Gatas Brilhantes H.P. 5周年記念 FC限定 サポーターイベント

fukalove.jpg
ホントに、2月は給料日前の平日だといふのに、イベントが入っている。

ハピスタ・クリスマス以来のパシフィック・ヘブン。

<Q&Aコーナー>
最初に紺野が2人に10の質問をして、印象に残った答えをピック・アップ。

是ちゃん・・・「ガッタス以外にライバルはいますか?」の問いに、YES。
 「最近は試合できなくなってしまったけれど、CAREZZAの小島くるみ。」
そうだよなぁ、正に共に戦った“好敵手”だった。
アーティストである前に、ファンタジスタである是ちゃん。
せめてやりたい試合をやらせてあげようよ。

是ちゃんのマイクが不調になり、すぐに取り替える気の利く深谷LOVE。
(司会が気が利かないから・・・苦笑)
そのままマイクのコードが抜けてしまい、差し込んだらうまくいったり。

深谷LOVE・・・「みんなに披露したい特技がある。」の問いに、YES。
体が柔らかいのはさすが。一緒にヨガやりてぇ。
是ちゃんが体が硬いので、対比がわかりやすかった。

<名プレー・珍プレーコーナー>
Vを観ながらのトーク。
やはり名プレーと言えば、是ちゃん。
前述の小島くるみも登場し、感動で涙する彼女も初々しかった。
・・・でもやっぱカッケーよ。

珍プレー
ゴールで紺野が弾いたボールが、そのまま後方のパスケットにシュート。
この奇跡のVは、別の日はクイズに使われていたらしい。
同様に北澤先生が蹴ったボールは、惜しくもシュートならず。

最後に、今回のイベントの打ち合わせに遅刻してきた紺野を撮ったVを披露して終了。
ちょっとだけ、最終日スペシャル感があった。

ここまでわずか30分でイベント終了。短か!
やはり2500円のイベントはこの程度か。
・・・んでも、司会が無能でも
是ちゃんのおかげで、ガッタスらしさが出たイベントだった。

握手
是ちゃん・・・「そろそろカッコいい是ちゃんが見たいので、
        試合やって下さい。」
       「ありがとうございます。」
言うことに一番困ったのだが、かえってスマートにまとまった。

深谷LOVE・・・「横浜BLITZで一緒に盛り上がってから、
         ずっとブログ見てます。」
        「楽しかったですねぇ。」
ここで無情なスタッフの引き剥がしが始まったせいで、
「(ブログの告知通り)ヨガやって下さい。駆けつけます。」と言うはずが、「今日もコメントします。」とかなってしまい、若干グズグズ・・・
kon2.jpg
紺野ポニョ・・・この娘こそ話すことがない為、上記の写真を出し。
        「ここに写っているんですよ。」と。
最初は「わぁ!」と反応するも、それ以上は話が広がらず。
またここで引き剥がされたので、「ゴール近くにいることが多いんで、よく写ります。」とか。
まあ、事実紺野と写っている写真は他にもあるのだが・・・・
だからどうした?

さっきも書いたが、是ちゃんの感動と、さばさばした深谷LOVEのキャラに救われたイベントだった。
fukalove2.jpg
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

吉澤ひとみ スペシャルワンマンライブ at STB139

yoshikostb3.jpg
土・日で7つのイベントが予定されていたけれど、5つに絞ら去るを得ませんでした。
こんな贅沢なことが出来ているのも、Tさん、Aさん、Nくん、Sさん、Wさんのお陰です。
ありがとうございます。エキゾです。

・・・というのも、なぜかハピスタとよしこ現場がかぶることが多く、これで3回目。
ハピスタ夜の部に参戦していると、明らかに遅れます。
さらにこんな時に限って、STBの整理番号は20番台。
ハピスタ昼の部で、セットリストを見てのちこ達には悪いけど、六本木に移動することに決定しました。

結果は行ってよかったです。
何よりすべてが、オリジナル曲だったし、店員の勧めに乗らず自分で選んだ席が、超スーパー良席=センター4列目だったので、いい感じの時間がすごせました。
yoshikostb2.jpg
<セットリスト>
原曲はすべてモーニング娘。

1.浪漫~MY DEAR BOY~
2.シャボン玉     
3.悲しみトワイライト 
4.Never Forget <『Memory青春の光』のc/w>
  【ギター弾き語り】
5.よして よして  <ソロCDより>
6.強気でいこうぜ!<アルバム 『4th いきまっしょい!』より>
7.愛車ローンで  <アルバム 『3rd-LOVEパラダイス-』より>
8.なんにも言わずにI LOVE YOU
  <アルバム『4th いきまっしょい!』より>
《アンコール》
9.ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。<『THE マンパワー』のc/w>

1から4までカッケーよしこ。
帽子を脱いでツインテ可愛いよしこ。
5とその前のコメント披露で照れるよしこ。
9で勢い余って、全客席間を練り歩いたよしこ。
(ここまでやったのはハローじゃ初?)
正に“スペシャル”でしたよ。
yoshikostb1.jpg
乾杯は青い方のカクテルでやってくれました。
そして・・・こんな人からの祝福も・・・・
yoshikostb4.jpg


ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

HAPPY! STYLE Communication Circuit 005“LOVE”

hpst005a.jpg
ふー。表参道FABは9月7日の003以来だよ。
SHIBUYA O-WESTはよかったのに・・・・
整理番号も昼も夜も60番台とつまらない。
左の壁側の好位置をキープしたけれど、前のデブと手ぬぐいまいたヒゲが超邪魔だった。

陰アナは今までの小倉社長でなく、なぜかみるるん。
社長のフレーズ、パクっちゃダメでしょ。

テーマはバレンタインだから“LOVE”。
004ともX’masとも異なり、MCなしで突っ走る。
まあ、これこそがハピスタ・スタイル(スタイルがダブってんじゃん!)とも、言えなくもないんだが・・・

1.昼:未来形アイドル<氷上恭子&宮村優子>
      【VS騎士ラムネ&40炎】(小倉唯・石原夏織)
  夜:ロマンティック浮かれモード<藤本美貴。(石原夏織)
2.Go Girl~恋のヴィクトリー~<モーニング娘。>
  (能登有沙・SI☆NA・小倉唯・石原夏織・廣田詩夢)  
3.Love Power<Aice5>【乙女はお姉さまに恋してる】
  (能登有沙・枝川みるる・小倉唯・石原夏織・松永真穂)
4.大きな愛でもてなして <C>【きらりん☆レボリューション】(SI☆NA)
5.未来派Lovers<笠原弘子>【OVA機動警察パトレイバー】
   (昼:小倉唯、夜:廣田詩夢)
6.宇宙で恋は☆るるんルーン
  <ルーンエンジェル隊(稲村優奈、花村怜美、明坂聡美、平野綾、
    明坂聡美、中山恵里奈>【ギャラクシーエンジェる~ん】
   (坂田・枝川・市川・小倉・石原・松永)
7.Love Destiny<堀江由衣>【シスター・プリンセス】(枝川みるる)
8.LOVE is the BEAT<徳永愛>(石原夏織)
9.Eternal Love ~光の天使より~<飯島真理>
  【ギャラクシー・エンジェル】(廣田詩夢)
10.LOVE 涙色<松浦亜弥>(能登有沙)
11.0-G LOVE<飯島真理>【超時空要塞マクロス】(小倉唯)
12.21世紀まで愛して<水谷麻里>(松永真穂with枝川・坂田)
13.ちょっとだけMY LOVE<佐藤忍>(岩嶋雅奈未)
14.恋☆カナ
   <月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)>(能登有沙)
15.愛よファラウェイ<藤原理恵>【超獣機神ダンクーガ】(須磨愛)
16.バレンタイン<THE IDOLM@STER>(廣田・小倉・石原)
17.LOVEさりげなく<太田貴子>
  【魔法の天使クリィミーマミ】(中山菜々)
18.バレンタイン・キッス<国生さゆり>
  (能登有沙with坂田・枝川・松永・市川・石原)
19.愛のバカやろう<後藤真希>(須磨愛)
20.ゲレンデがとけるほど恋したい<広瀬香美>(岩嶋雅奈未)
21.愛の種<モーニング娘。>(SI☆NA、枝川みるる)
22.恋の天使 舞い降りて<やまとなでしこ>(小倉唯、石原夏織)
23.恋はひっぱりだこ<B>(小倉唯、石原夏織)
24.White Love<SPEED>(SI☆NA)
25.Love Letter<酒井法子>(能登有沙)
26.LOVE & JOY<木村由姫>(廣田詩夢、阿部麻美)
27.愛が止まらない~Turn It Into Love~<Wink>
   (能登有沙、岩嶋雅奈未)
28.Sugar Baby Love<Wink>(能登有沙、岩嶋雅奈未)
29.恋スルVOC@LOID<初音ミク>(小倉唯)
30.愛・おぼえていますか<飯島真理>
   【超時空要塞マクロス/愛・おぼえていますか】(廣田詩夢)
31.水の星へ愛をこめて<森口博子>
   【機動戦士Zガンダム】(岩嶋雅奈未)
32.恋せよ女の子<田村ゆかり>【極上生徒会】
    (小倉唯with石原・松永)
33.ギャグ100回分愛してください<B>
   【ふたりはプリキュアMax Heart 2 雪空のともだち】(SI☆NA)
34.めぐる恋の季節<C>【ロビーとケロビー】(SI☆NA)
35.恋するエンジェルハート<美勇伝>(能登・枝川・松永)
36.天罰!エンジェルラビィ<UNDER17>
   【まじかるトワラー・エンジェルラビィ☆】(廣田詩夢with坂田・松永)
37.恋愛レボリューション21<モーニング娘。>(SI☆NA)
38.鳴り始めた恋のBell<音楽ガッタス>
   (能登有沙・SI☆NA・小倉唯・石原夏織)
39.LOVEマシーン<モーニング娘。>
   (能登・SI☆NA・小倉・石原・枝川・松永・廣田)

こんなの人から貰わなきゃわかるわけねっぇっつーの!
<原曲>【採用アニメ】(今回の歌唱者、BDはwith表記)って感じ。
今回、アニソンはほぼ全滅なので、正直辛かったなぁ。
過去のハピスタで歌った曲も結構ある。
(廣田詩とか書いてるし・・・汗)

18以降が神だった。
18・・・やっぱこの曲。基本のフリは一緒だが、
    Vチョキチョキの部分がちょっと違う。
19・・・パティオ、赤衣装で頑張ってた。
    (本家のスタイルには敵わないが)
    フリはお任せだが、ダンス・スペースなさ過ぎ。
20・・・今回、一番盛り上がったんじゃなかろうか?
     さすが、姉さん。歌唱力完璧!
21・・・随所で書かれているように、まさかここで聴けるとは!
    阿部=安倍、岩嶋=中澤(姉さん繋がり)、
    中山=福田(ツンデレ実力派)、須磨=石黒(何となくケバ系)、
    枝川=飯田(消去法で)
22・23・・・最強コンビ。
    かにょんと森ティーの曲の23(爆)も違った可愛さ。
24・・・よかったー。フリするスペースなさ過ぎ。
25・・・能登のセリフがネ申!
27・28・・・十二分にトロケさせてもらった。・・・にしても
    ほぼ一年若い姉さんの方が、色気があるって(笑)。
29・・・社長の声質はのどを潰し易いんで、
    こんな曲は可哀想。いたわってよ!
33・34・・・SI☆NA、ごめん。ノレない。
35・・・やっちまったわけね。
37・38・39・・・お・・踊るスペースが・・・
    周囲のヲタが邪魔過ぎたので、当然のことながら、
    パンチ・キックをお見舞いしてやった。
    私の周囲に来た自分の不運を呪うがいい!

結局、昼の部だけにして、よしこに向かった。
そっちはセットリストは簡単。これから(17日・早朝)書く。
notti24.jpg

ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |

村田めぐみ 初ソロイベント ~バレンタインKiss?~at Splash

渋谷のイベントの時間が押したので、既に入手済みのミナともイベントに間に合わなかった。
臨ちゃん、ごめん。また会えなかった。
渋谷の不二家で、Tさんと本日前半の復習と“苺魂補給”をする。

その後、この日初めてのハローネタとして、六本木“Splash”に向かった。
前の美貴さんのクリスマス同様のクソ番号。
1階席の後ろから2列目に着席。
CDに付くサインも無事にゲット。今回はバレンタイン仕様のハート型。
mumemiyo2.jpg

<セットリスト>
1.ランチ <4th アルバム『メロンジュース』より>
2.バレンタイン・キッス<原曲:国生さゆり>
3.チョコレイト・ディスコ<原曲:Perfume>
 (以上、村田)

 村田めぐみの都市伝説コーナー

4.キャッツアイ<原曲:杏里> (村田・三好)
5.三日月   <原曲:絢香> (三好)

 プペちゃんがエメラルドムーン村田からの手紙を持って登場

6.江戸の手鞠唄  <原曲:五木ひろし>
7.風になる<原曲:つじあやの 『猫の恩返し』主題歌>
8.赤いフリージア
9.告白記念日
 (以上、村田。7はミニギター弾き語り)

2はさっき聴いた、ももいろクローバー・バージョンと比較。
こっちもなかなか・・・

3は「ハローでPerfumeの曲を歌ったのは私が初めて。」と豪語する村さんだったが、ビミョーだった。

村田さんらしいコーナー満載。

『都市伝説』
①村田家の電話番号は、近所のそば屋と似ていて、
 年中間違い電話がかかってくる。
 その度に、半切れ状態で応対する村田・母。
 「うちは、○○○○のXXXXじゃありませんよ!」

 ある日、村田・母が用事を思い出して、家に電話しようとしたら、
 何度かけても、家でなくそば屋にかかってしまう。
 そう、あまりにも「○○○○のXXXXじゃありませんよ!」と
 言い続けたので、村田・母の頭の中には、
 そば屋の番号が刷り込まれてしまっていたのだ。

このネタって実は村さんご本人の口からかなり前に聞いたことがある。
日本青年館の 『むらたさん、ごきっ?』の時だったと思う。
それから、村さん「そば屋から、年中電話がかかってくる。」と言ってたけど、そば屋からはかからないよね?(爆)

②村田向上計画
 以前、めがねをかけていた村さんだが、現在はコンタクト。
 (・・・ということは、あれはダテじゃなく、度が入ってたのね・・・)
 
 かなり昔、瞼の上に光を当て、「ピッ!」と音が出て、
 「これで目がよくなる」という怪しい機械があった。
 さらに、頭から袋のようなものを被り、空気圧で目を圧迫する装置
 もあり、これが実際よく見えるようになった。
 今存在したら、是非使いたい。

③アップ・フロント・エージェンシーと未確認飛行物体の関係
 アップフロント・エージェンシー、略してUFA・・・
 領収書などに、UFOと書かれることがよくあると。

みーよを呼ぶ際、あえて“三好”、あえて荒っぽく“来いや”と決めた村さん。
ヲタも声を揃えて「三好、来いやぁ!」
「あたし、ドMなんで嬉しいです。」というみーよ、可愛い。

4は『猫目倶楽部』テーマソング。いいね。
5は11日に聴いた美貴さんバージョンは越えられないなぁ。
みーよも頑張ってるんだけどね。1曲って少な過ぎじゃん?

突然、「三日月からどんどん満月になっていく、みーよ」と言う村さん。
みんな??だったが、実は昼の部の握手の際に、ヲタが言ったことを
「いい言葉なんで」とパクらせてもらったとのこと。

7のギターもなかなかだった。
この曲、フツーのヲタは知らないだろうけど、私は大好き。

握手&2ショット。
いつもと同じく、アンケートも早々に1番手に並ぼうとしたら、
「2階席から案内するから、席に戻れ。」と言われる。
「急いでいるんですけど。」と言っても取り合ってもらえず。
1階席後ろから2番目列の私は、結局1時間以上待たされた。(怒)
(TOHOシネマズ六本木ヒルズに行く計画は頓挫)

一応、2ショットのポーズの要求と握手の時に言う言葉を考えていたのだが、長いこと時間が空いた為、何か緊張してしまい、
ポーズの要求はできなかった。
munemiyo1.jpg
握手、まずは村さん。
MCで「今日、来てくれている人はみんな味方だと思って、緊張を紛らわせた。」と言っていたのを受けて・・・
私  「9年間、ずっと味方ですよ。来週も(メロン結成記念日の)祝福
    に駆けつけますから。」
村為 「本当にありがとうございます。待ってますからね。」

ちょっとカミカミになったが、何とか言いたいことは言えた。

次、みーよ。
私  「『猫目倶楽部』、大好きなので、是非2をやってください。
    ひとみ日向の復活を期待してます。」
確か、みーよはありがとうしか言っていなかったと思うが、
「大好き」と言った瞬間と、「ひとみひなた」と言った瞬間、
握った手の力がギュッと強くなるのを確かに感じた。
言葉よりも、しっかりと感触が残った握手は久しぶりかもしれない。

前述の通り、いつもより少し緊張していたので、振り返らず出口に向かった。
その時、背中越しに、村さんから「おやすみなさい。」と柔らかな声がかけられた。
そこには私しかいない。確かに私に言っていた。
振り返って、何度も手を振った。村さんにも、みーよにも。

あったかかったなぁー
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

バン・アレン帯

・・・とは、赤道上空を中心に、地球をドーナツ状にとりまく、高エネルギーの粒子が多量に存在している領域。放射線帯ともいう。
このネタは、ゆうきまさみの漫画『究極超人あ~る』に出てくるらしいが、
『すすめ!パイレーツ』で、犬井さんも使ってたな・・・・エキゾだ。


・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・
・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・
・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・

・・・こんなことを書いた1時間後、ももクロに再度、ハマってる俺がいた。
とれえ、ウジ虫ヲタのせいで、空いていた座席に座れず、
ポジションを確保できないまま、物販に並んだ。

いつもながらグッズを手売りしている、ももクロのメンバーたち。
Tシャツを担当していた高城れにちゃんに、「お疲れにぃ~」と言ってみた。
momokuro4.jpg
えらく喜んで、両手を差し出してきてくれたので、思いがけず握手。(笑)
他の子たちから、フォトアルバムと写真を受け取る。
momokuro5.jpg
「ももクロ 旅の詩織」も。
前回の飯田橋のイベントで、「2月14日はアキバと渋谷、両方来て下さい。」と言われて、
素直にダブル・ヘッダーを決めた我々を含むももクロヲタ。
このアキバから渋谷への旅をナビゲートする、しおりならぬ“詩織”なわけ。
こういった細かい心遣いも、どっかの事務所じゃ絶対考え付かない。
momokuro6.jpg
今回、石丸SOFT1で行われたイベントは『スタ☆フェス vol.002』というもので、
スターダストの他のユニットも出ていた。

P-A(正式名称は“Power Age (パワーエイジ) ”。
スターダストプロモーションに所属する10代の女の子9人のアイドルユニット。
昨日はそのうち4人が登場。

クリィミーパフェ
3人のうち伊倉 愛美ちゃんは、元ももクロ。
いきなり年内の単独ライブと解散を発表させられていた。

¥enガール
スターダストだとは知らなかった。全く興味ないが、とりあえず盛り上げた。

とにかく、会場のキャパと比べてヲタの数が多く、
「なんも見えねえ!!」という状態だった。

終わってからの物販はスルーして、“旅の詩織”の指示通り(爆)渋谷へ。
最後にチョコレートの手渡しがあったが、一番に行った私は複数もらえた。
「一人一個」という段取りが伝わっていなかったから。

渋谷でTさんと合流。
VUENOS TOKYOとかいうライブハウスは、「入場時に飲食物すべて没収」などと抜かす。
抗議したら女が、「ライブハウスというところは、すべて同じ。」とか。馬鹿か?
俺ら様々なライブハウスに行ってるが、てめえんとこだけだよ!!


超不愉快な思いをしつつ、階下へ。
モッシュも嫌なので、階段の手摺に沿って鑑賞。
こちらも、hy4_4yhやら光上 せあらやらが歌った後にももクロ登場。
我々のいる階段を通って。(汗)
「あかりちゃん、頑張って!」と声をかける。

アキバでは、今回発売されたTシャツを着ていたが、渋谷はいつもの衣装。
やはり有料の渋谷の方が内容が濃かったし、何よりステージと同じ目線で、じっくりと楽しむことができた。
momokuro7.jpg
終了。
皆が階段を通って帰っていくのを待っていてよかったぁ。
またまた「お疲れにぃ~」と言ったら、向こうからハイタッチ。
そのまま、6人全員と「イェイ!」「お疲れ!」・・・と手を合わせる。

「ハイタッチ会」とか、わざわざ金をとっているとこもあるよね?
どうよ?これ。(笑)
ももいろクローバー | コメント:2 | トラックバック:0 |

朝から

20090214111003
無茶苦茶、機嫌の悪いエキゾです。
掛かり付けの医者に行ったんですが、10時にぴあに並ばなければならないので、途中で断念しました。
これは仕方ないです。
ぴあも行ったのがギリギリだったので、10番目の受付。
何かユニコーンの復活ライブ目当ての女が多くて、
最初の方は総倒れ。
私の2人前の女が、「武道館ダメ?じゃ、埼玉は?仙台は?」と。
そういうのありかよ。
てめえのせいで、明らかに5列は損したぞ、ボケ!

とりあえず、来たくもないアキバへ。
11時まで列を作らないとか言っておきながら、既に長蛇の列。
しかも狭い中、常連気取ったデブが出たり入ったり。っぜえから、おとなしくしてろ!トサツするぞ、ブタ!
ああ、ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。
ももいろクローバー | コメント:0 | トラックバック:0 |

真野恵里菜握手会@神保町(書泉ブックマート)

mano8.jpg
Tさんと一緒に、秋葉原で桜庭ななみさんの握手券をゲットしてから、徒歩で神保町まで行きました。
書泉ブックタワーと書泉ブックマートをハシゴしたのです。

意外とここは里田まいさんと握手して以来、2回目。
時間が有り余っているなんて珍しいので、まったりと集合時間待ち。
これがいけなかった。
すっかりテンションが上がらぬまま、あれよあれよと言う間に自分の番が来てしまった。

「メジャー・デビューおめでとうございます。」と
「初ライブ行きます。」と・・・無難過ぎるし、相手も「ありがとう」と言うしかなく、全く話題が広がらない。
まのちゃんとの握手も回数が多くなり、マンネリな感じになってきたのかな?

いい子なんですけどね。
服装もイマイチ、覚えていなかったり・・・。
mano9.jpg
高速ではありますが、十分に何往復か会話は出来たはずなのに・・・
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

藤本美貴リゾートディナーショー2009 IN 東京 MAIHAMA(その2)

いやあ、飲んだ、飲んだ。エキゾです。
miki16.jpg
帰って参りました。
miki14.jpg
やっぱり美貴様、とてもカワイイ。
♪みっともないって、みんな言うけれど、だって仕方ないもん
だって好きなんだもん。

<セットリスト>
1.会えない長い日曜日
2.遠い恋人 (『置き手紙』のc/w)
3.銀色の永遠 (アルバム『MIKI?』より)
4.そっと口づけてギュッと抱きしめて
 (メインステージ→左客席間→センターステージ)
5.置き手紙   (センターステージ)
6.桜 <原曲:河口恭吾>
 (センターステージ→右客席間→メインステージ)
7.青いベンチ<原曲:サスケ>
8.なごり雪 <原曲:イルカ>
9.TAXI <原曲:鈴木聖美>
10.三日月<原曲:絢香>
11.大切 <『ブギートレイン’03』のc/w>
12.ボーイフレンド
jyunkai.jpg
青いラインが客席内巡回ルート。
自分は25番テーブルの赤で記した位置だったので、
はっきり、無茶苦茶おいしかった。

実はしたたかに飲みすぎたこともあり、最初からトイレに行きたかった。
ふと『桜』の歌いだしで行こうかと思い立ったが、今思うとやめておいて正解だった。
前日から正しい判断力に欠けていたので、ここは慎重に。

センターステージでも、視線がビジバシ来たが
目の前に現れた美貴さんは、握手会の時とはまた一味違ってまぶしくて・・・
逆サイドでブーケを渡したヲタがいた。
一瞬喜んですぐ返却する美貴さま。
そりゃそうだ。そんなもの持ったまま歌えない。
私のところを通る直前に、
後部座席から駆けてきて、握手を求めたヲタもいた。
マナーが出来ていないクズどもが、少々いたけれど、
その後我も我も・・・・とならなかったのはよかった。
私も笑顔で見送り、綺麗な背中を見ていた。

ほとんどが既に披露済みの曲だったが、4は何年ぶりだろう。(涙)
紅白出場曲なのに、娘。時代もずっと封印されていたはず。
『ブギトレ』『ロマモー』の復活とともに嬉しい。
(残るは『Let’s Do 大発見!』か。)

10は「絢香さんが上手過ぎるので・・・」と謙遜したが、
なかなかどうして、完璧に歌いこなせていた。
ハローでこんな歌を歌いこなせるのは、美貴さんのように歌唱力のある
ごく一部の人間だろう。

それにしても、この選曲。思わず突っ込んだのは、
「この曲と言えば、絢香と“偽ミキティー”だよな?」

絢香と“偽”は誕生日が同じ。
2005年12月24日に代々木体育館で、2人を取材していたテレビ局報道記者が
絢香の『I believe』のCDと手紙を“偽”に届けたことから交流が始まった。

2007年3月25日、東京体育館で行われた世界フィギュアスケートのエキシビション。
絢香が登場し、『I believe』にあわせて、“偽”が演技。
そしてアンコール。さらに『三日月』でも“偽”が演技。
この『三日月』は「やりすぎ」ということで、フィギュアファンから猛攻撃を受け、絢香の掲示板は閉鎖に追い込まれたという。

ご本家・ミキティーは、そんなことには関係なく
「いい楽曲だから・・・・」選曲したに違いないが、
私は・・・「ビッグな二人が友情を継続することの困難」に思いを馳せていた。
この人にもぴったりな親友、松浦亜弥がいる。
FCが分かれても、コラボの機会はこれからも作って欲しいものだ。
miki17.jpg
語る言葉、仕草、すべてが可愛い美貴さん。
やっぱり、現在のハローで女性として一番好きです。

<蛇足>
バレンタイン向けのハート型のデザート。
写真を撮る前に一口食べてしまった。
ちなみに、本日の肉は“北海道産”だそうだ。
「私も“北海道産”。気を遣って頂いたんでしょうか?」という美貴さんだった。
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヲタ観察3

結局、「食事の間だけ」じゃなく、そのまま譲ったみたい。
偉いぞ!童貞ヲタ。
そんなことしたところで、♀ヲタは一回「すんません。」と言っただけで終わるぞ。
って憂佳、もう美貴帝が出てきますので、どうでもいいっす。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヲタ観察2

目の前で、♀ヲタが席を離れて会話していた。
っるせぇな、ウゼぇなと思っていたら、
一匹の♀の隣のヲタが、「席を変わりましょうか?食事の間だけ。」(苦笑)
まあ、生まれてこのかた、女に触れたこともないゴミが、性別が♀だというだけで表向き優しくなるのは、珍しい光景ではない。
「食事の間だけ」っていうのがまた、ヲタの浅ましさなんだよな。(爆)
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヲタ観察

もう恥ずかしい。
今までの一生でホテルとか来たことないのか?
震える手で、パンに塗るバターをやっとこさ取ってる。
バターナイフを落とした!
えっ?そのまま戻すの?
いかに無視するとはいえ、共用の物なんで、常識を知らないガキは厳しく叱責。
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

藤本美貴リゾートディナーショー2009 IN 東京 MAIHAMA(その1)

20090211195439
20090211195428
帰宅後でもいいのだが、ショーが始まるまで暇なのだよ。
一人、元ゴマヲタの気違いを見つけたが、遠くへ行ってくれた。
騒音出したら、マジ潰そうと思った。
25テーブル。さらに内側。メインもセンターも見やすい、まずまずの良席だと思う。
空きっ腹にアルコールを流し込み、楽しい宴は始まるのだ。
・・・あ、勿論、周りにいる汚ねえヲタども、舞浜に似合わない生き物は完全無視。
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

親子

yucchi.jpg
achuegg.jpg
怒られるでしょうね。
ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

安倍なつみ プレミアムライブ at STB139 ~春の微風~

nacistb1.jpg
ハローな皆さんが、スイート・ベイジルでライブを始めてほぼ一年。
真打ちなっちの初登場となった。
FCで落とされたが、そこは何とかして140番台を入手。
他のなちヲタにとっては初めての現場。
慣れている我々に、一日の長あり。
余裕で、左前方席を確保。CD購入特典のサインもすぐにゲット。
藤本Splashで苦汁を舐めたので、嬉しい。
nacistb4.jpg
<セットリスト>
1.スクリーン
2.スイートホリック
3.愛ひとひら (5thシングル『恋の花』のc/w)
4.恋の花
5.東京みちくさ  (『2nd~染みわたる想い~』より)
6.ちょっとずつね。(『2nd~染みわたる想い~』より)
7.息を重ねましょう
8.さよならさえ言えぬまま (11thシングル『スクリーン』のc/w)
9..25~ヴァンサンク~(27 Version.)
  (『安倍なつみ~Best Selection~15色の似顔絵たち』より)
10.甘すぎた果実
11.愛しき人  (ミニアルバム『25~ヴァンサンク~』より)
12..微風(そよかぜ)
  (『安倍なつみ~Best Selection~15色の似顔絵たち』より)
<アンコール>
13.夕暮れ作戦会議 (『2nd~染みわたる想い~』より)
nacistb3.jpg
なっちプロデュースのオリジナル・ドリンク。
アルコール入りは、シャンパンベースの“ジューシーな微風”。
ライブのタイトルに引っ掛けてなっちが命名。
フルーツたっぷりのさっぱりしたカクテル。
ノンアルコールは“思わずマバタキ”。語感がなっちだこと。(笑)

いつもの平均曲数が10曲なので、曲は多め。
特に中身の濃いMCはなかったけれど、
2月1日の卒業ライブの感想や感謝をなっちの言葉で言ってくれたり、
「ライブってヤバイ、楽しいですね。」と喜びまくったり、
なっちらしいSTBとなった。

バンドもお馴染みの徳武さん、マー坊、つるさんが来てくれた。
カッコいいなぁ。
普段アコなちやってるけど、生バンドはこういう会場でこそ生きるんじゃないか?

アコースティックもいいけれど、
こういう会場になっちも進出したんだから、
いつものホールは元気全開の、オリジナルバージョンで行って
アコなち的なものを、ライブハウスでやればいいと思った。
ホールでもアコなちを続けるのは、あまり得策じゃない気がする。
『ストレス』も溜まるしね。

終始、まったりといい時間の流れを感じたライブだった。
このハコはなっちとその仲間に、ジャスト・フィットしていた。
nacistb5.jpg
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hello!Project 2009 Winter 決定!ハロ☆プロ アワード'09 ~エルダークラブ卒業記念スペシャル~

やっぱり音楽ガッタスを・・・能登有沙を・・・好きになったのは、
『鳴り始めた恋のBELL』におけるのっちの、
“かがやけるぅ” だと再認識した・・・エキゾです。
sotsu26x.jpg
感動はしました。
いい思いもしました。
しかるに、余計なものと残念な要素が多すぎて、今回の卒業ライブは正直、不完全燃焼でした。
中澤裕子さんを始めとする22人の皆さんには、本当に申し訳ないけれど・・・
もう少しやり様があったはず。

最近ようやく、古参の求めるものも少しはわかってきたクソ事務所。
ただ・・・しばしば大きな勘違いをします。
それに・・・古参は儲けにならないからなぁ。

さて、気を取り直して・・・
今回は3公演、全く異なるタイプの座席になり、三種三様の楽しみ方ができました。
まず、31日・夜。
センター席は1年前以来で、なかなか上等な列でした。
しかしそれより、問題は番号。37・・・花道右サイド・最前列なのでした。
(以下、花道席)

1日の昼はアリーナFブロックの最右番号。
向かって右のサブセンターの正面。ただ少々後ろだった為、
傾斜が足りなくて、周回上の演者がまるで見えない。
20年の間で成長し過ぎた現代人には、
この会場も限界になったのでしょう。
(以下、アリーナ席)

夜は2度落選し、追加のe+で取ったバックステージのファミリー席。
メインステージの真後ろだから、ほとんど見えないので、
「記念だから参加出来るだけでいい。」と諦めて臨みました。
そしたらこれが意外においしく、貴重な体験をさせてもらいました。
(以下、BS)  

                                                          
<セットリスト&感想>

オープニング・・・エッグのパフォーマンス
ほぼ、年齢順・身長順に花道を走っていく。
花道席で私の目の前はタケちゃん。
う~ん、どうしたらいいんだろう、と躊躇して結果目を逸らすしか・・・・
そりゃ、相手は一応芸能人で名前も知ってますが、何か罪を犯してるような・・・

1.雨の降らない星では愛せないだろう? (ワンダ→全員) 
こんなラストに持ってくるような曲をいきなりかい。
sotsu15.jpg
2.マノピアノ (真野恵里菜)
「3月18日(水)メジャーデビュー」4月じゃなかったんだな。
「6月6日(土)中野サンプラザで1stコンサート」行くよ~。
順調に進んでますね。
BSでは全く見えなかったけど、そりゃ当たり前か。
sotsu69x.jpg
3.みんなのたまご (しゅごキャラエッグ!)
(左サブステ→中央サブステ→右サブステ)
花道を全く利用しなかったので、やや負け組。
それでも、手拍子と、「ゆうか」「かにょん」「あかり」「あやちょ」
・・・コールは完璧。見てる回数が違いますので。(笑)
sotsu66x.jpg
4.Come Together (音楽ガッタス)
(左サブステ・・・石川、里田、仙石、澤田、右サブステ・・・吉澤、紺野、是永、能登→中央サブステ→花道→メインステージ)
早いよ、音ガタの出番が。しかもこれ一曲って。
この曲も悪くはないけれど、一曲じゃ弱い。
間奏の手拍子ができない奴もいました。

5.ケンチャナ~大丈夫~ (前田有紀)
(右サブステ→メイン→左サブステ)
いい曲ですがね。
sotsu14.jpg
6.浮気なハニーパイ (里田まいwith是永・能登・仙石・澤田)
<原曲:カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)>
(メイン→花道→中央サブステ→メイン)
まいちゃんがソロで賞をもらったので、何が来るかと思いましたが、この曲が来るとは。
さすが!“一人カントリー娘。”(爆)
今回、全く出番の少ない音ガタ・エッグ組の最大の見せ場。
のっちにがっつくというより、足パカに感激→歓喜→フリ真似。
sotsu70x.jpg
7.悔し涙ぽろり (中澤裕子)
(左サブステ→中央サブステ→右サブステ)
エルダ以来の大声援なのですが、裕子ヲタとしては途中のPPPHは認めません。
『東京美人』じゃないんだから。
裕ちゃんブログで書いていたように、1日・夜はやり切った感じ。

8.はぴはぴサンデー(月島きらりstarring久住小春with呉兆弦(フランシス)・藍愛子(愛子)
(メインステージ)
今回はぁおが不在の為、MilkyWayがなし。
まあ、ピンクさんも変身衣装で頑張ってるとは思います。
ただ、さすがにこのバックダンサーは無理。
笑顔も北京五輪的嘘臭さに満ちていて全く可愛くない。
sotsu60x.jpg
9.This is 運命 (メロン記念日)
(右サブステ・・・斉藤、村田、左サブステ・・・柴田、大谷→中央サブステ→花道→メイン)
定番ですが、な~んか不完全燃焼。
わかった、狭くて“3・2・1、あぼ~ん!”がやりにくいからだ。
BSの時、右隣のメロンヲタの腐女子がウザかった。
反響して演者の声が微妙にズレるので、コールしにくいったら・・・・
それでも、昨日今日メロンヲタになった♀ヲタごときには負けません。

10.FOREVER LOVE (C)
(メイン→花道→中央サブステ→右サブステ・・・矢島・中島・岡井・有原、左サブステ・・・梅田・鈴木・萩原)
何かお姉ちゃんがメインステージに取り残されて・・・(涙)
花道席の際、私にがっつく梅さん。
・・・いったい、私にどうしろと?・・・
BSの時、隙間からメイン・ステージのお姉ちゃんが見えて以降、
ずっとお姉ちゃんただ一人を注視。100%追撃できた。
何かCの楽しみ方を覚えたような・・・

11.抱きしめて 抱きしめて (B)
(メイン→花道→中央サブステ→メイン)
別に書くこともなし。花道通るなよ。
sotsu59x.jpg
sotsu63x.jpg
12.たんぽぽ (飯田・矢口・紺野・石川・柴田・新垣)
<原曲: タンポポ>
一番だけとは・・・(呆) カットするところが違うだろーが!
ちょっと黄色サイ祭が行われていたようだが、知らなかった。
もっと浸透させようよ。自分で用意するからさ。
やるなら中途半端じゃなく。
sotsu55x.jpg
sotsu56.jpg
13.BABY! 恋にKNOCK OUT!  (吉澤・保田・小川)
<原曲:プッチモニ>
(メイン→花道→メイン)
これも短縮かよ。ごっちぃ~ん!・・・あ、来てたの。
よしこのこの髪型を見よ!

14.チョコレート魂 (松浦亜弥)
一言 「EPOかいっ!!」
まあ、『きずな』とかに比べたら一緒にフリできるからいいか。
sotsu61x.jpg
15.Yeah!めっちゃホリディ (松浦亜弥)
(メイン→花道→メイン)
けんじ~ぃ!!
ちょっとまだぎこちないけど、正スラッシュができるようになったんだね。
よかった。よかった。でもあまり無理するなよ。

16.笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~
(松浦亜弥with光井・ジュンジュン・リンリン・B・C・真野・稲葉・前田・メロン・三好・岡田・エッグ8人)
(あやや:メイン→中央サブステ→メイン、他:外周一周)
あれ?なぜに亜弥だけ3曲も?
名曲だし、みんなが歌ってるから、ま、いっか。
実はゆうかりんを注視してたりしました。

矢口シングル発表の告知。
きのこ、今回は何気にポロっと大切な報知をしてます。

17.晴れ 雨 のち スキ 
(モーニング娘。さくら組、安倍・矢口・吉澤・高橋・紺野・新垣・亀井)
(右サブステ・・・矢口・高橋・紺野・新垣、左サブステ・・・安倍・吉澤・亀井→中央サブステ→花道→メイン)
それほど嬉しくないのは、すっかりなっちソロバージョンに慣れてしまい、
コールに違和感を感じたからと、メンバーが弱いから。
そんなこともあって、花道席でも素直にがっつけなかったです。

18.愛の園~Touch My Heart!~ 
(モーニング娘。おとめ組、飯田・石川・辻・小川・藤本・道重・田中)
(メイン→花道→右サブステ・・・石川・小川・藤本・田中、左サブステ・・・飯田・辻・道重)
次は当然・・・これですよね。
前奏から全力投球。完全復活ですからっ!!
ののもさすが!変わってねぇなぁ。

19.co・no・mi・chi (Buono!)
(メイン→花道→中央サブステ→花道→メイン)
こいつらは・・・もう・・・
icecreamusume1.jpg
20.デビュー!~恋する角には福来る~ (アイスクリー娘。 )
フリは覚えやすくて、初々しいけど推すほどの子はいません。
ま、どうしてもっていうならレイレイかな?
台湾版・やすすもいますね。
自己紹介を日本語で行いましたが、すべて暗記しているので
1日・夜の時は、すっかり飛んでしまいました。無理もないです。

31日・夜・・・通訳=リンリン。「日本で行ってみたいところ」
        覚えておきたい一言 「(先輩!)可愛いですねぇ。」
1日・昼・・・通訳=ジュンジュン「食べてみたい日本の食べ物」
        覚えておきたい一言 「このお弁当余ってますか?」
1日・夜・・・通訳=リンリン。「日本に来てびっくりしたこと」
       覚えておきたい一言
                 「これ、いくつまで食べていいですか?」

3回とも、レイレイが代表して一言。
やっぱり、一番正統派というか・・・・なっちのポジションですな。

おあしすさんと、開演前に「中国、台湾・・・・次は韓国あたりですかねぇ。」と話していたら、全くその通り、次は韓国でオーディションが開催されるとのこと。
読めるんですよね、展開。

21.人知れず 胸を奏でる 夜の秋 (プリプリピンク)
何気にこの4人もオリジナル・メンバー。

22.Magic of Love (稲葉貴子・前田有紀 )
<原曲:太陽とシスコムーン>
これはエルダとほぼ一緒でした。踊り、盛り上がれるのは古参ヲタ。

23..スクリーン (安倍なつみ)
(右サブステ→中央サブステ→花道→メイン)
悪い曲ではないんですが、なっちが歌わなくてもいい曲。
sotsu58x.jpg
その後、マロンメロンのトーク。うん、最強だね。
ののは若干痩せて、大人っぽい外見になったけど、中身は変わってないなぁ。

24.好きな先輩(高橋愛・紺野あさ美・小川麻琴・新垣里沙)
(右サブステ・・・高橋・紺野、左サブステ・・・小川・新垣→花道→メイン)
5期もいつの間にか再結集しちゃいましたね。
この娘たちも、このころはよかった。
やはり、メインじゃなく引き立てる存在だね。
sotsu27.jpg
<↑この衣装ではありませんが・・・>
25.ロマンティック浮かれモード (藤本美貴withエッグ8人)
(メイン→花道→中央サブステ)
もう・・・これは・・・これは・・・・
初日にイントロが流れた瞬間、嬉しくて思わずその場にへたりこみました。
うさPさんと、「中野が『ブギトレ』なら、横アリは『ロマモー』で!」と
願望というか、予言というか、力強く念じていたらみごと叶ってしまいました。
しかも、前の曲が終わった静寂の中で、私の頭の中で鳴っていたのは、この曲のイントロでした。

それだけ、必死やねん!
それだけ、この曲が好きやねん!
はっきり言って、今回のセットリストの頂点!
この曲があれば、エルダの卒業はどうでもいいとさえ思えます。
もうこれで美貴さんは大丈夫。

アリーナ席の時、すぐ前でロマンス・OADを完璧にこなす外人さんがいました。

26.カッチョイイゼ!JAPAN (元・美勇伝withB・C・エッグ)
(花道往復・・・石川、左サブステ→花道・・・三好、右サブステ→花道・・・岡田→3人でメイン)
『ロマモー』ショックの後なんで、ほとんど何をしたか覚えていませんが
フリはちゃんと出来ていた気がします。

この子たちの「だっちゅーの」フリもよい!!!(爆)
yuka8.jpg
27.泣いちゃうかも (モーニング娘。 )
28.リゾナント ブルー (モーニング娘。 )
(メイン→右・・・高橋・道重・亀井・ジュンジュン、左・・・新垣・田中・久住・光井・リンリン→中央サブステ→花道)
最近の本体の曲はカッコいいんだけど、フリが難し過ぎ。
『恋レボ』『ピース』みたいに、みんなで踊れるようにしてよ。
29.涙の色 (C)
(左→メイン・・・梅田・中島・鈴木・岡井、左→中央サブステ・・・矢島・萩原・有原→花道→右サブステ)
30.MADAYADE (B)
(右→メイン・・・清水・徳永・夏焼、右→中央サブステ・・・嗣永・須藤・熊井・菅谷→花道→左サブステ)
やめてくれ!何でこいつらが2曲も・・・
「エルダ卒業スペシャル」だよな?確か。
sotsu50x.jpg
31.モーニングコーヒー (中澤・飯田・安倍)<原曲:モーニング娘。>
(メイン)
32.ここにいるぜぇ!モーニング娘。+OG(中澤・飯田・安倍・保田・矢口・石川・吉澤・辻・高橋・紺野・小川・新垣)
(メイン→外周→中央サブステ)
33.LOVEマシーン モーニング娘。+OG(歴代全員)→全員(含エッグ)
(メイン→花道など全体)
・・・んで、「卒業スペシャル」らしい唯一のコーナー。
でも、エルダで一通りやってるし、ラブマは卒メンで復活した時の印象の方が・・・
私は『愛あら』より『ここいる』が好きなので、その部分は良し。
花道席では、いろんなメンバーの前で、全力でジャンプ!!sotsu71x.jpg
sotsu29x.jpg
34.未知なる未来へ (全員)
何で?この流れでこの曲?10年記念隊のライブに行ってた私でも???なので、
新参ヲタは、狐につままれたようになってました。

今回はこのように随所でKYな点がダメなんだなぁ。

卒業生挨拶

31日・夜  飯田・村田・石川・中澤

    裕ちゃん「こういう短い時間で感謝の気持ちを伝えるには
         本当にありがとうという言葉しか思い浮かびません。」

1日・昼 稲葉・里田・大谷(?)・松浦 

      里田の涙が印象的でした

1日・夜  卒業セレモニー
sotsu21.jpg
sotsu24.jpg
sotsu22.jpg
sotsu23.jpg
      今回、最大の問題点はここ。
      送辞の舞美、清水、高橋
      舞美はいい子で、とても感動しました。
      高橋はかなり不安でしたが、
      台本があったので何とかなりました。
sotsu72.jpg
sotsu49x.jpg
sotsu51x.jpg 
      それなのに・・・・ 
      答辞の裕ちゃん・なっち・瞳・まっつー
      どうしてユニゾンで同じ台本を読むわけ?
      意味がわからん!!
      自分の言葉で語らせんかいっ!!
      
      最後に裕ちゃんが一言言いかけたのに、
      進行を急ぐKY馬鹿・まことの声でかき消され・・・・
      
      消化不良もいいところ。
      随所で書かれているけど・・・もう少し考えなさい!
sotsu73x.jpg
・・・気を取り直して・・・      
35.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL! 全員

この曲の間、BSに気付いた“出来る娘”が手を振ってくれました。
まっつー、ミキティー、メロン、なっち、エッグの一部など・・・
さすがです。

それから、卒業生がユニット・世代ごとにはける際、
半分はステージ左サイドの我々側に来るので、最前の我々は色々もらいました。
最後の初期3人とも左に来たのですが、電飾が落ちてしまい、
惜しくも見えませんでした。
あの暗がりの中で、裕ちゃん・なっち・かおりん、
皆手を振っていたはずです。

最終公演のみの360度の客席・・・奇しくも、その裏側を体験しました。
最後の最後で、卒業生が再登場しましたが、即興でアンコールもできず、万歳のみで去っていきました。

今回の卒業は“別れ”ではありません。
また先へ先へと前進する為の、一つの区切りです。

頑張ってる貴女たちに、元気をもらってここまで来ました。
これからも、出来ることをやっていくだけですが、
どうか末永く、宜しくお願い致します。
sotsu30x.jpg
sotsu42x.jpg
sotsu46.jpg
 
ハロー卒業生 | コメント:9 | トラックバック:0 |

今日行く人は見ちゃダメ。

関内に泊まり、横浜アリーナに向かうところです。
エルダの卒業を知ったのも、偶然にも関内だったな。
昨日は席が凄すぎた。
タケちゃん、みっつぃ~、ゆきどん、あやや、ミキティー、梅田、徳永、道重、ゆうかりん、なっち、梨華ちゃん、ガキさん、みやび・・・
あんなに近いとどうしたらいいか・・・
しかも、ロマモー。
幸せ。
ハロー卒業生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。