お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Hello!Project 2009 Winter 決定!ハロ☆プロ アワード'09 ~エルダークラブ卒業記念スペシャル~

やっぱり音楽ガッタスを・・・能登有沙を・・・好きになったのは、
『鳴り始めた恋のBELL』におけるのっちの、
“かがやけるぅ” だと再認識した・・・エキゾです。
sotsu26x.jpg
感動はしました。
いい思いもしました。
しかるに、余計なものと残念な要素が多すぎて、今回の卒業ライブは正直、不完全燃焼でした。
中澤裕子さんを始めとする22人の皆さんには、本当に申し訳ないけれど・・・
もう少しやり様があったはず。

最近ようやく、古参の求めるものも少しはわかってきたクソ事務所。
ただ・・・しばしば大きな勘違いをします。
それに・・・古参は儲けにならないからなぁ。

さて、気を取り直して・・・
今回は3公演、全く異なるタイプの座席になり、三種三様の楽しみ方ができました。
まず、31日・夜。
センター席は1年前以来で、なかなか上等な列でした。
しかしそれより、問題は番号。37・・・花道右サイド・最前列なのでした。
(以下、花道席)

1日の昼はアリーナFブロックの最右番号。
向かって右のサブセンターの正面。ただ少々後ろだった為、
傾斜が足りなくて、周回上の演者がまるで見えない。
20年の間で成長し過ぎた現代人には、
この会場も限界になったのでしょう。
(以下、アリーナ席)

夜は2度落選し、追加のe+で取ったバックステージのファミリー席。
メインステージの真後ろだから、ほとんど見えないので、
「記念だから参加出来るだけでいい。」と諦めて臨みました。
そしたらこれが意外においしく、貴重な体験をさせてもらいました。
(以下、BS)  

                                                          
<セットリスト&感想>

オープニング・・・エッグのパフォーマンス
ほぼ、年齢順・身長順に花道を走っていく。
花道席で私の目の前はタケちゃん。
う~ん、どうしたらいいんだろう、と躊躇して結果目を逸らすしか・・・・
そりゃ、相手は一応芸能人で名前も知ってますが、何か罪を犯してるような・・・

1.雨の降らない星では愛せないだろう? (ワンダ→全員) 
こんなラストに持ってくるような曲をいきなりかい。
sotsu15.jpg
2.マノピアノ (真野恵里菜)
「3月18日(水)メジャーデビュー」4月じゃなかったんだな。
「6月6日(土)中野サンプラザで1stコンサート」行くよ~。
順調に進んでますね。
BSでは全く見えなかったけど、そりゃ当たり前か。
sotsu69x.jpg
3.みんなのたまご (しゅごキャラエッグ!)
(左サブステ→中央サブステ→右サブステ)
花道を全く利用しなかったので、やや負け組。
それでも、手拍子と、「ゆうか」「かにょん」「あかり」「あやちょ」
・・・コールは完璧。見てる回数が違いますので。(笑)
sotsu66x.jpg
4.Come Together (音楽ガッタス)
(左サブステ・・・石川、里田、仙石、澤田、右サブステ・・・吉澤、紺野、是永、能登→中央サブステ→花道→メインステージ)
早いよ、音ガタの出番が。しかもこれ一曲って。
この曲も悪くはないけれど、一曲じゃ弱い。
間奏の手拍子ができない奴もいました。

5.ケンチャナ~大丈夫~ (前田有紀)
(右サブステ→メイン→左サブステ)
いい曲ですがね。
sotsu14.jpg
6.浮気なハニーパイ (里田まいwith是永・能登・仙石・澤田)
<原曲:カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)>
(メイン→花道→中央サブステ→メイン)
まいちゃんがソロで賞をもらったので、何が来るかと思いましたが、この曲が来るとは。
さすが!“一人カントリー娘。”(爆)
今回、全く出番の少ない音ガタ・エッグ組の最大の見せ場。
のっちにがっつくというより、足パカに感激→歓喜→フリ真似。
sotsu70x.jpg
7.悔し涙ぽろり (中澤裕子)
(左サブステ→中央サブステ→右サブステ)
エルダ以来の大声援なのですが、裕子ヲタとしては途中のPPPHは認めません。
『東京美人』じゃないんだから。
裕ちゃんブログで書いていたように、1日・夜はやり切った感じ。

8.はぴはぴサンデー(月島きらりstarring久住小春with呉兆弦(フランシス)・藍愛子(愛子)
(メインステージ)
今回はぁおが不在の為、MilkyWayがなし。
まあ、ピンクさんも変身衣装で頑張ってるとは思います。
ただ、さすがにこのバックダンサーは無理。
笑顔も北京五輪的嘘臭さに満ちていて全く可愛くない。
sotsu60x.jpg
9.This is 運命 (メロン記念日)
(右サブステ・・・斉藤、村田、左サブステ・・・柴田、大谷→中央サブステ→花道→メイン)
定番ですが、な~んか不完全燃焼。
わかった、狭くて“3・2・1、あぼ~ん!”がやりにくいからだ。
BSの時、右隣のメロンヲタの腐女子がウザかった。
反響して演者の声が微妙にズレるので、コールしにくいったら・・・・
それでも、昨日今日メロンヲタになった♀ヲタごときには負けません。

10.FOREVER LOVE (C)
(メイン→花道→中央サブステ→右サブステ・・・矢島・中島・岡井・有原、左サブステ・・・梅田・鈴木・萩原)
何かお姉ちゃんがメインステージに取り残されて・・・(涙)
花道席の際、私にがっつく梅さん。
・・・いったい、私にどうしろと?・・・
BSの時、隙間からメイン・ステージのお姉ちゃんが見えて以降、
ずっとお姉ちゃんただ一人を注視。100%追撃できた。
何かCの楽しみ方を覚えたような・・・

11.抱きしめて 抱きしめて (B)
(メイン→花道→中央サブステ→メイン)
別に書くこともなし。花道通るなよ。
sotsu59x.jpg
sotsu63x.jpg
12.たんぽぽ (飯田・矢口・紺野・石川・柴田・新垣)
<原曲: タンポポ>
一番だけとは・・・(呆) カットするところが違うだろーが!
ちょっと黄色サイ祭が行われていたようだが、知らなかった。
もっと浸透させようよ。自分で用意するからさ。
やるなら中途半端じゃなく。
sotsu55x.jpg
sotsu56.jpg
13.BABY! 恋にKNOCK OUT!  (吉澤・保田・小川)
<原曲:プッチモニ>
(メイン→花道→メイン)
これも短縮かよ。ごっちぃ~ん!・・・あ、来てたの。
よしこのこの髪型を見よ!

14.チョコレート魂 (松浦亜弥)
一言 「EPOかいっ!!」
まあ、『きずな』とかに比べたら一緒にフリできるからいいか。
sotsu61x.jpg
15.Yeah!めっちゃホリディ (松浦亜弥)
(メイン→花道→メイン)
けんじ~ぃ!!
ちょっとまだぎこちないけど、正スラッシュができるようになったんだね。
よかった。よかった。でもあまり無理するなよ。

16.笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~
(松浦亜弥with光井・ジュンジュン・リンリン・B・C・真野・稲葉・前田・メロン・三好・岡田・エッグ8人)
(あやや:メイン→中央サブステ→メイン、他:外周一周)
あれ?なぜに亜弥だけ3曲も?
名曲だし、みんなが歌ってるから、ま、いっか。
実はゆうかりんを注視してたりしました。

矢口シングル発表の告知。
きのこ、今回は何気にポロっと大切な報知をしてます。

17.晴れ 雨 のち スキ 
(モーニング娘。さくら組、安倍・矢口・吉澤・高橋・紺野・新垣・亀井)
(右サブステ・・・矢口・高橋・紺野・新垣、左サブステ・・・安倍・吉澤・亀井→中央サブステ→花道→メイン)
それほど嬉しくないのは、すっかりなっちソロバージョンに慣れてしまい、
コールに違和感を感じたからと、メンバーが弱いから。
そんなこともあって、花道席でも素直にがっつけなかったです。

18.愛の園~Touch My Heart!~ 
(モーニング娘。おとめ組、飯田・石川・辻・小川・藤本・道重・田中)
(メイン→花道→右サブステ・・・石川・小川・藤本・田中、左サブステ・・・飯田・辻・道重)
次は当然・・・これですよね。
前奏から全力投球。完全復活ですからっ!!
ののもさすが!変わってねぇなぁ。

19.co・no・mi・chi (Buono!)
(メイン→花道→中央サブステ→花道→メイン)
こいつらは・・・もう・・・
icecreamusume1.jpg
20.デビュー!~恋する角には福来る~ (アイスクリー娘。 )
フリは覚えやすくて、初々しいけど推すほどの子はいません。
ま、どうしてもっていうならレイレイかな?
台湾版・やすすもいますね。
自己紹介を日本語で行いましたが、すべて暗記しているので
1日・夜の時は、すっかり飛んでしまいました。無理もないです。

31日・夜・・・通訳=リンリン。「日本で行ってみたいところ」
        覚えておきたい一言 「(先輩!)可愛いですねぇ。」
1日・昼・・・通訳=ジュンジュン「食べてみたい日本の食べ物」
        覚えておきたい一言 「このお弁当余ってますか?」
1日・夜・・・通訳=リンリン。「日本に来てびっくりしたこと」
       覚えておきたい一言
                 「これ、いくつまで食べていいですか?」

3回とも、レイレイが代表して一言。
やっぱり、一番正統派というか・・・・なっちのポジションですな。

おあしすさんと、開演前に「中国、台湾・・・・次は韓国あたりですかねぇ。」と話していたら、全くその通り、次は韓国でオーディションが開催されるとのこと。
読めるんですよね、展開。

21.人知れず 胸を奏でる 夜の秋 (プリプリピンク)
何気にこの4人もオリジナル・メンバー。

22.Magic of Love (稲葉貴子・前田有紀 )
<原曲:太陽とシスコムーン>
これはエルダとほぼ一緒でした。踊り、盛り上がれるのは古参ヲタ。

23..スクリーン (安倍なつみ)
(右サブステ→中央サブステ→花道→メイン)
悪い曲ではないんですが、なっちが歌わなくてもいい曲。
sotsu58x.jpg
その後、マロンメロンのトーク。うん、最強だね。
ののは若干痩せて、大人っぽい外見になったけど、中身は変わってないなぁ。

24.好きな先輩(高橋愛・紺野あさ美・小川麻琴・新垣里沙)
(右サブステ・・・高橋・紺野、左サブステ・・・小川・新垣→花道→メイン)
5期もいつの間にか再結集しちゃいましたね。
この娘たちも、このころはよかった。
やはり、メインじゃなく引き立てる存在だね。
sotsu27.jpg
<↑この衣装ではありませんが・・・>
25.ロマンティック浮かれモード (藤本美貴withエッグ8人)
(メイン→花道→中央サブステ)
もう・・・これは・・・これは・・・・
初日にイントロが流れた瞬間、嬉しくて思わずその場にへたりこみました。
うさPさんと、「中野が『ブギトレ』なら、横アリは『ロマモー』で!」と
願望というか、予言というか、力強く念じていたらみごと叶ってしまいました。
しかも、前の曲が終わった静寂の中で、私の頭の中で鳴っていたのは、この曲のイントロでした。

それだけ、必死やねん!
それだけ、この曲が好きやねん!
はっきり言って、今回のセットリストの頂点!
この曲があれば、エルダの卒業はどうでもいいとさえ思えます。
もうこれで美貴さんは大丈夫。

アリーナ席の時、すぐ前でロマンス・OADを完璧にこなす外人さんがいました。

26.カッチョイイゼ!JAPAN (元・美勇伝withB・C・エッグ)
(花道往復・・・石川、左サブステ→花道・・・三好、右サブステ→花道・・・岡田→3人でメイン)
『ロマモー』ショックの後なんで、ほとんど何をしたか覚えていませんが
フリはちゃんと出来ていた気がします。

この子たちの「だっちゅーの」フリもよい!!!(爆)
yuka8.jpg
27.泣いちゃうかも (モーニング娘。 )
28.リゾナント ブルー (モーニング娘。 )
(メイン→右・・・高橋・道重・亀井・ジュンジュン、左・・・新垣・田中・久住・光井・リンリン→中央サブステ→花道)
最近の本体の曲はカッコいいんだけど、フリが難し過ぎ。
『恋レボ』『ピース』みたいに、みんなで踊れるようにしてよ。
29.涙の色 (C)
(左→メイン・・・梅田・中島・鈴木・岡井、左→中央サブステ・・・矢島・萩原・有原→花道→右サブステ)
30.MADAYADE (B)
(右→メイン・・・清水・徳永・夏焼、右→中央サブステ・・・嗣永・須藤・熊井・菅谷→花道→左サブステ)
やめてくれ!何でこいつらが2曲も・・・
「エルダ卒業スペシャル」だよな?確か。
sotsu50x.jpg
31.モーニングコーヒー (中澤・飯田・安倍)<原曲:モーニング娘。>
(メイン)
32.ここにいるぜぇ!モーニング娘。+OG(中澤・飯田・安倍・保田・矢口・石川・吉澤・辻・高橋・紺野・小川・新垣)
(メイン→外周→中央サブステ)
33.LOVEマシーン モーニング娘。+OG(歴代全員)→全員(含エッグ)
(メイン→花道など全体)
・・・んで、「卒業スペシャル」らしい唯一のコーナー。
でも、エルダで一通りやってるし、ラブマは卒メンで復活した時の印象の方が・・・
私は『愛あら』より『ここいる』が好きなので、その部分は良し。
花道席では、いろんなメンバーの前で、全力でジャンプ!!sotsu71x.jpg
sotsu29x.jpg
34.未知なる未来へ (全員)
何で?この流れでこの曲?10年記念隊のライブに行ってた私でも???なので、
新参ヲタは、狐につままれたようになってました。

今回はこのように随所でKYな点がダメなんだなぁ。

卒業生挨拶

31日・夜  飯田・村田・石川・中澤

    裕ちゃん「こういう短い時間で感謝の気持ちを伝えるには
         本当にありがとうという言葉しか思い浮かびません。」

1日・昼 稲葉・里田・大谷(?)・松浦 

      里田の涙が印象的でした

1日・夜  卒業セレモニー
sotsu21.jpg
sotsu24.jpg
sotsu22.jpg
sotsu23.jpg
      今回、最大の問題点はここ。
      送辞の舞美、清水、高橋
      舞美はいい子で、とても感動しました。
      高橋はかなり不安でしたが、
      台本があったので何とかなりました。
sotsu72.jpg
sotsu49x.jpg
sotsu51x.jpg 
      それなのに・・・・ 
      答辞の裕ちゃん・なっち・瞳・まっつー
      どうしてユニゾンで同じ台本を読むわけ?
      意味がわからん!!
      自分の言葉で語らせんかいっ!!
      
      最後に裕ちゃんが一言言いかけたのに、
      進行を急ぐKY馬鹿・まことの声でかき消され・・・・
      
      消化不良もいいところ。
      随所で書かれているけど・・・もう少し考えなさい!
sotsu73x.jpg
・・・気を取り直して・・・      
35.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL! 全員

この曲の間、BSに気付いた“出来る娘”が手を振ってくれました。
まっつー、ミキティー、メロン、なっち、エッグの一部など・・・
さすがです。

それから、卒業生がユニット・世代ごとにはける際、
半分はステージ左サイドの我々側に来るので、最前の我々は色々もらいました。
最後の初期3人とも左に来たのですが、電飾が落ちてしまい、
惜しくも見えませんでした。
あの暗がりの中で、裕ちゃん・なっち・かおりん、
皆手を振っていたはずです。

最終公演のみの360度の客席・・・奇しくも、その裏側を体験しました。
最後の最後で、卒業生が再登場しましたが、即興でアンコールもできず、万歳のみで去っていきました。

今回の卒業は“別れ”ではありません。
また先へ先へと前進する為の、一つの区切りです。

頑張ってる貴女たちに、元気をもらってここまで来ました。
これからも、出来ることをやっていくだけですが、
どうか末永く、宜しくお願い致します。
sotsu30x.jpg
sotsu42x.jpg
sotsu46.jpg
 
スポンサーサイト
ハロー卒業生 | コメント:9 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。