お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

藤本美貴リゾートディナーショー2009 IN 東京 MAIHAMA(その2)

いやあ、飲んだ、飲んだ。エキゾです。
miki16.jpg
帰って参りました。
miki14.jpg
やっぱり美貴様、とてもカワイイ。
♪みっともないって、みんな言うけれど、だって仕方ないもん
だって好きなんだもん。

<セットリスト>
1.会えない長い日曜日
2.遠い恋人 (『置き手紙』のc/w)
3.銀色の永遠 (アルバム『MIKI?』より)
4.そっと口づけてギュッと抱きしめて
 (メインステージ→左客席間→センターステージ)
5.置き手紙   (センターステージ)
6.桜 <原曲:河口恭吾>
 (センターステージ→右客席間→メインステージ)
7.青いベンチ<原曲:サスケ>
8.なごり雪 <原曲:イルカ>
9.TAXI <原曲:鈴木聖美>
10.三日月<原曲:絢香>
11.大切 <『ブギートレイン’03』のc/w>
12.ボーイフレンド
jyunkai.jpg
青いラインが客席内巡回ルート。
自分は25番テーブルの赤で記した位置だったので、
はっきり、無茶苦茶おいしかった。

実はしたたかに飲みすぎたこともあり、最初からトイレに行きたかった。
ふと『桜』の歌いだしで行こうかと思い立ったが、今思うとやめておいて正解だった。
前日から正しい判断力に欠けていたので、ここは慎重に。

センターステージでも、視線がビジバシ来たが
目の前に現れた美貴さんは、握手会の時とはまた一味違ってまぶしくて・・・
逆サイドでブーケを渡したヲタがいた。
一瞬喜んですぐ返却する美貴さま。
そりゃそうだ。そんなもの持ったまま歌えない。
私のところを通る直前に、
後部座席から駆けてきて、握手を求めたヲタもいた。
マナーが出来ていないクズどもが、少々いたけれど、
その後我も我も・・・・とならなかったのはよかった。
私も笑顔で見送り、綺麗な背中を見ていた。

ほとんどが既に披露済みの曲だったが、4は何年ぶりだろう。(涙)
紅白出場曲なのに、娘。時代もずっと封印されていたはず。
『ブギトレ』『ロマモー』の復活とともに嬉しい。
(残るは『Let’s Do 大発見!』か。)

10は「絢香さんが上手過ぎるので・・・」と謙遜したが、
なかなかどうして、完璧に歌いこなせていた。
ハローでこんな歌を歌いこなせるのは、美貴さんのように歌唱力のある
ごく一部の人間だろう。

それにしても、この選曲。思わず突っ込んだのは、
「この曲と言えば、絢香と“偽ミキティー”だよな?」

絢香と“偽”は誕生日が同じ。
2005年12月24日に代々木体育館で、2人を取材していたテレビ局報道記者が
絢香の『I believe』のCDと手紙を“偽”に届けたことから交流が始まった。

2007年3月25日、東京体育館で行われた世界フィギュアスケートのエキシビション。
絢香が登場し、『I believe』にあわせて、“偽”が演技。
そしてアンコール。さらに『三日月』でも“偽”が演技。
この『三日月』は「やりすぎ」ということで、フィギュアファンから猛攻撃を受け、絢香の掲示板は閉鎖に追い込まれたという。

ご本家・ミキティーは、そんなことには関係なく
「いい楽曲だから・・・・」選曲したに違いないが、
私は・・・「ビッグな二人が友情を継続することの困難」に思いを馳せていた。
この人にもぴったりな親友、松浦亜弥がいる。
FCが分かれても、コラボの機会はこれからも作って欲しいものだ。
miki17.jpg
語る言葉、仕草、すべてが可愛い美貴さん。
やっぱり、現在のハローで女性として一番好きです。

<蛇足>
バレンタイン向けのハート型のデザート。
写真を撮る前に一口食べてしまった。
ちなみに、本日の肉は“北海道産”だそうだ。
「私も“北海道産”。気を遣って頂いたんでしょうか?」という美貴さんだった。
スポンサーサイト
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。