お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

村田めぐみ 初ソロイベント ~バレンタインKiss?~at Splash

渋谷のイベントの時間が押したので、既に入手済みのミナともイベントに間に合わなかった。
臨ちゃん、ごめん。また会えなかった。
渋谷の不二家で、Tさんと本日前半の復習と“苺魂補給”をする。

その後、この日初めてのハローネタとして、六本木“Splash”に向かった。
前の美貴さんのクリスマス同様のクソ番号。
1階席の後ろから2列目に着席。
CDに付くサインも無事にゲット。今回はバレンタイン仕様のハート型。
mumemiyo2.jpg

<セットリスト>
1.ランチ <4th アルバム『メロンジュース』より>
2.バレンタイン・キッス<原曲:国生さゆり>
3.チョコレイト・ディスコ<原曲:Perfume>
 (以上、村田)

 村田めぐみの都市伝説コーナー

4.キャッツアイ<原曲:杏里> (村田・三好)
5.三日月   <原曲:絢香> (三好)

 プペちゃんがエメラルドムーン村田からの手紙を持って登場

6.江戸の手鞠唄  <原曲:五木ひろし>
7.風になる<原曲:つじあやの 『猫の恩返し』主題歌>
8.赤いフリージア
9.告白記念日
 (以上、村田。7はミニギター弾き語り)

2はさっき聴いた、ももいろクローバー・バージョンと比較。
こっちもなかなか・・・

3は「ハローでPerfumeの曲を歌ったのは私が初めて。」と豪語する村さんだったが、ビミョーだった。

村田さんらしいコーナー満載。

『都市伝説』
①村田家の電話番号は、近所のそば屋と似ていて、
 年中間違い電話がかかってくる。
 その度に、半切れ状態で応対する村田・母。
 「うちは、○○○○のXXXXじゃありませんよ!」

 ある日、村田・母が用事を思い出して、家に電話しようとしたら、
 何度かけても、家でなくそば屋にかかってしまう。
 そう、あまりにも「○○○○のXXXXじゃありませんよ!」と
 言い続けたので、村田・母の頭の中には、
 そば屋の番号が刷り込まれてしまっていたのだ。

このネタって実は村さんご本人の口からかなり前に聞いたことがある。
日本青年館の 『むらたさん、ごきっ?』の時だったと思う。
それから、村さん「そば屋から、年中電話がかかってくる。」と言ってたけど、そば屋からはかからないよね?(爆)

②村田向上計画
 以前、めがねをかけていた村さんだが、現在はコンタクト。
 (・・・ということは、あれはダテじゃなく、度が入ってたのね・・・)
 
 かなり昔、瞼の上に光を当て、「ピッ!」と音が出て、
 「これで目がよくなる」という怪しい機械があった。
 さらに、頭から袋のようなものを被り、空気圧で目を圧迫する装置
 もあり、これが実際よく見えるようになった。
 今存在したら、是非使いたい。

③アップ・フロント・エージェンシーと未確認飛行物体の関係
 アップフロント・エージェンシー、略してUFA・・・
 領収書などに、UFOと書かれることがよくあると。

みーよを呼ぶ際、あえて“三好”、あえて荒っぽく“来いや”と決めた村さん。
ヲタも声を揃えて「三好、来いやぁ!」
「あたし、ドMなんで嬉しいです。」というみーよ、可愛い。

4は『猫目倶楽部』テーマソング。いいね。
5は11日に聴いた美貴さんバージョンは越えられないなぁ。
みーよも頑張ってるんだけどね。1曲って少な過ぎじゃん?

突然、「三日月からどんどん満月になっていく、みーよ」と言う村さん。
みんな??だったが、実は昼の部の握手の際に、ヲタが言ったことを
「いい言葉なんで」とパクらせてもらったとのこと。

7のギターもなかなかだった。
この曲、フツーのヲタは知らないだろうけど、私は大好き。

握手&2ショット。
いつもと同じく、アンケートも早々に1番手に並ぼうとしたら、
「2階席から案内するから、席に戻れ。」と言われる。
「急いでいるんですけど。」と言っても取り合ってもらえず。
1階席後ろから2番目列の私は、結局1時間以上待たされた。(怒)
(TOHOシネマズ六本木ヒルズに行く計画は頓挫)

一応、2ショットのポーズの要求と握手の時に言う言葉を考えていたのだが、長いこと時間が空いた為、何か緊張してしまい、
ポーズの要求はできなかった。
munemiyo1.jpg
握手、まずは村さん。
MCで「今日、来てくれている人はみんな味方だと思って、緊張を紛らわせた。」と言っていたのを受けて・・・
私  「9年間、ずっと味方ですよ。来週も(メロン結成記念日の)祝福
    に駆けつけますから。」
村為 「本当にありがとうございます。待ってますからね。」

ちょっとカミカミになったが、何とか言いたいことは言えた。

次、みーよ。
私  「『猫目倶楽部』、大好きなので、是非2をやってください。
    ひとみ日向の復活を期待してます。」
確か、みーよはありがとうしか言っていなかったと思うが、
「大好き」と言った瞬間と、「ひとみひなた」と言った瞬間、
握った手の力がギュッと強くなるのを確かに感じた。
言葉よりも、しっかりと感触が残った握手は久しぶりかもしれない。

前述の通り、いつもより少し緊張していたので、振り返らず出口に向かった。
その時、背中越しに、村さんから「おやすみなさい。」と柔らかな声がかけられた。
そこには私しかいない。確かに私に言っていた。
振り返って、何度も手を振った。村さんにも、みーよにも。

あったかかったなぁー
スポンサーサイト
ハロー卒業生 | コメント:2 | トラックバック:0 |

バン・アレン帯

・・・とは、赤道上空を中心に、地球をドーナツ状にとりまく、高エネルギーの粒子が多量に存在している領域。放射線帯ともいう。
このネタは、ゆうきまさみの漫画『究極超人あ~る』に出てくるらしいが、
『すすめ!パイレーツ』で、犬井さんも使ってたな・・・・エキゾだ。


・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・
・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・
・・・・ももクロにここまでしたくないから、帰ろうかな。・・・・

・・・こんなことを書いた1時間後、ももクロに再度、ハマってる俺がいた。
とれえ、ウジ虫ヲタのせいで、空いていた座席に座れず、
ポジションを確保できないまま、物販に並んだ。

いつもながらグッズを手売りしている、ももクロのメンバーたち。
Tシャツを担当していた高城れにちゃんに、「お疲れにぃ~」と言ってみた。
momokuro4.jpg
えらく喜んで、両手を差し出してきてくれたので、思いがけず握手。(笑)
他の子たちから、フォトアルバムと写真を受け取る。
momokuro5.jpg
「ももクロ 旅の詩織」も。
前回の飯田橋のイベントで、「2月14日はアキバと渋谷、両方来て下さい。」と言われて、
素直にダブル・ヘッダーを決めた我々を含むももクロヲタ。
このアキバから渋谷への旅をナビゲートする、しおりならぬ“詩織”なわけ。
こういった細かい心遣いも、どっかの事務所じゃ絶対考え付かない。
momokuro6.jpg
今回、石丸SOFT1で行われたイベントは『スタ☆フェス vol.002』というもので、
スターダストの他のユニットも出ていた。

P-A(正式名称は“Power Age (パワーエイジ) ”。
スターダストプロモーションに所属する10代の女の子9人のアイドルユニット。
昨日はそのうち4人が登場。

クリィミーパフェ
3人のうち伊倉 愛美ちゃんは、元ももクロ。
いきなり年内の単独ライブと解散を発表させられていた。

¥enガール
スターダストだとは知らなかった。全く興味ないが、とりあえず盛り上げた。

とにかく、会場のキャパと比べてヲタの数が多く、
「なんも見えねえ!!」という状態だった。

終わってからの物販はスルーして、“旅の詩織”の指示通り(爆)渋谷へ。
最後にチョコレートの手渡しがあったが、一番に行った私は複数もらえた。
「一人一個」という段取りが伝わっていなかったから。

渋谷でTさんと合流。
VUENOS TOKYOとかいうライブハウスは、「入場時に飲食物すべて没収」などと抜かす。
抗議したら女が、「ライブハウスというところは、すべて同じ。」とか。馬鹿か?
俺ら様々なライブハウスに行ってるが、てめえんとこだけだよ!!


超不愉快な思いをしつつ、階下へ。
モッシュも嫌なので、階段の手摺に沿って鑑賞。
こちらも、hy4_4yhやら光上 せあらやらが歌った後にももクロ登場。
我々のいる階段を通って。(汗)
「あかりちゃん、頑張って!」と声をかける。

アキバでは、今回発売されたTシャツを着ていたが、渋谷はいつもの衣装。
やはり有料の渋谷の方が内容が濃かったし、何よりステージと同じ目線で、じっくりと楽しむことができた。
momokuro7.jpg
終了。
皆が階段を通って帰っていくのを待っていてよかったぁ。
またまた「お疲れにぃ~」と言ったら、向こうからハイタッチ。
そのまま、6人全員と「イェイ!」「お疲れ!」・・・と手を合わせる。

「ハイタッチ会」とか、わざわざ金をとっているとこもあるよね?
どうよ?これ。(笑)
ももいろクローバー | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。