お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2009年 NO.1! 『サマーウォーズ』(ネタバレあり)

summerwars3x.jpg
心が折れそうになった時は、“栄養”のある映画を観るのがいい。
“刺激物”=香辛料のような映画じゃダメだ。

昨日は『トランスポーター3 アンリミテッド』で、スッキリしておいてから『サマーウォーズ』。
選択した順番もよかった。
summerwars2.jpg
summerwars1.jpg
当初の目的は、ななみだった。
2度の舞台挨拶には行けなかったが、12日の握手のネタとして観ておこうと。

初の吹き替えは、ななみらしい純朴さを残しながら、女の子っぽさが出ていて
上手く出来たと思う。
summerwars6.jpg
アニメの線もカッチリと落ち着いた画というより、どこか繊細さを残した感じ。
summerwars10.jpg
summerwars12.jpg
隆之介くん等も雰囲気にマッチして、独特の空気感が作られていた。
summerwars9.jpg
先入観で、田舎の旧家のドタバタ喜劇かと思っていたら、
“OZ”という仮想世界の戦いから、世界規模の“戦争”に発展していく。
“ウォーズ”は嘘ではない。
summerwars11.jpg
summerwars8.jpg
コンピューター管理社会への警報・・・などという安っぽいテーマだったら、
ここまで感動はできなかったろう。
90年生きてきたおばあちゃんの気概と、おばあちゃんを中心とした家族・親戚の絆。
ここのところは、特に私の心にヒットした。(詳しくは後で書く。)
summerwars7.jpg
summerwars5.jpg
最終的に機械に勝るのは人間の団結力。
これは家族・親戚を超えて、全人類の結束を生んでいく。
コンピューターに向かっているのは一人だが、実際は孤独ではない。
(甚だ現代的ではあるが)皆一つの世界で繋がっているのだ。

最初に感動したのは、おばあちゃんが
「あたしが出来ること」として、各界のリーダーを電話で励ましていく件。
例えば・・・・「由紀夫ちゃん、あんたなら出来るよ。」という感じで。
90年生きてきたんだ。
各界の大臣も警視総監も、洟垂れ小僧の頃から知っている。

そして、一番に泣けたところは・・・
ななみこと夏希が最後の戦いで、「もうだめか」という窮地に陥った時、
ドイツの男の子を筆頭に、世界中から助けの声が入るところ。

涙が止まらなくなった。
summerwars13.jpg
そこにほのかな恋愛も絡めて、映画は大団円となる。
今9月であるが、2009年のベスト1は今のところこの映画に決定。
「映画の楽しさのすべてがある。」とななみが語っていたのは嘘ではなかった。

12日はこの感動を素直に伝えようと思う。
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。