お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぺん、ぺん、ぎん、ぎん!

(何のこっちゃ?ってタイトルですんません。)
pen1.jpg
『皇帝ペンギン』観てきました。初めての恵比寿ガーデンシネマで。
まずこの映画で「ペンギン、可愛い!」という気持ちは、一切排除されました。
それだけ過酷な生命のドラマになってます。
俳優による「アテレコ」はありますが、そこにあるドラマはあくまで真実。
『ディープ・ブルー』で、「ペンギンの雄にはなりたくない」と思いました。
この映画は、その部分をさらに詳しく描写しています。
(雌も雛もみんな大変ですが。)
pen3.jpg

極寒の中で新たな生命を生み出していく・・・ただそれだけなのに
その過程があまりにドラマティックで、安穏とした毎日を過ごしている自分が少し恥ずかしくなりました。
ただ一つ、フランス語のアテレコが、私にはちょっと・・・・
今回に限り、大沢たかおと石田ひかりバージョンを観た方がよかったかなと思いました。
pen2.jpg

↑このビジュアルも、この映画では「かわいい」という部類に入るんでしょうが、くどいようですが、私はもはやペンギンをそういった目で見れなくなってしまいました。
「何でそこまで?」「あんたたち凄いよ!」これが感想です。

up7613.jpg
ぺん、ぺん、ぎん、ぎん・・・・
すみません。関係は全くありませんし、「ペン子」さんのベースは
イワトビペンギンのようです。(恥笑)
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:4 |
<<『人形霊』・・・人形顔の女優 | ホーム | 『ナチュラル・シティ』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

すっかり最近の新作映画を観る場となった国際線の機内ですが、7月のJALはあまり興味を惹く作品がなくがっかりしましたが、復路は8月になっていたので、フランスで大ヒットし、アメリカでもスピルバーグの「宇宙戦争」を抜いたと評判の「皇帝ペンギン」を観ることができ
2005-08-06 Sat 10:59 社長の本音日記
「皇帝ペンギン」試写会監督 リュック・ジャケCAST 皇帝ペンギンがいっぱいSTORYマイナス40℃の世界の南極大陸に生息する皇帝ペンギン。彼らはある時期になると、パートナーを見つけるためにある一箇所に集まる。そして彼らは子を育み、巣立ち、わかれていく・・...
2005-09-11 Sun 12:59 ミチミチ
監督:リュック・ジャケ声の出演:ロマーヌ・ボーランジェ 、シャルル・ベルリング 、ジュール・シトリュク 評価:77点(100点満点)DeepBlue、WATARIDORIなどと同じくドキュメンタリー映画。中身はNHKでも作れそうだと思うのだが、さすがフラン...
?DEEP BLUE をしのぐ、自然ドキュメンタリーということで前から見てみたかった半面、「ペンギンでしょ?そりゃカワイイけどさ。」とたかをくくっていた、皇帝ペンギン 。・・・すいませんでした、めちゃめちゃ面白いです、これ。ネタバレも何も無いのでストー
2006-01-17 Tue 15:38 Mumble of Member&#39;s
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。