お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『Mr.&Mrs.スミス』(ネタバレあり)

smith1.jpg
本日、休日出勤の前に気分をリフレッシュ!
やっぱり正月映画は明るいアクションに限る。
予告編を見た限りでは、夫婦の殺し屋が、お互いが標的であることを気づかないで狙い合う、という話だと思っていたが微妙に違った。
smith2.jpg
オープニングは、普通の夫婦のような倦怠期のカウンセリングから始まり、5~6年前にコロンビアのボゴダで知り合ったころに遡る。
(知り合い方からして既にフツーではない。)
それから5~6年間(笑)、バレないで暮らしていたのに、
ある標的を二人で別々に狙った後、正体がバレる。
(これも両方の組織が仕組んだことなのだが・・・)
バレてからのきわどいダンス、殺し合い、殴り合い、すべてが凄い。
smith3.jpg
結果、再びお互いを知り、二人で戦う選択をするあたりも、フツーじゃないんだけど、普通の夫婦のやり直しに似ていなくもない。
決死の覚悟で挑んだ最後の戦い・・・あっさり勝ってしまう。

スタイリッシュでありながら、アクションが丁寧に描かれていたのに好感が持てた。『ボーン・スプレマシー』なんて、カー・アクションが見難くて、カタルシスも何もなかったから。

当初はMrs.はニコール・キッドマンがキャスティングされていたそうだが、アンジェリーナで大正解だったのではなかろうか。
命ぎりぎりの艶っぽさは、ニコールでは役不足。
たとえタラコ唇でも、殺し屋として映えるのは彼女だろう。
この映画がきっかけのロマンス。いいじゃない?納得だよ。

それにしても『Mr.&Mrs.』ってのが、常に入る邦題って・・・
今後、言い難そう。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<最近、静かな映画が多いですね。 | ホーム | おひさしぶりね・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

●『Mr.&Mrs. スミス』2005年12月3日公開。予告編観る限り『スパイキッズ』の夫婦や、『トゥルーライズ』のスパイ夫婦にも見えるんだけど・・・。もうやんないのかなぁ『トゥームレイダー3』、1で共演したダニエル・クレイグがいつの間にか『007』のジェーム...
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。