お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最近、静かな映画が多いですね。

『大停電の夜に』
dai1.jpg
登場人物に悪人が出てこない。
最近の日本映画は、現実の人間が失いかけている優しい繋がりのあるものが多く、ヒットもしている。しかも今回は現代の話。
本作も観客動員8位と検討はしているものの、どんどん上映館が減らされ、映画の舞台であるクリスマス・イブまでもつのか心配。
大東京が突然、大停電に見舞われ、登場人物達にとって忘れられない晩となっていく。
大きな事件が起こるわけではないが、それぞれにちょっとしたアクシデントがあり、大切な人と向き合うことになる。
dai2.jpg
登場人物ほとんどに何らかの関係があって、最後には豊川悦司が営むジャズバーに集結する。
ここで田口トモロヲがスルっと抜けるのが、うまい。
不倫相手(井川遥)と鉢合わせは避けたいだろうし、
妻(原田知世)が昔の恋人(豊川)と会うシーンも見たくはないだろう。
実の母の今の夫(宇津井健)とは、何気なく会っていたりするのだが・・・
dai4.jpg

原田知世が綺麗だ。(田畑智子もイイが)
ここ数年は「おばさんっぽくなったなぁ。」とか
思っていたが、『姑獲鳥の夏』と本作で完全復活である。
dai3.jpg

本作の冒頭で紹介される「サンタ追跡システム」。
http://www.noradsanta.org/jp/default.php
人口衛星から、赤鼻のトナカイことルドルフの鼻を感知するという完璧(?!!!)なシステム。劇中で語られているように、アメリカは子供の夢の為に軍隊が演出をしてしまうのだ。こういうとこは、あの国が好きだ。
ちなみに、サンタの最終到着地は、12月25日・ハワイだそうです。
・・・・・ワクワク・・・・・
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<八面六臂の大活躍(自分で言うか?)・その1 | ホーム | 『Mr.&Mrs.スミス』(ネタバレあり)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

クリスマス・イブの大停電。クリスマスシーズンの作品としては、ファンタジックで良いのではないでしょうか。クリスマス・イブの夜にそれぞれの会いたい人、会いたかった人への思いが溢れる夜。。。なんてロマンチックなんでしょうか。でもねぇ、、、無理がありすぎる...
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。