お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中澤裕子出演 『笠置シヅ子物語』

shizuko.jpg
(土日、ごっちんの件以外でも色々ありましたが、時系列を遡って書きます。)
今回の舞台、ほとんどノーチェックだったのだが、e+で何とA席半額というセールをやっていたのに、飛びついての観覧となった。
天王洲アートスフィアは、以前宮沢りえの『コヨーテ』が中止になってしまい、それから足を踏み入れる機会がなかった。
その名の通り、円形の客席がステージを取り囲むように配されていい感じ。(私は3階席だった・・・半額だから仕方ない。)
真琴つばさ主演とあって、圧倒的におばはんが多かった。
我らが中澤裕子は、笠置のところに転がり込む、弟子というか、身の回りの世話役。
普段ハローの中にあって、最年長を強調される裕ちゃんだが、
外に出るとすごくチャーミングで、生き生きした前向きな役を楽しそうに演じている。
裕ちゃんなら、演技も歌唱もハロー外に出しても恥ずかしくない。
これからも活動の幅を広げて欲しい。

それ以外のキャストで、服部良一役で草刈正雄が出演。
昨日の『ケータイ刑事』の高村一平から続けて縁があるな。kusakari.jpg
昔からこんなキャラだっけ?キザではあったけど、喋り方は普通だったと思う。
現在はまるで『古畑任三郎』のように、デフォルメされたキャラクターになっている。

歳がバレるが、笠置シヅ子さんと言えば、日曜日の午後やっていた『家族揃って歌合戦』の審査員で見たことがある。
私が生まれる前に彼女は歌うのを止めていたから、「ブギの女王」だなんて思ってもみなかった。
ただ当時「いいたい事をズバリ言うおばはんやなぁ。」という印象は残っている。この物語の笠置さんの片鱗は伺えたわけだ。

終戦直後を知らない私でも、「東京ブギウギ」が生まれた瞬間は感動した。
(この歌を紅白で歌ったのは、まっつーだったなぁ。)
人生を飄々と楽しく、前向きに生きた人だから、辛いエピソードよりもあの時代のいい話が泣かせるのだ。
三度にわたるカーテンコール。・・・真琴つばさのスピーチもよかった。
こういった、いい仕事が出来る裕ちゃんは恵まれている。
裕ちゃんのヲタは、その辺のガキとは違うので、皆静かに見守っていた。
さらに多くのファンサイトから、花が届いていた。ワシら、ごまヲタもがんばらねば!!・・・と思った。
(♂からの花の写真しか撮れなかったが。)
yuko.jpg
これからも、どんどんいい仕事をしてね、裕ちゃん。
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<舞台挨拶つき『ケータイ刑事 THE MOVIE』 | ホーム | うえ~ん>>

コメント

シャボンです。エキゾさん、裕ちゃんの舞台いかれてたんですね。(今頃(;^_^A)
今回の舞台、(友人からきいたのですが)結構出番も多かったようで、行けばよかったと少し後悔しています(>_<)。(大阪の日程が合わなかったんですけどね…汗)
2006-02-08 Wed 21:27 | URL | syabon [ 編集 ]
>シャボンさん
ご訪問頂き、ありがとうございます。
ホント、e+のメールが来るまで、
チェックしてなかったんですよ。
あんな立派な舞台を半額で観て、
悪いような・・・
名古屋の日程は長かったんですね。

会場で生写真(各一人)付のDVD予約を受け付けてましたが、
金欠の為回避しました。
(7000円は高い!)
2006-02-09 Thu 00:35 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。