お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『北斗の拳』YOUは SHOCK!(若干ネタバレ)

hokuto.jpg
観てきました。
(2006年3月12日朝・補完)

昨日は舞台挨拶もあったらしいけど、地元で朝一番で鑑賞。
最初の劇場映画化は20年前。
その間、くだらないD級アクションとなった実写版、トリビアにも出た韓国版、フランス版とかもあるが・・・・なかったことにしよう。(笑)

『真・救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』というのが全タイトル。
今回の『真・救世主伝説』シリーズは、OVA2作、劇場版3作から成る遠大なプロジェクト。2008年の劇場公開版で完結となる。
アニメなんだから、もう少し早くできないかとも思うが、「北斗の拳」自体、話が完結しているので安心して待てるというものだ。

前作はケンシロウとラオウの最初の闘いまでを、いささか駆け足で描いていた。今回は聖帝サウザーとシュウのエピソードを中心に、北斗三兄弟が絡む構成。そこに、ラオウを想う新キャラクターのレイナが、博多から登場。
タイトルの“殉愛”を担うキャラとして、声優初挑戦の柴咲コウが奮闘している。(ナレーションも彼女)
どうも顔の雰囲気が違うと思ったら、このキャラのみ北条司さんのデザイン。・・なので、『CAT'S EYE』の泪ねえさんみたいなイメージ。
幼少期のラオウのちょっといい話と絡むのはいいのだが、ユリアはどこ行った?
原作では、海のリハクの娘=トウもラオウを愛するがゆえに目の前で命を絶ったが、レイナは気が強くヤンキーで自分の意思でラオウの覇道に加勢し、散る。
ここが今回の“殉愛”に通じるが、結果レイナが生き残った以上、
今後のラオウの“愛”がどうなるかは見物だ。(・・ってゆーか、ラオウに“愛”って・・)

ケンシロウ役の阿部ちゃんは、なかなか良い。
気合の入った怪鳥音は、神谷明を越えたと言っても過言ではない。
『シムソンズ』では遺影のみの出演だった(笑)、宇梶さんのラオウの声は
もう少し重い人の方がいい気がする。

まあ、大筋の話は北斗のファンならずとも、皆「すでに知っている。」
今後、どう展開するか期待しよう。

P.S.
今回ケンシロウの復活シーンで、「愛をとりもどせ」が流れたことが嬉しくて、このスレタイにしてみました。再録音したのだろうか?
クリキン田中の声は、もう出ないはずだけど・・・
スポンサーサイト

映画 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<メロン記念日・初主演ミュージカル 『GIRL’S KNIGHT』 | ホーム | 『奇妙なサーカス』(ネタバレのみ)>>

コメント

私はエミリー・ローズ見てきました。
2006-03-11 Sat 22:37 | URL | ういん [ 編集 ]
もしかして舞台挨拶でしたか?
2006-03-11 Sat 23:06 | URL | ういん [ 編集 ]
実は地元で9時台スタートが、『エミリー・ローズ』と『イーオン・フラックス』で、
本作が10時台だったので観ることになりました。
『エミリー~』いかがでしたか?

>舞台挨拶
今朝のスポーツ紙で知りました。(涙)
2006-03-12 Sun 10:47 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。