お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メロン記念日・初主演ミュージカル 『GIRL’S KNIGHT』

girls-knight.jpg
観てきました。いやぁ、個人的に思い入れのある池袋。
東京芸術劇場は、先頃亡くなった伊福部明先生のコンサート以来。

良かったです。本格的なミュージカルでした。
メロンもよく声が出ていました。それをベテランのアンサンブル・キャストがみごとに支えていました。
最初タイトルを聞いた時、RPGみたいなコスプレ劇になると思っていたので、いい意味で期待を裏切られたと思います。

そして以前Kさんに言っていたように、今回は音楽が♂ではなく、
『乙女パスタに感動』の永井ルイ氏。
主題曲他の楽曲が素晴らしく、カッコいい!
今でも口をついて出てくるメロディー・・・やっぱりミュージカルでは重要。

前半の現代劇と後半の劇中劇のバランスもよく、コスプレ劇というよりは、サスペンスものとして仕上がっています。
肝心な謎の部分は懲りすぎて、2度観ても「?」なところがあるのは残念。

やっぱり、歌唱力があるメロンはこういった道も開けています。
むらっちは単独で『フリーダム』に出演するのも頷ける大熱演。
青年館からリハ日数が少ない中、みごとに舞台を務めた4人に拍手。

そして昨日は期待通りの千秋楽スペシャル。
『THIS IS 運命』の大サービスと、何度となく応えてくれたカ-テンコール。
普段のライブでは絶対やれないことが、ミュージカルだからこそ出来ました。
満足しました。
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<青山の亜弥、青木の彩 | ホーム | 『北斗の拳』YOUは SHOCK!(若干ネタバレ)>>

コメント

やはり、メロンの底力は凄かですばい!
『超B級』とはメロンための形容詞かもしれませんね・・・ターミネーターで初めて「シュワちゃん」を見たときのような感動ですね。

メロンヲタの大半はベリヲタになつたとの噂ですが、これだけ濃いパフォーマンスを毎回提供していれば、ヲタが戻ってくるのは間違いないですね。
2006-03-14 Tue 21:07 | URL | アヤンスキー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。