お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

舞台挨拶参加履歴(その2)

映画の舞台挨拶は、すっかり第3の趣味のごとく連続して行っている。
ミーハー度全開。
rie.jpg
6月3日(土)
『花よりもなほ』(丸の内ピカデリー1)
岡田准一、宮沢りえ、古田新太、田畑智子、上島竜兵、木村祐一
千原靖史、寺島進、田中祥平、浅野忠信、原田芳雄、是枝裕和(監督)
6月10日(土)
『初恋』(シネマGAGA!渋谷)
宮あおい、小出恵介、宮将、小嶺麗奈、柄本佑、青木崇高、松浦祐也、塙幸成(監督)
hatsu.jpg
6月17日(土)
『デスノート』(丸の内ピカデリー1)
藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、鹿賀丈史、金子修介(監督)
deathno.jpg
『タイヨウのうた』時間合わず

7月8日(土)
『ブレイブストーリー』(新宿ミラノ座)
松たか子、今井美樹、大泉洋、ウェンツ瑛士、千明孝一(監督)
司会:佐々木恭子(フジテレビ)
brave2.jpg
7月15日(土)
『笑う大天使(ミカエル)』(シネ・アミューズ・ウエスト)
上野樹里、伊勢谷友介、関めぐみ、平愛梨、加藤啓、小田一生(監督)
michael2.jpg
『colors』(シネ・ラ・セット)
高野八誠、川村亜紀、マメ山田、目黒真希、山本浩司、渡辺真起子、柿本ケンサク(監督)
colors2.jpg
『全身と小指』(シネ・アミューズ・ウエスト)
池内博之、福田明子、街田しおん、赤堀雅秋、堀江慶(監督)
zenshin.jpg
『日本沈没』玉砕!
7月22日(土)
『神の左手、悪魔の右手』(アミューズCQN)
渋谷飛鳥、前田愛、田口トモロヲ、楳図かずお、山本奈津子、清水萌々子、小林翼
guwashi.jpg
『怪談新耳袋・ノブヒロさん』(シネマート六本木)
内山理名、平田満、豊島圭介(監督)、木原浩勝(原作)
司会:安東弘樹(TBS)
nobu.jpg
『ハチミツとクローバー』玉砕

そして8月につづく・・・・
スポンサーサイト

舞台挨拶 | コメント:8 | トラックバック:1 |
<<ヤグを観る為、アキバへ。 | ホーム | 寺島しのぶさんと共演?!>>

コメント

いつも感心されています。
エキゾさんのリポ読んでいると、楽しい雰囲気が伝わってきます。

舞台挨拶の回って、非常に混んでいるというイメージがあるのですが、観るのもご苦労されるんじゃないですか?
2006-08-06 Sun 07:00 | URL | コマ [ 編集 ]
>コマさん
そう言ってくださると、本当に嬉しいです。
最近、なかなか映画スレへのコメントが少なくて。
うさPさんのお友達は、映画・舞台にかなり造詣が深かったので、ブログをお教えすればよかったです。

舞台挨拶確保は、ハローと何ら変わりません。
ネットのみの受付の時は、繋がらずにイライラし、やっと繋がったら売り切れとか・・・
発売日に並ぶ時は、いかに早起きできるかが鍵です。
ハローと一番違うところは、俳優・女優さんは、お金を払ってもなかなか会う機会がないところです。
次回の高橋真唯さんの時は徹夜か始発で。(笑)
2006-08-06 Sun 08:53 | URL | エキゾ [ 編集 ]
宮崎あおいちゃん、上野樹里ちゃんを生でみているエキゾさんがうらやまし~。
この二人の演技、結構すきなんですよ~(;^_^A
2006-08-06 Sun 22:55 | URL | しゃぼん [ 編集 ]
『純情きらり』と『てるてる家族』ですか・・・『てるてる~』には、上原多香子が出てましたね。いしだあゆみ風の役で。
あとは『風のハルカ』に、黒川芽以ちゃんと水川あさみさんが出てるのを見たことがあります。

樹里ちゃんは、『サマータイムマシン・ブルース』もいいので、ビデオ借りて観てください。
役の上ではしっかりしてる彼女、舞台挨拶では、ボケボケで楽しかったです。
2006-08-07 Mon 00:28 | URL | エキゾ [ 編集 ]
もいいですね~。個人的にというか、主役の人より脇の人が好きなんで・・・(汗)【例外あり】ですけどね。

オススメの『サマータイムマシン・ブルース』をぜひ、みたいと思います。

異性俳優としては、池内博之にも一時期、ハマったことあるんですけどね。
完全なミーハーですね(汗)
2006-08-07 Mon 09:37 | URL | しゃぼん [ 編集 ]
『サマータイムマシン・ブルース』・・・実は、樹里ちゃんよりも、メガネの(!)真木よう子さんの方が好みなんです。
今週末の『東京フレンズ』何とかゲットしました。

>池内君
『GTO』
『天国に一番近い男』と
立て続けに窪塚とぺアを組んでた頃が懐かしいですね。
最近は性格俳優然としてますけど。
2006-08-08 Tue 00:11 | URL | エキゾ [ 編集 ]
うーん。行ってますね。
私も6月ぐらいから少し仕事と時間に余裕が出て、「映画に」というよりは「舞台挨拶に」って感じで何本か見ております。
生で俳優さんを目にすると、親近感はすごく沸いてしまいますね。
見た映画への気持ちも10%ぐらいアップするのかな?
それでもたまに、とんでもなく落ち込む映画もありましたけど・・・
2006-08-23 Wed 10:03 | URL | ダンス [ 編集 ]
舞台挨拶は俳優・女優に会える数少ない機会ですし、折角映画を観るなら、気持ちがUPするのも事実です。
ただ、そうかと言って手放しでその映画を褒めるかというと、必ずしもそうではありません。
『亡国のイージス』や『ブレイブ・ストーリー』『ゲド戦記』などは、
がっかりしたと同時に、舞台挨拶に来てくれた出演者に申し訳なく感じました。
2006-08-24 Thu 00:26 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

是枝裕和是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年 - )は、東京都清瀬市出身の映画監督。東京都立武蔵高等学校、早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。テレビマンユニオンに参加し、ドキュメンタリー番組の演出家をつとめた後、1995年映画監督デビュー。現在までに5本の劇場映
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。