お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リボンの騎士・ザ・ミュージカル(2回目)

tsuji2.jpg
22日に取ったチケットで行けなくなった。
「このままでは、辻=ピエールを見ないで終ってしまう!」と思い、
急遽、上京して参戦を決めた。
チケットはYAYAさんに買って頂いた。(あーざーす)

やはり自分が観た前回と異なるのが出演者。
梨華ちゃん=フランツ・・・噂通り、ひどかった。
演技は頑張っているのは認めたいが、やはり歌の伸びが・・・・
松浦が皆を引っ張っていっているのと、対照的だった。
これでも最初の頃よりはマシになっているそうだ。
やはり梨華ちゃんには、乙女な役が合っているようだ。
決して梨華ちゃんが嫌いなわけではないし、
その頑張りにはいつも脱帽している。
だからこそ生かして欲しい。

ののは、本来“淑女”役もあるはずだったが、
怪我の為、“牢番・ピエール”役のみ。
なかなかの熱演で、髑髏のついた松葉杖を飛ばす度にヒヤヒヤ。
ピエール役はハンディを乗り越えてこなせたといえる。
そしてフィナーレでは、どこか懐かしいイントロが・・・
“ハロプロ☆パーティー2006”で聴き慣れた
『恋ING』(『Go Girl~恋のヴィクトリー』のc/w)。
まさかここで、しかもののソロで聴けるとは思わなかった。
松葉杖なしで歩く姿はまだ痛々しかった。
グランド・エンディングでは、さすがに階段を降りるわけにいかず、
左サイドからの登場となった。
怪我がなく、さらにあいぼんがいたら、また別の舞台になっただろう。

全体に対する感想は、ほぼ前回と変わりない。
相変らず、ミキティのセリフが聴き取りにくい。
「あんなにエコーかかってたっけ?」と、YAYAさん。
要はヘケートも、永遠よりも一つの愛が欲しかった、
愛される愛よりも、愛する愛に気付いて魂を置いて去っていく、
・・・・というところなのだが・・・・

前回、「たいしたことない」と言った箙さんが今回は際立った。
彼女にも調子がいい時とそうでない時があるのか、
周りの出来によって際立つのか。

自分としてのあと残りは、
なっちフランツの25日と
千秋楽=ピーマコFINALの27日である。
ribon5.jpg

スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ちっくしょ~ | ホーム | 夏休み>>

コメント

ヘケート、確かにエコー強くしてきましたね。
どういう意図があるのかよくわからないです
と、いうか、エコーかけるとあまりいい印象を抱かなくなるんですけど・・・・

梨華はね、やっぱ女性女性している娘なんですよ。
そう思いましたね
2006-08-18 Fri 08:44 | URL | コマ [ 編集 ]
自分の今回感じたこと。エキゾさんが横で探しものがあったのかカバンもガサガサ。飴ちゃんを取り出して舐めるたびにガサガサ音をたてたこと。
淑女達が『フララフラ』を歌い終わるや『あれは何て歌っているんですか?』と上演中に質問したこと。
2006-08-19 Sat 20:40 | URL | やや [ 編集 ]
それを言うなら、ややさんは何回も観ているからなんだろうけど、
マスクをしながらもセリフを先に言ったり、娘。と一緒に歌っていたりしましたよ。
質問無視したくせに、自分を棚に上げたこと言わないこと!
2006-08-19 Sat 23:17 | URL | エキゾ [ 編集 ]
台詞先に言ったり、一緒に歌う・・・
いるよ、そういうウザイ客!

お前の勘違い感情の台詞や歌が聞きたいんじゃねぇ~!!って思う時がありますね。

自分の心の中で一緒に歌うのは一向に構わないのですが、実際に声で出されるのは、マナー違反ですよね!

だいたい、そういう客が感情表現できるわけがない!
表現できたら、実際舞台に立ってるって(笑)

付け加えるなら、表現は毎日違うのだから、口ずさみながら観てたら、役者の良い所見逃すよ。

なお、これは一般論ですからね。
2006-08-19 Sat 23:45 | URL | コマ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。