お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おかえり!スーパーマン!

只今、『Superman the movie』地上波にて放送中。
この映画は、私自身のオールタイム・ベスト1である。
だから新作『スーパーマン・リターンズ』も、
「中途半端なものを作ったら承知しない。」という格別の思い入れで観た。
長くなるのを許して欲しい。
superman1.jpg
結果から言うと、この旧作ファンの年寄りも満足させる素晴らしい出来だった。
オープニングからして、1作目へのオマージュに溢れ、
聞き馴染んだテーマ曲に心が躍った。
オリジナルのジョン・ウィリアムズの楽曲と比べたら、短縮バージョンだし重厚さに欠けるが、ここは贅沢は言わないでおこう。

28年の歳月でVFXは数段進歩し、その飛翔のバリエーションは増えたが、根本にある精神は何も変わっていない。
私の観たいスーパーマンが、文字通り「戻ってきた」のだ。

『スーパーマンⅡ・冒険編』は、レックス・ルーサーだけでなく、
クリプトンの3悪人が敵になり、スケールも大きくなった。
しかるにエモーショナルな面では、1作目に及ばなかった。
『ダイハード』より『ダイハード2』を好む人間にはウケたと思う。
また『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のⅡ・Ⅲ、『マトリックス』の2・3作目、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の2・3作目は同時撮影されたが、
1作目と2作目が同時撮影されたのは、『スーパーマン』が初めて
ではないだろうか。
音楽はジョンが退いたのに、楽曲がすべて焼き直しだった。

続く『スーパーマンⅢ・電子の要塞』は、最も不満が残った。
小悪党が作ったコンピューターが相手では、スケールが小さくなって
当たり前。
それに、SNL出のリチャード・プライヤーを持ってきて、コメディに頼ろうとしたのも情けない。
唯一の見せ場は、クリプトナイトによって悪の心が芽生えたスーパーマンが
善と悪に分かれて戦うところくらいか。

これなら『スーパーマンⅣ・最強の敵』は、まだマシ。
テーマ曲もルーサーも復活し、再度ロイスの出番が増えている。
ただ敵のニュークリアマンは、マンガチック過ぎた。
原題が“QUEST for PEACE”なので、核廃絶のメッセージが強かった。スーパーマンが各国の核ミサイルを集めて、宇宙に捨てる場面は、ファンタジーながらスカっとした。

もう一つ、従妹が活躍する『スーパーガール』もあるが、
フェイ・ダナウェイ、ピーター・オトゥールという2大名優の頑張りによって
何とも珍妙な作品になってしまった。
監督も『燃える昆虫軍団』『ジョーズ2』のヤノット・シュワルツだもんな。
音楽はJ・ウィリアムズと双璧をなす巨匠J・ゴールドスミス。これは良し。
『スターウォーズ』に対して『スタートレック』のテーマが
存在するのと同じ。

テレビ・シリーズは語れません。私は映画ファンであるので。
superman3.jpg
さて大分寄り道したが、今回の『~リターンズ』は『Ⅱ』の5年後という設定らしい。
クリプトンが残っているかもしれないという淡い期待で、
宇宙に探しに行っていたスーパーマンが戻ってくる。
この場面は、旧作で初めてスモール・ビルに飛来した時を彷彿とさせるし、少年時代を回想という形で再現したりもする。

最初に飛行機を救った後に、
「飛行機を嫌いにならないで。統計学的にも安全な乗り物です。」
と言うセリフは、『Ⅰ』でヘリコプターから落ちそうになったロイス
を救った時のセリフそのままで、嬉しくなった。

ジョー・エルことマーロン・ブランドのセリフも、
Ⅰ・Ⅱ以来繰り返し使われてきた。
ジョー・エルも故人だが、ブランドも故人であるので仕方がない。

・・・このように、『スーパーマン・リターンズ』は、
迷走してしまった旧作シリーズを、1作目の高みまで戻そうとしている作品だ、と断言してしまいたい。
superman2.jpg

今回、ルーサーが悪用するのは、他ならぬスーパーマンのパワーそのものだし、
クリプトナイトによって、普通の人間同様に死に瀕するなど、
基本に立ち返っているのではないか?

さて、放映中の1作目は終盤に差し掛かっている。
もう、クリストファー・リーブはいないんだなぁ。
でも多方面で言われているように、その精神はみごとに
ブランドン・ラウスに引き継がれている。
『~リターンズ』は、リーブ夫妻に捧げられている。
続編もあるそうだが、ジュニアを中心に今度は迷走しないように
心から願いたい。

スーパーマン、おかえり。
そして、私もその懐かしい世界にまた帰ってこれた気がする。
・・・ただいま・・・
スポンサーサイト

映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『UDON』初日! | ホーム | ミュージカル・コメディ 『MAMA LOVES mambo Ⅳ』>>

コメント

初めまして。
「高橋真唯」ファンで、ブログ良く拝見しています。
私も、管理人様と同世代かな?
「・・・リターンズ」良い出来でしたね。私もあのメロディが流れたときに、少しウルッときました。
「おかえり」「ただいま」
どこか懐かしい表現 いいですね。
2006-08-23 Wed 09:49 | URL | ダンス [ 編集 ]
前からご訪問頂いていたのですね。
ありがとうございます。
『スーパーマン』、夢があっていいです。
「おかえり」=なっちのミュージカルだったり。(汗)
2006-08-24 Thu 00:57 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。