お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『日本以外全部沈没』(ネタばれあり)

nihonigai2.jpg
やはり映画抜きの週末もあり得ず、
来週の『バックダンサーズ』『LOFT』『親指さがし』の舞台挨拶のチケも何とかゲット。
そんで何か今週はないかな?・・・と思ってネットを見たら、
この映画が2日からというのを忘れていた。
昼12:00からの整理券配布だったが、かなりの列になっていて、
挨拶時には通路に座る人も出たくらい。・・・こんな映画で。(笑)
もっとも原作は本家の直後に出版され、小松左京先生も認めた由緒正しき(?)もの。
昨日や今日、新作に目配せして作られた作品ではないのだ。

だから映画化は正に満を持してという感じ。
そんで、監督は『いかレスラー』 『コアラ課長』
『かにゴールキーパー』の河崎実。怪作になるに決まっている。
本家を大きく裏切る沈没のスケール。
パニック・スペクタクルではなく、その後の外人問題をセコく描く・・・
大爆笑ではなく、苦笑に近い微笑。
これぞ、B級映画への最高の賛辞なのだが。

映画の中に出てくる『うまい棒』が全員に配られた。
挨拶は実に14人。ここシネセゾン渋谷の4倍近い広さの劇場で行われた『花よりもなほ』以来の人数だ。
nihonigai1.jpg
主演の若者4人組に加え、特筆すべきは旧作の映画版・小野寺である藤岡弘、
テレビ版・小野寺である村野武範の夢の共演。
偽外人スターを引き連れて登場のデーブ・スぺクター。
そして本作の原作者で、男優としても活躍(?)している
筒井康隆先生。
本家より豪華だった気がする。
スポンサーサイト

映画 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<なっちと牛丼 | ホーム | ウルトラマン・フェスティバル2006>>

コメント

写真と文を重ねると、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきました!!

筒井先生、ユニークだな~
こういう洒落っ気って好きですね
2006-09-09 Sat 06:23 | URL | コマ [ 編集 ]
『日本沈没』が大ヒットしたお祝いに小松左京、筒井康隆、星新一で飲んでいた時、星さんが「日本以外が全部沈没したら、世界中の人間が日本に押し寄せるんだろうな。」と言った。
これを筒井さんは1週間で小説にした。
3人の日本SF界を代表する巨人が、
『日本沈没』と『日本以外全部沈没』をセットで世に送り出したのです。
2006-09-10 Sun 00:31 | URL | エキゾ [ 編集 ]
さっき、『シネセゾン渋谷』 で 『日本以外全部沈没』 を観てきて、いま家に帰った所です。
午前 11時40分頃に整理券をもらいに行ったら、整理番号が5番だったので、空いているのかな、と思ったら、21時すぎの開演時には満員で、通路にも人が座る盛況ぶりでした。
こんなに客が集まるのは、SFファンの間では、伝説的な作品だからでしょう。
私もこれが映画化されると聞いたときには、興奮しましたもの。
原作を大幅に膨らませていますけど、基本的には原作に沿っていますね。
原作はずっと絶版だったのに、会場に売っていました。再版されたのですね。喜ばしいことです。

本編上映前に、『ヅラ刑事』 という映画の予告編をやっていましたが、これも、『日本以外全部沈没』 と同じく、監督:河崎実、企画:叶井俊太郎 ですね。
私の好きな飯島愛が出るので観に行きたい気もしますが、「友情出演」だそうなので、たぶん少ししか出てこないんでしょうね。

しかしながら、整理券を昼にもらってから、21時まで渋谷で時間つぶしをするのは大変でした。

なっちディナーショーに申し込みましたけれど、ディズニーリゾートですね。舞浜から二つ目の駅が家から近いので交通費はあまりかからないですが、チケット代は高いです。
2006-09-10 Sun 01:06 | URL | つけめん大王貞治 [ 編集 ]
>つけめん大王貞治さん
おお!ご覧になりましたか!
自分はお昼ごろ、渋谷東急にて『バックダンサーズ』の舞台挨拶を見てました。2回目は空いてましたので、いらっしゃればよかったのに。
あと、東急本店前横にシネ・アミューズとシネ・ラ・セットが入ったビルがあります。
ここは入場しなくても、大量にチラシが手に入りますので、よく足を運んでます。
ほぼ毎週、何らかの舞台挨拶もやってます。
>>『ヅラ刑事』
今週末舞台挨拶がありますが、
残念ながら愛さんは来ないみたいです。(笑)
2006-09-10 Sun 06:25 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。