お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GWは映画もね!(ネタばれあり!)

三連休だというのに、まだ1本しか観ていない。
我ながらどうしたことか?九州時代なら6本は行ってただろう。

『インファナル・アフェアⅢ』
まあ、主役の一人が一作目で死んでいて、続編を作るのだから、
制約があるのは仕方ないやね。

『Ⅱ』同様、今回もサイドストーリーで引っ張るが、熱くなれなかった。
私にとっての『Ⅱ』は、主人公・二人の若い日はどうでも良く、
サムとウォンのサイドストーリーに熱くなれた感じだった。
今回『Ⅲ』は、ヨンとシェンが渋い絡み方をするのだが、
何せ存在自体が謎を含んでいて、最後までわからない。
それが、熱くなれなかった理由だ。

スタッフは、「当初からⅡ・Ⅲの企画があった」と強調するが、
本当にそうなのであろうか?
もし仮にそれが本当なら、二人を中心にしたサイドストーリーの
膨らまし方がもっとあったと思う。
たとえが飛躍しすぎるが、『振り向けば奴がいる!』の特別編は
主役二人が死んでから、その直前のストーリーをみごとに描写し、
一つの作品として一級の完成度を持っていた。

本作も死んだヤンが頻繁に登場するものの、正直なところ、
本筋とはかかわりがない役廻りだ。
今回はあくまで、その後のラウがメインで、ヤンはむしろ
その精神にまで入り込む「幻影」か、「亡霊」か。

この作品の持つ、大河のような流れが好きな一方で、
あまりに目まぐるしい時系列の変化に、
時々付いて行けなくなることも確か。
特にこのシリーズを、本作で初めて観た人はわからないだろう。

ハリウッド版は、純粋に『Ⅰ』のみをやるのか、それとも
シリーズ全体をまとめて見せるのか。
ラウがマット・デイモンじゃあなぁ・・・・
infernal3s.jpg

スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:3 |
<<後浦なつみ | ホーム | GWもやはりハロー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「インファナル・アフェア?・終極無間」★★★トニー・レオン、アンディ・ラウ、レオン・ライ主演下っていくエレベーター。仏の間を自分の重みで落ちていく。響き渡る銃声。シリーズのラストを飾る印象的なオープニングシーン。トニー・レオンの弱々...
2005-05-02 Mon 23:18 soramove
貴方のお気に入りの台詞は?私は・・・「運命は人を変えられるが、人は運命を変えられない。だが、彼らは何かを変えた・・・よそう。明日はまた新しい日だ。」  (うろ覚え)とち狂ったアンディ・ラウが、一人で暴走して物語を強制終了させる映画でした(巻き添えで死んだ人、
インファナル・アフェアIII 終極無間申し訳ございません。なんのためのインファナル・アフェアフェア か、、、寛平ちゃんではありません!でも、前の2作復習していなかったら、もっと???だったでしょうね。こんなに時間がコロコロ前後する映画、1回見て理解できる...
2005-09-22 Thu 06:17 猫姫じゃ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。