お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

舞台挨拶、三件(長くなるぞ!)

渋谷で夜明しして、迷ったが一度帰宅。
再度渋谷に出動して、しゃぼんさんと一時間ほど談笑した後、
『バックダンサーズ』の舞台挨拶へ。
永山監督、hiro、ソニン、平山あや、サエコ、マサトさまこと田中圭の6人。
監督は『東京フレンズ』が奇しくも同時公開され、女性4人の青春群像という点も共通。
ただ撮ったのはこちらが先らしく、“初監督作”と紹介されていた。
back2.jpg
爽やかな感動が残る。
4人とも個性的だし、脇もいい。
敢えて難を言うなら、クライマックスのダンスシーン。
多数のダンサーがエキストラとして出演しているのだが、
こちらが凄すぎて、牽引していくはずの4人が引き立っていない。
ダンス初挑戦の平山を始め、4人がどれだけの特訓を行ったか想像に難くない。
それだけに残念だ。
その努力が4人のピュアな涙となって、感動的な舞台挨拶になった。
夢に向かって頑張るのは美しい。
それが女の子ならもっと美しい。
『東京フレンズ』とも共通するテーマだ。
back1.jpg
何故か左からのショットを使われている為、バッチリ映っている私。
写真がコピペできないので、リンク先をご覧あれ。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=2262&offset=0
それから、1stライブに行けなかった為、ソニンと会うのは初めてだった。
自分でも意外。
そのソニンさんのブログ
http://www.jocoso.jp/sonim/
(左にもリンク貼っておきます。)
渋谷の後、川崎とさいたまも回ったので、ハシゴされた方もいるようだ。
loft2.jpg
渋谷から池袋に移動し、『LOFT ロフト』の舞台挨拶。
マスコミ取材は大杉漣さんも出席した、新宿のテアトルタイムズスクエアだったが時間的に無理だった。
池袋でさえ、昼飯も食べられない状況だった。
疲れも頂点に達していたので、映画の方は・・・寝た。
『CURE』『カリスマ』『回路』・・・とまあ黒沢清監督作は、
私には高尚すぎて、眠りを誘う作品ばかり。
『松子』で会えなかった中谷さんが綺麗だったから、ま、いいか。
loft.jpg
別スレで書いた松浦亜弥様の初日・最前列を初体験して・・・翌9月10日。
oyayubi1.jpg
oyayubi2.jpg
『親指さがし』関東縦断舞台挨拶キャンペーン。
これも時間の都合で折角取れた池袋ではなく、7箇所のうち、朝一番の新座に参加。
新座なんて初めてだし、これからも行くかどうか・・・(笑)
三宅健目当てのジャニヲタは当然ハシゴで、舞台挨拶が終るとそそくさと会場を出ていた。
前方の半分くらいが空席となった。
『シムソンズ』の時の自分があるから、人のことをとやかく言えない。
ただ、ジャニヲタと関わるとロクなことがないので、ひたすら無視。
向こうも「なんでこんなオッサンが?」と思っているであろう。
映画はただのホラーじゃなく、ちょっと苦いサイコ・サスペンスとなっていた。
『LOFT ロフト』よりは、簡単でおもしろかった。
『カーテンコール』主演の伊藤歩もよかったが、急遽参加が決まった永井流奈さんがキュートだった。
こんな拾いもの(?)も舞台挨拶の楽しさ。

その後、松戸⇒横浜と移動してライブに参加してから、出社した。
(やっと書けた!あとはメロンライブを残すのみ。)
スポンサーサイト

舞台挨拶 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<めろめろメロン | ホーム | FD(ファイナル・デスティネーション)ナイト>>

コメント

何度も目を凝らして見たのですが、見当たりませんでした・・
2006-09-14 Thu 10:44 | URL | ういん [ 編集 ]
コメントの修正ができませんでした。
2006-09-14 Thu 10:46 | URL | ういん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。