お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デスノート現象

dn11.jpg
「俺がデスノートを手に入れたら、お前の名前を真っ先に書いてやる!」
なかなかいい脅し文句だ。
もっとも今や有名な話だから、隠語にならないか?

前編・後編ともに舞台挨拶付きで初日に観た。
今でもBOX OFFICEでは、興行収入1位。
この世が病んでいるとは思わない。ヒットしているのは、単純に面白いからだ。
2006年は、『邦高洋低』だった映画界。
ハリウッド映画で心に残った作品は、私にもほとんどない。
近々、今年のベスト・ワーストを書くつもりだが、ベストは邦画がほとんどだろう。

そんな勢いに乗って、デスノートの原作コミックも読み始めた。
映画以上にキラとLの心の探りあいがスリリングで、
こちらも面白い。
やはり面白い原作があって、映画も傑作になっているんだ。
ただ、現在放送中のテレビアニメはいただけない。
初めて見た瞬間、声優がひどいので絶句した。
それから、現在原作の第3巻あたりだが、あまりにも
原作に忠実過ぎる為、次のセリフまで読めてしまう。
映画が役者の力量に任せ、脚本を練っているのと対照的だ。

来週から「弥海砂」が登場。これの平野綾は合っているかな?
映画のミサミサはちょっと破天荒さが足りず、
恵梨香は清楚過ぎるので、こっちはアニメの方がハマるかも・・・

合わせて、L=松山のスピンオフ作品も待ち遠しい。
世間で流行っているものを私はすべて否定はしない。
おもろいものはおもろいのだ。
やっと原作も5巻に差し掛かった。
この辺で映画後編の前半まで終わってしまっている。
あとの12巻までに、どんな展開が待っているのだろう?
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<空気読んでいただけませんか? | ホーム | ネタたまり過ぎ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。