お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ぶるー・ブルー・バースデー』(ネタバレあり)

bbb2.jpg
裕ちゃんづいてる今日このごろ。
なかなか楽しいコメディーです。それもブラックの方に近い。
いしだ壱成が愛すべき駄目男を熱演。
途中、開き直るところなんか『奇妙なサーカス』を思い出しました。
(大好きな二人と競演してるわけです。偶然だけど。)
http://gona.blog7.fc2.com/blog-entry-222.html

「ある家庭に突然の闖入者があり、展開する不条理劇」
・・・という点では『戸惑いの日曜日』と同じですが、
三谷氏と比べると、やはり脚本の弱さは否めません。
特に終盤あたり。演者が一言言って暗転するのですが、
その間が悪く、どうも居心地が悪かったです。

特にオーラスで、いしだ氏と家族の誤解が解け、
「これからはここで、何でも話し合って、
相手のことを思いやれる家族になろうな!」と
一旦家庭が円満な方向に進むハッピーエンドと思わせます。
その後すぐに別の侵入者が現れ、それまで笑っていた裕ちゃんたちから
「何でちゃんと鍵をかけないのよ!」と非難され
「結局これかぁ!」といういしだの嘆きで終幕。

脚本ではさらに、「この犯人はだれでしょう?」という問いかけが
あったのですが、これはカットされています。
(サイン入り脚本を買ってしまいました。裕ちゃんのサインは10個目。)
いずれのエンディングも中途半端。
起承転結の『結』が最悪。
頑張ってる演者が可愛そう。そこが残念です。

裕ちゃんは「なかなかうまく圭子像がつかめなくて・・・」
と仰っていましたが、なかなかどうして板についてます。
なんたって、16歳の娘がいる主婦なので、ちょっと年上を
演じなきゃなんないので、「オバサン」してます。(笑)
リアルな年齢だったら、18歳の時に生んだことになって
松浦家も真っ青な「早婚」になってしまいます。
(まあ、旦那が38歳ってことは、それもアリか・・・。)

ギャルルみたいなメイクで、支店長と浮気したり、
若い保険のセールスマンに迫ったり・・・
パンフレットのインタビューで、いしだ氏が裕子さんのことを、
「真っすぐで生きることに真剣。でも可愛気がものすごくある魅力的な方です。役中の圭子とはかなり印象が違います。」と語っています。
うんうん、そうでしょう、そうでしょう。
なかなか人を見る目があるでないの。
全く違う顔を演じられるということは、女優=中澤裕子もかなり成長したということでしょう。
bbb3.jpg
手作り感のあるステージ。
こじんまりしているが小奇麗な劇場全体。
客席の段差がなく、昼の部では見にくかったです。
それだけが残念。

7月2日の千秋楽は行けなそうですが、
6月24日(日)はもう一回行く予定。
色々文句は書きましたが、楽しいので、是非足を運んで欲しいです。
bbb1.jpg
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<北海道シャララ♪・その1 | ホーム | 裕ちゃん、大好きだよ!>>

コメント

でも、面白そうで・・・いいな・・・DVD化キボンヌ!!
2007-06-26 Tue 13:45 | URL | 現場にいけない・・・しゃぼん [ 編集 ]
>しゃぼんさん
金もないのに、会場でDVD予約して
しまいました。
宜しければレンタルします。
2007-06-26 Tue 23:55 | URL | エキゾ@大阪2 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。