お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

記念隊in札幌(千秋楽)

10nen3.jpg
札幌、行ってきました。
いいファイナルだったと思います。無理して行ってきてよかったです。

まず、羽田発7:40のJL507で現場入りしたんですが、
数名の客が遅れた為、DELAY(遅延)。
予定していた千歳空港発の電車に乗れませんでした。
次の電車は15分後か・・・とチェックしながら出口を出ると、
あまり見たくないなちヲタとごまヲタの群れが、屯していました。
「ひょっとして・・・」と、少し待ってみると3人の怪しい(笑)女性が、
男性のボディガードを伴って登場。
帽子とサングラスの彼女等を追うヲタども。
私は出待ちがあまり好きではないので、距離を置いて見てました。
待機していた貸切バスに向かう一行。
すると一際派手な赤い服の彼女が、振り返り戻ってきました。
小春・・・トイレに行きたかったようです。
普通に考えるとあとの二人は、なっちとガキさん。
同じ便だったわけですが、自分は2階席だったので機内では
気が付きませんでした。orz

この日はミキティの実家に2度目に訪れる予定をキャンセルし、
もいわ山を観光してからZEPP入り。
福岡・仙台と違って1階席に椅子はなく、1000名強ながら、
ファイナルらしい賑わいでした。

昼も夜も、なっち・かおの「ただいま~」に対し、ヲタが「お帰りぃ~」と。
皆、こういうことが好きなんですよ。 暖かさに飢えているというのか・・・
そしてごっちんの復活。
ゲストはそれはそれで楽しめたけど、やはり記念隊のパフォーマンスは
なちごまあってのもの。
『パパに似ている彼』で、二人仲良くバイクに乗るフリを見て、
「ああ、帰ってきたんだなぁ。」と感無量になりました。

なっち・・・「ありがとう」増量キャンペーンの総括・・・
「支えてくれたスタッフの皆さん、どうも有難うございました!
 そして、ごっつあんが参加出来なかった時、
助っ人で出てくれた、梨華ちゃん、よっすぃ~、圭ちゃん!
改めて娘。の絆を感じることが出来ました。」
そういって涙ぐむのを見ると、こっちも熱いものがこみ上げてきました。

ごっちん・・・いつもの下町の姉ちゃんらしく「冷麦」の話をした後、
「体調が悪くて出られない時は、自分でも悔しかった!
 でも、今回、また参加出来て本当に良かったと思う。」と涙。
ヲタのごっちんコールには正直うんざりですが、
「ヤダ、ヤダ、ヤダ!有難うございます。
 でも苦手なんです。勘弁して下さい。」と引っ込むごっちんに、
変わってないな・・・と。(笑)
「みんなの事、大好きです。」と言われると、素直に嬉しい。

かお・・・産休前のラストステージ・・
白サイリューム企画をした人たちがいて、
「どうかな?」と思いましたが、成功裡に終わりました。
何より、歌えなくなるくらい本人が感涙していたので。
「わがまま言っていいですか?
泣いて歌えなかったので、もう一回歌わせてください。」
というかお。プロ根性も含め、感動しました。
各会場での、娘。話も楽しかったです。ありがとう。

ガキさん・・・本当にモーニング娘。が大好きなモーニング娘。・・・
今回は貴女の機転に随分救われました。
昔の圭ちゃんにも似ています。
『真夏の光線』で、『愛車ローンで』で生き生きと、
『ラストキッス』で、『Never Forget』でしっとりと歌う姿は、
風格すら感じました。
最後の小春とのMCで、今回学んだことを、娘。のツアーに持って返って
素敵なステージにすると誓ってくれました。
娘。ライブは行かないけれど、次世代の“ミス・モーニング娘。”は
間違いなく貴女です。ありがとう、また会おうね。

小春・・・学んでがんばりなさい!

最後、ハート型や色々な風船が降ってきて、
盛り上りのうちにツアーに幕が降ろされました。
これを超えるものはしばらく見れないかもしれません。

(つづくかも・・・)
spkapt.jpg

スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晩夏のメロンとエヴァ | ホーム | すっごい、無理沢山!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。