お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

G-EmotionⅡ千秋楽@大宮ソニックシティ②

howto.jpg
アンコール・・・『GIVE ME LOVE』のイントロが流れた。
この曲は本当にカッコいいと思う。
オレンジ・サイリュームが乱れる。
やはり、大阪での生誕祭を『セクガイ』でやってしまったのと、
同じ失敗か・・・
次の『Hips Don't Lie』で、楽しく踊れるのもこれが最後。
ダンサーのみんなとも真剣勝負だった。一抹の寂しさを禁じえない。

最後の『愛のばかやろう』の前に、オレンジ・サイリュームのお礼を。
青サイリューム=サファイアというのは、わかってもらえたようだが、
オレンジの意味がわかったのかは疑問。

大阪と松戸では、アンコールのセットリストを変えてきたが、
やはり千秋楽はオリジナルで締めてきた。
『盛り上がるっきゃ』も『スクランブル』も単独では大好きな曲だが、
やはりG-Ⅱの曲ではない。

『愛ばか』後、いつものように会場中に礼をして、万歳二唱。
『シークレット』のインストと共に、眠りに付く。
最後だから、じっくり目に焼き付けておこうと思い、
オペラグラスでごっちんの表情を見ていた。
ぬれた髪。今にも泣き出す寸前の切れ長の瞳。美しかった。

いつもなら、ここで灯りが点灯して終わるところだが、
なかなか点かない。
ダンサーの声も聞いていないし、着ぐるみもなかった。
千秋楽のスペシャル・ダブルアンコールがあってもおかしくはない。

かなり長いごっちんコールの後、ごっちん一人で登場。
「皆さんに重要なお知らせがあります。」
何? いつも思わせぶりなだけで、重要なことはなかったよね。(笑)
「私、後藤真希は、本日10月28日をもってハロープロジェクトを卒業します」
え? 何かの冗談?

そう思うも、どうも真剣な面持ちだ。
いつものごっちんではなかった。
状況を把握してからの私も尋常ではいられず、ここから先は
夢か真かわからない状態だった。
他のヲタも同様だったのだろう。
いつものような茶々はほとんどなかった。
「付いていくよぉ」とかいう叫びも悲痛に感じるだけだった。

言葉を選んで語るごっちんだが、
あまりに一方的な宣告に、愛した女に振られる感触があった。
ライブの間は幸せだった。
幸せな時は長くは続かない。

“ハローを卒業”ということは、引退ではない。
ここはまずほっとした。
ただ、売り方が異なれば、それが定着するまでに時間がかかる。
今後、簡単には会えないのは確実だ。

『LIFE』・・・・聞いたけど、耳に、心に響かない。
最後に「バイバイ!」と背を向けて去る、ごっちん。
どんなに言葉を選ぼうとも、急に捨てられた感は否めない。
今までだって、“発表した日が別れの日”なんてなかったはずだ。
それが、よりによって一番好きな人から行なわれた。
これまで付いてきたのは何だったのか・・・
唖然とするしかなかった。

灯りが点灯し、一部のヲタは呆然と立ち尽くし、
一部のヲタは失意のまま、会場を去ろうとする。
空気がいいわけがない。
その空気を察してか、「バイバイとか言ったけどぉ・・・」と
再びごっちんの声が聞こえる。

最後は、本当の本当の最後は・・・『スクランブル』。
イントロが流れた瞬間、「最後なんだ」と急に実感し、
一瞬、へたり込んでしまった。
いつも通り踊っている自分が、自分でない気がする。
たった一人の参戦でなかったことがせめてもの救いか。
こんな辛く痛い『スクランブル』も初めてだ。

ごっちんの口から弟のことは一切出なかった。
あえてのことかと思ったら、昼のMCでは謝罪していたらしい。
あとで長崎のO氏に電話したら、在宅組は早いうちに知っていたとのこと。
日刊スポーツが、19:40にフライング気味に発表したのだという。
現場より先に・・・問題ありだとは思うが・・・
来年の新年の冬ハロに不参加が決まっていたし、
今回の祐樹の事件がなかったとしても、
ごっちんの中で何らかの変化があったことが想像できる。

今回の事件では当然悩み、苦しんだことだろう。
従来の卒業のように「○月×日に卒業します。」とは
できなかったんだとは思う。
それでも、この前代未聞の卒業劇は納得できない。
Tさんのおかげで参戦できた私は、この瞬間に居合わせることができたが、今回たまたまスルーした人たちはどんな気持ちだろう?
幸いにも私には想いを共有できる仲間がいるが、
一人で落ち込んでいるヲタもといファンは立ち直れるのだろうか?

前にも書いたが、最近謝れば済むと思ってる“大の大人”が多過ぎる。そんな無駄な報道を見ると、テレビを消したくなる。
後藤祐樹の事件でごっちんが謝る必要は当然ない。
ただ、このようなエンディングを選択してしまったことは、
彼女の問題だ。
こんな時だからこそ、ファンと一体になって卒業コンサートを
創り出して欲しかった。

今の事務所は良いとは言えないが、
数々の感動的なステージを送り出してきたのが、
あの事務所であるのは事実だ。
今後しばらくなのか、このままずっとなのか、ごっちんには会えない。
“音楽性の違い”も原因になっているということは、
今までの楽曲を歌えなくなる可能性もある。

全く関係ない夢を見た。
私は実家で母とともにいて、部屋のカーテンを開けたりしている。
入ってくる朝の光を浴びながら、ささやかな幸せを感じる。
“でもこの幸せが続くとは限らない”そう思った矢先に目が覚めた。
その幸せは既にないことに気付いたのは、目覚めてから。
“永遠”なんて無理なんだけど、日々の中で“終焉”を意識するのも
難しい。
何回ものライブの中で、最後が来るとは思ってもみなかった。
当たり前に観れていたものがなくなることは、狂おしいほど寂しい。

様々な障害はあるだろうが、どのような形であれ、
アーティスト=後藤真希が帰ってくる日があるのなら、
その時は笑顔で迎えられる自信はある。
ずっと一緒に過してきた仲間であり、家族も同然だから・・・

<今回のツアー>

★09/15(土)
ハーモニーホール座間(神奈川)
【開場/開演】14:00/15:00 1-M
【開場/開演】18:00/19:00 1-U

★09/16(日)
ハーモニーホール座間(神奈川)
【開場/開演】13:30/14:30 2-2E
【開場/開演】17:30/18:30 1-M

★09/23(日)
パシフィコ横浜国立大ホール (神奈川)
【開場/開演】13:30/14:30 1-19
【開場/開演】17:30/18:30 1-13

★09/29(土)
愛知県勤労会館(愛知)
【開場/開演】14:00/15:00 欠席
【開場/開演】18:00/19:00 欠席

★10/07(日)
大阪厚生年金会館 大ホール(大阪)
【開場/開演】13:30/14:30 欠席
【開場/開演】17:30/18:30 欠席

★10/13(土)
松戸森のホール21 (千葉)
【開場/開演】14:00/15:00 1-20
【開場/開演】17:30/18:30 1-11

★10/28(日)
大宮ソニックシティ 大ホール (埼玉)
【開場/開演】14:00/15:00 欠席
【開場/開演】17:30/18:30 1-23
スポンサーサイト

後藤真希 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<ALWAYS 続・三丁目の夕日(ネタバレあり) | ホーム | G-EmotionⅡ千秋楽@大宮ソニックシティ①>>

コメント

ご参戦&レポ作成お疲れ様でした。
いろいろと思うことはありますが、ごっちんが後藤真希になると言うのが、時間を経て感じてくる部分かと思います。
先日オクでああ真希の調べのタオルを3本落としました。私は現場が有る限り、まだまだ踊りに行きますよ!!
2007-10-31 Wed 09:43 | URL | フタ [ 編集 ]
>真希の調べのタオル
どこの現場でお使いですか?
逆に私が出品しようかなぁ。
来年のごっちんカレンダー買わなければ・・・(涙)
2007-11-02 Fri 08:27 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 後藤真希のハロープロジェクト卒業が明らかになってから数日。いまだに気持ちの整理がつかない人も多いことだろう。  当然、私もその一人なのだが、なぜ気持ちの整理がつかないかと言えば、やはりこの卒業のやり方がおかしいからだと思う。  後藤真希ほどのメンバーが
2007-10-31 Wed 22:30 いつのまにやら
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。