お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Singin' Night at STB139 保田圭&矢口真里

yagukeme2.jpg
「おっさん、おっさん!金曜日の夜から、何を泣いとんねん!?」
        「いやーだってさ、このセットは完璧過ぎるよ。」
「どれどれ。何やディナーショー以上のカラオケ大会やないかい!!」
        「それがさー。この二人って歌唱力あるじゃん?
         軽くオリジナルを超えちゃうわけよ。
         美しいハーモニーを聞いていると、
         “本当に来て良かった”と涙が・・・。」
「やだやだ。歳とともに涙腺がゆるくなってからに。」
        
<セットリスト>
1.ガタメキラ <原曲:太陽とシスコムーン>
おお!この曲からか・・・まっつーやごっちんのライブでもやってたなぁ。
ああ、踊りたい。

2.香水 <原曲:メロン記念日>
いいねえ。選曲がマニアックで。
最後の“YA YA YA”はやっぱり柴ちゃんには及ばない。
来週も歌ったりして。

3.告白の噴水広場 <原曲:B>
 ~4.都会っ子 純情 <原曲:C>
やっぱこの二人、チャレンジャーだわ。この姿勢はいいねえ。
裕ちゃんの昼の部で、このネタバレはしていたらしい。
それにしても、2曲とも名曲だ。歌う人が歌えば・・・
なっちがソロで『涙が止まらない放課後』を歌唱した時に匹敵する衝撃を覚えた。

5.ヨイトマケの歌 <原曲:丸山明宏、槇原敬之>(矢口ソロ)
昨年の夏のイベントで槇原が歌唱するのを、普通に客席から見て感動して、いつか歌いたいと思ったとのこと。
ちなみに丸山明宏とは、現在の美輪明宏のことで、
“ヨイトマケ”とは、建設機械が普及していなかった時代に、
土木建築に従事していた人々の呼称。
数多くのアーティストが、この名曲をカバーし、槇原もその一人。
“母ちゃんの歌こそ世界一”というフレーズが印象に残った。
矢口もお母さんが大好きで、思い出すと泣いてしまうので、
思い描かないようにして歌ったとのこと。

忙しい時にはカレーを作り、三日三晩カレーを暖めて食べればいいとAYAKAに教えられたという圭ちゃん。
もう、6食くらいカレーを食べ続けているという。
アイドルとしてどうなんだろうか?
矢口が捌ける時、「カレー臭がする。黄色いカレー臭がする。」と。
これもアイドルとして言われるのは保田圭だけだと思う。

6.恋におちて~Fall in love~ <原曲:小林明子>
  (保田ソロ with SAX)
圭ちゃんのサックスを聞くのも何度目だろう?
・・・・というのも、圭ちゃんは年間で最も会ってるハロメンの一人であるから。
ここでよーく考えて欲しいのだが、世界中探しても自分で歌いながらサックスを吹く歌手が他にいるだろうか?
我々は、圭ちゃんのかくし芸みたいに見守っているが、実は凄いものを見ているのだ。
矢口によれば、袖でモニターを見ていたマネージャー氏も、思わず
「かっこいいなあ」とつぶやいていたとのこと。

投げキッスをすると「オエエェェェ」と言われ、
作り過ぎたカレーを温めて毎日食べ、カレー臭がすると言われ、
汗を飛ばして、目を血走らせて踊る姿が怖いと言われ、
歌いながらサックスを吹く・・・・こんなアイドルは世界中でただ一人。
いつの間にか誰にも真似できない存在になっていたんだよ、保田圭は。

7.笑顔YESヌード <原曲:モーニング娘。>
ここからはハローの曲を連続で。
矢「私たち『サマーナイトタウン』の振りで難しいって言ってたけど、
  最近の娘。の振りは難しいよ。」
圭「みっつぃーなんか入ってすぐこんな曲覚えて凄いね。」
矢「入ってすぐ全曲覚えさせられるらしいよ。」
私も、先週ヲタカラで歌ったばかりだが、確かに振りも複雑だし、
歌詞も早口で覚えるのすら大変だ。
カンペ見まくりの矢口に対し、圭ちゃんはさすが!・・・と思っていたら
歌詞を間違えた。完璧な圭ちゃんとしては珍しい。
まあ、それだけ難しいわけですよ。

近況としては、矢口は『わらしべ夫婦双六旅』の話。
打上をカラオケBOXでやった際、藤山直美さんに『LOVEマシーン』をやってくれと言われ、一緒に踊りながら歌った。
50歳近い直美さんの踊りの方がキレがあったと。

この舞台には裕・圭・稲葉(?)と観に行って、皆で矢口が出る度に「かわいい」を連発。
親馬鹿(?)ぶりを見せ付けて、周囲に白い目で見られていた。
特に裕ちゃんの声は大きいので、「やぐちぃ、かわいいわあ」というのが響いていた。
(圭ちゃんの裕ちゃんの真似が結構似ていた。)

圭ちゃんの近況としては、5・6月と6・7月に舞台をやると。
情報が大雑把過ぎて役に立たないんですけど。
圭 「時代劇なので勉強しなきゃ!」
先日、矢口・保田・里田・吉澤・三好・岡田・村田でクイズ番組に出て
また恥をかいたらしい。
それにしても、ハロプロ・バラエティ班はがんばってますなぁ。

8.Never Forget <原曲:モーニング娘。>
いやあ、いきなりアカペラでハーモニーを聴かされて、鳥肌立ちましたよ。
凄いなあ。
この曲、最も直近で聴いたのは、記念隊のガキさんだった。
あれもフレッシュでよかったんだけど、やっぱこの二人は歌唱力が違うわ。
メインとハモリも絶妙に入れ替わっていた。

9.青春時代1・2・3!<原曲:プッチモニ>
(プッチモニって“。”がないんだ)
ここでやっと持ち歌って感じか。
後藤なき今、プッチの完全復活もできないな。

矢 「10年・・・あっという間でした。
   15歳だったわたしも25歳になりました。圭ちゃんは、45歳?」
圭 「あたしは17歳でデビューしたから、10年で・・・・」
矢 「45歳!」
圭 「どうしてそういう計算?」
矢 「今年の5月27日でデビュー丸10周年ですが、10年間ずっと応援
   してきてくれた方!
  ・・・ほうほう、皆さんも10周年ですか。
  何かこう皆でお祝いしたいですね。魚民とか予約しますか。
  ステージ用意してもらって、私たちじゃなく皆さんが歌うの。」
圭 「それならカラオケBOXでいいじゃない。」
矢 「まあ、和民でも庄屋でもいいです。大好きなんでうちら。」

10.たんぽぽ <原曲:タンポポ>
タンポポも復活はできないけど、今いるメンバーだけでもいいから
またフルメンバーで歌って欲しい。
それにしても♂って最近こういう名曲が書けないな。
B&Cだけに力入れ過ぎだよ、♂も事務所も。
今まで培ってきたものも大切にしようよ。

以上、約90分。
裕ちゃんの時のように、手拍子を送ったがアンコールはなし。
今回1回限りの公演というのがもったいない。
いいものを見せてもらった。
yagukeme.jpg
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『HERO』DVD発売! | ホーム | 河合奈保子さんのこと>>

コメント

ネタバレ我慢したかいがありました(笑)
本当は2日にバラしたくてしかたなかったんですが……あのレポが遅くなったのは計算外でしたが…(爆)


予想してた曲は【桜チラリ】だったんですが…コレはハズレましたね(汗)


圭ちゃんのサックス、久々にきいてみたくなりました。私ももう一回始めようかな~~~サックス。
(マジに楽器は持ってます(笑))
2008-03-08 Sat 10:42 | URL | しゃぼん [ 編集 ]
おお!しゃぼんさんも出来るんですか!?
楽器が出来る人が羨ましいです。

何か今からできるものはないですかね?
2008-03-08 Sat 12:24 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。