お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

すかいらーくグループリーグ 夢庵ステージ

yumean2.jpg
3月12日(水)会社を半休して観に行ってきました。
駒沢体育館で試合を観るのは、
2005年5月23日の第2回739カップ以来。

練習が見たいので、開場直後に入場しました。
みなみちゃん、まのえり、のっちを含む、ガッタス・エッグ5人組も、
水色のユニフォームでちょこっと練習してました。

知らない娘が随分います。
前回のチャレンジ・カップで菅原という娘が点を入れたらしいです。
フットサル向けのオーディションで合格した娘たちですので、
かなりレベルが高いです。
背番号30 深谷愛  (23歳)
           もともとタレントで格闘技もやるらしいです。
背番号31 藤咲裕美 (22歳)
           社会人。フットサル経験はないそうです。
背番号32 永井沙紀 (18歳) 
           フットサル経験3年。同姓同名のタレントとは別人。
背番号33 菅原佳奈枝(18歳)
           フットサル・サッカー経験10年。コーチとかもやって
           たらしいです。

頼もしい限りですが、彼女たちの加入で、ますます、
まのっち・みなみの活躍の場がなくなるんじゃないでしょうか?
いつまでもムードメイカーだけでは、可哀想・・・なんですが。

第一試合 vs team ViVi  5-1
あれ?何なんでしょうか?この試合運びは?
さっき、みんなで切り替えの練習をしていたけど、
ピッチの床が滑るのかな?
ぶっちゃけ、レベルが下がった気がしたのは私だけ?
こんなんじゃ、アディダスに勝てないよ。
是ちゃんが先制点を上げるも、1点返されました。
その後、是ちゃんのハットトリックを含め、
5ー1で勝ったものの、なんかすっきりしない。
5点目の里田のゴールも、敵チーム、何やってんだ?という感じ。
このレベルならもっと押せ押せで圧勝して欲しい。

第四試合 vs FC Weider 5-0
やっとメンバーの体もあったまって来て、面白くなってきました。
特にMVPは梨華ちゃん。
2点目。右コーナーキックから、ミキティに絶妙に繋いでゴール!
この一弾が『ミキティ、復活ゴール』として、翌日のスポーツ誌を飾りました。
今回、改めて感心したのですが、梨華ちゃんはキックインが実に早い!
それも一瞬で味方の位置を把握し、無駄のない一蹴を繰り出します。
ガッタスに限らず、相手に渡してしまう無駄なキックインは多いです。
長い試合経験の中で、基本に忠実な梨華ちゃんが身につけた技かと。

さらに、是ちゃんがボールをホールドし、ドリブルで上がる際、
しっかりとゴール左際に上がっていた梨華ちゃんが、みごとゴール。
是ちゃん独走時、皆がこれを心がければいいのに。
任せてばっかりじゃいけません。

この間、ゴール前まで攻め込まれ、一瞬ヒヤッとしたこともありましたが、澤ちゃんが見事にセーブ。
高いゴールをジャンプもせず、腕を広げただけで止めるなんて・・・・
澤ちゃん、凄い。大きいよなぁ、辻ちゃんの2倍ありそうだ。(笑)
一方で、最近、ますます綺麗になってきた気もします。

後半、新人・永井が投入され、期待通りの初ゴール。
何か彼女の堂々たるプレーは是ちゃんに近く、
第一試合の心配を他所に、強いガッタスになりそうな気がしてきました。
やはり、経験者は個人技術がしっかりしています。
これが、チーム・プレーと合わされば・・・

終盤、後頭部を押さえて倒れる是ちゃんを見て、
「彼女たちは戦場にいるんだ」と改めて実感。
いつ怪我してもおかしくない空間で、体を張って戦っているんだ・・・と。
“For Working Lady”・・・出場者誰もがスポーツが本職ではないんです。
いまさらながら、それが凄いことなんだと思いました。

第6試合 vs EMULSIONS  0-0
円陣で気合入れた後、柴ちゃん・梨華ちゃんが揃ってジャンプ!
このペアは最強です。
楽しむことを忘れない・・・これも基本ですね。
柴ちゃんはいつでも、観客席に向け大きく手を振って拍手して盛り上げます。

ここでも新人深谷が投入され、ディフェンスで活躍。
格闘家らしく(?)、優れた身体能力を披露しました。

敵のEMULSIONSが、これまで以上にがっちり守備を固め、
なかなか点を奪えず、0-0で終了。
思えば、ガッタスを含め全く失点していないのは、EMULSIONSのみ。
それも三試合とも0-0のスコアレス・ドロー。
守りは完璧、あとは攻勢のみの問題ですね。
yumean.jpg
最後の試合では、澤ちゃん・むっちーもベンチの外に出ていて、
ガッタス・エッグ5人が揃ってました。
「ああ、この5人が揃うのも最後かぁ・・・」と感慨に浸っていました。
ん?・・・待てよ。まのえりが卒業するのは“音楽ガッタス”と“エッグ”だよな。
“音楽ガッタス”卒業後もここにいるということは、ガッタスはこのまま?

・・・・などと考えているうちに、最終試合が終了し閉会式に突入。
のっち姉さんを残し、4人は退場。
時計を見ると21:00。なるほどね。
新人4人について言えば、最年少の菅原が何と先週18歳になっていて、全員出場できました。

優勝はしたけれど、1月の試合に比べて盛り上がらなかったのは確かです。
(見所はありましたが・・・・)
4月は総力挙げて挑まないと、アディダスの壁は厚いぞ!

<ついしん>
今回、いつもの斉藤さんに加え、むらっちも応援に来てました。
応援の太鼓に合わせて、ノリノリで手拍子をしていたむらっち。
楽しんでいただけたようで。
公式に書いてたのは斉藤さんでしたが。
それにしても、斉藤さん。黒髪でも目立ちます!

あ、それから他のチームの観戦時、のっち姉さんがかなり大きな
マスクをしてました。花粉症が辛そうです。
さすがにガッタスの試合中はマスクをはずし、かなりクシャミしてました。
可哀想・・・・・って、試合観なさいよ、あんた。
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Singin' Night at STB139 吉澤ひとみ 柴田あゆみ | ホーム | 『バンテージポイント』(ネタバレONLY)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。