お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ロス:タイム:ライフ~真実へのカウントダウン~』

ltl mai1
今日のメイン・ディッシュは何と言っても、
『ロス:タイム:ライフ』の東京千秋楽。
しかも最前。2度目だったがやっぱり泣けた。

カーテンコールは、出演者全員で2回+小山氏単独で2回だったと思う。
自分は最前センターブロックやや左だったので、前半の真唯さんはよく見れたのだが、クライマックスとカーテンコールは右だったので、真唯さんに見つけてもらえなかったと思う。
大阪に行きたいのも山々だが、木・金・土だし、土曜日は美貴HAKANAだし、それは叶わない。
真唯さんともしばしの別れだが、今はブログがあるので安心。(?)
頑張っている様子は事細かにわかることだろう。大阪でも大入りを期待する。

とにかく、今回の役でジャニヲタに嫌われることはまず考えられず、
むしろ「この娘だれだろう?」と興味を持ってもらえればそれでいい。
メジャーになればなるほど、遠い存在になっていくが、
それも真唯さんの糧になるのだから、良しとしないと。
その辺の女優など及ばない真の美しさは、世間に認めさせてよい。

最後のカーテンコールで、出演者一人ひとりから一言欲しかった。
小山氏はカミカミかつ、大阪の公演日を間違えてイエローカードを出されていた。

この舞台版は、限られたセットとシチュエーションの中で、
なかなかスケールあるドラマを展開している。
演出はテレビ版の筧昌也氏ではないが、オリジナルのテイストは生かしつつ、感動できる話に昇華している。
筧氏の最近作は、『Sweet Rain 死神の精度』。
もともとあの『美女缶』で名前を馳せた人。
『ロス:タイム:ライフ』も、そもそも彼が2003年に作った短編が発端。
つくづく“世にも奇妙な”話が好きなのかもしれない。
(ちなみに筧=かけひです。)

大阪は行けないけど残りもかんばって!!
スポンサーサイト

高橋真唯 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一応、記録 | ホーム | 3ヶ月連続 三好絵梨香・岡田唯(美勇伝)FC限定イベント 第3弾>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。