お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ランボー最後の戦場

rambo3.jpg
昨夜、一足早くイベント付上映で観た。
予告編が全然面白そうでなかったので、期待していなかったからかなり楽しめた。

リアルな戦場描写とか好きではないし、
今の世界情勢の問題を殊更に訴えるのは嫌いだ。
実際、娯楽アクション大作が好きなので、それをスタローンが声高に訴えるなら遠慮する。

本作は、リアル(?)な残酷描写が賛否両論らしいが、私は賛成派だ。
殺される方はたまったものではないが、敵の残忍非道な虐殺がなければ、
ランボーのリベンジが生きてこないし、
妥協ない現場の戦闘描写にこそ、ある種のカタルシスが感じられたからだ。

誤解ないように言っておくが、敵だろうが味方だろうが、
人が殺されるのが愉快なはずはない。
ただ、殺るか殺られるかの現場で、いみじくも正義と取れる方が勝つという図式に
爽快感が感じられる造りになっているのである。
rambo4.jpg
正直言って、ランボー自身に今までの精悍さはない。
スタローンもある程度体を張っているものの、昔のように全身自体が武器の男ではなく、
戦術に長けたある老兵というイメージになっている。
年齢も考慮してのことだろうが、これは正解ではないだろうか。
『怒りのアフガン』辺りだと、あまりに現実離れしたキャラクターになってしまっていたから。

『ロッキー・ザ・ファイナル』の原題が“ROCKY BALBOA”。
本作の原題が“JOHN RAMBO”。
肥大化したシリーズを原点に戻す意味があったのだと思う。
『最後の戦場』などというのは、日本の宣伝部が勝手につけたサブタイトルだ.
今後もどんどん復活して暴れて欲しい。
だらけた現代人に“喝”を入れられるのは、ジョン・ランボーか中村主水くらいなのだから。
rambo1.jpg
rambo2.jpg
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<何だかスペシャル! | ホーム | プレミアの嵐>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。