お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(ネタバレあり)

swc1.jpg
なちケメディナーショーが押して、21時過ぎに終わった。
そのまま、3Fのプリンス・シネマに移動。
土曜日なのでレイトは1500円-200円(カード割引)=1300円。
まあいいだろう。

面白かったよ。
エピソードⅠからⅢは行き着くゴールが決まっていたから、
何か悲壮感が漂っていたが、本作はそんなエピソードのサイドストーリーなので、一旦その辺りは忘れて(笑)、伸び伸びと戦闘の描写ができていた気がする。
アニメに違和感を覚える向きもいるかもしれないが、
エピソードⅠのナブーの戦闘のCGなんぞ、ほとんどアニメに近かったではないか?
swc8.jpg
空間の制約がない。
登場人物の動きにスピード感がある。
タトゥイーンの僧院の壁を巨大なウォーカーが登り、
その周囲でアナキンと新キャラクターのアソーカが飛び回る。
swc2.jpg
swc7.jpg
このアソーカのキャラクターは、アナキンの成長を語る上で重要になりそうだし、生意気ながら嫌味ではないので、アニメーション・シリーズのマスコットになりそうだ。
swc3.jpg
お馴染みライトセーバーでの一騎打ちも、オビ=ワンがきちんと見せてくれる。
swc5.jpg
欲を言えば、メインの事件がジャバの息子の誘拐というのはショボいし、もう少しヨーダを活躍させて欲しかった。
swc4.jpg
yoda.jpg
swc6.jpg
それから、オープニングとテーマ曲。
オリジナルを踏襲してはいるものの、中途半端。
何で20世紀FOXではなく、ワーナーの配給なの?
これすごく大事。

声優として、ホンマ者を一部使ったのは良い。
メイス・ウィンドウ役ののサミュエル・L・ジャクソン。
ドゥークー伯爵役ののクリストファー・リー。
C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ。この3人は字幕で確認した。

まあ、これからもサイド・ストーリーはいくらでも膨らませる事ができそうだから、色々な星に色々なキャラクターを出現させていって欲しい。

そう言えば、『クローン大戦』のテレビシリーズは2本DVDが出ていて、
VOL.1は持ってるんだけど、どこにやったかなぁ。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ラストゲーム 最後の早慶戦』 | ホーム | お金ないし・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。