お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

前田づくしと 『太陽と海の教室』 第ハチ話

kii9.jpg
昨夜は上京しているSさんとの待ち合わせで、浜松町へ。
パシフィックヘブンのイベント終了後ということで、
ほぼ21時くらいになる予定。
『太陽と海の教室』第7話は、“友達の死”とタイトルに謳いながら、
誰も死ななかった。
続く第8話が無茶苦茶気になったが仕方がない。
帰宅後、PCでダウンロードしようと思っていた。

私のバッグの中身は、
Sさんに渡しそびれていた前田ゆきどんの『相愛太鼓』のCD。
(美貴と有紀のサイン付)
裕ちゃんのBDライブの写真。新人公演・昼の部のチケット。
部屋から出てきたかなり古い缶バッチ。
前田ゆうかりん主演の『美女木ジャンクション』のDVD。(脚本付)
それと前日の前田いろりんが出たハピスタの報告もしようと思っていた。

バッグの中に“前田三姉妹”のネタを仕込みながら、
話は、さらに偶然の出来事があった昼にワープする。

12時40分頃、先週からうちに出向している系列会社の前田君から
昼食の誘いがあった。ネタではなく真実である。うちの係長と3人で出かけることにした。
“九州じゃんがららーめん”に行こうという私に対し、「おいしいそば屋がある。」と係長。
ちょっと歩く。 「系列が2店あって、片方は立ち食いで、片方は着席。」
立ち食いの店舗を通過した。 “そば まえだ”
ネタではなく真実である。 当然、着席の方も“そば まえだ”
係長には、私が前田三昧であることも伝えていないし、前田君がいるから“そば まえだ”にしたということでもないらしい。
後で考えたら凄い偶然なんじゃないかと思えた次第。
“そば まえだ”は、とてもリーズナブルで美味しかった。

さて、話は再び昨夜に戻る。
有楽町・銀座で、音楽ガッタスのCDを3箇所で予約してから20時前に現地へ。
まだ暑い夜だったが、風邪が治りきっていない私には冷房もきつく、
浜松町の本屋を出たり入ったりしていた。
21時前になって、「そろそろかな?」と外へ出た。
Sさんからの電話を待ちつつ。

ちょうど21時になった。
連絡が来ないなら仕方がない。
携帯ワンセグで、『太陽と海の教室』を見始める。
「いいとこで電話が入ったりするんだよなぁ・・・」

櫻井センセは怪我したけど、重傷ではなく事件は一応解決。
雪乃は転校してしまうが、ハチはみんなのところに戻ってくる。
「灯里を嫌いになったなんて嘘だよ。」
“嘘”で傷ついた灯里の気持ちが納まるわけないのだが、
二人は仲直りし、愛していることを確かめ合う。
「ハチの彼女にして。」由里ちゃんが切な過ぎる。
好きだから泣いた。プールの水くらい泣いた。
ハチも灯里が本当は好き。最初から好き。

・・・・よかった。・・・でもここまで幸せになるということは・・・
ハチがビデオを撮影している件が始まって、確信した。
・・・ハチは死ぬ。・・・・

灯里のアイスの“アタリ”を交換しに・・・
ここの別れ、もう“永遠の別れ”の演出になってる。

すっかりヒールになってしまった“ホラー顔”の絢ちゃん。
「ナイフを持って貴方の後ろにいるの・・・」
『危険な情事』かよ!
途中のすったもんだは敢えて省略して、
「今、海の上にいます。」と、櫻井センセに電話するハチ。

そして灯里にも。
「すぐ帰るから、そこで待ってろよ。」と。

ハチを探し奔走する凛久たちに対し、ただ「待っている」灯里。
   そういえば、今の俺も待ってる。

切ない。由里ちゃんの一途な佇まいが、止め処なく切ない。

ハチの方はライフ・ジャケットが一つしかない。
雪乃に装着する。 ハチはそういう奴なんだ。
カッコ良過ぎるけど・・・そういう奴なんだ。

結局、雪乃は助かり・・・ハチは・・・・
死ぬって?・・・・高校生で死ぬって?
灯里や凛久たちの気持ちは?

予告。
「ハチはあんたのせいで死んだんだ!」とナイフを突き立てる灯里。
当然だ。
思い出作りを始めた凛久たちの悲しみよりも、
せっかく・・・・せっかく・・・
ハチとの想いを確かめ合えたばかりの灯里の気持ち。
そうあるべきだと思う。

・・・・・・・すっかり全部観てしまった。
Sさんは来ない。
何かあったんだろうか?
無連絡ですっぽかす人じゃない。
とりあえず、食事を済ませる。
「待ち人が来ないが、何か事件に巻き込まれていないか?」と
交番に問い合わせてみる。

帰宅を決めたが、ちょっと不安なのでFさんに電話する。
帰宅途中でUさんにメールする。
お二人ともすぐに応対してくれる。
  不安なとき、こうしてすぐに対応してくれる人がいることは
  本当に有難いことです。感謝します。

ふと・・・『美女木』の十益(とーます)のセリフが頭をよぎった。
「心配してくれるヒトに、心配かけるんじゃないっ!このばかもんっ!」
kii10.jpg
スポンサーサイト

好きな女優 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<太陽と海の教室・・・つづき | ホーム | 吉澤ひとみスペシャルワンマンライブ at STB139>>

コメント

今季の私のはまりドラマは3本。「コードブルー」「tommorow」そして「太陽と海の教室」です。

太陽・・・は最初は織田祐二ってことで、見たんですけどなんか可愛い子がいるな~と思っていたら吉高由里子っていう名前だったんですね~。このドラマの後も頑張って欲しいですね~。実物は可愛かったですか?

コードブルーはガッキーはいるわ戸田恵梨香はいるわで今季はなかなか楽しいクールでした。ってtommorow以外はまだ完結してないですが・・。

コードブルーは「コードブルー THE MOVIE」とかできそうな気がしますがどうでしょう?そうなれば楽しみです。

今週末は映画の「パンダフルライフ」を観にいく予定です。ちょっと癒されたくて。っていうか前回観たのはカンフーパンダでした。
連続パンダになりそうです。(笑)
2008-09-09 Tue 21:43 | URL | ういん [ 編集 ]
このドラマは、制作発表時から織田なんかどうでもよく、
谷村美月、大政絢、北乃きい、吉高由里子という、
当代を代表する美人・若手名女優の共演で、
目移りしそうなドラマだと思ってました。
おかげ様で、今年に入って上記4人すべてと会ってます。
由里子さんのみ、ヲタ嫌いらしく、握手なしで言葉を交わしただけです。
個人的にはAKBと東宝シンデレラは興味ありません。

恵梨香さんは唯一ファンクラブをお持ちなんですが、
一回イベントで誕生日プレゼントを渡す会を行ってから、
ほとんど何もないですね。
『コードブルー』のマスコミ向け試写会は平日だったので行けませんでした。
そんなこともあり、見てません。

『太陽と海』もリアルタイムで見始めたのは、6話からで
あとはネットで落として見ました。

『パンダフルライフ』楽しそうですね。
上野に来たばかりの頃、沢山ぬいぐるみを持っていたものです。
また、感想を聞かせてくださいね。
2008-09-09 Tue 23:23 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。