お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

その1 USJを満喫してみた

ちょっと長くなりそうなので、今回の2遠征・・・大阪2泊5日、名古屋0泊2日について、数回に分けて書いてみたい。
当初は、真唯さん舞台の千秋楽と、裕ちゃん舞台の千秋楽が続く形となり、29・30日を休みにする予定だった。
29日に会議が入りそうな雰囲気となり、ちょうど大阪か名古屋でまる一日暇なのもどうかと思っていたこともあり、休みを取り消した。
そうするかしないかのうちに、26日に真唯さん舞台のトークショーの実施が発表され、そこを休みとすることを決めてしまった。
さらに以前から検討をしていた深夜バスの利用を考え、25日から出発することになった。

9月25日(木)
渋谷で髪を切り、クールオレンジというトリートメントでさっぱり!
“神座”でラーメンを食べた後に新宿へ向かった。
「まだ、木曜日だから、そこまでは混んでないのでは?」
・・・この甘い考えは、みごと裏切られた。
やっぱ、片道3900円では混むのも当然。しかも、ガキばっかり。

4列でほとんどリクライニングなし。
おまけに隣の礼儀知らずのガキは、消灯しても携帯見ててウザイったらない。
「どれだけ安くても、4列など大人が乗るものではない。」という結論。

9月26日(金)
08:00少々前に到着。
09:00チケット売り場オープン
09:50開場 
この待ち時間が辛かった。
結局、初日のスケジュールが空いたので、7年ぶりくらいにUSJ巡りをすることにした。
その結果が、雷付きの土砂降り。
日頃の行いの結果か、生粋の雨男復活か。サザン、a-nationに次ぐ災難。
チケットを返して帰ろうかと本気で考えた。

幸い開場時は多少小降りとなった。
ufj1.jpg
①アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド
今回、これがメインの目的である。
本国オーランドに行った時、現地ガイドのマイクから「面白い」と薦められたのに、
時間の都合で乗れなかった。
まだ日本にこのアトラクションが来る前の話である。

ニューヨーク・エリアまで、修学旅行生と共にダッシュ。
割と早く乗ることができた。
映画ではなく、コミック・アニメ版のスパイダーマンがベースなので
キャラクターがイマイチわからない。
水や熱も感じられる内容。
ライドがビルの谷間に落ち、蜘蛛の糸で救われる演出が圧巻。
最後に写真を撮られ、ジュラシックパークのように売られる。
今思えば、買っておけばよかったか。
usj2.jpg
②バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド
そのまま時計回りに園内を巡ろうと決める。
同じ考えの人間はいるもので、先ほどスパイダーマンで同乗した女性グループとまた同席となる。
正直、朝体調が万全でないところに、シュミレーション系を続けたのが大失敗。
特にその場で揺れるだけのこのアトラクションは、どこぞの“スターツアーズ”同様にヤバイ。
搭乗中は苦痛以外の何物でもなかった。映画は好きなんだけどなぁ。
usj3.jpg
③ジョーズ
さすがに気持ちが悪く、ジュラシックパークは一旦スルー。
軽い気持ちでアミティに向かう。
このアトラクションはどこぞの“ジャングルクルーズ”同様、船長さんの演技力にすべてがかかっている。
今回は女性船長だったが、妙に芝居がかった口調が逆にかっこよく、銃の扱いも様になっていた。
私が座った前から5列目くらいの左端は、ジョーズ直撃席だった。
ライブで言えば最前列。思わず笑った。
usj4.jpg
④E.T.アドベンチャー
ここで“シングルライダー”の存在を知る。
前にも書いたが、一人参加は他のグループと合体したりして潰しがきくので、順番が数段早く回ってくるのである。
USJの“期待ハズレランキング”で、堂々の一位。
刺激だけを求めるガキには物足りないらしい。
自転車で満月の前を横切る名シーンの再現だけで、感涙なのだが・・・
E.T.の故郷の星に行って、“イッツ・ア・スモール・ワールド”状態になるのはどうも頂けない。
メインのアトラクションで子供向けと言えるこのアトラクションでも、暗くなると子供は泣く。
最後、E.T.に“エキゾ”と言ってもらったが、イントネーションが微妙だった。(笑)
usj5.jpg
⑤ターミネーター2:3D
これは何度観ても面白い。
サイバーダイン社での待ちが長く、ちょっと疲れたが、
案内役の“綾小路麗華さま”が、浪花の芸人チックでよい。
世界のユニバーサルスタジオが大阪にあることの意味は、ここにある。
エドワード・ファーロング、元気かな?
2008年現在、“4”が公開されようとしているのに、いつまで“2”で攻めるんだろうか?
usj6.jpg
⑥ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
昨年の3月にオープンしたばかりの絶叫アトラクション。
園外からもその絶叫が聞こえる。
天候が心配なので慌てて並ぶ。すべてをロッカーに預けさせる徹底ぶり。
ここで、“シングルライダー”の特権をフルに生かし、長蛇の列を尻目にすぐ乗り場へ。
我々の前のコースターがなかなか出発せず、結局、降ろされた。
天候のせいではなく、“システム調整”とのこと。
目の前のではないもう一台に異状があったらしい。
オッサン二人が表情も変えずにテスト走行。
我々は結局、その異状があった方に搭乗することに。
またまた良席で、最後列の角席。
自分で選択した楽曲に合わせて変幻自在にうねるコースターは
数々の同様のアトラクションと比較しても、かなりの高レベルだった。
usj9.jpg
⑦シュレック・4-D・アドベンチャー
今回乗ったすべてのアトラクションの中で、スパイダーマンを除いてピカイチではないか?
3-Dを超えた4-Dの4つ目とは“体感”。
イスがガタッと落ち、水しぶきが立ち、虫やネズミが這い回る。
『シュレック』の続編としても、貴重な映像が満載で必見。
映画でハマちゃんが吹き替えていたからか、なぜか関西弁のシュレックがご愛嬌。
usj8.jpg
⑧アニメ・セレブレーション
普段は通過していただろうが、たまたま開演時刻があったので入ってみた。
ウェイティングスペースでの“アニメが出来る過程”はダルかったが、
メインの実写とアニメを合成するというスタイルは、演者の好演も光って面白かった。
ここでも暗くなった瞬間、泣き出す子供が。
かなり泣いているのに、止めることも出来ず中途半端に困ったそぶりの馬鹿親。
そこまで泣いたらもう無理だろ?お前等の力では。
全く聞こえねえよ。空気読んでとっとと出ていけ。そうそう、それが普通だよ。
usj10.jpg
⑨バックドラフト
ターミネーターに引き続き、懐かしい顔との再会。
ロン・ハワードが、カート・ラッセルが、スコット・グレンが・・・
一瞬、スコット・グレンと故・グレン・フォードとを勘違いし、失礼した。
みんな現場では大変なんだなぁ。
またしても、最前列に位置していたので、人一倍の迫力だった。
“バックドラフト現象”は本当に怖い。
こうした危険とギリギリのアトラクションを構築した勇気に感激。
usj11.jpg
⑩ジュラシック・パーク・ザ・ライド
そろそろ体も慣れてきたので、並ぶ。また最前列とかになる。
ここでも残念なことがあった。
最後の肝心なダイブの前、ライドが止まり、「ビデオ撮影はやめて下さい。」とのアナウンスがあったのだ。
さらに「前から5列目の方!やめて下さい。」と、アナウンスは繰り返すが、一向に前に進もうとしないとういうことは、その馬鹿はやめようとしなかったのだろう。
ついには目前のT-REXが、空しく動き出した。
本来であれば、落下の瞬間に現れて臨場感を盛り上げる演出なのに・・・・
2度目はなかったので、何もない中での落下となった。
私は前に経験しているからまだいいが、今回が最初で最後の人がいたかもしれないのに・・・・
最前列だったので、お陰で存分に濡れさせて頂いた。
下車の際、ビデオ撮影したゴミに掴み掛かろうとしたが、よくわからなかった。
大勢を巻き込んだ主催側も、ちゃんとするべきだと思う。
写真も隣の奴の手で顔が隠れていたし、最悪だった。
usj12.jpg
⑪ウォーターワールド
時間がぴったりだった。
この日最後のショーに間に合ってラッキー。
海賊役の若者による前座のショーにも磨きがかかってきた。
ショーの最中に水をかぶることはあったが、客を選んでわざわざバケツで水をかけるとは!
やれやれ・・・・またやり過ぎにならないといいが・・・・
スタントはさすがで、主人公・マリナーよりも女性の方がビジュアルはよかった。
usj13.jpg
⑫セサミストリート・4-D・ムービーマジック
シュレックが面白かったので、最後を飾るアトラクションに選んだ。
あまり真剣にセサミストリートを見たことがないので、ここまで出演者が多いとは思わなかった。
ストーリーとしてはシュレックに及ばないが、“体感”する内容がバラエティ豊かになっていた。

開演8:50から17時まで約8時間。
無駄なく満喫してUSJを後にして、梅田に向かった。
夜のピーターパンのショーが観れなかったのが心残りだったが、また次の機会ということで。                                                            
スポンサーサイト

多忙が好き! | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<その2 エンタメとグルメ(?)してみた | ホーム | 帰路>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。