お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真野恵里菜 応援企画第1弾! 真野 FRIENDS PARTY vol.1

きらレボ・ライブと東京国際映画祭の一般発売が重なって、
ローソンのLoppiで頑張ろうか、チケぴ店頭に並ぶか、決断のしどころだった。
しかし、結局新小岩着が10時直前となってしまう。
駅前のローソンには既に目つきの危ない奴が並んでいたので、
もう一方のローソンとチケットぴあを探す。
10時になってしまったので、歩きながらとりあえず“きらレボ”を。
取れたと思ったら、決済のところで“ちょコム”の残高不足でアウト。
諦めて帰ろうとした時、オアシスのように目の前にチケぴが現れる。
辛くも“きらレボ”はゲットできた。
すいていたし、最初からここに来ていれば何の問題もなかった。
国際映画祭の方は店頭発売はなく、きいちゃん『ラブファイト』は早いうちに売り切れていた。
fuchu.jpg
前置きが長くなったが東府中へ向かう。
ここは一時期、松浦・後藤が立て続けにツアーを行った場所だが、最近はご無沙汰。
今回はふるさとホールという、一回り小さいホールだった。

司会は上々軍団。
またかよ・・・という感じだったが、今回はなかなかおもろかった。
そして何とSURPRISE FRIENDSとして吉澤ひとみ、是永美記が応援ゲスト。
やったー!!
5日に音楽ガッタスイベントを控え、この二人とは二日連続になる。
(是ちゃんの呼び名が気に入ったので、真野てぃんにする。)

1.心理テスト
ステージ上の小芝居が楽しかった。
①「自分が男という設定で、絡まれて彼女を取られ金を要求されたら?」

是ちゃん・・・・キックして強引に彼女を奪い返す。
        <結果>後先考えないタイプ。
よしこ・・・・・金を1500円払って彼女を返してもらう。
        <結果>忘れた
真野・・・・・・「あっ!」と気を逸らして、その隙に彼女を奪う。
        <結果>本当は該当がなかったが、「助けを呼ぶ」と
              仮定して、最も状況判断ができるタイプ。
②「次の言葉に会うハロプロメンバーを想像して下さい。」

海・・・・・よしこ「まいちん」 真野「斉藤さん」 是ちゃん「吉澤さん」
これは、「影響を受けている人」。
真野てぃんは斉藤さんに「私に似ている」と言われたことがあるとのこと。
是ちゃんも「よっすぃ~に影響されてきた。」と、無難にまとまった。

空・・・・・よしこ「まぁさ」 真野「紺野さん」 是ちゃん「里田さん」
これは、「大好きな人」
よしこは、事務所でまぁさと一緒になった時、出てきた仕草がカッコよかったと。
真野の紺野は「ふわふわしたイメージで選んだ」とのこと。
「もちろん、好きです。」とフォロー。

雪・・・・・よしこ「あやや」 真野「安倍さん」 是ちゃん「こんこん」(?)
「まとわり付いてきてウザイ人。」
よしこ「ウザくはないけど、私もあーゆう風になるはずだったのに・・・・。嫉妬です。」
真野「違うんですよ。雪といったら北海道で安倍さん。」
真野てぃん、選んだ理由は聞いてませんから。
   
2.クイズコーナー
客席後方のテーブルに置いてある封筒を、真野てぃんが走って運んで答える。
制限時間内に3問正解すれば、ご褒美のフルーツ・ケーキ。
ダメだったら3人全員で、罰ゲームのせんぶり茶。

結構全速で走る真野てぃんだったが、かなりの確率で“ハズレ”を引いてしまう。
客席間の2本の通路を使うので、通路側だった私は真野てぃんの真剣な顔を何度も何度も見れて、耳元で“がんばれ!”と言えた。
何とおいしい企画だろう。

結果は成功。なぜかケーキは一人分しかない。
余ったせんぶり茶は、上々軍団が飲み、よしこ・是ちゃんは逃げるように去っていった。

3.まのまのショッピング
真野恵里菜の姉、真野あね菜さんが登場。
メガネキャラ、ざーます言葉でちゃんと演じ分けていた。
上々のボケの方が、真野てぃんにガチの無茶ブリをしたが、
何なくこなしてしまうのが大物の予感を感じさせる。

バック・・・・・・・バック・オーライ!
マフラータオル・・・・首に巻いて“中尾彬です。”
赤いTシャツ・・・・上々のツッコミに先に“闘牛士”のギャグをやられ、
          「それ、やろうと思ったんですよぉ。」

後から加わったよしこは、マフラータオルでふんどし。オイオイ。

4.質問コーナー
事前にヲタが書いた質問に答える定番コーナー。
「一日だけ、よっすぃ~か是ちゃんに成れるとしたらどちらになりたい?」
「一人だけですか?12時間ずつとかじゃダメ?」とか困っているのも可愛いかったが、
結局、「是ちゃんはエッグ時代に生活を知っているから。」と、これまた優等生的にまとめた。
・・・・って憂佳、この質問って二人の出演を知らなきゃできない。
第一部の情報を聞いてたのか。
erina1.jpg
5.ミニ・ライブ
<セットリスト>
①マノピアノ
②ラッキーオーラ
③やる気!IT’S EASY <原曲:後藤真希>
④DREAMIN’~ ガッタスブリリャンチスH.P.の応援歌~
  <原曲:音楽ガッタス 『鳴り始めた恋のBELL』のc/w>
    (真野・吉澤・是永)

②の新曲はなかなかノリがいいチューンで、しっとりしたピアノソロから一変、間奏のピアノがファンキー。出来る真野てぃんを尊敬。
③やる気・・・・涙・涙・涙です。
Oさんと私で、真野=ポストごっちんと言い続けているのは間違ってなかった。
残念だけど、本家はもう歌えなそうだから、このまま持ち歌にしていいよ。
フリも本当に懐かしかった。多少、オリジナルとは違っていたけど。
④はいいね。
6月の赤坂新人公演のトリでもあったけど、開場が一つになれるし、
現役ガッタスの主要メンバーと真野てぃんの久々のコラボに感動。

最後、よしこが「真野ちゃんが成長していて嬉しかった。」と言うと、
是ちゃんは「泣くかと思ったのに泣かなかった。」と。

6.握手会
真野てぃんのみ。かなり高速。
「新曲がすごくいい!」と言おうとしていたら、全く同じようなことを
前の奴が言ったので、かぶってしまい失敗だった。

5まで約90分で、握手まで含めて2時間。
もう、そりゃー盛り沢山な内容。
他のどこを見渡しても、ここまで充実したFCイベントはなかった気がする。
こりゃーエルダの皆さんも、うかうかしていられないぞ。

真野てぃんの告知に、「11月も12月も続きます。」とあった。
11月はきいちゃんと被るしもう締め切られた。
では12月は?・・・と思いつつ、帰宅したら青封筒が届いていて、しっかり12月=第3弾の募集が入っていた。
再び申し込んだのは言うまでもない。
helo10.jpg
追記
今回、“ハロテン検定ドリル”を買ってしまい、『ラッキーオーラ』は買いませんでした。
真野てぃん、ゴメン。
スポンサーサイト

ハロプロエッグと仲間 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ダメージ | ホーム | その3 あと残りと名古屋>>

コメント

昨日、友達と会って、まのイベに来れるゲストが・・・エルダメンしかいないことを話してたら・・・・見事、ピッシャリ!でした(笑)
2008-10-05 Sun 14:28 | URL | しゃぼん [ 編集 ]
いささか範囲が広いですよ。
よしこ&是ちゃんとはわからなかったでしょ?
2008-10-05 Sun 20:36 | URL | エキゾ [ 編集 ]
是ちゃんは、予想つきませんでしたけど、よっすぃ~は怪しいねと……(笑)
2008-10-06 Mon 00:12 | URL | しゃぼん [ 編集 ]
音ガタの方でもこのイベントの事を語ってました。
2008-10-06 Mon 07:36 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。