お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『東京残酷警察』

tgp10.jpg
いやぁ、ある意味最強の映画ではないでしょうか? 

昔のファンタスティック映画には、こういうパワーと押せ押せの迫力がありました。
最近のホラーと言ったら、理不尽なサイコ殺人の雨あられで不快です。

この映画の描く世界も相当ひどいですが、ここまでやると逆に笑ってしまいますし、昨今のギスギスした陰険ホラーに比べ、小気味よくすらあります。
tgp9.jpg
美女、エロ、グロ・・・子供にはわからないロマンですね。
こういう映画観てたら犯罪犯すなんて、大きな間違いだと思いますよ。
あくまで俺の意見ですけどね
こんな写真も載せちゃうぞ。 引くなら引いてくれて結構。
tgp11.jpg
これは通称“ワニ女”ですが、他に出てくる“カタツムリ女”、“イス女”、“犬女”・・・すごいですよー。劇場で観て下さい。
“イス女”なんて、映倫ギリギリのポルノですよ。

今週、公開2週目なんですが、舞台挨拶には大勢来てくれました。
写真は撮り放題(?)。止められなかっただけですがね。
しかも、終演後はサイン、握手、果ては2ショット写真までOKの嬉しい状態。こんなところも海外のファンタを彷彿とさせますね。
tgp3.jpg
ミヤマアキノ役の板尾創路さん。
ペンが見つからなくて、バタバタしていた私は、サインを貰いそこねました。
tgp4.jpg
『語り女たち』でもお世話になった“毛皮族”の町田マリーさん。
tgp1.jpg
左から泉カイさん、山本彩乃さん、澤田育子さん。
泉さんは役柄の“犬女”そのままに色っぽく、澤田さんは劇中より綺麗。
山本さんは、やっぱり一番キュート系だったので、サインも長蛇の列になってました。いい娘でしたよ。

私は監督、澤田さん、山本さんのサインはもらえて、
板尾さんとジジ・ぶぅさんのサインは逃しました。
tgp2.jpg
tgp5.jpg
こちらは先週の初日の模様。
tgp8.jpg
しいなえいひさんにも会いたかったな。
tgp7.jpg
ともかくも、この映画は海外で大絶賛され、やっと日本で公開の運びとなりました。
ただ、映画での残酷描写に慣れていない方には、刺激が強すぎるかもしれません。
20年前、スプラッターに拍手し、「俺はこれでいいのか?」と一度でも思ったことがある、進んだ映画ファンには大喝采をもって迎えられることでしょう。

続編も絶対作れます。作られます。
これからは東京SHOCKの、西村監督の時代です。
『片腕マシンガール』も観ておくんだった・・・
タランティーノなんて、ただのヲタのガキ。
この映画の前にひれ伏すがいい!


ヘネンロッター公認だ。
サヴィーニ、ロメロ、アルジェント、フルチ、クローネンバーグ・・・
束になってかかって来やがれ!
これからの映画の夜明けは日本からだ。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<北乃きい握手会 | ホーム | 『フレフレ少女』舞台挨拶>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。