お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

観てしまった・・・『戦国自衛隊1549』

(これから、思いきりコキ下ろします。この映画を楽しめた方は読むのをやめてください。)
1549s.jpg
いやぁ、予想通りというか、予想以上にしょうもなくて、突っ込み所満載の『超駄作』だった。予告編が一番面白い作品って結構ある。

オリジナルを超えなければ、リメイクを造る意味はないと、前々から思っているのだが・・・
前作の公開から四半世紀も経っているのに、「技術が進歩して迫力が増した」とかいうのが全くないのが不思議だ。
いやむしろ悪くなっている。
このスケール感の無さは何だ?確かオリジナルは戦車の実弾の使用許可が下りずに、海外で撮影したと記憶している。
それが、今回は下手に自衛隊が協力したもんだから、富士の裾野で、こじんまりと小競り合いをするだけになっている。

そもそも半村良のオリジナルは、「もしも・・・したら」というSFの王道で、予期せぬ出来事に巻き込まれた現代人が、いかに対処していくかというところに面白さがあった。歴史に翻弄された千葉ちゃんが「俺は織田信長だ!」というシーンは、『猿の惑星』の自由の女神のシーンに匹敵(?)するシーンだった。

それが、今回のように安易にタイムスリップが出来てしまっては、緊張感も何もない。残り時間は何度も表示されるものの、特に急ぐようでもなく、緊迫した空気が伝わってこない。
タイムスリップは、全然科学で説明できなくてもいいのであるが、鈴木京香の取ってつけたようなセリフは、観るものをファンタジーへと導けずシラケた。

大体において、富士の裾野なんてのはロケ地としては最も安上がりで、そこにセットを作ったとしても自然の雄大さに邪魔されて、全く大きさが感じられない。本当にこの映画、製作費15億円もかかっているのだろうか?

オリジナルで一個小隊がスリップしたんだから、今回はさらに2つの部隊で・・・っていう発想がダメ。戦国時代を舞台にして、自衛隊の装備同士が戦っても、面白いわけがない。槍・刀・弓vs近代兵器の構図こそが見せ場であるべきなのがわからないのだろうか?
大丈夫か?福井晴敏。
こいつは、何かしら日本に不満を持って、過激な方法で国を変えようとする暴徒しか描けない。

そもそも460年前の人間が何を考えているかなんて、わからないのではないか。オリジナルで、薬師丸ひろ子演じる『少年』に油断したところを、槍で刺し抜かれ、「せ・・・戦国時代・・・」という名セリフを残したゴリさんこと竜雷太が印象に残る。この時代は甘くはないのだ。北村一輝も伊武雅刀も熱演なのだが、こんなに現代っぽい戦国武将はいるわけがない。「未来とは人の世の望み」とか言うか?普通。
それがメッセージなら、うすっぺらい作品だね、ホント。

あ、そうそう濃姫役の綾瀬はるかって、全くダメ。姫の気品の欠片もない。現代っ子が学芸会やってる感じ。



スポンサーサイト

映画 | コメント:4 | トラックバック:12 |
<<『エレクトラ』 | ホーム | ひさびさのアクション快作!『サハラ』>>

コメント

初めまして。TB経由で拝見させていただきました。
思っていたけどうまく表現できなかった事をズバッと言って下さって、気持ちがスカッとしました。

四半世紀経って技術の進歩があるのになぜ前作を超えられないか、私も不思議です。結局は熱意の差なのでしょうか…オリジナル=手本があるせいなのでしょうか…。

オリジナルを越えなければリメイクの意味がない。同意します。
2005-06-24 Fri 20:42 | URL | 桜丸 [ 編集 ]
>桜丸様
TB&コメント、本当にありがとうございました。

私なんて作り手の苦労も知らずに、好き勝手を言ってるだけに過ぎないのですが、やはりリメイクするからには、それなりの動機と決意を持って望んで欲しいと思います。

私はどちらかというと、ハッピーエンドが好きなのですが、自衛官が大挙して拍手で終わる今回より、
オリジナルの切なさの方が、ずっと心に残っています。

サン、ゴーズ、ダウン♪が聴こえてきます。
2005-06-25 Sat 00:04 | URL | エキゾ [ 編集 ]
日本ラジー賞とはなかなか手厳しい8^^)
リアリティを無視した荒唐無稽な展開ながら、ストーリーは面白かっただけに、細かい点の不満があまりにも多いのは残念でした。
この映画のメッセージである「未来」=「希望」という言葉は、我々が次の世代への「約束」であり、「責任」であると思うのです。
一人の力は小さいけれど、岩をも砕く波のようにゆっくりと確実に、個人的に果たしてゆきたいと考えています。
2005-06-25 Sat 16:19 | URL | まつさん [ 編集 ]
そうですね。確かにメッセージはその通りですし、未来がダメにならないように、我々も責任はあります。

ただ、それを『戦国自衛隊』でやらなくても・・・・というのが本音です、

失笑とともに始まった、日本アカデミー賞が定着?した今、ラジー賞をやったらウケるし、映画業界も盛り上がると思います。
2005-06-25 Sat 18:15 | URL | エキゾ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

飛ばされた! 外国に? いや戦国時代に!
2005-06-22 Wed 10:40 Akira's VOICE
今ひとつ。もうひとつ。つめがあまい。面白いことは面白い。それはネタが面白いだけで
2005-06-22 Wed 21:52 RAKUGAKI
1979版の戦国自衛隊の話を書くにあたって、半村氏の原作本やシナリオを読み返していたら、私が1549に対して思っていた物足りなさが何であったのか、ぴったりに表現してくれているものがありました。まさに思っていたことそのものだったのでスッキリしました。原作本のあとが
行ってきましたよ、「戦国自衛隊1549」。歴史を改変する/しないってところば~っかりに焦点が当てられて、バトルシークエンスはとっても控えめ。「戦国時代に自衛隊が行って、その軍備で戦闘したら?」っていう、「戦国自衛隊」の基本の根っこ部分が消えてますけど?戦車も
東宝の株主総会で頂けるチケットを譲っていただいたのがあったので観て来ました。5月末にある東宝の株主総会では6月末まで有効の劇場券を頂けるそうです。今回のチケットは劇場指定で「電車男」「交渉人 真下正義」「戦国自衛隊1549」が観れました。当日観れる券は無かった
第124回★★★(劇場) もしも突然、自分が過去へタイムスリップしたらどうするだろう? 時は戦国時代。 通信機器をはじめとする文明の利器などない。それどころか「電気」さえ存在しない。 当然、逆浦島太郎状態にある自分の周りに親子親戚縁者
2005-06-25 Sat 10:38 まつさんの映画伝道師
KAZZのこの映画の評価  駄目だこりゃ~って言うか酷すぎやしませんか?20年以上も前の”戦国自衛隊”の方が、数段完成度が高い最後のあの終わり方、カット割りは何特撮もしょぼ過ぎるし、お金をケチりすぎて映像に迫力が。。。手を抜きすぎ、戦闘シーン...
最近のあずさは映画がマイブーム♪特に、この春からは見たい映画がてんこ盛りで見ないまま終わっちゃったモノもあり…(T.T)邦画では『電車男』よりも期待してた『戦国自衛隊1549』なんだけどあずさの周りで見に行った人からは「期待倒れ」だの「前のが良かった」だの…
友人・知人の評価がいまいちだったんですが綾瀬はるかちゃんが出てるし、生瀬勝久氏も出てるので劇場へGO-!って、この作品も「FLY,DADDY,FLY」よりも前に観てたんですけどね。どんだけ上げるの遅いんだっつう話しで…orz「戦国自衛隊1549」2005年公...
戦国自衛隊1549一応、大和から、戦争物、鈴木京香 さんつながりね。皆さんのブログ、読んではいないんだケド、何となく、評判が悪いのは知っていました。でも、リメイクなので、どんな映像が見られるのか、楽しみにはしていたのですが、ん~、、、なんとも、、、ま、現...
2006-01-04 Wed 19:59 猫姫じゃ
かつての名作、戦国自衛隊のリメイクかとおもいきや元ネタは同じながらも内容はまったく異なるものでした。豪華キャストを集め、大ヒット作の名前を冠し、本家自衛隊の完全協力の下、実際のヘリや戦車を使用。それだけでワクワクしちゃうわけですが・・・(苦笑)江口洋介と
2006-01-26 Thu 23:00 Pepinの言い訳
今日のお題はDVD発売からちょっと?遅れたが・・・「戦国自衛隊1549」(角川映画)である(以下「新版」と呼ぶ)。当店では始めての邦画か。要はこの映画、1979年製作の「戦国自衛隊」の焼き直しである(以下「元祖」と呼ぶ)。この元祖は半村良原作、あの若き日
2006-04-24 Mon 18:53 時評親爺
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。