お初にお目にかかります

毎日とにかく一言・・・って言っても長いことが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『イーグル・アイ』(ネタバレあり)

ee7.jpg
ee4.jpg
いやー観たのは先週末だけど、よかったんでないかい。
こういう無茶苦茶な展開、しかもなぜ選ばれたか全くわからない。
主人公は疑問は感じるんだけど、それ以上考えている時間もなく、
あっと言う間に、渦中に巻き込まれていく。
ee10.jpg
なんで無茶苦茶か。
この事件を陰で糸を引いているのが、実は“アリア”というアメリカ最大のスーパーコンピューター。
謎の女と思っていたら、機械だったというわけだ。
こいつは目的の為には手段を選ばない。加減というものを知らない。
ee1.jpg
大勢を巻き込み、大事故を起こしながら、
主人公たちを追い詰めていく。時には、人殺しも辞さない。
ee6.jpg
周りはいい迷惑だが、
ド派手な破壊を伴うチェイスが繰り広げられるので、
観ているこっちには嬉しい展開となる。
ee11.jpgee12.jpg
なんか展開としては、
ジョン・バダムの過去の名作『ウォーゲーム』に似ている。
人類が作ったコンピューターではあるが、完璧過ぎるがゆえ、
人類を否定し、抹殺する方向に走ってしまう。HAL2000もその走り。
ee2.jpg
ee3.jpg
スピルバーグの秘蔵っ子=シャイヤ・ラブーフだけではなく、
他のほとんど無名なキャストも、存在感のある演技を見せている。
ee9.jpg
ee8.jpg
「そんなんアリ?」という突っ込みがあるかも知れないが、
余裕で突っ走ってくれたスピルバーグの勝利だ。
ee5.jpg
ee13.jpg
『インディ・ジョーンズ』よりも、脚本が面白かったし、
ジェイソン・ボーンシリーズよりも、カーチェイスがよかった。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ハンサム★スーツ』(その1) | ホーム | 『センター・オブ・ジ・アース-3D-』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。